アタランタが圧巻の2戦連続5発でパルマに圧勝!《セリエA》

2020.01.07 00:53 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アタランタは6日、セリエA第18節でパルマをホームに迎え、5-0で圧勝した。

2019年最終戦となった前節ミラン戦を5発圧勝した5位アタランタ(勝ち点31)は、ミラン戦でゴールを挙げたイリチッチ、アレハンドロ・ゴメス、ムリエルの3トップで臨んだ。

ユベントスが確保したクルゼフスキ擁する7位パルマ(勝ち点25)に対し、徐々に圧力を強めていったアタランタは11分に先制する。バイタルエリア中央でパスを受けたアレハンドロ・ゴメスが左足を振り抜くと、強烈なミドルシュートがゴール右上に決まった。

その後も攻勢に出るアタランタはイリチッチがゴールに迫ると、34分に加点した。アレハンドロ・ゴメスとのパス交換でボックス中央に侵入したフロイラーがシュートを流し込んだ。

攻め手を緩めないアタランタは43分、イリチッチのシュートのルーズボールをボックス左のゴセンズがボレーで蹴り込み、3-0として前半を終えた。

迎えた後半もアタランタが主導権を握ると、60分に4点目。ゴセンズの左サイドからのクロスにファーサイドのイリチッチがパーフェクトなボレーシュートを叩き込んだ。

さらに71分、イリチッチがドッピエッタを決めたアタランタが2戦連続の5発で圧巻の圧勝。新年初戦を最高の形でスタートしている。
コメント
関連ニュース
thumb

ユーベと引き分けのアタランタ指揮官、2つのPK判定に「腕を切れとでも?」

アタランタのジャンピエロ・ガスペリーニ監督が嘆いた。 3位アタランタは11日に敵地で行われたセリエA第32節のユベントス戦に臨み、2-2のドロー。目下9連勝の勢いを首位チームとの一戦でも見せつけ、2度のリードに成功したが、2つのPK判定に泣いて、勝ち点1の獲得にとどまった。 勝ち点2を落とした感の強い引き分けで、連勝がストップしたアタランタ。ガスペリーニ監督は試合後、『DAZN』のインタビューで判定に納得がいかず、ジャッジ基準に苦言を呈した。 「これがイタリアのルール。イタリアのレギュレーションは私にとっては異端だ。今日はそれが我々に起きただけ。他のリーグと同じような解釈なのか? そんなわけがない。どうしろというんだ。腕を切れとでも? ルールの解釈を改める必要がある」 また、チームの戦いぶりに満足感を示したが、最後の最後に追いつかれてしまった結果に悔しさを滲ませた。 「我々はよくやった。パフォーマンスには満足している。この試合の制する全ての条件も揃い、90分まで接戦だっただけに、悔しい思いだ」 2020.07.12 09:00 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング: ユベントス 2-2 アタランタ《セリエA》

セリエA第32節、ユベントスvsアタランタが11日に行われ、2-2で引き分けた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ユベントス採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200711_7_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 シュチェスニー 5.5 2失点とも仕方なし DF 16 クアドラード 5.5 前半はカスターニュの運動量に手を焼いたが後半に盛り返す 4 デ・リフト 5.5 サパタとマッチアップ。失点場面ではサパタにやられたが、全体的には踏ん張った 19 ボヌッチ 6.0 彼自身に大きなミスはなし 13 ダニーロ 5.5 そつなく左サイドバックをこなした (→アレックス・サンドロ 5.5) ミラン戦では凡ミスを犯したが、無難に試合へ入った MF 25 ラビオ 5.5 前半はややパスが味方と合わなかったが、後半はゲームメークを担った 30 ベンタンクール 5.5 ピャニッチに代わってアンカーでプレー。攻守に存在感を示すも、2失点目は彼のミス 14 マテュイディ 5.0 守備に追われた (→ラムジー -) FW 33 ベルナルデスキ 5.0 窮屈なプレーで打開できず (→ドグラス・コスタ 5.0) 試合に入れなかった 10 ディバラ 6.0 何とかボールを受けて個人技からゴールを狙う。PKをもぎ取った (→イグアイン 5.5) 何もできていなかったが、値千金のPK獲得 7 C・ロナウド 6.5 なかなか良い形でボールが入らなかったが、PK2つで6戦連続ゴール 監督 サッリ 5.5 内容では負けたが、結果は御の字のドロー ▽アタランタ採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200711_7_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 95 ゴッリーニ 5.5 好守1本見せるもPKにより悔しい2失点 DF 2 トロイ 6.0 C・ロナウドを流れの中ではほぼ封じる 6 パロミーノ 6.0 同胞のディバラを激しい当たりで止めた (→カルダーラ -) 19 ディムスティ 6.0 ビルドアップの起点にもなるなど攻守に機能 MF 33 ハテボエル 6.0 トロイと共にC・ロナウドを監視。守備で貢献 15 デ・ルーン 5.5 前がかりなチームの中でバランスを取った。PKは厳しい判定だった 10 アレハンドロ・ゴメス 6.5 ゲームメークから決定的なパス出しまで幅広く働いた (→マリノフスキー 6.5) 利き足でない右足で強烈なシュートを叩き込んだ 11 フロイラー 6.5 潰しのプレーが効いていた。先制点も彼のインターセプトから (→タメゼ -) 21 カスターニュ 6.5 ゴセンズの負傷を受けて急遽出場ながら前半は出色のパフォーマンス FW 72 イリチッチ 5.5 ボールが入ればアクセントに。やや運動量に欠けた (→パシャリッチ 5.5) ややボールに触れる機会は少なかった 91 D・サパタ 6.5 圧巻のフィジカルでユーベの選手たちを圧倒 (→ムリエル 6.0) 2点目をアシスト 監督 ガスペリーニ 6.5 内容では上回るも厳しい判定でドローに ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! D・サパタ(アタランタ) アレハンドロ・ゴメスも素晴らしいパフォーマンスだったが、先制点を決めたD・サパタを選出。屈強なフィジカルでデ・リフトとのバトルに打ち勝ち、脅威になり続けていた。 ユベントス 2-2 アタランタ 【ユベントス】 C・ロナウド(後10)【PK】 C・ロナウド(後45)【PK】 【アタランタ】 D・サパタ(前16) マリノフスキー(後35) 2020.07.12 06:41 Sun
twitterfacebook
thumb

ユーベを追い詰めたアタランタ、不運なPK2つで引き分け10連勝ならず《セリエA》

セリエA第32節、ユベントスvsアタランタが11日に行われ、2-2で引き分けた。 前節ミラン戦を逆転負けした首位ユベントス(勝ち点75)は、ディバラとデ・リフトが出場停止から復帰し先発に名を連ねた。 一方、サンプドリアに快勝して9連勝とし3位に浮上したアタランタ(勝ち点66)は、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得がほぼ確実となっている中、9ポイント差のユベントス相手に10連勝を狙った。 時間の経過とともにアタランタのハイプレスがハマり出すと、サパタのヘディングシュートやイリチッチのコントロールシュートでゴールに迫っていく。 そして波状攻撃を続けたアタランタが16分に押し切る。アレハンドロ・ゴメスのスルーパスをボックス左で受けたサパタがゴール右に蹴り込んだ。 失点したユベントスはディバラを起点に打開を図りにかかるも、アタランタのハイプレスの前に思うように攻撃を仕掛けることができない。 36分にCKからディムスティのヘディングシュートで追加点に迫ったアタランタがハーフタイムにかけても運動量が落ちず、ユベントスを自陣に閉じ込めたまま前半を1点リードして終えた。 迎えた後半、圧力をかける入りとしたユベントスは54分にPKを獲得する。ディバラの左クロスがボックス内のデ・ルーンのハンドを誘った。これをC・ロナウドが決めてユベントスが同点に持ち込んだ。 試合が振り出しとなった中、ユベントスはドグラス・コスタを、アタランタはパシャリッチを投入してギアチェンジを図る。 ユベントスが押し込む流れが続く中、やや劣勢のアタランタはアレハンドロ・ゴメスとサパタに代えてムリエルとマリノフスキーを投入。 この交代でアタランタが盛り返す中、75分にはマリノフスキーが際どいシュートを浴びせれば、ユベントスはC・ロナウドがGK強襲のシュートを浴びせて牽制。 そんな中80分、アタランタが勝ち越しに成功する。敵陣でのボール奪取から、ムリエルの横パスを受けたペナルティアーク右のマリノフスキーがゴール右に右足で突き刺した。 このままアタランタが勝ち切るかと思われたが89分、CKの流れからボックス内でのムリエルのハンドを取られ、ユベントスに2つ目のPKが与えられる。このPKをC・ロナウドが沈め、ユベントスが辛くも引き分けに持ち込み、2位ラツィオとの勝ち点差を8に広げた。一方、不運なPK2つによりアタランタは10連勝を逃し、2位浮上はならなかった。 2020.07.12 06:40 Sun
twitterfacebook
thumb

【セリエA第32節プレビュー】首位ユーベが9連勝中のアタランタと対戦!

