新型コロナウイルスで中国勢のACL日程が変更に…FC東京、神戸、横浜FMは第3節に影響

2020.02.04 22:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アジアサッカー連盟(AFC)は4日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の日程を変更したことを発表した。

AFCは中国を中心に感染が拡大している新型コロナウイルスの影響により、緊急会議を実施。そして、今回、東地区のグループリーグ第1節から第3節の中国クラブが絡んだ試合の日程を変更することとなった。

ただ、2月18日のグループE第2節のチェンライ・ユナイテッドvs北京国安は予定通りに開催予定。現在、北京国安は韓国でキャンプを行っており、検疫措置が必要ないと判断されたためだという。

今回、変更された日程は以下の通り。

◆第1節
▽2月11日(火)→4月28日(火)
【グループE】
FCソウル(韓国) vs 北京国安(中国)
【グループF】
パース・グローリー(オーストラリア) vs 上海申花(中国)

▽2月12日(水)→4月29日(水)
【グループG】
水原三星(韓国) vs 広州恒大(中国)
【グループH】
シドニーFC(オーストラリア) vs 上海上港(中国)

◆第2節
▽2月18日(火)→5月19日(火)
【グループF】
蔚山現代(韓国) vs 上海申花(中国)

▽2月19日(水)→5月20日(水)
【グループG】
ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア) vs 広州恒大(中国)
【グループH】
全北現代(韓国) vs 上海上港(中国)

◆第3節
▽3月3日(火)→5月26日(火)
【グループE】
メルボルン・V(オーストラリア) vs 北京国安(中国)
【グループG】
ヴィッセル神戸 vs 広州恒大(中国)

▽3月4日(水)→5月27日(水)
【グループF】
FC東京 vs 上海申花(中国)
【グループH】
横浜F・マリノス vs 上海上港(中国)
コメント
関連ニュース
thumb

C大阪vsFC東京は白熱のゴールレス! 貫録のキム・ジンヒョン、J1デビューの波多野と両GKが躍動《J1》

明治安田生命J1リーグ第9節、セレッソ大阪vsFC東京が9日にヤンマースタジアム長居で行われ、0-0のドローに終わった。 前節、湘南ベルマーレを破り4戦無敗で2位に浮上したC大阪は、ミッドウィークに行われたYBCルヴァンカップでも浦和レッズを相手に公式戦2試合連続のウノセロ勝利。スペイン出身の智将の下、今季も堅守が光るチームは、2006年を最後にホームで負けのない相性が良い相手に対して、公式戦3連勝を目指した。なお、4日前の浦和戦からは先発5人を入れ替え、2トップはブルーノ・メンデス、奥埜のコンビとなった。 一方、サガン鳥栖に今季初白星を献上する2-3の敗戦を喫し、3戦未勝利と調子が下降気味の6位・FC東京は、鬼門の地で4戦ぶりの白星を目指す。ACL参戦のためミッドウィークに試合がなかったことで、先発の変更は2選手のみ。ただ、守護神の林に代わって、22歳の生え抜きGK波多野がJ1デビューを飾った。 いつも通りの[4-4-2]で臨んだC大阪に対し、アウェイのFC東京は永井、ディエゴ・オリヴェイラ、レアンドロを前線に並べた[4-3-3]の布陣を採用。立ち上がりから互いにクロスを起点にチャンスを作り合う中、11分にはホームチームにビッグチャンス。 左サイドの清武から右足インスウィングの絶妙なクロスがゴール前に供給されると、これをフリーの坂元が左足で丁寧に合わせる。だが、至近距離からの決定的なシュートはGK波多野のビッグセーブに遭う。それでも、この決定機をキッカケに流れを掴んだC大阪は、23分にも厚みのある攻めから最後はボックス手前の藤田が左足のミドルシュートで相手ゴールを脅かす。 一方、飲水タイムを経て徐々にディエゴ・オリヴェイラを起点としたカウンターが機能し始めたFC東京は、幾度となく良い形を作り出していく。そして、前半終了間際にはボックス付近でのレアンドロ、永井、安部の連係からゴール右の安部にシュートチャンスも、ここはDF松田の見事な絞りの対応に遭い、先制点とはならず。 迎えた後半、C大阪がブルーノ・メンデスに代えて都倉、FC東京が永井に代えて内田と、比較的早い時間帯に交代カードを切った中、前半同様に一進一退の攻防が続く。互いに都倉、ディエゴ・オリヴェイラを前線の起点とし、深い位置まで攻め込む場面を作るが、リーグ屈指の守備陣が簡単にゴールを割らせない。 そういった拮抗した展開の中、76分には右サイド深くで巧みな仕掛けを見せた坂元が入れたクロスの流れからC大阪に決定機も、丸橋が右足で放ったシュートはDFのゴールカバーに遭い、均衡を破る先制点とはならず。 その後、試合終盤にかけて互いにフレッシュなアタッカーをピッチに送り込み、球際での勝負が強調される白熱の攻防を見せる。後半アディショナルタイムには丸橋のシュートをGK波多野が冷静にセーブして見せれば、直後にはアダイウトンの右クロスに反応したレアンドロの決定的なヘディングシュートを今度は桜の守護神キム・ジンヒョンが圧巻の反応ではじき出し、こちらもゴールを割らせず。 そして、過密日程を感じさせないハイインテンシティ、J1デビューの波多野、貫録のキム・ジンヒョンと両GKの活躍が光った一戦は0-0のドローに終わった。 セレッソ大阪 0-0 FC東京 2020.08.09 21:13 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第9節:C大阪vsFC東京】ヤンマーで上位対決 FC東京は鬼門攻略なるか

明治安田生命J1リーグ第9節】 2020年8月9日(日) 19:00キックオフ セレッソ大阪 vs FC東京 [ヤンマースタジアム長居] ◆本拠での今カードは06年以来無敗【セレッソ大阪】 開幕から昨季J1最少失点を記録した堅守を生命線に大崩れしない戦いぶりで着実にポイントを積み上げるセレッソ大阪。前節の湘南ベルマーレ戦も今季4度目の無失点勝利で飾り、順位も2位に浮上した。5日に行われたYBCルヴァンカップの浦和レッズ戦も1-0の白星。良い流れをもって、2006年を最後にホームで負けていない相性の良いFC東京との今節に挑めそうだ。 ただ、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)参戦組のFC東京はミッドウィークに試合がなく、コンディションにおいて、C大阪にやや不利な面のある今節に。さらに、木本恭生の負傷離脱も痛いが、ブルーノ・メンデスや都倉賢、西川潤がケガから戻り、攻撃陣に厚みが増す好材料もある。難敵だが、勝ち点5差で首位の川崎フロンターレを追うためにも負けるわけにいかない。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、マテイ・ヨニッチ、瀬古歩夢、丸橋祐介 MF:坂元達裕、レアンドロ・デサバト、藤田直之、清武弘嗣 FW:ブルーノ・メンデス、奥埜博亮 監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ ◆鬼門で4試合ぶりの白星を目指す戦い【FC東京】 6位のFC東京は2006年を最後に勝ちから遠ざかる難所で4試合ぶりの白星を目指す今節となる。前節は下位に沈むサガン鳥栖とのアウェイゲームに臨み、2-3で敗北。直接FKからゴールを決め、依然好調のレアンドロやJ1初得点の原大智が今後に向けて明るい材料を振りまいたが、開幕からいまだ勝利のない相手に不覚を取り、川崎Fが先頭に立つ上位戦線から一歩後退した。 海外移籍の橋本拳人、負傷離脱の東慶悟が抜けた中盤の再構築も続くなかで、迎える今節は色気を見せず、堅実な攻守でしぶとく勝ち切る戦い方を徹底するC大阪が相手。勝ち点3差で上を行く相手でもあるだけに、上位に追いすがるためにも、是が非でも勝ちたいゲームだ。昨季こそホームで勝利したが、直近7試合は1勝1分け5敗。相性の悪さが顕著だが、鬼門攻略なるか。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:林彰洋 DF:室屋成、渡辺剛、森重真人、小川諒也 MF:三田啓貴、高萩洋次郎、安部柊斗、レアンドロ FW:ディエゴ・オリヴェイラ、永井謙佑 監督:長谷川健太 2020.08.08 17:55 Sat
twitterfacebook
thumb

3得点の鳥栖が待ちに待った初勝利! FC東京は5試合ぶり黒星に《J1》

明治安田生命J1リーグ第8節、FC東京vsサガン鳥栖が8月1日に味の素スタジアムで行われ、2-3で鳥栖が勝利した。 4位のFC東京(勝ち点14)は前節は鹿島アントラーズとシーソーゲーム。前半終了間際の2得点で一時逆転したが、75分の失点でドローに。4試合無敗もここ2試合はドローが続いている。対して、15位の鳥栖(勝ち点4)はここまで18チーム中唯一の未勝利。前節はセレッソ大阪から先制点を奪ったが勝ち切ることができなかった。 先にチャンスを作ったのはホームのFC東京。3分、左サイドの小川のクロスを2列目から走り込んだ三田が頭で合わせる。鳥栖もその直後、右サイドのクロスから石井にビッグチャンスが訪れたが、DFに寄せられやや無理な体勢からのシュートはGK林の正面に飛んだ。 一進一退の試合。10分にディエゴ・オリヴェイラのシュートが右ポストを叩いたFC東京が攻勢を強めていくかに思われたが迎えた30分、鳥栖は樋口が右サイドからマイナスのクロスを送ると、ニアで反応した内田は空振りしてしまうものの、ボックス中央でフリーになっていた石井がダイレクトで流し込み、先制に成功した。 3試合連続で先制を許したFC東京だったが39分、ボックス手前右寄りの位置でFKを獲得すると、レアンドロがコンパクトな振りから壁の外を通すカーブシュートを決めて同点に追いついた。 それでも鳥栖はその4分後、森下がドリブルでボックス手前まで運ぶと、そこから左足を一閃。強烈なシュートが右ポストの内側を叩きゴールに突き刺さった。 これが今季初の複数得点となった鳥栖がリードで迎えた後半、56分に右CKのチャンスを得たアウェイチームは、サインプレーでゴールから離れるようにグラウンダーのクロスを供給。これを受けた松岡のシュートが相手に当たってゴール前にこぼれると、素早く反応した趙東建が至近距離から蹴り込んで3点目を奪った。 厳しい展開となったFC東京は、アダイウトンや内田、原を立て続けに投入。逃げ切りを図る鳥栖も78分までに5枚の交代カードを使い切る。その中でU-19日本代表の16歳の中野伸哉がデビューを果たす。 終盤にかけてより攻勢が増すFC東京。82分に左サイドのクロスから原が頭で触ったボールを内田が押し込んだが、オフサイドの判定に。 しかしその4分後の86分、右サイドの室屋がディエゴ・オリヴェイラとのワンツーでボックスへ侵入。クロスに合わせた途中出場アルトゥール・シルバのヘディングは高く跳ね上がりGK高丘に弾かれるも、その落ちてくるボールに対し、競り合った原大智が原輝綺のオウンゴールを誘い1点差に。 しかし、FC東京の反撃はここまで。リードを守り切った鳥栖が今季初勝利を挙げた。FC東京は5試合ぶり黒星となった。 FC東京 2-3 サガン鳥栖 【FC東京】 レアンドロ(前39) OG(後41) 【鳥栖】 石井快征(前30) 森下龍矢(前43) 趙東建(後11) 2020.08.01 21:03 Sat
twitterfacebook
thumb

FC東京に痛手…主将MF東慶悟が右第五中足骨骨折で手術…

FC東京は26日、MF東慶悟の負傷を発表した。 東は今月22日に行われた明治安田生命J1リーグ第6節の北海道コンサドーレ札幌戦で負傷。その後、右第五中足骨骨折と診断され、25日に埼玉県内の病院にて手術を受けた。全治に関しては約3~4カ月となる見込みだという。 昨シーズンに続いて今季もキャプテンを務める東は、今シーズンここまでのリーグ戦5試合とACLプレーオフ1試合に出場していた。 2020.07.26 22:55 Sun
twitterfacebook
thumb

鹿島とFC東京のシーソーゲームはドロー…終盤攻勢の鹿島は押し切れず《J1》

明治安田生命J1リーグ第7節、鹿島アントラーズvsFC東京が26日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、2-2のドローに終わった。 前々節、ザーゴ新体制初白星を手にした鹿島だが、前節の湘南ベルマーレ戦を0-1で落とし、1勝5敗の17位に低迷。さらに、初白星の立役者となった上田が負傷離脱するアクシデントにも見舞われた。昨季、2位チームをホームで迎え撃った今節では先発5人を入れ替え、伊藤と遠藤が2トップでコンビを組んだ。 対するFC東京は北海道コンサドーレ札幌とのアウェイゲームを室屋の劇的同点ゴールでドローに持ち込み、3戦無敗を継続。2戦ぶりの白星を目指すこの一戦に向けては先発6人を変更。先発復帰の永井がディエゴ・オリヴェイラと2トップを組み、左サイドハーフに入った内田宅が今季初出場を飾った。 後方からボールを繋ぐホームチームに対して、アウェイチームが前から圧力をかけていく。開始3分には三田とのワンツーで右サイド深くに侵攻した室屋からクロスを受けた永井がボックス左からシュート。さらに、GKが弾いたボールに安部が詰めるもシュートを枠に飛ばせない。 その後もハイプレス、リトリートをうまく使い分けながら鹿島の攻撃をしっかりと封じるFC東京が優勢に試合を運ぶ。自慢の2トップを起点にボックス付近でのプレーを増やしていくと、28分にはボックス手前で得たFKの場面で森重がブレ球のミドルシュートを枠に飛ばすが、GKクォン・スンテの好守に遭う。 一方、なかなか良い形でアタッキングサードまでボールを運べない鹿島だったが、見事なカウンターでゴールをこじ開ける。34分、自陣でのエヴェラウドのボール奪取からカウンターに転じると、右サイドでフリーとなった広瀬が絶妙なクロスをゴール前に供給。最後はファーに走り込んだエヴェラウドが打点の高いヘディングで合わせた。 ワンチャンスを生かして先制に成功した鹿島は42分にも左CKから町田がクロスバー直撃の惜しいヘディングシュートを放つなど、良いリズムの中で試合を折り返しかけるが、前半終了間際に悪夢の展開が待っていた。 失点以降、我慢の戦いとなっていたFC東京は45分に左CKを獲得。キッカーの三田がニアサイドへ正確なボールを入れると、マークを振り切った渡辺が巧みなヘディングシュートをファーポストに流し込む。さらに、前半アディショナルタイム5分には右CKの場面で三田のインスウィングのクロスをゴール前でGKに競り勝った森重が頭で合わせ、ラストプレーで逆転した。 ハーフタイム直前の連続失点で気落ちも予想された鹿島だったが、勢いを持って後半に入る。キックオフ直後にエヴェラウドのシュートでアウェイチームのゴールを脅かすと、遠藤が続けて惜しいシュートを放つなど、ゴールを匂わせる仕掛けを継続する。 一方、得意のカウンターがハマり易い展開となったFC東京はアダイウトン、紺野と個人技に特長を持った選手を投入し、ディエゴ・オリヴェイラと共に幾度も鋭い縦への仕掛けを見せていくが、最後のところで決め切れない状況が続く。 すると、オープンな展開が続く中で鹿島の選手交代が後半最初のゴールをもたらす。67分に伊藤、ファン・アラーノに代わって入った土居と和泉は75分、相手陣内で遠藤との連係で攻撃を構築。そして、ボックス手前左で遠藤が上げた浮き球のクロスに反応した土居が後方からのボールを巧みな左足ボレーで流し込んだ。 この同点ゴールをキッカケにここからは鹿島が躍動を見せる。82分にエヴェラウドが見事なオーバーヘッドでスタンドを沸かすと、85分には相手陣内でボールを奪った遠藤がGK林のポジションを見極めてロングシュート。スーパーゴールでの勝ち越しかに思われたが、惜しくもクロスバーを叩いた。 試合最終盤にも永木のプレースキックから惜しい場面を作り出した鹿島だったが、最後のところで粘るFC東京の守備を崩し切るには至らず、試合は2-2でタイムアップ。互いに勝利のチャンスがあった白熱の一戦は痛み分けのドローに終わった。 鹿島アントラーズ 2-2 FC東京 【鹿島】 エヴェラウド(前34) 土居聖真(後30) 【FC東京】 渡辺剛(前45) 森重真人(前50) 2020.07.26 20:49 Sun
twitterfacebook