新型コロナウイルスで中国勢のACL日程が変更に…FC東京、神戸、横浜FMは第3節に影響

2020.02.04 22:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アジアサッカー連盟(AFC)は4日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の日程を変更したことを発表した。

AFCは中国を中心に感染が拡大している新型コロナウイルスの影響により、緊急会議を実施。そして、今回、東地区のグループリーグ第1節から第3節の中国クラブが絡んだ試合の日程を変更することとなった。

ただ、2月18日のグループE第2節のチェンライ・ユナイテッドvs北京国安は予定通りに開催予定。現在、北京国安は韓国でキャンプを行っており、検疫措置が必要ないと判断されたためだという。

今回、変更された日程は以下の通り。

◆第1節
▽2月11日(火)→4月28日(火)
【グループE】
FCソウル(韓国) vs 北京国安(中国)
【グループF】
パース・グローリー(オーストラリア) vs 上海申花(中国)

▽2月12日(水)→4月29日(水)
【グループG】
水原三星(韓国) vs 広州恒大(中国)
【グループH】
シドニーFC(オーストラリア) vs 上海上港(中国)

◆第2節
▽2月18日(火)→5月19日(火)
【グループF】
蔚山現代(韓国) vs 上海申花(中国)

▽2月19日(水)→5月20日(水)
【グループG】
ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア) vs 広州恒大(中国)
【グループH】
全北現代(韓国) vs 上海上港(中国)

◆第3節
▽3月3日(火)→5月26日(火)
【グループE】
メルボルン・V(オーストラリア) vs 北京国安(中国)
【グループG】
ヴィッセル神戸 vs 広州恒大(中国)

▽3月4日(水)→5月27日(水)
【グループF】
FC東京 vs 上海申花(中国)
【グループH】
横浜F・マリノス vs 上海上港(中国)


関連ニュース
thumb

FC東京が秋田の右SB鈴木準弥を完全移籍で獲得、背番号は「28」

FC東京は24日、ブラウブリッツ秋田のDF鈴木準弥(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「28」となる。 鈴木は静岡県出身で、清水エスパルスのユースで育った。早稲田大学に進学すると、そのままドイツのアーレンに加入。2019年に藤枝MYFCへと完全移籍すると、2020年から秋田でプレーしていた。 J2では通算18試合1得点、J3では通算62試合5得点を記録。また天皇杯でも3試合に出場していた。 U-16やU-17など世代別の日本代表も経験しており、右サイドバックが不足している東京にとっては大きな補強となる。 鈴木は両クラブを通じてコメントしている。 ◆FC東京 「ブラウブリッツ秋田から移籍することになりました鈴木準弥です。FC東京という素晴らしいクラブでプレーする機会を与えていただきとても嬉しく思っています。チームの勝利の為に全身全霊をささげます。FC東京に関わる全てのみなさまよろしくお願い致します!」 ◆ブラウブリッツ秋田 「この度、FC東京へ移籍することになりました。夏のタイミングでチームがなかなか勝てていない中ということもあり悩みましたが、J1のステージへの挑戦したい気持ちが強く、決断しました」 「この移籍はブラウブリッツ秋田があったからこそ実現しました。1年半という短い間でしたが、本当にありがとうございました」 「僕は秋田、ブラウブリッツ秋田が大好きです。移籍にあたって快く背中を押してくれたクラブの全ての皆様には感謝しかありません」 「J1の舞台で活躍し秋田の子供達の夢や希望となれるよう闘ってきます。是非秋田からも引き続き応援して頂けたらと思います。本当にありがとうございました!そして、これからもよろしくお願いします!」 2021.06.24 11:45 Thu
twitterfacebook
thumb