ミッドウィークに行われた前節、首位ユベントスがミランに逆転負けしたものの、2位ラツィオもレッチェに不覚を取ったため、両チームの7ポイント差に変動はなかった。迎える第32節、土曜に首位ユベントスが9連勝中の3位アタランタと対戦する。 ミラン戦ではFWディバラとDFデ・リフトの出場停止と厳しいVARによるPK判定が響き、痛恨の逆転負けを喫したユベントス。ラツィオとの勝ち点差をさらに広げるチャンスを逃した中、セリエA最高の攻撃力を誇るアタランタを退けることはできるか。出場停止が明けるディバラとデ・リフトの活躍に期待したい。 一方、サンプドリアに快勝して9連勝とし、3位に浮上したアタランタは、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得がほぼ確実となっている中、スクデット争いを面白くするためにもユベントスを撃破して10連勝を狙いたい。 レッチェに痛恨の敗戦を喫した2位ラツィオは、8位サッスオーロとホームで対戦する。再開後、2勝3敗と調子の上がらないラツィオだが、前節はミランの頑張りでユベントスが勝ち点を伸ばせなかったのは救い。今節もヨーロッパリーグ(EL)出場を目指すサッスオーロが相手と簡単な試合にはならないかもしれないが、勝利してユベントスにプレッシャーをかけたいところだ。 そして日曜にはナポリvsミランの好カードが行われる。CL出場権獲得が厳しくコッパ・イタリア優勝によってEL出場権を獲得している6位ナポリにとっては消化試合感が否めないが、ガットゥーゾ監督の下で成長しているチームが、好調ミラン相手にどのようなパフォーマンスを見せるかに注目だ。 対するミランは前節ユベントスを撃破し、EL圏内の7位を死守。後続のサッスオーロが6ポイント差で追走してきているが、FWイブラヒモビッチの復帰したチームは好調を維持。ナポリも撃破してEL出場権獲得へ前進したい。 前節サッスオーロ戦で得点と失点に絡んだDF冨安の10位ボローニャは、12位パルマとの中位対決に挑む。ここ2試合、ややパフォーマンスを落としている感のある冨安だが、FWジェルビーニョと対面することが予想されるパルマ戦で面目躍如となるか。 そしてアタランタの前に2失点を喫したDF吉田の16位サンプドリアは、15位ウディネーゼとの下位対決に臨む。降格圏の18位ジェノアとは5ポイント差とまだまだ安心できる位置ではないため、吉田としてもウディネーゼ戦は踏ん張りどころの試合となりそうだ。 最後にヴェローナに引き分けて4位後退となったインテルは月曜に14位トリノとホームで対戦する。 ◆セリエA第32節 ▽7/11(土) 《24:15》 ラツィオvsサッスオーロ 《26:30》 ブレシアvsローマ 《28:45》 ユベントスvsアタランタ ▽7/12(日) 《24:15》 ジェノアvsSPAL 《26:30》 フィオレンティーナvsヴェローナ カリアリvsレッチェ パルマvsボローニャ ウディネーゼvsサンプドリア 《28:45》 ナポリvsミラン ▽7/13(月) 《28:45》 インテルvsトリノ 2020.07.11 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

9連勝中のアタランタに挑むユーベ、指揮官サッリ「歯医者に行くようなもの」

アタランタ戦に臨むユベントスのマウリツィオ・サッリ監督が記者会に出席した。 勝ち点75で首位に立つユベントスは11日にセリエA第32節で3位のアタランタと対戦する。勝ち点差は「9」と離れてはいるものの、アタランタは現在9連勝と絶好調。昨年11月の対戦ではアウェイで1-3で勝利しているが、サッリ監督はアタランタ戦は常に苦痛を伴う相手であるコメント。ジョゼップ・グアルディオラ監督の以前の言葉を使って表現している。 「今シーズンの重要な局面だ。アタランタは非常に上手くやっている。本当に良いプレーをしているよ。特にアウェイではね」 「グアルディオラの言葉を引用すると(アタランタ戦は)歯医者に行くようなものだ。大事なことだが気分は良くない。対峙するのはかなり困難なチームだ」 「彼らはとても攻撃的で粒揃い。身体的な観点からすれば非常に速く、守備を引き裂く力を備えている。それを常に頭に入れておかなければならない」 2020.07.11 17:55 Sat
twitterfacebook