半年でJ復帰のキム・スンギュ、タイトルに意欲「優勝も充分に」

2020.01.15 04:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
蔚山現代FC(韓国)から柏レイソルへ加入した韓国代表GKキム・スンギュが、チームメイトに自信を持っているようだ。

2016年シーズンから今シーズン夏までヴィッセル神戸に在籍していたキム・スンギュは、今回の移籍について「新しいチームを選ぶ際、監督は非常に大きな要素になってくると思います。ネルシーニョ監督に関しては(神戸の時)一緒にやったことがありましたので。新しいチームになりますが、監督はわかっていて移籍するにあたり迷いはなかったです」と半年ぶりのJリーグ復帰に至った経緯を説明した。

対戦経験もある柏の印象について「以前にJ1で対戦した時も非常にやりづらい強い相手、手強い相手という印象がありました。去年からやってきたことを今年も引き続き継続できるのであれば、優勝も充分に狙えるチームなのではないかなと思います」。

また、それを成し遂げるための人材がいて、自身のタスクを遂行することを誓った。「自分がGKというポジションなので、 “失点をしない”“難しい時間帯を耐える”ことが非常に大事になってくると思います。それができるのであれば、我々のチームの前線には非常に能力の高い選手たちが揃っていますので仕事をしてくれると思います。なので、まずは自分の仕事をしっかりとやっていきたいと思います」とコメントしている。

そのキム・スンギュには熾烈なレギュラー争いが待ち受けている。新体制発表会の背番号発表時に退団の噂があったGK中村航輔の名前がコールされると会場は歓喜。絶対守護神としてJ1返り咲きに尽力した中村からゴールマウスを奪わなければならない。奇しくも、キム・スンギュは昨年12月に行われたEAFF E-1サッカー選手権2019の最終節の韓国代表vs日本代表で中村と対峙。その試合は、キム・スンギュが無失点で抑え1-0で韓国が勝利している。キャンプやプレシーズンマッチなどでアピールを続け、ネルシーニョ監督のファーストチョイスになることはできるだろうか。開幕戦のゴール前に注目が集まる。


関連ニュース
thumb

Jリーグ7クラブがJFAに上申書提出…日本代表戦後の新型コロナ対策の改善を訴え

ヴィッセル神戸は16日、日本サッカー協会(JFA)への上申書を提出したことを発表した。 今回の上申書については、1月から2月にかけて行われるカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選についてのもの。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染予防対策についてだ。 この上申書は神戸の他、浦和レッズ、FC東京、川崎フロンターレ、湘南ベルマーレ、清水エスパルス、サンフレッチェ広島と選手が招集されているJリーグクラブの連名によって提出されたとのこと。セレッソ大阪や名古屋グランパス、鹿島アントラーズ、横浜F・マリノスは含まれていないとのことだ。 世界的に感染が爆発しているオミクロン株の影響で、日本代表は21日に予定されていたキリンチャレンジカップ2022のウズベキスタン代表戦が中止に。また、その後の中国代表戦、サウジアラビア代表戦は予定通り開催されるものの、日本代表の海外組の選手とともにプレーする国内組は、試合後に隔離期間を設けられることとなり、開幕を前にしたクラブの活動に参加できないこととなっていた。 神戸の三木谷浩史会長は自身のツイッターで「日本で行われる代表戦に出た選手は2週間隔離しろと「政府」と「協会」から来た。移動の自由、人権、営業権の侵害だ。海外から来た選手は即練習で、戻って海外で則プレー。頭おかしんじゃないの??」と今回の決定に苦言を呈しており、「そもそも給与もこちらが払ってるのに、代表に出して拘束。話にならん」とし、「そもそも政府に日本にいる人間がサッカーの代表戦に出たというだけで、行動を制限する法律的な権利はないと思う。裁量行政の濫用だ」と訴えていた。 神戸は今回の件について改めて正式に訴えることとなった。 「通達された本件感染症対策案は、厳しいものであり、改善の余地があると考えております。つきましては、今般のFIFAワールドカップ・アジア最終予選の試合の開催およびそれに向けた日本代表合宿を日本において執り行うにあたり、本感染症対策案とは異なる、合理的に必要最小限といえる内容の感染症対策案を策定いただくべく日本サッカー協会に改めて協議のご依頼をしております」 新規入国の外国人と、入国歴がある外国人の扱いを巡っても、サッカー界以外で様々な議論が起きている日本の新型コロナウイルス対策。曖昧な基準による対策は、さらに議論を生むかもしれない。 2022.01.17 08:15 Mon
twitterfacebook
thumb

湘南GK谷晃生もケガで代表合宿を不参加…尚志高DFチェイス・アンリら3名招集

日本サッカー協会(JFA)は16日、湘南ベルマーレに所属するGK谷晃生の日本代表候補トレーニングキャンプ不参加を発表した。 理由は負傷のため。これまでに北海道コンサドーレ札幌のFW小柏剛やセレッソ大阪のDF瀬古歩夢もケガと体調不良を理由に不参加が発表されており、それに続く形となった。 また、トレーニングパートナーとして、流通経済大学のGK北川空、尚志高校のDFチェイス・アンリ、明治大学のFW佐藤恵允をキャンプに帯同することを併せて発表している。 日本代表は17日から千葉県内で国内組のみのトレーニングキャンプを実施。21日までの5日間を予定している。 2022.01.16 17:20 Sun
twitterfacebook
thumb