田川の電光石火弾を守り切りFC東京が2連勝!徳島はリーグ4試合勝利なし【明治安田J1第19節】

明治安田生命J1リーグ第19節、徳島ヴォルティスvsFC東京が23日に鳴門・大塚スポーツパークポカリエットスタジアムで行われ、FC東京が1-0で勝利した。 ホームの徳島は今節がおよそ3週間ぶりのリーグ戦。中断期間に天皇杯2回戦を戦ってからコンディションを整えられる期間があったものの、公式戦は2週間の空きがあり、試合勘という面ではやや不安も残る一戦だ。 一方、FC東京は4日前に横浜FCとのリーグ戦を戦ったばかり。感覚は徳島より優れているものの、疲労を考慮して前節からスタメンを7人変更して臨んだ。 試合はいきなり動く。5分に徳島がビルドアップの局面で、センターバックのカカがコントロールミス。田川が奪ってゴールに直進すると、ペナルティエリア中央でGK上福元をかわして冷静に流し込み、アウェイのFC東京が先制した。 その後は試合が落ち着き、徳島がボールを保持してポゼッションで押し込み、FC東京が2列の守備ブロックを構えてカウンターを狙うという構図になる。徳島はボールをサイドに誘導されて、ゴールへのルートは垣田へのクロスのみにほとんど限定されてしまう。 その後も徳島がボールを握ってFC東京のゴール前まで何度か持ち込むも、決定機を作ることができず。0-1のスコアで試合は後半へ。 FC東京は56分に、三田と高萩に代えてディエゴ・オリベイラとレアンドロを投入して追加点の姿勢を強める。対する徳島は前半と同様にボールを支配しながらも、63分に小西とバトッキオに代えて渡井と藤田を投入し、巻き返しを図る。 その後、66分に徳島が素早いビルドアップで一気に相手ペナルティーエリアまで侵入。相手DF蓮川に激しいスライディングタックルを見舞われた岸本がファウルをアピールするも、PKの判定は得られず。 やや肝を冷やしたFC東京は69分、先制点を決めた田川に代えてアダイウトンを投入。前節で活躍したブラジル人トリオがそろい踏みとなったが、その疲労が溜まっているのか、徳島ゴールまでなかなか近づくことはできない。 そして80分、FC東京は永井を下げてバングーナガンデをピッチに送り出すとともに、システムを[5-4-1]にしてスペースを圧縮し、逃げ切りを図る。89分に杉森の放ったシュートはFC東京の岡崎に当たって軌道が変わるも、GK波多野がファインセーブで防いだ。 アディショナルタイムには徳島がセンターバックのカカを前線に上げてパワープレーを敢行したが、最後までFC東京のゴールラインを割ることができず。試合序盤の田川のゴールを守り切ったFC東京がリーグ戦2連勝を達成した。 徳島ヴォルティス 0-1 FC東京 【FC東京】 田川亨介(前5) 2021.06.23 21:28 Wed
twitterfacebook
thumb

