甲府が松田力と藤田優人の加入を発表

2020.01.06 15:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ヴァンフォーレ甲府は6日、FW松田力(28)とDF藤田優人(33)が加入することを発表した。

松田は大分トリニータでプロデビュー後、名古屋グランパスやジェフユナイテッド千葉でのプレーを経て、2017年にアビスパ福岡に加入。2019シーズンは明治安田生命J2リーグ36試合に出場し、キャリアハイとなる8ゴールを記録。チーム得点王にも輝いたが、昨年11月末に契約満了を迎えていた。

明治大学卒業後、東京ヴェルディに入団した藤田は、横浜F・マリノスや横浜FC、柏レイソルへの移籍を経て、2016年にサガン鳥栖に加入した。当初は主力として活躍していたが、徐々に出場機会を減らし、2019シーズンはJ1リーグで8試合の出場に留まった。こちらも契約満了に伴い、鳥栖を退団していた。

両選手のコメントは以下の通り。

◆松田力
「ヴァンフォーレ甲府のみなさん初めまして松田力です。過去の対戦において、甲府サポーターのみなさんからすると、僕には少し嫌なイメージがあるかと思いますが、これからは甲府のために、2018年に小瀬で決めた、あのようなゴールをたくさん取りたいと思います」

「2020シーズンは、甲府のために全力でがむしゃらに戦います。みんなでJ1昇格をしましょう!1年間宜しくお願いします」

◆藤田優人
「今シーズンよりヴァンフォーレ甲府の一員として闘うことになりました。自分は決してサッカーが上手いわけでもなく、個人のスキルで試合を決める能力もありません」

「しかし、勝利に向かい根性を出し、チームの為、仲間の為に闘うことには自信があります。魂込めてプレーします。最高のシーズンにしましょう。宜しくお願いします」


関連ニュース
thumb

35歳の田中佑昌が引退を決断…18年のキャリアに幕を下ろし、甲府のアカデミーコーチへ

カターレ富山は20日、MF田中佑昌(35)が引退することを発表した。 アビスパ福岡での活躍が印象深い田中。2004年に当時J2に所属していた同クラブでユースからプロデビューを果たすと、リーグ戦28試合に出場し、1年目としては上々の数字を残す。 翌年には33試合7ゴールを記録し、J1昇格に貢献。自身初のJ1の舞台では22試合2ゴールを記録したが、チームは1年でJ2に降格した。 それでも田中は福岡に留まり、主力として活躍を続けていく。2009年はJ2で40試合に出場し、キャリアハイの10ゴールをマーク。福岡ユース出身の選手としては、初のリーグ戦二桁得点となった。 続く2010年には再びJ1昇格に貢献し、自身2度目となるJ1の舞台へ。今回は5年前の初挑戦を上回る32試合に出場したが、チームは降格。ここで田中は福岡と袂を分かつことを決断した。福岡での通算成績は公式戦278試合40ゴールだった。 2012年からは同じくJ2のジェフユナイテッド千葉に移籍し、4年間の在籍で公式戦128試合18ゴールをマーク。2016年からは当時J1所属のヴァンフォーレ甲府に活躍の場を移し、J2降格を味わいながらも、4年間で公式戦125試合8ゴールの成績を残した。 そして、2020年に富山に加入。キャリア初のJ3では縁の下の力持ちとしてチームを支え、この2年間でJ3通算28試合4ゴールを記録した。 18年に及ぶプロキャリアの中で、出場した試合は559試合。Jリーグ通算では520試合に上った。 「この度、私、田中佑昌は2021シーズンを持ちましてプロサッカー選手を引退します」 「まず初めに18年間応援し共に闘ってくださったファン・サポーターの皆様、チームを支えてくださっているスポンサー、パートナー、サプライヤーの皆様、本当にありがとうございました!」 「そしてユース時代からお世話になりプロサッカー選手としての第一歩を踏み出させてもらったアビスパ福岡、プロサッカー選手として、さらに成長させてもらったジェフユナイテッド市原・千葉、トライアウトからもう1度J1の舞台で闘わせてもらったヴァンフォーレ甲府、J500試合を達成させてもらったカターレ富山の関係者の皆様本当にありがとうございました。心から感謝しています」 「皆様のおかげで素晴らしい最高のサッカー人生を送る事ができました」 「私自身、サッカーが上手い選手ではなかったのでこれほど長くプロサッカー選手をできると思っていませんでしたが、18年間プロサッカー選手としてできたのはチームメイト、監督、コーチ、トレーナー、フロントスタッフ皆さんの助けがあったからだと改めて感じています。関わってくれた皆さんには感謝しかありません」 「そして福岡時代、毎試合応援に駆けつけてくれて、サッカーの楽しさを教えてくれた父、丈夫な体に産んでくれた母に改めて感謝の言葉を伝えたいと思います。ありがとうございました!」 「最後に18年間楽しいとき、辛いときもずっと隣で支えてくれて誰よりも1番応援してくれた妻、いつも元気な笑顔でパパを応援、癒し、元気をくれた2人の息子達。18年間サッカーを頑張れたのは家族の支え応援があったからです。本当にありがとう!」 「田中佑昌に関わってくれたすべての皆様、長い間本当にありがとうございました!第二の人生も自分らしく、楽しんでいきたいと思います!」 また、引退後の「第二の人生」として、古巣甲府のアカデミーコーチへの転身を選んだ田中。クラブ公式サイトで意気込みを語っている。 「この度アカデミーコーチに就任することとなりました田中佑昌です。選手としてお世話になったヴァンフォーレ甲府で今度は指導者として関われる事をとても楽しみにしています」 「自分がプロサッカー選手として得た様々な経験や感情を、まずはサッカースクールを中心とした普及活動から伝えていけるように頑張ります。宜しくお願い致します」 2022.01.20 17:48 Thu
twitterfacebook
thumb

