【ACLプレビュー】J王者として6年ぶりのアジアの舞台、初戦はACL常連の韓国王者《全北現代vs横浜F・マリノス》

2020.02.12 15:10 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
12日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020の第1節が行われる。

Jリーグ勢からはJリーグ王者の横浜F・マリノス、天皇杯王者のヴィッセル神戸、そしてプレーオフを勝ち抜いたJリーグ2位のFC東京が参戦。鹿島アントラーズは惜しくもプレーオフで敗退となった。

新型コロナウイルスの影響もあり、中国勢との対戦日程が変更されるなど、色々なエクスキューズがある今大会。Jリーグ王者として横浜F・マリノスが初戦に臨む。

◆6年ぶりのACL挑戦
Getty Images

2004年以来、15年ぶりにJリーグ制覇を達成した横浜FM。アンジェ・ポステコグルー監督に率いられたチームは、革新的なサッカーを見せ、2014年以来のACL出場権も獲得した。

本戦から出場する横浜FMだが、これまでのACLでは結果を残せていない。2004年、2005年にも出場したがグループリーグ敗退。そして2014年もグループリーグ敗退だ。

今大会もグループにはシドニーFC(オーストラリア)、全北現代モータース(韓国)、上海上港(中国)が同居し、簡単な相手ではない。まずはグループリーグ突破、そして更なる高みを目指す。

◆ゼロックスの借りを返しに

今シーズンの公式戦初戦は、8日に行われたゼロックス・スーパーカップだった。天皇杯王者のヴィッセル神戸と対戦したが、打ち合いの末に3-3。PK戦は9人連続失敗という珍しい事態も起こったが、2-3で敗れていた。

常に神戸に先行される展開だったものの、3度追いついた横浜FMの強さは今シーズンも健在のようだ。新戦力のオナイウ阿道もデビューし、ケガで長期離脱していたFWエジガル・ジュニオも復帰。結果として負けたものの、内容は悪くなかったと言える。

来週にはリーグ戦の開幕を控えており、まずはACLで弾みをつけたいところ。ACLを2試合を戦ってからガンバ大阪戦を迎えるだけに、まずは2試合で結果を残したいところだ。

懸念としては、外国人枠の問題か。Jリーグとはレギュレーションが異なり、正守護神のGK朴一圭が登録から外れている。徳島ヴォルティスから新加入となったGK梶川裕嗣がどこまで世界の舞台で飛躍できるかにも注目だ。

◆Kリーグ王者の全北現代
Getty Images

対する全北現代は、昨シーズンのKリーグ1で優勝。リーグ3連覇を成し遂げている韓国の強豪だ。

今シーズンの補強では、慶南FCから日本人FW邦本宜裕、元南アフリカ代表FWラース・ヴェルドウィク、Kリーグ2位の蔚山現代から柏レイソルなどでプレーしていたMFキム・ボギョンらが加入。一方で、得点源だったブラジル人FWリカルド・ロペスが上海上港に、韓国代表FWキム・シンウクが上海申花へと移籍。新たなチームとして臨むこととなる。

韓国王者であること、ACLでの経験という点では、横浜FMを上回っているが、新チームとしてどこまで機能できるか。今のチーム状態を考えれば、横浜FMにも分はあるだろう。

★横浜F・マリノス予想スタメン

GK:梶川裕嗣
DF:松原健、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、ティーラトン
MF:扇原貴宏、マルコス・ジュニオール、喜田拓也
FW:仲川輝人、エリキ、遠藤渓太
監督:アンジェ・ポステコグルー

◆注目選手
Getty Images

注目選手はFW仲川輝人をピックアップ。

昨シーズンのJリーグ MVPである仲川が、ついにアジアの舞台に立つ。現在のチームにおいて欠かせない存在であるだけでなく、仲川の活躍が今シーズンの横浜FMの出来を左右する可能性は高い。

朴一圭だけでなく、攻撃陣を見てもFWエジガル・ジュニオが外国人枠の問題で登録外になっており、日本人選手の活躍は不可欠。アジアの舞台でも“ハマのGT-R”がピッチを駆け回る姿を見たいとともに、仲川自身の更なるレベルアップのためにも、ACLでの活躍が不可欠となるだろう。
コメント
関連ニュース
thumb

