【ACLプレビュー】J王者として6年ぶりのアジアの舞台、初戦はACL常連の韓国王者《全北現代vs横浜F・マリノス》

2020.02.12 15:10 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
12日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020の第1節が行われる。Jリーグ勢からはJリーグ王者の横浜F・マリノス、天皇杯王者のヴィッセル神戸、そしてプレーオフを勝ち抜いたJリーグ2位のFC東京が参戦。鹿島アントラーズは惜しくもプレーオフで敗退となった。

新型コロナウイルスの影響もあり、中国勢との対戦日程が変更されるなど、色々なエクスキューズがある今大会。Jリーグ王者として横浜F・マリノスが初戦に臨む。

◆6年ぶりのACL挑戦
Getty Images

2004年以来、15年ぶりにJリーグ制覇を達成した横浜FM。アンジェ・ポステコグルー監督に率いられたチームは、革新的なサッカーを見せ、2014年以来のACL出場権も獲得した。

本戦から出場する横浜FMだが、これまでのACLでは結果を残せていない。2004年、2005年にも出場したがグループリーグ敗退。そして2014年もグループリーグ敗退だ。

今大会もグループにはシドニーFC(オーストラリア)、全北現代モータース(韓国)、上海上港(中国)が同居し、簡単な相手ではない。まずはグループリーグ突破、そして更なる高みを目指す。

◆ゼロックスの借りを返しに

今シーズンの公式戦初戦は、8日に行われたゼロックス・スーパーカップだった。天皇杯王者のヴィッセル神戸と対戦したが、打ち合いの末に3-3。PK戦は9人連続失敗という珍しい事態も起こったが、2-3で敗れていた。

常に神戸に先行される展開だったものの、3度追いついた横浜FMの強さは今シーズンも健在のようだ。新戦力のオナイウ阿道もデビューし、ケガで長期離脱していたFWエジガル・ジュニオも復帰。結果として負けたものの、内容は悪くなかったと言える。

来週にはリーグ戦の開幕を控えており、まずはACLで弾みをつけたいところ。ACLを2試合を戦ってからガンバ大阪戦を迎えるだけに、まずは2試合で結果を残したいところだ。

懸念としては、外国人枠の問題か。Jリーグとはレギュレーションが異なり、正守護神のGK朴一圭が登録から外れている。徳島ヴォルティスから新加入となったGK梶川裕嗣がどこまで世界の舞台で飛躍できるかにも注目だ。

◆Kリーグ王者の全北現代
Getty Images

対する全北現代は、昨シーズンのKリーグ1で優勝。リーグ3連覇を成し遂げている韓国の強豪だ。

今シーズンの補強では、慶南FCから日本人FW邦本宜裕、元南アフリカ代表FWラース・ヴェルドウィク、Kリーグ2位の蔚山現代から柏レイソルなどでプレーしていたMFキム・ボギョンらが加入。一方で、得点源だったブラジル人FWリカルド・ロペスが上海上港に、韓国代表FWキム・シンウクが上海申花へと移籍。新たなチームとして臨むこととなる。

韓国王者であること、ACLでの経験という点では、横浜FMを上回っているが、新チームとしてどこまで機能できるか。今のチーム状態を考えれば、横浜FMにも分はあるだろう。

★横浜F・マリノス予想スタメン

GK:梶川裕嗣
DF:松原健、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、ティーラトン
MF:扇原貴宏、マルコス・ジュニオール、喜田拓也
FW:仲川輝人、エリキ、遠藤渓太
監督:アンジェ・ポステコグルー

◆注目選手
Getty Images

注目選手はFW仲川輝人をピックアップ。

昨シーズンのJリーグ MVPである仲川が、ついにアジアの舞台に立つ。現在のチームにおいて欠かせない存在であるだけでなく、仲川の活躍が今シーズンの横浜FMの出来を左右する可能性は高い。

朴一圭だけでなく、攻撃陣を見てもFWエジガル・ジュニオが外国人枠の問題で登録外になっており、日本人選手の活躍は不可欠。アジアの舞台でも“ハマのGT-R”がピッチを駆け回る姿を見たいとともに、仲川自身の更なるレベルアップのためにも、ACLでの活躍が不可欠となるだろう。
コメント
関連ニュース
thumb

FC東京とACL同組の上海申花、正守護神GKゾン・チョンが右手の指を骨折

上海申花の元中国代表GKゾン・チョンが右手の指を骨折。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)を欠場する可能性が高いようだ。 上海申花は、ACLでFC東京、パース・グローリー、蔚山現代とグループFで同居。11月24日と27日にFC東京と対戦する。 河北建業から2013年1月に広州恒大へと加入。中国スーパーリーグで6度の優勝を誇る他、2013年と2015年のACL優勝も経験。今シーズンから上海申花へレンタル移籍で加入していた。 今シーズンは中国スーパーリーグで12試合に出場。プレーオフでも2試合に出場したが、23日に行われた上海上港との試合で負傷していたようだ。 ゾン・チョンは少なくとも3週間はプレーできないとのこと。11月18日に再開するACLではプレーできないとのこと。その後の試合も回復の度合いを見る必要があるようだ。 2020.10.27 15:35 Tue
twitterfacebook
thumb

横浜FMとACLで対戦する上海上港、正守護神の中国代表GKヤン・チュンリンが目を負傷で長期離脱

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で横浜F・マリノスと対戦する中国スーパーリーグの上海上港だが、正守護神を欠くことになるようだ。 中国代表でもあるGKヤン・チュンリンだが、中国スーパーリーグのプレーオフの試合で目を負傷したとのことだ。 ヤン・チュンリンは、18日に行われたプレーオフの上海申花戦に先発出場。試合は0-0の引き分けに終わったが、ヤン・チュンリンは前半で交代していた。 上海上港によると、ヤン・チュンリンは試合から2日後の20日に検査を実施。手術を受ける必要があり、長期間の欠場になると発表されている。 ACLは11月18日から再開。グループHに属しており、11月25日と28日に横浜FMと対戦するが、欠場する可能性が高いと見られている。 ヤン・チュンリンは今シーズンの中国スーパーリーグで13試合に出場し4試合でクリーンシートを記録。通算ではリーグ戦215試合に出場している経験豊富なGK。ACLも36試合に出場経験がある。また、中国代表としてもこれまで29試合に出場していた。 2020.10.22 18:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ACL決勝開催地、カタールのドーハに決定 J1最終節と同じ日の12月19日に予定

アジアサッカー連盟(AFC)が16日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020決勝の開催地決定を発表した。 開催地はカタールのドーハ。カタールサッカー協会(QFA)との共同開催となる。AFCはQFAの主催能力や医療インフラなどが条件を満たすとして、ドーハでの開催を決定したという。 新型コロナウイルスの感染拡大でスケジュールが乱れた今季のACLだが、西地区は9月中旬からカタールで再開され、イランのペルセポリスがひと足先に決勝進出を果たしている。 東地区の戦いは11月18日からドーハで集中開催で再開。Jリーグ勢から横浜F・マリノス、FC東京、ヴィッセル神戸が出場する。 なお、決勝の開催日は12月19日。同日には明治安田生命J1リーグ最終節も予定されている。 2020.10.17 10:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ACLの残り試合はカタールで開催!Jリーグ3クラブが参戦《ACL2020》

アジアサッカー連盟(AFC)は9日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の東地区に関して、カタールのドーハで実施されることを発表した。 今シーズンのACLは、新型コロナウイルス(CPVID-19)の影響で日程変更が2度行われていた。 特に東地区に関しては、中国で新型コロナウイルスが発生したこと、韓国や日本でも感染が拡大したことでグループステージの2試合までを実施した段階で中断。2度の日程変更で、Jリーグも2度日程を変更することとなった。 AFCはカタールサッカー協会(QFA)と合意。東地区に関しては、11月18日から12月13日までにかけてカタールのドーハで集中開催することとなる。 東地区はグループステージから再開し、ラウンド16、準々決勝、準決勝と開催。12月19日に決勝が予定されている。 2020.10.09 16:00 Fri
twitterfacebook
thumb

新型コロナの影響で前回王者アル・ヒラルが失格、ACLラウンド16進出決定も敗退に《ACL2020》

アジアサッカー連盟(AFC)は23日、サウジアラビアのアル・ヒラルがAFCチャンピオンズリーグ(ACL)から強制敗退となることを発表した。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、変則的に行われている今シーズンのACL。Jリーグ勢が出場する東地区は、開催地が決定していない状況で日程だけが何度も変更。この先も開催が不透明な状況が続いている。 一方、試合が行われている西地区だが、アル・ヒラルがUAEのアル・アハリとの試合で規則違反を起こしたとのこと。これにより、今大会からの敗退が決定した。 AFCの発表によると、アル・ヒラルはアル・アハリ戦に向けて11人(GK2人、FP9人)の選手のみで臨んだとのこと。競技規則では、「COVID-19に関連するかどうかに関わらず、試合に参加できる選手が13名(GK1名を含む)未満の場合、関連するチームは試合を行えない」とsあれ、「そのチームは行われない試合に対して責任を負うものとし、関連する大会から敗退したとみなされる」とされている。 アル・ヒラルは、35人が登録可能な中30人を登録。そのうち27人だけがドーハへと渡っていた。しかし、新型コロナウイルスの感染が確認されたとのこと。AFCは陽性反応を示したGKの代わりに2人のGKを追加することを許可。カタールサッカー協会と協力し、代わりのGK以外の2選手と2人のスタッフがドーハにすぐ来られるように手配したとのことだ。 しかし、アル・ヒラルとサウジアラビアサッカー連盟(SAFF)は今回の状況を受けて試合の延期を要求。規則では、代替日程がすでに決定している日程に影響を与えない場合は、例外が認められ別日程で試合を行えるはずだが、AFCはすでに決まっている試合日程に大きな悪影響を与えると判断し、例外を認めなかった。 アル・ヒラルはグループBに属しており、5試合を終えて勝ち点11で首位。ラウンド16への進出が決定していた状況にも関わらず、今回の決定を受けて敗退となった。なお、パフタコール(ウズベキスタン)とシャバブ・アル・アハリ(UAE)がラウンド16に進出した。 アル・ヒラルは、2019シーズンのACLで浦和レッズを決勝で破り優勝していた。なお、2017シーズンはその浦和に決勝で敗れていた。 2020.09.24 10:20 Thu
twitterfacebook