甲府のトップチームスタッフが新型コロナ陽性判定

ヴァンフォーレ甲府は11日、トップチームのスタッフ1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該スタッフは9日にPCR検査を実施。10日に陽性判定を受けたとのこと。現在は適切な指導及び対策のもとで療養しているという。 また、このスタッフはチームに合流しておらず、トップチームの選手や関係者に濃厚接触者はいないとのことだ。 甲府では7日に選手1名が陽性判定をうけ、入院していた。 2022.01.11 11:43 Tue
twitterfacebook
thumb

甲府の選手1名が新型コロナ陽性判定、微熱と倦怠感の症状で入院

ヴァンフォーレ甲府は7日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該選手は微熱と倦怠感の症状があるとのこと。入院するという。 選手は7日にPCR検査を実施。そのまま陽性判定を受けたとのことだ。 なお、トップチームの選手や関係者に濃厚接触者はいない。 2022.01.07 21:07 Fri
twitterfacebook
thumb

甲府がブラジル人DFレナト・ヴィスキの加入内定を発表、過去にはSPALのU-19にも在籍

ヴァンフォーレ甲府は6日、トンベンセFCに所属するブラジル人DFレナト・ヴィスキ(23)の加入内定を発表した。 メディカルチェック後に正式契約を結ぶとのことだ。 ヴィスキはフルミネンセの下部組織出身で、2016年12月にイタリアのヴィチェンツァへと加入。2017年8月にはSPALのU-19チームへとレンタル移籍。2018年5月に復帰したが、その後退団した。 2018年8月には母国のトンベンセへと加入。その後は、ブラジル国内でサンベルナルド、ECプリマヴェーラ、バーラFC、モリニョスFCと期限付き移籍を繰り返していた。 レナト・ヴィスキはクラブを通じてコメントしている。 「ヴァンフォーレ甲府のファン・サポーターの皆様、初めまして。センターバックのレナト ヴィスキと申します」 「このチームの一員になって嬉しく光栄に思います。そして最大の目標であるJ1を目指し、共に闘いましょう。よろしくお願いします」 <span class="paragraph-title">【動画】新加入のレナト・ヴィスキが入団の挨拶</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">ようこそヴァンフォーレ甲府へ<br><br>/<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%AC%E3%83%8A%E3%83%88%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%AD?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#レナトヴィスキ</a> 選手より<br>【RENATO BARBOSA VISCHI】<br>ヴァンフォーレファミリーへメッセージが届きました<br>\<br><br>共に頑張りましょう<br>Vamos que vamo<a href="https://twitter.com/hashtag/vfk?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#vfk</a> <a href="https://t.co/A41ZAIx0qv">pic.twitter.com/A41ZAIx0qv</a></p>&mdash; ヴァンフォーレ甲府 (@vfk_official) <a href="https://twitter.com/vfk_official/status/1478939767303995395?ref_src=twsrc%5Etfw">January 6, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.06 13:09 Thu
twitterfacebook
thumb

甲府が大宮MF石川俊輝を期限付き移籍で獲得「自分の持っているもの全てを出し切ります」

ヴァンフォーレ甲府は5日、大宮アルディージャのMF石川俊輝(30)が期限付き移籍で加入することを発表した。 期限付き移籍期間は2023年1月31日までとなり、大宮との公式戦には出場できない。 石川は大宮のジュニアユース、ユースと昇格し、東洋大学を経て2014年に湘南ベルマーレへ入団した。 湘南では5シーズンを過ごし、J1で74試合2得点、J2で46試合2得点を記録。2019年に大宮へと完全移籍で加入した。 大宮では3シーズンを過ごし、J2通算63試合に出場し1得点。2021シーズンは4月に左眼窩底骨折などのケガもあり、16試合の出場に終わっていた。 石川は両クラブを通じてコメントしている。 ◆ヴァンフォーレ甲府 「ヴァンフォーレ甲府に関わる全ての皆様。初めまして、大宮アルディージャから加入することになりました石川俊輝です。毎年のように家族で訪れていた山梨の地でヴァンフォーレ甲府の選手としてプレーするチャンスをいただき感謝しています」 「J1へ昇格するために自分の持っているもの全てを出し切ります。応援宜しくお願いします!」 ◆大宮アルディージャ 「このたび、ヴァンフォーレ甲府に期限付き移籍することになりました。大宮アルディージャの選手としてNACK5スタジアム大宮でプレーできたこの3年間は、本当に幸せな時間でした。大宮アルディージャに関わるすべての皆様、ありがとうございました」 2022.01.05 10:25 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly