久保建英へのコーチの行動は「欧州至上主義」の片鱗とアジア人差別への意識の希薄さか

2020.02.10 19:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
世界で最も人気のあるスポーツと言われるサッカー。世界各国でほぼ毎週末に試合が行われ、多くの人々が熱狂する。その一方で、毎週のように舞い込んで来るニュースがある。それが“人種差別”に関わるものだ。その多くが、スタンドに集まったサポーターが相手チームの選手に対して行うもの。特に顕著に標的とされるのが、黒人選手だ。

現代において肌の色や身体的な特徴は人種を分けるものではない。黒人選手とひとまとめにしても、アフリカ出身の選手もいれば、ヨーロッパ出身の選手もいる。もちろん、アジアやアメリカ大陸出身の選手にも黒人選手は存在する。

また、身体的な特徴とは別に、風評被害もある。現在最も世界を恐怖に陥れている「新型コロナウイルス」。この影響で、アジア人が人種差別の被害に遭っている。トッテナムのイングランド代表MFデレ・アリが軽率な行動をとり、謝罪する事態も起こっているほどだ。

そんな中、あるコーチがとった行動が話題となっている。それは、9日に行われたラ・リーガ第23節のエスパニョールvsマジョルカでのこと。マジョルカのコーチが、ウォーミングアップをしていた日本代表MF久保建英を呼んだ際のジェスチャーだ。

このコーチは、指笛を鳴らした後、ウォーミングアップエリアに向けて「つり目ポーズ」をとっていた。このジェスチャーは、アジア人が「つり目」であることを形容した差別的な意味を持っているとされ、世界中で多くの被害者がいる。

しかし、この話題には1つ疑問が生じる。「レアル・マドリーからわざわさレンタルで獲得し、高く評価されている久保に対してそのようなジェスチャーをするだろうか」と。

通常の思考回路であれば、相手チームの選手ならともかく(それも実際は重大な問題ではあるが)、自チームの選手を差別することは考えにくい。もちろん、今回の件でもコーチに「差別」の意図があったかどうかはわからない。では、一体なぜ「差別」が無くならないのか。それは、「差別している」という認識が低いということだろう。

「差別」に関しては、加害者と被害者では捉え方が違う。「やった側」にそのつもりがなくとも、「やられた側」の受け止め方次第で状況は変わる。これは「いじめ」にも近いことが言える。

しかし、「加害者」の中には、意図的に「差別」を行う者と、そうではない者がいるのも事実。ただし、その差は潜在的な「差別」を捉えていないだけであり、大概は少し考えれば「差別」だと疑われる可能性があることは明白なものばかりだ。その裏には、どうしても消えることのない「欧州至上主義」があるとも考えられる。

「欧州至上主義」とは、15世紀から17世紀の大航海時代に端を発するもの。欧州各国が世界中に植民地を作り、18世紀から19世紀にかけて技術革新と経済発展が進んだことで、欧州の文明が世界を席巻したことから起きている。

その考えは、現代社会においても変わっていない。経済的な立場は政治的な立場が変わろうとも、文化的な影響力は強く、どうしても欧州中心に考えが及んでしまうのだろう。だからこそ、「差別的」な行動を軽率に取ってしまう、相手に疑念を持たせることをしてしまうのだと思う。

加えて、黒人選手に対する人種差別に関しては、世界中のあらゆる場面において「差別反対」の意見が出るようになってきたが、アジア人への差別はまだまだ意識の中に希薄と言えるだろう。インターネットやSNSが発達するだけでなく、サッカーを始め、スポーツ以外の各分野でも様々な人種が力を持つ現代社会においても、ヨーロッパにとってアジアは極東の未開の地。地図上だけでなく、潜在意識の中にもその考えがあるのかもしれない。

それは、他スポーツのルール変更を見ても感じる部分。アジア人が活躍する欧州発祥の競技は、ルール変更が欧州贔屓だと言われることも多い。例えばスキーのジャンプは、身長と板の長さの制限が設けられ、ノルディック複合ではジャンプの比率が減らされるということもあった。フィギュアスケートの採点項目も疑問視されている部分が多い。

いずれも、欧州(米国も含む)がアジア人の突き上げに対して取った措置とも言われているが、本来評価されるべきは人種や国籍ではなく、プレー面。優れた選手は平等に評価されるべきである。

どれだけ結果を残そうとも、差別の被害に遭う可能性がなくならない可能性は高い。そうであれば、「差別」をしたくないと思う人々は、優れたプレーヤーを純粋に称え続けることが何よりも大事になるだろう。
《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》
コメント
関連ニュース
thumb

ブラジルに新たな神童現る! メッシ&ネイマール超えの8歳でナイキと契約

ブラジルに新たな神童が現れた。サンパウロの8歳の少年が史上最年少で世界的なスポーツメーカーのナイキ社と契約を結んだ。アルゼンチン『Ole'』など複数南米メディアが伝えている。 スポーツメーカーの世界では常に自ブランドの広告塔となる新たなスターの発掘を目指しており、10代前半の神童と呼ばれる類の少年、少女に対して青田買いに近い形で契約を結ぶケースが目立っている。 ナイキとフットボール界では過去にバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(現在はアディダス)が15歳、パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマール(現在はプーマ)が13歳で同社と契約。 また、これまでの最年少での契約はレアル・マドリーのブラジル代表FWロドリゴの11歳だった。 しかし、今回その錚々たるスーパースターを抑えて史上最年少での契約選手となったのが、ブラジルのサンパウロのフットサルチームで活躍するカウアン・バジーレ君(8)だ。 バジーレ君はペイシェU-9フットサルチームのスタープレーヤーの1人で、2019年のサンパウロフットサル選手権で最優秀選手に輝くなど、地元では神童として知られているという。 そして、バジーレ君のマネジメントを行う『Mengoni Sports』は公式『インスタグラム』を通じて、「今日、カウアンはナイキと契約を結ぶ、世界最年少のプレーヤーとなった」と、同社との契約を明かした。 なお、金額などの条件面は不明も、現時点での契約年数は3年間で、さらに2年の延長オプションが含まれているとのことだ。 ブラジルの育成年代では選手の年齢、体格などに応じた育成プランを持っており、幼少期はフットサルや小人数制のサッカーをまず経験させる。 そのため、バジーレ君がフルコートのサッカーをプレーするにはもうしばらく時間を要するが、メッシやネイマールら偉大なる先達のように神童からスーパースターへの道を歩むことになるのか…。 <div id="cws_ad">◆ナイキ史上最年少の契約選手に<blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CKPYf1aFiNc/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CKPYf1aFiNc/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #F4F4F4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CKPYf1aFiNc/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Mengoni Sports(@mengonisports)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2021.01.28 00:25 Thu
twitterfacebook
thumb

「僕は若かった」背中に巨大なタトゥーを入れたサネが後悔の念を明かす「今なら別の決断を下す」

バイエルンのドイツ代表FWレロイ・サネが、自身の背中に入れているタトゥーについて語った。ドイツ『シュピーゲル』が伝えている。 サネはマンチェスター・シティ時代の2017年、チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16、モナコとの1stレグでゴールを決めたタイミングで、背中に大きくゴールを決めた瞬間の自分の姿のタトゥーを入れ、話題を呼んでいた。 その後、タトゥーのデザインはシティのユニフォームからドイツ代表での姿に変化したが、約4年が経った今、タトゥーを入れた選択を後悔しているようだ。 「僕は若かった。今なら別の決断を下すと思う。若い時の僕は挫折から学ぶために、たとえそれで傷ついたとしても壁にぶつかる必要があった」 「この話題がメディアで大きく取り上げられたことに驚いた。当時はまだただの若手だったし、ドイツには他にもっと重要な選手がいたが、それでもこのタトゥーが議論の的になった」 25歳のサネは、タトゥーを入れた当時はまだ21歳。欧州ではタトゥーの文化は受け入れられており、サッカー選手でも入れている選手が多いが、今のサネはまた別の考えを持っているようだ。 <div id="cws_ad">◆サネの背中に彫られた巨大なタトゥー<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">The tattoo. It took two &quot;long days&quot; to do, four days in total. <a href="https://t.co/ypDPLUrp1o">pic.twitter.com/ypDPLUrp1o</a></p>&mdash; Sam Lee (@SamLee) <a href="https://twitter.com/SamLee/status/889914488736165888?ref_src=twsrc%5Etfw">July 25, 2017</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.01.26 18:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ウィルシャーが痛快ジョーク! 2011年のバルサ戦を振り返るファンの質問に「あの夜は僕が支配していた」

元イングランド代表MFジャック・ウィルシャーが、ファンからの質問にジョークを飛ばしている。 昨年10月にウェストハムとの契約を解除し、つい先日にボーンマスと半年間の契約締結に至ったウィルシャー。すでに19日に行われたダービー・カウンティ戦でチャンピオンシップ(イングランド2部)デビューしており、29歳の新たなキャリアがスタートしている。 そんな中、23日にウィルシャーは自身の公式ツイッターでフォロワーとの交流を図った。様々な質問が寄せられた中で、一人のフォロワーから「2011年のエミレーツで行われたバルセロナ戦で、あなたは誰のプレーを見て感銘を受けましたか?」という質問が及んだ。 この質問は、2010-11シーズンのチャンピオンズリーグのラウンド16・バルセロナ戦に関するもので、アーセナルの本拠地エミレーツ・スタジアムで行われたファーストレグは2-1でアーセナルが先勝していた。 当時のバルセロナと言えば、ジョゼップ・グアルディオラ監督が率いた黄金時代の真っ只中。中盤にはチャビ・エルナンデス、アンドレス・イニエスタ、セルヒオ・ブスケッツが君臨し、称賛や名誉を欲しいままにしていた。 結局、同大会を圧倒的な強さで制したバルセロナに一太刀浴びせたアーセナルにおいて、フル出場したウィルシャーに上述の質問が寄せられたのだ。 だがウィルシャーは、「学べることはなかったね。あの夜、彼らは皆、僕のポケットの中で大人しくしていたんだから(笑)」と返答。簡単に言えば「大したことなかった」という意味合いだろう。 確かにウィルシャーは若い頃には“天才”と称され、アーセナル時代の同僚であり、バルセロナでそのチャビやイニエスタらと共闘したMFセスク・ファブレガスも絶賛していたが、その実ケガの連続で、今のところその才能が輝いたとは言えない。 もちろん本人も承知の上でのコメントだろうが、このツイートには別のファンから「ポケットにそんな重い物を入れてなけりゃ、ヒザのケガで4カ月も離脱することはなかっただろうに」と、ウィルシャーを上回るジョークを返されていた。 2021.01.24 18:06 Sun
twitterfacebook
thumb

違法パーティ参加、スイス代表FWが警察から屋根を使って逃走の容疑

ボルシアMGのスイス代表FWブリール・エンボロに容疑がかけられている。ドイツ『ビルト』が報じた。 報道によると、エンボロは17日の夜にエッセン州のバルデニー湖のカフェでパーティーに参加していたとのこと。その際に警察が捜査に入ると、屋根を伝って逃げていったのがエンボロであるとの容疑をかけられている。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大が再び激しさを増し、厳戒態勢が敷かれている中、閉店しているはずのカフェで行われていたパーティは違法なもの。そこから逃げ出したとのことだ。 なお、逃げた男は隣接するアパートに逃げ込み、警察が訪れるとエンボロが1人で部屋にいたという。 エンボロは手を手術していた中で試合を欠場。また、今回のパーティ参加を明確に否定している。しかし、プロトコル違反となっており、19日のブレーメン戦は出場停止となっていた。 <div id="cws_ad">◆エンボロがCLで決めた豪快バイシクル!<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ3NTA3S1E5SyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 選手本人が否定している一方で、エッセン警察はこの件について「彼は1人で部屋にいた。したがって、屋根を伝って逃げた男はエンボロだと仮定できる」と発表している。 ボルシアMGは「ここまでのところ、我々に新たな情報はない。まだ、警察による推測の状態だ」と否定。しかし、「同僚が到着すると、人が屋根を伝って隣のアパートに駆け寄り、窓から侵入した。そこから我々が入ると、1人の男、エンボロに会った」と捜査員は述べており、警察の推測は当たっているようにも思える。 エンボロは検査で陰性となったために20日からチームのトレーニングに復帰。しかし、パーティ参加は断固として否定している。 エンボロは今シーズンのブンデスリーガで14試合に出場し3ゴール3アシスト。チャンピオンズリーグでは5試合に出場し1ゴールを記録していた。 2021.01.21 12:38 Thu
twitterfacebook
thumb

フェルナンド・トーレスが驚異のバルクアップ! アジア企業のアンバサダー就任発表も注目は違うところに

先日久しぶりにメディアに姿を現した元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスの見た目の変貌ぶりが話題となっている。 サガン鳥栖でのプレーを最後に、2019年にそのキャリアに幕を落としたトーレス氏。昨年夏からは古巣アトレティコ・マドリーのBチームで監督を務めており、第二の人生を歩み始めている。 引退から1年以上が経った中、トーレス氏は自身の公式インスタグラムを通じて、カジノウェブサイトを運営する東南アジアの会社『AW8』のアンバサダー就任を発表。しかし、関心を集めたのは久々に披露されたその見た目だった。 現役時代のトーレス氏はスラリと長い手足とその端麗な顔立ちで、モデルとしても通用するような体型だった。プレースタイルもスピードや嗅覚を生かしたものだったが、最新のトーレス氏は、両腕にレスラーのような筋肉をつけ、胸筋も見事に発達。これまでのイメージを払拭する驚きの姿となっていた。 これには驚きを隠せないファンが多く、SNS上では大きな話題となっている。 情報によると、トーレス氏は引退後、ボクシングやジム通いを始め、現在のような体つきになったとのこと。現役時代からその願望はあったのかもしれない。<div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Fernando Torres bulked up <a href="https://t.co/PSs3QI9vIs">pic.twitter.com/PSs3QI9vIs</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1351591954098884617?ref_src=twsrc%5Etfw">January 19, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.01.20 18:00 Wed
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly