パルマ、38歳の主将DFブルーノ・アウベスと契約延長!

2020.01.28 21:43 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パルマは28日、元ポルトガル代表DFブルーノ・アウベス(38)との契約を2021年6月30日まで延長したことを発表した。

これまでポルトやゼニト、フェネルバフチェ、レンジャ-ズなどを渡り歩いてきたブルーノ・アウベスは、2018年夏にパルマへ加入。ポルトガル代表通算96キャップを誇る百戦錬磨のセンターバックはすぐさまカピターノに就任すると、加入1年目はセリエA33試合で4ゴールを記録するなど、カリアリ時代以来のセリエAの舞台でも健在ぶりを見せていた。

さらに、今シーズンもここまでリーグ戦17試合に出場し、頼れるディフェンスリーダーとしてここまで7位に躍進するチームを支えている。
コメント
関連ニュース
thumb

宮市所属のザンクト・パウリ、新ドイツ人指揮官の昇格を発表

宮市亮が所属するドイツ2部のザンクト・パウリは12日、ドイツ人指揮官のティモ・シュルツ氏を新監督に招へいしたと発表した。2022年6月末までの2年契約となる。 主にドイツ2部リーグで選手キャリアを築いたシュルツ監督は、2011-12シーズンに加入したザンクト・パウリで現役を引退。その後は現役時代から兼業していた指導者の道へ進み、2014-15シーズンからはザンクト・パウリのアカデミーで指揮。今シーズンはU-19チームで監督を務めていた。 来季が自身初となるトップチームでの指揮を前に、シュルツ監督は意気込みを語っている。 「このオファーを受け入れることは何も問題なかった。トレーナーをしていた私にとって、NLZ(ドイツサッカー協会公認ユースアカデミー)での長年の経験を経てプロとしてビジネスに参入できるのは理想的だ」 「昨シーズンを終えて、我々はもちろん謙虚さをもって新しいシーズンを迎える。しかし、明確なアイデアも持っている」 「新しいチームでファンを満足させられるように、選手たちと一緒に仕事をすることが楽しみで待ちきれない」 2020.07.13 20:50 Mon
twitterfacebook
thumb

「新しい章の時間だ」 元豪州代表主将ジェディナクが現役引退を表明

元オーストラリア代表MFミル・ジェディナク(35)が現役引退を表明した。 ジェディナクは2001年にシドニー・ユナイテッドでプロキャリアをスタート後、母国クラブだけでなく、クロアチアやトルコでもプレー。2011年からイングランドに活躍の場を移して、クリスタル・パレスやアストン・ビラでいずれも主力として活躍した。 代表キャリアにおいては2008年にA代表デビュー後、通算79キャップを記録。キャプテンとしても代表チームを引っ張り、2010年の南アフリカ・ワールドカップ(杯)から3大会連続のメンバー入りを果たすと、2018年に代表から退いた。 昨季終了後にアストン・ビラを退団してから無所属の状態が続いたジェディナクは11日、自らのインスタグラム(milejedinak15)を更新。現役引退の旨を綴り、自身のキャリアに関わった全ての人々に感謝の言葉を贈った。 「私はプロのフットボーラーになる夢を見る西シドニー生まれの少年だった。その目標に辿り着くまでの旅路はこの先も大切にしていきたい多くの経験や挑戦、そして思い出に満ち溢れたものだった」 「私に代表でプレーする機会を授けてくれた全てのクラブに感謝する。コーチ、スタッフ、チームメイト、サポーターのみんな、本当にありがとう」 「長年にわたり、私をサポートしてくれた家族全員にも感謝の思いでいっぱいだ。私に夢を追いかける価値と信念を教えてくれた両親にも特に感謝したい」 「それと、妻や子供たちにも私の最大のファンでいてくれて、感謝する。子供たちよ、大きな夢を抱き、その夢を追い続けることを決してやめるな。新しい章の時間だ」 2020.07.12 14:00 Sun
twitterfacebook
thumb

フランス代表DFキンペンベ、PSGとの新契約にサイン!

パリ・サンジェルマン(PSG)は11日、フランス代表DFプレスネル・キンペンベ(24)との契約延長を発表した。新たな契約期間は2024年6月30日までとなる。 PSG下部組織出身のキンペンベは2014年10月にトップチームデビュー以降、公式戦通算136試合に出場して、5度のリーグ・アン優勝など数々の国内タイトル獲得を経験。2016-17シーズンからセンターバックとして出番を増やしていき、8月にチャンピオンズリーグ(CL)の戦いを残している今季はここまで公式戦24試合でプレーしている。 そのキンペンベは2018年に新契約を締結。2023年6月30日まで契約を残すなかで、新たに1年延長に至った格好だ。 2020.07.12 11:00 Sun
twitterfacebook
thumb

元アルゼンチン代表FWディ・サントがサン・ロレンソ入り! キャリア初の母国でのプレー

サン・ロレンソが10日、元アルゼンチン代表FWフランコ・ディ・サント(31)の獲得を発表した。 身長193cmの長身ストライカーであり、3キャップの代表歴を持つディ・サントはチリでプロデビュー後、2008年にチェルシー入り。以後、ブラックバーンやウィガン、ブレーメン、シャルケ、ラージョを渡リ歩き、昨夏からアトレチコ・ミネイロに活躍の場を移した。 そのアトレチコ・ミネイロとは2020年12月までの1年半契約を結び、公式戦25試合に出場して4得点1アシストをマーク。しかし、双方合意の下、契約解消に至り、フリーの状態だった。 なお、ディ・サントはサン・ロレンソと2023年12月31日までの契約を締結。ディ・サントにとって、プロキャリア初となる母国でのプレーとなる。 2020.07.11 20:20 Sat
twitterfacebook
thumb

安部裕葵が所属するバルセロナBがピミエンタ監督と契約更新

バルセロナは9日、日本代表FW安部裕葵が所属するバルセロナBのフランセスク・シャビエル・ガルシア・ピミエンタ監督(45)との契約更新を発表した。2021年6月30日までの契約となる。 バルセロナのカンテラで育ったピミエンタ監督はファーストチームに昇格することはなかったものの、現役引退前に下部組織の監督に就任。U-16、U-18、U-19などで監督を歴任した。 <div id="cws_ad">◆ケガからの復帰に向けて安部がトレーニング<div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIzYmRKcGp4ViIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2018年4月からはバルセロナBの監督に就任。今シーズンはセグンダ・ディビシオンB(スペイン3部)で3位に導く手腕を見せていた。 若手の育成に定評があるピミエンタ監督の下から、来シーズンも新たなスター候補は誕生するだろうか。 2020.07.11 10:45 Sat
twitterfacebook