集中開催のACL、横浜FMと神戸はマレーシアで10月から11月に開催

アジアサッカー連盟(AFC)は27日、今シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に関して、グループGとグループHの試合をマレーシアで開催することを発表した。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、2月以降の試合が中断されていたACL。先日、10月から集中開催することが発表されていたが、今回マレーシアサッカー協会がホストとして承認。グループGとグループHの試合がマレーシアで集中開催される。 Jリーグから参戦しているクラブは、グループGにはヴィッセル神戸、グループHには横浜F・マリノスが入っている。 グループステージは10月17日から11月1日まで行われ、マレーシアでは11月4日開催のラウンド16、11月25日の準々決勝2試合、準決勝1試合を行うことも決定した。なお、ノックアウトステージは1試合のみで開催。決勝は西アジアのいずれかの国で行われる。 また、グループEとFC東京が入っているグループFの集中開催場所はまだ決定していない。 ◆マレーシア開催の日程 【グループG】 10月17日 ジョホール・ダルル・タクジム vs 広州恒大 10月20日 水原三星ブルーウィングス vs 広州恒大 10月23日 水原三星ブルーウィングス vs ジョホール・ダルル・タクジム 広州恒大 vs ヴィッセル神戸 10月26日 ヴィッセル神戸 vs 広州恒大 10月29日 ジョホール・ダルル・タクジム vs ヴィッセル神戸 広州恒大 vs 水原三星ブルーウィングス 11月1日 ヴィッセル神戸 vs 水原三星ブルーウィングス 広州恒大 vs ジョホール・ダルル・タクジム 【グループH】 10月17日 シドニーFC vs 上海上港 10月20日 全北現代モータース vs 上海上港 10月23日 上海上港 vs 横浜F・マリノス 全北現代モータース vs シドニーFC 10月26日 横浜F・マリノス vs 上海上港 10月29日 上海上港 vs シドニーFC 横浜F・マリノス vs 全北現代モータース 11月1日 シドニーFC vs 横浜F・マリノス 上海上港 vs 全北現代モータース 【ラウンド16】 11月4日 グループG1位 vs グループH2位 グループH1位 vs グループG2位 2020.07.28 11:00 Tue
twitterfacebook
thumb

やっと観客が入れる試合が始まるんですけどもう未来がクラクラ?! の巻/倉井史也のJリーグ

今週からいよいよスタンドに人が戻ってくるよ!! まだ最高5000人しか入れてもらえないし、声出しちゃダメだし、太鼓もダメだし、タオルマフラーぶん回してもダメだし、ハイタッチも肩組むのもダメだし、その他いろいろ制限はあるものの、第1歩ですよ。この際、この状況に対応する応援を考えたら、それが世界のスタンダードになるかも!! ですよ。もしかすると、いろんな芸人さんがやってる、自分の肩や腰や腕に長い棒をくくりつけて、自分の左右の人形に結んで、3人が同じ動きをする、みたいな。5000人が1万5000人に見えちゃうぞ、みたいな。 なんてモーソーの世界はおいといて、9日にはいろんな重要な発表があったのでおさらいしておきます。まずFC東京の橋本拳人が、日本がベルギーにギリギリで負けたときのスタジアムをホームにするFCロストフ移籍!! で、今年のJリーグは移籍期間がもうぐちゃぐちゃになっちゃってるもんだから、1月3日〜3月27日、7月31日〜8月28日に加えて、10月2日から10月30日も登録期間にしちゃいます!! そして何よりビックリなのは!! ACLやる!! しかもセントラル開催!! で、その日程がエグい!! 10月22日 FC東京vs上海申花(グループF) 10月23日 広州恒大vs神戸(グループG) 10月23日 上海上港vs横浜FM(グループH) 10月25日 上海申花vsFC東京(グループF) 10月26日 神戸vs広州恒大(グループG) 10月26日 横浜FMvs上海上港(グループH) 10月28日 FC東京vs蔚山現代(グループF) 10月29日 ジョホール・ダルル・タクジムvs神戸(グループG) 10月29日 横浜FMvs全北現代(グループH) 10月31日 パース・グローリーvsFC東京(グループF) 11月01日 神戸vs水原三星(グループG) 11月01日 シドニーFCvs横浜FM(グループH) 11月03日 グループE1位vsグループF2位、グループF1位vsグループE2位 11月04日 グループG1位vsグループH2位、グループH1位vsグループG2位 11月25日 準々決勝 11月28日 準決勝 12月05日 決勝 ってことはですよ!! Jリーグの試合をここからまた調整じゃないですか。少なくとも10月21日から11月05日まではできないってことで、その間にある試合は、 10月24日 FC東京vs大分、横浜FMvs清水、神戸vs川崎 10月31日 川崎vsFC東京、横浜FMvs鳥栖、神戸vsC大阪 11月03日 FC東京vs鹿島、湘南vs横浜FM、清水vs神戸 でもって、準々決勝に勝ち進んだら、11月24日から12月6日までは試合できないですよね。いや、準決勝終わって戻ってきて決勝にまた行く感じ? となると、影響を受けそうなのは、 11月25日 浦和vsFC東京、横浜FMvs札幌、神戸vs名古屋 11月28日 仙台vs神戸、FC東京vs柏、川崎vs横浜FM 12月05日 FC東京vs広島、横浜FMvs鹿島、神戸vs浦和 ってことになるんです。 では、この間の対戦相手の視点で見ると、 川崎 3回 清水 2回 鹿島 2回 浦和 2回 大分 1回 鳥栖 1回 C大阪 1回 湘南 1回 札幌 1回 名古屋 1回 仙台 1回 柏 1回 広島 1回 ああ!! なんかまた川崎が!! そして引っかかっていないのは横浜FCとG大阪のみ!! しかもここに、日本代表の試合が9月、10月、11月と入ってくる予定なんですよ。それこそ、1人が3人分の役をやんないとダメって感じ。なんかクラクラしますぜ。そういう意味でも、ますます注目です(ヤケクソ的な)!! <hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2020.07.10 13:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ACL東地区は10月に集中開催で再開! FC東京、神戸、横浜FMが参戦中

アジアサッカー連盟(AFC)は9日、新型コロナウイルスの影響で中断しているAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020の開催方式変更および日程を発表した。 新型コロナウイルスの影響で中断が続くACL。国またぎの戦いとなるだけに、先行きが不透明だったが、先月本大会に参加する全加盟国の間で行ったオンライン会議で今大会を完了させる形で合意。そして今回、開催方式変更および新たな日程が発表された。 FC東京、ヴィッセル神戸、横浜F・マリノスのJリーグ所属3チーム(いずれも2試合を消化)が参戦している東地区のグループステージの残り試合は、開催地は未定も10月16日から11月1日にかけて集中開催することが決定。 さらに、決勝トーナメントはホーム&アウェイ形式から一発勝負の形に変更となり、集中開催地での開催となる。決勝トーナメント1回戦は11月3日、4日。準々決勝は同25日、準決勝は同28日に開催される予定だ。そして、12月5日に予定される決勝は西地区での開催となる。 一方、西地区は9月14日から同24日にかけてグループステージの残り試合を集中開催し、決勝トーナメント1回戦は9月26日、27日。準々決勝は同30日、準決勝は10月3日に集中開催される予定。 なお、今回のイレギュラーな形での変更により、ACL出場組の明治安田生命J1リーグの日程は再考を求められることになりそうだ。 2020.07.09 19:21 Thu
twitterfacebook
thumb

ACL、残る全99試合実施の方針…AFCが全加盟国と合意

アジアサッカー連盟(AFC)がAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020の残る全試合実施方針を示した。 新型コロナウイルスの影響で中断が続くACL。国またぎの戦いとなるだけに、先行きが不透明だったが、AFCによると、本大会に参加する全加盟国がオンライン会議で今大会の完結に向け、最善の方法を見つけるという基本的な原則に合意した模様だ。 残る99試合のできるだけ早い消化を目指すというAFCは12月にカタールで予定するFIFAクラブ・ワールドカップ開幕前にACLを完結させるため、大会形式や日程を提案。最終審査を経て、AFC競技委員会に提案書を提出した後、承認を得る流れだという。 今大会はJリーグ勢からFC東京、ヴィッセル神戸、横浜F・マリノスの3チームが参戦。中断前の段階でグループリーグ2試合を消化して、いずれも各組の首位に位置している。 2020.06.06 08:45 Sat
twitterfacebook
thumb

AFCが5月、6月の主催試合の無期限延期を発表…

アジアサッカー連盟(AFC)は14日、5月と6月に予定されていたAFC主催のアジアチャンピオンズリーグ(ACL)、カタールW杯アジア2次予選など全試合の無期限延期を発表した。 中国で流行り、世界中で猛威を振るい続ける新型コロナウイルス(COVID-19)は、これまでに12万人以上命を奪っている。感染者もおよそ193万人と、未曽有の大災害としてサッカー界にも大きな影響を与えている。 依然として新型コロナウイルスの終息が見えない状況が続く中、AFCは公式サイトで以下のような声明を発表した。 「今回の決定は選手、参加チーム、役員、ファンなどすべての関係者の健康と安全基準を確保するというAFCの取り組みにより決定された」 また、3月、4月に続き再延期となったACLについては「AFCの加盟協会との交流と協議を継続し、ACLとAFCカップのグループステージを終わらせるために可能なあらゆるオプションを検討していく」と、大会再開に向けた意志を表明している。 2020.04.15 02:05 Wed
twitterfacebook