チェルシーGKブラックマン、ブリストル・ローバーズにレンタル

2020.01.23 04:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーは22日、イングランド人GKジャマル・ブラックマン(26)が今季終了までリーグ1(イングランド3部相当)のブリストル・ローバーズにレンタル移籍することを発表した。


199cmの大型GKであるブラックマンはチェルシーの下部組織出身で、これまでトップチーム出場歴がない中、ミドルズブラ、オーステンデ、ウィコム、シェフィールド・ユナイテッド、リーズへのレンタル移籍を経験。

今季はエールディビジのフィテッセにレンタルに出されていたが、公式戦出場はない状況だった。

関連ニュース
thumb

チェルシー、ツィエクの他にも移籍寸前で白紙となった選手が…

モロッコ代表MFハキム・ツィエクのパリ・サンジェルマン行きが書類不備で成立しなかった件で非難にさらされているチェルシーだが、移籍市場締め切り寸前で移籍が破断になっていた選手がもう一人いたようだ。 今冬の移籍市場でミハイロ・ムドリクとエンソ・フェルナンデスの獲得で1億ユーロ超えの移籍を2件も実現させてしまったチェルシー。エンソ・フェルナンデス獲得に支払った1億2100万ユーロは、ジャック・グリーリッシュを凌ぐ英国史上最高額の移籍金となった。 その一方で余剰戦力の整理は上手く進められなかった。ツィエクはPSG移籍に向けてメディカルチェックまで済ませている状況だったが、チェルシーによる再三の書類不備が原因で締め切りに間に合わず、移籍は認められなかった。 これにはPSGから怒りの声が上がっているが、チェルシーでは19歳のオマリ・ハッチンソンも移籍寸前でキャンセルという失意を味わっている。昨年7月にアーセナルの下部組織から加入したハッチンソンは将来有望のセントラルMF。チェルシーのファーストチームでは2試合に出場しているものの、さらなる出場機会のため、今冬に修行先を探していた。 その中で、チャンピオンシップのウェスト・ブロム行きが迫っていたが、同クラブは突如、レスターのマーク・オルブライトンに舵を切り、ハッチンソンのレンタル移籍は白紙に。これはチェルシーに非があるわけではないが、出場機会を求めていた19歳もまた、ツィエクと同じようにメンタル面に負担がかかってしまう結果となった。 2023.02.02 18:15 Thu
twitterfacebook
thumb

スーパーコンピューターがプレミアリーグの最終順位を予想…今冬510億円投下のチェルシーは8位

あるイギリス企業が開発したスーパーコンピューターが、今季のプレミアリーグの最終順位を予測した。イギリス『サン』が伝えている。 冬の移籍市場が閉幕し、泣いても笑っても現スカッドで戦うのみとなった欧州リーグ。プレミアリーグでは例年通り、他国を圧倒する資金力で数多の移籍が成立した。 その中で今冬の主役となったのは間違いなくチェルシーだ。総額3億6360万ユーロ(約510億円)もの大金を投下し、ミハイロ・ムドリクやエンソ・フェルナンデスなど多くのビッグクラブが注目したタレントを次々と獲得。エンソ・フェルナンデスは英国史上最高額となる1億2100万ユーロの移籍金を記録した。 この移籍市場を踏まえてプレミアリーグの今後の順位変動は気になるところだが、イギリスのベッティング企業『bettingexpert』の専門家チームが、プレミアの最終順位表を予測するスーパーコンピューター『BETSiE』を開発した。 その『BETSiE』の予想では、優勝は現在トップのアーセナル。演算の結果、88.5ポイントの勝ち点でこのまま逃げ切るという。2位はマンチェスター・シティで82.9ポイント。3位にはマンチェスター・ユナイテッドがニューカッスルを抜いて割って入るとみられ、それぞれ勝ち点は71.4、70.9と僅差となっている。 5位と6位にはトッテナムとリバプールが予想されている。極度の不振に喘ぐ現在9位のリバプールだが、最終的にはなんとか欧州カップ戦の出場権を手にするようだ。 そして、気になるチェルシーはというと8位と結果振るわず。前半戦のような戦いを繰り返すと見込まれ、グレアム・ポッター監督の古巣であるブライトンにも及ばずという予測がなされている。 一方で、下位に目を向けると、最下位はエバートン。現在19位の同クラブはフランク・ランパード監督を解任し、後半戦の巻き返しに向けてショーン・ダイチ監督を招聘した。しかしながら最下位予想。現在降格圏に沈んでいるボーンマスとサウサンプトンと共に2部降格の可能性が高いようだ。 ◆スーパーコンピューター予想の最終順位表 (勝/引/負/勝ち点) 1. アーセナル(27.6/5.6/4.1/88.5pt) 2. マンチェスター・シティ(25.4/6.6/6.0/82.9pt) 3. マンチェスター・ユナイテッド(21.5/7.1/9.1/71.4pt) 4. ニューカッスル(19.3/12.9/5.0/70.9pt) 5, トッテナム(18.6/7.3/12.6/63.2pt) 6. リバプール(17.9/9.2/12.2/63.0pt) 7. ブライトン(18.0/8.5/11.7/62.5pt) 8. チェルシー(15.4/10.0/14.7/56.2pt) 9. ブレントフォード(13.8/12.9/10.2/54.4pt) 10. フルアム(14.6/7.8/16.1/51.5pt) 11. アストン・ビラ(14.1/8.8/15.9/51.1pt) 12. クリスタル・パレス(10.9/10.7/16.8/43.5pt) 13. ウェストハム(11.5/7.5/18.2/41.9pt) 14. リーズ(10.3/10.1/16.6/41.1pt) 15. レスター(10.4/7.7/20.9/39.0pt) 16. ノッティンガム・フォレスト(9.2/10.0/18.1/37.7pt) 17. ウォルバーハンプトン(8.8/9.5/19.8/36.0pt) 18. サウサンプトン(8.8/7.4/20.7/33.9pt) 19. ボーンマス(7.3/9.3/21.6/31.1pt) 20. エバートン(7.0/9.8/20.4/30.9pt) 2023.02.02 17:05 Thu
twitterfacebook
thumb

レバークーゼンにレンタル中のハドソン=オドイ、今夏のチェルシー復帰を決断か

レバークーゼンにレンタル中のイングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイ(22)が、今夏のチェルシー復帰を決断したようだ。 チェルシーの下部組織出身であるハドソン=オドイ。2019年1月にファーストチーム昇格を果たすと、ここまで公式戦126試合に出場し16ゴール22アシストの成績を残し、チャンピオンズリーグ(CL)やクラブ・ワールドカップ(CWC)優勝も経験した。 一方で、前指揮官トーマス・トゥヘルの下では出場機会が限られていたこともあり、昨夏の移籍市場でレバークーゼンにレンタル移籍。新天地ではここまで公式戦17試合に出場しているが、ブンデスリーガでの先発は6試合とポジションを掴むまでには至っていない。 こうした扱いもあり、ドイツ『スカイ』によるとハドソン=オドイがシーズン終了後もレバークーゼンにとどまる可能性は低い模様だ。選手はロンドンへの帰還を熱望しており、レバークーゼンとの間で完全移籍やレンタル延長などの話し合いはないという。 ただし、チェルシーは今冬の移籍市場でFWジョアン・フェリックス、FWミハイロ・ムドリク、FWノニ・マドゥエケら前線の選手を数多く獲得。今後ハドソン=オドイがレバークーゼンで印象的なパフォーマンスを示さない限り、たとえ今夏にチェルシーへ復帰したとしても売却される可能性が高まっている。 2023.02.02 16:04 Thu
twitterfacebook
thumb

大量補強のチェルシー、CL・KOステージ登録メンバーを2日24時までに提出へ GSから変更は3人まで

チェルシーのグレアム・ポッター監督は厳しいマネジメントに直面することになりそうだ。 今冬に総額3億6360万ユーロ(約510億円)もの大金を投下し、各国から有望な若手を次々とかき集めたチェルシー。特にシャフタールから獲得したミハイロ・ムドリクは最大1億ユーロ、移籍市場締め切りギリギリにベンフィカと合意に漕ぎ着けたエンソ・フェルナンデスは英国史上最高額の1億2100万ユーロの値札がついた。 この超大型補強により、10位に甘んじているプレミアリーグでの巻き返しに期待がかかるところだが、ことチャンピオンズリーグにおいては、ポッター監督は頭を抱えることになりそうだ。 CLの規定ではグループステージとノックアウトステージの間にメンバー変更が可能だが、その枠は3人まで。ジョルジーニョがアーセナルに移籍したため現在の登録メンバーは23人となっているが、新たに3人を追加するには1人外さなければならない。 もちろん、メンバーを変えない選択もあるが、大金を費やしたムドリクやエンソ・フェルナンデスを無視するわけにはいかない。加えて、アトレティコ・マドリーからレンタル加入したジョアン・フェリックスもメンバー入りする可能性が高い。 そうなると注目は誰がその犠牲になるか。イギリス『サン』は、現時点ではパリ・サンジェルマン行きが御破算となったハキム・ツィエクが筆頭候補と見ているが、誰であれポッター監督には適切なメンタルケアが必要になる。 メンバー提出の期限は現地時間2日の24時まで。今冬に加入した残り4名の1億3000万ユーロ分の選手たちは蚊帳の外になりそうだ。 2023.02.02 14:35 Thu
twitterfacebook
thumb

「プロ失格」ツィエク移籍不成立となったPSG、書類不備連続のチェルシーを大非難「最高級のサーカス軍団だ」

モロッコ代表MFハキム・ツィエクの移籍が不成立となった件について、パリ・サンジェルマンがチェルシーへの怒りをあらわにしている。 チェルシー側の書類不備により、移籍完了まで至らなかったツィエクのオペレーション。今冬の移籍市場最終日に駆け込みでPSGがオファーを出したが、チェルシーから送られてきた書類に複数回にわたって不備が見つかり、締め切りに間に合わなかった。 イギリス『サン』の取材に応じたPSG関係者によると、チェルシーは最初、PSGからレンタル移籍に関するメールや電話を無視。最初の連絡から75分後にようやく書類が届いたが、不正確で署名のないものだったという。 何度かのやりとりの末、正しい書類がPSGの元に届いたのは期限から3分後のこと。ツィエクの移籍が登録されたのは締め切り時刻の4分後の11時4分で、フランスプロサッカーリーグ連盟(LFP)の承認を得られなかった。 結局、PSGとツィエクの希望は叶わず大きな失望を味わうことに。PSGはこの一連の混乱を「クラスAサーカス」と表現し、チェルシーへ大きな不満をぶつけている。 「チェルシーのやり方は乱暴で無礼なものだった。それ以外の表現が思いつかない。今、ハキムは嫌われているクラブに戻ることになり、おそらく居場所もないだろう」 「チェルシーは彼のキャリアの6ヶ月を台無しにしてしまった。クラブがこの移籍を軽率に扱ったことは、本当にお粗末な行為だ。チェルシーのやり方には全く失望させられる」 「彼らのようなレベルのクラブとしては受け入れられないことだが、これは現時点での彼らのビジネスのやり方を要約しているようだ」 「これはチェルシーのせいだ、純粋に単純に。プロ失格だ」 2023.02.02 13:45 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly