パルマ、31歳バースデーのMFクルティッチがSPALから加入!

2020.01.11 00:07 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パルマは10日、SPALからスロベニア代表MFヤスミン・クルティッチ(31)を買い取り義務付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「19」に決定。

今シーズン終了まではレンタルという形になるが、選手自身とは2023年6月30日までの契約を結んでいる。

2011年にパレルモに加入したクルティッチは、その後サッスオーロやトリノ、フィオレンティーナ、アタランタなどでプレー。

2018年1月に完全移籍で加入したSPALでは在籍2年間で公式戦65試合に出場し、9ゴール6アシストを記録。今シーズンはセントラルMF、攻撃的MFを主戦場にセリエA16試合で2ゴールの数字を残していた。

なお、1月10日はクルティッチの31歳のバースデーとなっており、まさに心機一転のパルマ入りとなった。
コメント
関連ニュース
thumb

安部裕葵が所属するバルセロナBがピミエンタ監督と契約更新

バルセロナは9日、日本代表FW安部裕葵が所属するバルセロナBのフランセスク・シャビエル・ガルシア・ピミエンタ監督(45)との契約更新を発表した。2021年6月30日までの契約となる。 バルセロナのカンテラで育ったピミエンタ監督はファーストチームに昇格することはなかったものの、現役引退前に下部組織の監督に就任。U-16、U-18、U-19などで監督を歴任した。 <div id="cws_ad">◆ケガからの復帰に向けて安部がトレーニング<div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIzYmRKcGp4ViIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2018年4月からはバルセロナBの監督に就任。今シーズンはセグンダ・ディビシオンB(スペイン3部)で3位に導く手腕を見せていた。 若手の育成に定評があるピミエンタ監督の下から、来シーズンも新たなスター候補は誕生するだろうか。 2020.07.11 10:45 Sat
twitterfacebook
thumb

昇格組RCランスが元チェルシーのFWカクタを買取OP付きのレンタル移籍で獲得、13年ぶり帰還

来シーズンからリーグ・アンに昇格するRCランスは、かつてチェルシーなどでプレーしたDRコンゴ代表MFガエル・カクタ(29)の獲得を発表した。 アミアンからのレンタル移籍となり、買い取りオプションが付帯。ランスの下部組織出身のカクタは、13年ぶりの古巣復帰となった。 2007年にチェルシーの下部組織へと移籍すると、2008年7月に昇格。その後は、フルアムやボルトン、ディジョン、フィテッセ、ラツィオ、ラージョ・バジェカーノへとレンタル移籍を経験。2015年7月にセビージャへと完全移籍していた。 その後は、デポルティボ・ラ・コルーニャ、河北華夏、ラージョと渡り歩き、2019年8月にアミアンへと完全移籍。リーグ・アンで24試合に出場し2ゴール5アシストを記録していた。 ランスは今シーズンのリーグ・ドゥ(フランス2部)を2位で終えており、来シーズンのリーグ・アン昇格が決定。これまでの経験を活かし、昇格したチームを助けることができるだろうか。 なお、ランスはニースからカメルーン代表FWイグニアティウス・ネペ・ガナゴ(21)を完全移籍で獲得したことも発表している。 2020.07.11 10:30 Sat
twitterfacebook
thumb

リバプールが期待のU-18GKウインターボトムとプロ契約を締結

リバプールは10日、U-18チームに所属するGKベン・ウィンターボトム(18)とプロ契約を締結したことを発表した。 ウィンターボトムは、ブラックバーンの下部組織で育ち、2019年4月にリバプールU-18へ入団。今シーズンはU-18所属ながらU-23チームの試合にも出場。プレミアリーグ2やUEFAユースリーグなどで経験を積んだ。 また、ファーストチームがFIFAクラブ・ワールドカップに出場した影響で、若手主体で臨んだ昨年12月のEFLカップ準々決勝のアストン・ビラ戦ではベンチ入りを果たしていた。 なお、契約期間などは明かされていない。 2020.07.11 10:15 Sat
twitterfacebook
thumb

元セルビア代表MFカタイが古巣のツルヴェナ・ズヴェズダへ復帰、背番号は「10」

ツルヴェナ・ズヴェズダは10日、元セルビア代表MFアレクサンダル・カタイ(29)の復帰を発表した。 カタイは、ヴォイヴォディナの下部組織で育ち、2010年1月に昇格。2011年7月にオリンピアコスへと完全移籍すると、何度かヴォイヴォディナへレンタル移籍。2014年8月にはツルヴェナ・ズヴェズダへレンタル移籍を経験。2015年7月にフリートランスファーで加入していた。 <div id="cws_ad">◆MLSで躍動するカタイのプレー集!<div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJwaHN3YXZQdSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> その後は、アラベスはMLS(メジャーリーグ・サッカー)のシカゴ・ファイアー、ロサンゼルス・ギャラクシーなどでプレー。2020年6月にフリーとなっていた。 ツルヴェナ・ズヴェズダではこれまで68試合に出場し31ゴール15アシストを記録。セルビア・スーペルリーガでは117試合で37ゴール17アシストを記録していた。 なお、背番号は10を着用。2022年6月まで契約を結んだようだ。 2020.07.10 23:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ラツィオのコソボ代表MFベリシャがスタッド・ランスへ完全移籍、4年契約を締結

スタッド・ランスは9日、ラツィオのコソボ代表MFヴァロン・ベリシャ(27)が完全移籍で加入することを発表した。契約期間は4年間となり、背番号は14に決定した。 ベリシャは、ノルウェーでキャリアをスタート。エーゲルスンやバイキングでプレーしたのち、2012年7月にレッドブル・ザルツブルクへ移籍した。 ザルツブルクでは、233試合に出場し45ゴール65アシストを記録。そこでの活躍が評価され、2018年7月にラツィオへと完全移籍した。 しかし、ラツィオでは思うような出場機会を得られず。今シーズンもベンチに座ることが増えると、今年1月にブンデスリーガで残留争いをしていたデュッセルドルフへレンタル移籍。デュッセルドルフではレギュラーとしてプレーするも、最終節はベンチスタートに。しかし、チームはウニオン・ベルリンに敗れ、ブレーメンに抜かれて2部への自動降格が決定していた。 2020.07.10 09:45 Fri
twitterfacebook