浦和選手1名が新型コロナ陽性…17日から沖縄キャンプ

浦和レッズは16日、トップチーム選手1名の新型コロナウイルス陽性を報告した。 同日のPCR検査で陽性判定を受けた当該選手は現在、発熱や体調不良などの症状なく、適切な対策のもとで療養。トップチーム関係者の濃厚接触者は現状、確認されていないという。 浦和は12日、今季に向けた新体制発表会を実施。13名の新加入選手が加わったチームは17日から沖縄キャンプに入るが、参加者全員にPCR検査を受けさせ、陰性者にて練習を行う予定だ。 2022.01.16 17:05 Sun
twitterfacebook
thumb

2020年に大ケガのFC東京GK林彰洋が再手術へ…自身SNSに再起の思い綴る

FC東京は16日、元日本代表GK林彰洋の手術決定を発表した。 林は2020年11月のトレーニング中に右ヒザ前十字じん帯損傷、外側半月板損傷の重傷を負って、同年12月に手術。昨季はその影響で棒に振った。 だが、今季に向けて17日に再び手術を受けることに。全治は術後に改めて知らせるという。 林は16日、インスタグラムを通じて、再手術を報告。完全復活を誓った。 「この度、再度手術を受けることにしました。新しくチームが始動するタイミングで手術という報告をしてしまう事を申し訳なく思っています。様々な方達に日頃から声をかけていただいて、本当に救われています。 ありがとうございます」 「自分の言葉で皆さんに伝えたいと思いここに綴ります。術後この一年以上もの間に違和感としてあり続けた『引っかかり』というものがどうしてもとれません。とはいうものの、確実にこれが原因!!というものも明確ではありません」 「復帰して離脱、復帰して離脱。何度も繰り返してしまった昨年。本当にしっかり悩まされました。と同時に最大に費やせるだけの時間を駆使して治療に割いてきたと自負しています。やれる限り色んな方法で患部へのアプローチも試してきました」 「でも今の状態ではやはり高いパフォーマンスを発揮、継続できないと判断した上、手術の決断に至りました。再手術をするにあたり、二度目のメスを体に入れるという判断は中々早期に決断はできませんでした」 「またこの報告と同時に今回チームキャンプ参加することができません。その中Arbert監督が話をする機会を設けてくれました。個人的な話、戦術的な話、林彰洋という選手が担ってほしい役割など、様々な話です」 「ただ一つこれが一番重要だ!と言って伝えてくれた言葉は…『しっかり健康な状況にしてその怪我を完治させて戻って来い』。その言葉を伝えて送り出してくれました」 「選手として歳を重ねてきた中で刻一刻と競技者としての寿命が日々削られていると思いますが、『僕はどうしても今のままでは諦めきれません』。復帰する!という強い意志を持っています」 「この一年が自分に対して新たな分岐点となるようにサッカー人生をかけて挑みたいと思います。よろしくお願いします!」 2022.01.16 15:40 Sun
twitterfacebook
thumb

神戸が選手背番号発表! 槙野智章は「14」

ヴィッセル神戸は16日、2022シーズンのトップチームメンバーと選手背番号を発表した。 昨季の明治安田生命J1リーグでクラブ史上最高位の3位フィニッシュを成し遂げ、今季のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権を獲得した神戸。三浦淳寛監督が引き続き指揮を執る新シーズンに向けては復帰組やルーキーを含め、6選手を獲得した。 注目の新戦力背番号はDF槙野智章が「14」、MF汰木康也が「16」、MF扇原貴宏が「33」。GK坪井湧也とDF尾崎優成のルーキーでは前者が「28」、後者が「34」を着用する。 また、レンタル先の清水エスパルスから復帰となるFW藤本憲明は以前までつけた「9」が埋まっているため、「21」の着用が決定している。 GK 1.前川黛也 18.飯倉大樹 28.坪井湧也←中央大学/新加入 32.廣永遼太郎 DF 3.小林友希 14.槙野智章←浦和レッズ/完全 17.菊池流帆 19.初瀬亮 23.山川哲史 24.酒井高徳 25.大崎玲央 26.櫻内渚 34.尾崎優成←ヴィッセル神戸ユース/昇格 MF 5.山口蛍 6.セルジ・サンペール 7.郷家友太 8.アンドレス・イニエスタ 16.汰木康也←浦和レッズ/完全 20.井上潮音 22.佐々木大樹 31.中坂勇哉 33.扇原貴宏←横浜F・マリノス/完全 FW 9.ボージャン・クルキッチ 10.大迫勇也 11.武藤嘉紀 21.藤本憲明←清水エスパルス/復帰 29.リンコン 41.小田裕太郎 2022.01.16 14:55 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly