清水がファン・ソッコと鄭大世との契約更新を発表!

2020.01.11 16:43 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
清水エスパルスは11日、DFファン・ソッコ(30)およびFW鄭大世(35)と2020シーズンの契約を更新したことを発表した。

サンフレッチェ広島と鹿島アントラーズで通算3度のJ1優勝を誇るファン・ソッコ。2017年の天津泰達への移籍を経て、2018年に清水入りした。

加入1年目はJ1リーグ32試合、昨季も26試合に出場するなど主力として活躍。来季で3年目を迎えることになった。

鄭大世の加入は2015年。川崎フロンターレでプロデビューし、その後ボーフムやケルンなどドイツに活躍の場を移す。2013年からは韓国の水原三星ブルーウィングスでプレーしていた。

清水加入後、チームは2部降格の憂き目に遭うものの、2016年のJ2リーグで同選手は26得点をマークし1年での1部昇格に貢献。J1復帰後もコンスタントに出場数を重ね、昨季の明治安田生命J1リーグでは13試合に出場し2得点を記録した。
コメント
関連ニュース
thumb

渡邉の2試合連続ゴールが決勝点! G大阪が清水破り開幕戦以来の勝利《J1》

明治安田生命J1リーグ第4節の清水エスパルスvsガンバ大阪が12日にIAIスタジアム日本平で行われ、アウェイのG大阪が2-1で勝利した。 前節のセレッソ大阪戦も敗れ、開幕3連敗の清水は6名のスタメンを変更。西澤健太やジュニオール・ドゥトラ、ティーラシン・デーンダーらが途中からの出番を伺い、エウシーニョとヘナト・アウグストもベンチ入りした。一方、名古屋グランパスとの前節を引き分けに持ち込み、開幕から1勝1分け1敗のG大阪は2枚を入れ替え、福田と小野の代わりに藤春と倉田を起用。布陣を3バックから4バックに変更した。 清水の今季初白星か、G大阪の開幕戦以来となる勝利か。勝ち点3を欲する両者の一戦は立ち上がりの主導権争いを経て、ホームの清水がボールを大事にしながらG大阪よりも敵陣深くに攻め入るシーンを多く作り出す展開となる。清水にサイドから攻撃の形を築かれ、入りからやや受けに回る場面が多いG大阪だが、深く攻め入った21分にボックス左の藤春からバイタルエリア左でバックパスを受けたアデミウソンが右足コントロールショット。これがゴール右隅を突くが、GK梅田のファインセーブに弾かれてしまう。 そのピンチを守護神の好守で凌ぎ、前に圧力をかけた清水は32分にボックス左外の位置で獲得したFKのチャンスからカルリーニョス・ジュニオが直接ゴールを狙うなど、攻撃のイニシアチブを握るが、40分に華麗なカウンターに転じたG大阪がスコアを動かす。左サイドの宇佐美が相手ハイラインの背後を抜け出そうとする藤春にスルーパス。バイタルエリア右のアデミウソンが駆け上がった藤春からの横パスをワンタッチで折り返すと、中に絞った小野瀬が右足ダイレクトでゴール左に流し込み、G大阪が先制する。 前半終盤に守りが崩れ、リードを許した清水。後半の立ち上がりこそ宇佐美を中心にしたG大阪の攻撃にフィニッシュワークまで持ち込まれる展開が続いたが、徐々に敵陣深くまで押し込む形に持っていく。そのなかで、清水が右CKのチャンスを獲得した52分にボックス内で浮いたファン・ソッコが決定的なヘディングシュートを放つが、ゴール前の後藤が壁になってしまい、同点機を不意に。さらに、キム・ヨングォンから高い位置でボールを奪取した59分、カルリーニョス・ジュニオ、金子が立て続けにゴールに迫ったが、身体を張った守備を披露した東口の牙城を打ち崩せない。 すると、清水は62分に岡崎と鈴木を下げて、今季初出場のエウシーニョとティーラシン・デーンダーを投入。64分に倉田と小野の交代を施したG大阪をさらに攻め立てる。73分にはボックス右のスペースを突いたランで後方からのスルーパスを引き出した金子がマッチアップした藤春との接触で倒れるが、ノーファウルの判定。何とか追いつきたい清水は74分にG大阪がアデミウソンと宇佐美を下げて渡邉とパトリックを投入してくると、すぐさま金子に代えてジュニオール・ドゥトラをピッチに送り込み、攻撃のイニシアチブを渡さない。 後ろに重たい時間が続くG大阪は80分に矢島を下げ、遠藤をピッチに送り出すが、清水がついに同点に追いつく。敵陣左サイドの位置でFKのチャンスを獲得した84分、クイックリスタートでキッカーの後藤からボールを受けた中村が縦に仕掛けてクロスボールを供給。ファーサイドの立田が高い打点のヘディングが決まり、試合を振り出しに戻した。ところが、89分にボックス左深くにスプリントしてボールを引き出した藤春のマイナス方向に折り返しに渡邉が反応。相手DF複数人をドリブルでいなしながらボックス右から放った右足シュートをゴール左に沈め、G大阪が土壇場で清水を突き放した。 結局、渡邉の2試合連続ゴールが決勝点となり、G大阪が開幕戦以来今季2勝目をゲット。競り負けた清水は開幕4連敗という結果に終わっている。 2020.07.12 19:57 Sun
twitterfacebook
thumb

C大阪が7年ぶりの開幕3連勝! 奥埜&片山弾で清水に完封勝利《J1》

明治安田生命J1リーグ第3節のセレッソ大阪vs清水エスパルスが8日にヤンマースタジアム長居で行われ、2-0でC大阪が勝利した。 開幕2連勝を飾ったC大阪は2-1で勝利したガンバ大阪戦からスタメンを2名変更。柿谷が今季初スタメンとなり、瀬古がセンターバックの一角に入った。 一方、ピーター・クラモフスキー新監督の下、開幕連敗中の清水は1-2で敗れた名古屋グランパス戦から5名を入れ替え。前線を右からジュニオール・ドゥトラ、ティーラシン・デーンダー、西澤健太に一新したほか、六平を左サイドバックにチョイスし、ファン・ソッコが今季リーグ戦初出場を飾った。 好対照な両チームの一戦はC大阪ペースで進んでいく。15分にGK梅田のパスをカットした柿谷が、ボックス中央の都倉につなぐも、都倉のシュートは大きく枠を外す。その1分後にも右サイドを突破した坂元のクロスを奥埜が丁寧に落とし、都倉に再び絶好機が訪れるも、今度はDFのブロックにあった。 前半終盤にかけて攻勢を強めるC大阪は、前半アディショナルタイムに柿谷のパスを受けた丸橋がボックス左から低弾道のシュート放ったが、GKの正面に飛んでしまった。 ハーフタイム明け都倉に代えて、ブルーノ・メンデスを投入したC大阪に対して、後半序盤は清水がゴールに迫る場面が増える。57分、鈴木のパスを受けたボックス右の西澤がDFを1人かわしてから右足のコントールシュート。しかし、わずかに枠の左へ外れてしまう。 清水の粘りに苦戦していたC大阪だったが、71分にようやく攻略する。敵陣中央やや左でボールを受けた丸橋がドリブルで持ち運び、相手DFを引きつけてからダイアゴナルにパス。これを受けた奥埜がワントラップで前を向き、ゴール中央へ流し込んだ。 試合巧者ぶりを見せつけるC大阪は85分、ボックス中央で豊川が清武からのパスを受けると、トラップが流れてボールがこぼれる。これを拾った片山がボックス右から体をひねりながらもゴール右隅へ決め切り、途中出場3選手の絡みで清水を突き放した。 試合はこのまま終了し、2-0で勝利したC大阪が7年ぶりの開幕3連勝。一方、清水は開幕3連敗となっている。 セレッソ大阪 2-0 清水エスパルス 【C大阪】 奥埜博亮(後26) 片山瑛一(後40) 2020.07.08 20:37 Wed
twitterfacebook
thumb

名古屋がJ1通算400勝を達成! 相馬弾とOGで清水に逆転勝利 清水は連続逆転負けに…《J1》

新型コロナウイルスによる中断期間を経て4日、遂に明治安田生命J1リーグも再開。IAIスタジアム日本平で行われた第2節の清水エスパルスvs名古屋グランパスは、2-1で名古屋が勝利した。 ピーター・クラモフスキー監督の下、攻撃的サッカーへの転換を図る清水。FC東京との開幕節では先制するも1-3で逆転負け。今回はその試合から先発を大幅に変更し、GK梅田、金井、竹内、岡崎、鈴木、カルリーニョス・ジュニオの6名が入った。直近の4試合で全勝と相性の良い名古屋を迎え討つ。 対する名古屋は開幕節でベガルタ仙台と1-1のドロー。あと一押しが足りず、勝ち点1を得るにとどまった。中断期間中は金崎とランゲラックが新型コロナウイルス陽性反応の診断を受け、全体練習などに影響が出たが、前者はベンチ入り、後者は先発出場で試合に臨む。開幕節からのメンバー変更は米本に代えてジョアン・シミッチのみとなっている。 試合開始から清水がボールを支配。吉田の背後を突き右サイドから良い形を演出する。すると、18分にスコアを動かす。センターサークル付近で金子がボールを奪取し後藤へ。持ち上がった後藤は相手を引き付けて右に流すと、走り込んだ金子がワンタッチでボックス内へ侵入。右足のシュートでネットを揺らした。 名古屋はすぐさま反撃。32分、ボックス手前右でパスを受けたマテウスのクロスに合わせたジョアン・シミッチのヘディングシュートはGK梅田に阻まれ混戦に。シミッチの2度目のシュートも防がれたが、最後は相馬が押し込んで同点に追いついた。 試合を振り出しに戻し勢いに乗る名古屋は40分、右サイドを抜け出した前田のグラウンダーのクロスが、GK梅田とヴァウドの交錯を引き起こしオウンゴールを誘発。2-1と逆転して試合を折り返した。 迎えた後半、先に決定機を作ったのは名古屋。52分、FKのチャンスにマテウスが強烈なシュートを放つ。これはゴール右ポストに弾かれ得点とはならなかった。 追う清水もチャンスを迎える。56分、奥井のクロスのこぼれ球に反応した金子がシュート。66分にはクロスに途中出場のティーラシン・デーンダーが飛び込むも、両決定機ともにGKランゲラックに処理された。 リードする名古屋は96分に相馬がレッドカードで退場するも、このまま逃げ切りに成功。再開初戦に2-1で名古屋が逆転勝利を飾り、J1通算400勝を達成した。 2020.07.04 22:15 Sat
twitterfacebook
thumb

清水に新加入のDFヴァウドが今季の目標を語る「Jリーグで1位に」

清水エスパルスのブラジル人DFヴァウド(28)が今シーズンへの期待を口にした。ブラジル『R7』が伝えている。 母国のADコンフィアンサでプロキャリアをスタートしたヴァウド。2016年5月にセアラーSCに加入し、昨シーズンはセリエA(ブラジル1部)で30試合に出場していた。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、2月末の開幕節以来中断しているJリーグだが、4カ月以上の中断期間を経て、7月4日に再開することが発表されている。 今シーズンから清水エスパルスに完全移籍で加入したヴァウド。初挑戦となるJリーグにおいて、再開後の目標について語った。 「僕は日本で起こったすべてのことに満足している。皆から多くを受け取ることができ、とても早く適応できた。クラブ、選手、コーチングスタッフには感謝しかない。今年が僕のキャリアの中で最高の年になることを願っている。今後数カ月はそのために戦うつもりだ」 「清水は常にタイトルを争うビッグクラブだ。今年もそれは変わらない。Jリーグの順位表で1位になるために常に懸命に戦っていく。それが目標だ」 中断前の第1節でFC東京に敗れている清水は4日の第2節で名古屋グランパスをホームに迎える。ヴァウドの目標通り、タイトル争いに食い込んでいけるか注目だ。 2020.06.24 12:30 Wed
twitterfacebook
thumb

清水MF石毛秀樹が全治2カ月の右ハムストリングス肉離れ

清水エスパルスは20日、MF石毛秀樹の戦線離脱を報告した。 石毛は13日に行われた藤枝MYFCとの練習試合で負傷。静岡市内の病院で右ハムストリングス肉離れの診断が下り、全治2カ月を要する見込みだ。 今季は中断前の公式戦2試合にいずれも先発出場。YBCルヴァンカップ グループステージ第1節の川崎フロンターレ戦で1ゴールを記録している。 2月末の試合を最後に中断が続いたJ1リーグは7月4日から再開。清水は再開初戦となる第2節で、名古屋グランパスをホームに迎え撃つ。 2020.06.20 12:56 Sat
twitterfacebook