アダイウトンの先制点をFC東京が守り切り3節ぶり勝利!横浜FCは天皇杯も合わせて4連敗【明治安田J1第18節】

明治安田生命J1リーグ第18節、横浜FCvsFC東京が19日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、FC東京が1-0で横浜FCを下した。 ホームの横浜FCは4月8日の監督交代後リーグ戦10試合でわずか1勝と、最下位から抜け出せずにいる。先日の天皇杯でもJ3ヴァンラーレ八戸に"下剋上"を許してしまい、いまだにギアが上がらない状態。前節からスタメンを7人変更して今回のFC東京戦に挑んだ。 対するFC東京も天皇杯で順天堂大学に1-2で敗れてしまったものの、その後のルヴァンカッププレーオフステージで湘南を4-1で下し、逆転でプライムステージ進出を決めている。6月に入ってから好調のレアンドロが、リーグ戦では3月10日の神戸戦以来初めてスタメンに入った。 強い雨の中試合が始まり、立ち上がりは両チームともロングボールを蹴り合う落ち着かない展開となる。その中で横浜FCのクレーベが空中戦の強さを見せつけ、ポストプレーで起点を作り続ける。 雨が落ち着くと、FC東京がボールを握り、左サイドハーフのアダイウトンとトップ下のレアンドロを中心に左サイドから攻めていく。対する横浜FCは[4-4-2]の守備ブロックを構えてカウンターを狙う展開に。クレーベがフィジカルの強さとポストプレーを活かして縦パスをおさめつつ、ジャーメイン良が持ち前のスピードを武器にロングドリブルを仕掛けて何度もFC東京の守備陣を切り裂いた。 しかし31分、カウンターの局面でクレーベが二人をかわした直後のシュートがブロックされると、FC東京のアダイウトンがこぼれ球を拾う。左サイドに流れたレアンドロに縦パスを送り、直後にペナルティーエリア内でディエゴ・オリベイラが受けると、そこにサポートに来たのはアダイウトン。ボックス左からキーパーの股を抜く技ありゴールで先制に成功した。 その後もレアンドロからペナルティーエリア内に進入した東へボールが渡り、クロスでチャンスを作るなどするもゴールには至らず。FC東京が1点をリードしてハーフタイムに入った。 ハーフタイムで両チームは交代カードを切る。横浜FCは田代に代えて袴田、FC東京は中村に代えて小川を投入した。 後半開始直後からチャンスを作ったのはFC東京。50分にはCKの流れから青木がフリーでヘディングをするも、惜しくも枠の上に外れる。 対する横浜FCは55分、東への縦パスを武田が自陣でインターセプトすると、そのまま一人でシュートまで持ち込む。ボールは惜しくも右ポストを直撃したが、この試合でチーム初めての決定機を作った。 73分には、高木が上げた左サイドからのクロスをジャーメイン良がフリーで合わせるも空振り。直後の瀬古のシュートはGK波多野のファインセーブによって阻まれた。 以降は両チームともに左サイドから攻め合う展開に。横浜FCは高木のクロス、FC東京は前半と同じようにアダイウトンやレアンドロ、ディエゴ・オリベイラのパスワークでゴールを狙う。 アダイウトンの先制点以降は試合がなかなか動かない中、横浜FCは途中投入の中村俊輔が89分に渡邊千真に合わせてドンピシャのCKを蹴るも、惜しくも枠の左に外れる。 対するFC東京は、93分にレアンドロのヒールパスに田川がフリーで抜け出したが、GK六反との1対1をかわす際にタッチが大きくなってしまい、ビッグチャンスを決め切れず。終盤の横浜FCの攻撃を凌ぎ切ったFC東京が3節ぶりの白星を掴んだ。 横浜FC 1-0 FC東京 【FC東京】 アダイウトン(前31) 2021.06.19 20:31 Sat
twitterfacebook
thumb

1アシストも「良いところと悪いところが両方出た」と語る小川諒也「東京に帰ってしっかり突き詰めたい」

日本代表のDF小川諒也(FC東京)が、キルギス代表戦を振り返った。 日本代表は15日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選でキルギス代表と対戦した。 今回のシリーズでは途中出場が続いていた小川は、初先発。3月のモンゴル代表戦いライの先発となった。 立ち上がりはミスもあった小川だが、積極的に同サイドの浅野拓磨と連携し攻撃を仕掛けると、2-0で迎えた33分にはアーリークロスからオナイウ阿道のゴールをアシストした。 後半途中からはシステム変更に伴いウイングバックに入ると、前からのプレスやインサイドに入って組み立てに参加するなど90分のフル出場。チームの5-1での勝利に貢献した。 試合後、オンラインのメディア取材に応じた小川はアシストを振り返り、「クロスは1、2本上げた時に芝の影響で浮いてしまったので、そこは修正しました」と微調整を行っていたとコメント。「中も3枚、4枚入ってくれたり、合わせやすいシーンが多かったです」と狙いがうまくはまったと語った。 一方で「他の場面はまだまだなところが多くて、良いところと悪いところが両方出たかなと思います」と、反省点も多く感じたようだ。 左サイドでの浅野との関係については「拓磨くんはハッキリ動いてくれるので、その分自分も生かしやすかったですし、かなりのスピードなのでパス出す方も楽というか、裏を簡単に取れる場面が多かったです」と語り、狙いやすいシーンが多かったようだ。 この先、最終予選に向けてはサバイバルとなる。「まずはゴールやアシストの結果が欲しかったので1アシストは良かったです」とコメント。しかし「まだまだ自分には足りないものが多く出たので、東京に帰ってしっかり突き詰めたいと思います」と、クラブでさらに磨きたいと語った。 その課題については「上がったり、相手が来た時にちょっとパスミスが多かったりしたので、その辺は減らさないといけないです」と語り、「次から最終予選ですが、相手のプレスも早くなるので、もっとその辺りを発揮しないといけないと思います」と強度の高い相手に対してのプレーで精度を上げていきたいと語った。 また、「アシストをもっと増やさないといけないと思いますし、もっと早い展開の試合が増えてくると思うので、そこでミスしないように合わせたり、状況判断をもっと早くしないといけないと思います」と、今後の自身の成長ポイントを語った。 2021.06.15 23:22 Tue
twitterfacebook
thumb

連覇目指すFC東京、逆転でベスト8! アウェイ湘南戦でブラジル人トライアングル躍動《ルヴァンカップ》

YBCルヴァンカップ プレーオフステージ第2戦の1試合が13日にレモンガススタジアム平塚で催され、アウェイのFC東京が4-1で湘南ベルマーレに勝利。2戦合計スコア4-2でFC東京のプライムステージ進出が決定した。 敵地での第1戦を1-0の勝利で飾り、アドバンテージを持って本拠地での第2戦に臨む湘南はアウェイゴールとなる一撃をマークしたウェリントンがベンチに回り、大橋と町野の2トップでスタート。一方、ミッドウィークの天皇杯2回戦で順天堂大学に敗れ、今回の一戦に挑むFC東京はディエゴ・オリヴェイラ、永井、レアンドロを前線に並べ、逆転突破を目指した。 湘南が1つのアウェイゴール差で優位に立ってのリターンレグだったが、連覇の夢を繋ぐためにも2点以上奪っての勝利が条件となるFC東京が先にスコアを動かして、トータルスコアでもイーブンに。11分、敵陣ハーフウェイライン付近の中央でFKのチャンスを獲得すると、キッカーの森重が前線に右足で出した浮き球パスをボックス中央のD・オリヴェイラが胸トラップで落とす。最後は左のレアンドロが右足ボレーをゴール左に突き刺した。 前半の早い段階で湘南のアドバンテージを打ち消したFC東京だが、永井の負傷で14分に切り札待機のアダイウトンを早々に使わざるを得なくなるアクシデント。それでも、トータルスコアで逆転する。35分、レアンドロが敵陣ハーフウェイライン付近から前線にスルーパスを出すと、呼応したD・オリヴェイラが巧みなランで相手最終ラインのスペースを突いて、GK富居と一対一の構図に。ボックス左から冷静に左足でネットを揺らした。 さらに、41分には敵陣左サイドからバングーナガンデ佳史扶が左足で折り返すと、ボックス中央のD・オリヴェイラが先制点に続きポストプレー。この落としに反応した急きょ出場のアダイウトンが豪快な右足ボレーをゴール左に叩き込み、FC東京がブラジル人トリオの活躍で大きくリードする。だが、湘南も44分、山田がバイタルエリア中央に横パスを出すと、中村駿が右足コントロールショット。これがゴール右上隅に決まり、食い下がる。 ブラジル人トリオの脅威に晒され、前半だけで3失点の湘南は突破に最低でもあと2ゴールが必要な状況に陥ってしまっての後半に向け、ハーフタイム明けからウェリントン、畑、池田を投入。その後半もブラジル人トリオが牽引するFC東京の攻撃を辛抱強く凌ぎつつ、反撃に転じていき、フィニッシュの形も作り出していくが、最後の精度を欠く。すると、残る交代枠で田中、オリベイラを投入するが、FC東京も集中を切らさない。 そんなFC東京は後半アディショナルタイム6分も守りの時間が続いたが、同2分にD・オリヴェイラのヒールパスからアダイウトンが強烈な右足シュートを決め切り、勝負あり。FC東京が見事に逆転突破を果たした。なお、準々決勝は9月1日に第1戦、同月5日に第2戦が行われる。 湘南ベルマーレ 1-4(AGG2-4) FC東京 【湘南】 中村駿(前44) 【FC東京】 レアンドロ(前11) ディエゴ・オリヴェイラ(前35) アダイウトン(前41、後45+2) 2021.06.13 19:10 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly