ユーべ、19歳クルゼフスキ獲得目前に! 今季セリエAで4G7A中

2020.01.02 20:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスが、アタランタからパルマにレンタル移籍中のスウェーデン代表MFデヤン・クルゼフスキ(19)の獲得を目前としているようだ。イタリア『スカイ』が伝えている。

スウェーデンのストックホルム出身のクルゼフスキは、2016年にアタランタの下部組織に加入。昨年1月にプロデビューを飾ると、今夏にパルマへレンタル移籍で加入した。

すると、右ウイングを主戦場に今シーズンはセリエAで17試合4ゴール7アシスト。186cmの大柄な体躯を生かした大きなストライドからの驚異的な加速力、トップスピードでも精度が落ちないラストパスなど、そのスケールの大きなプレーでたちまち国内外のビッグクラブ注目の的となった。

そんなクルゼフスキのユベントス移籍が決定的に。すでに同選手はメディカルのためトリノに到着しているという。アタランタへの移籍金は3500万ユーロ(約42億6000万円)+900万ユーロ(10億9000万円)のボーナス。クルゼフスキとは年俸250万ユーロ(約3億円)で5年契約を結ぶようだ。ただ、今シーズンいっぱいはパルマでプレーすることが濃厚だと同メディアは伝えている。
コメント
関連ニュース
thumb

鉄人記録樹立の42歳ブッフォンが語る今後 「身を引く用意はしておかないと」

ユベントスの元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが大記録樹立後、イタリア『スカイ』で自らの今後を語った。 ブッフォンはパルマ時代の1995年に17歳でプロデビュー後、2001年にユベントス入り。パリ・サンジェルマン(PSG)でプレーした昨季を経て、今季からユベントス復帰を果たした。来年1月の誕生日で43歳になるが、今季はここまで公式戦14試合で起用され、失点も出場数を下回る「10」。さらに、5つのクリーンシートを記録して、健在ぶりをアピールしている。 そんなブッフォンは4日に本拠地で行われたセリエA第30節のトリノ戦に先発。現役時代にミラン一筋でプレーした元イタリア代表DFのパオロ・マルディーニ氏を交わして、セリエA通算648試合出場のリーグ新記録を成し遂げた。ブッフォンは鉄人記録の樹立にこう心境を明かしている。 「この記録を成し遂げるために長い時間を待ったが、そこまで気にしていなかった。今はすごく幸せだが、試合の前は記録のことなんて全く考えていなかったよ」 「キャリアを歩み出した当初はもっとのんきで気楽だった。たくさんの夢を抱いて、自分に満足しないアプローチで自らを駆り立て、ここまでやってきたんだ」 「(アレッサンドロ・)デル・ピエロが持つユーベ通算出場記録の更新は目標の1つじゃない。今の自分はそういうことのためにプレーしているわけじゃないんだ」 「2年前に実質的に辞めていたのだからね。今はモチベーションさえあれば、何の問題もなく、プレーできて、ピッチ上で素晴らしいアンサーを導き出せる実感がある」 だが、現役生活にピリオドを打つタイミングにも注視しているようだ。先日に2021年までの新契約を結び、来季も現役が決まったが、トップレベルでプレーできる力がないと感じた場合、速やかに身を引く意向だという。 「少なくとも43歳までここにいるが、40歳を過ぎると、月単位で物事が進むもの。状況を注視して、トップレベルでプレーする力がない感じたら、身を引く用意をしておかないとね」 「そういう自覚があったら、身を引く。モチベーションがあり、調子が良ければ、プレーするのは当然。試合でプレーする以上の幸せなんてないからね」 2020.07.07 12:00 Tue
twitterfacebook
thumb

9連覇に前進するユベントス、4発快勝も課題に言及するサッリ

ユベントスのマウリツィオ・サッリ監督が“トリノ・ダービー”を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ユベントスは4日、セリエA第30節でトリノと対戦。オランダ代表DFデ・リフトがハンドでPKを与えて失点を許すも、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラの4試合連続となるアベック弾などで4-1と快勝した。 試合後、サッリ監督はスコアでは3点差がついたものの、苦労した試合だったとコメント。またゴールを決めたディバラと最終ラインでプレーするコロンビア代表MFフアン・クアドラードにも言及している。 「2点をとった後は簡単だと思っていた。そして、相手がPKを決めたことでナーバスになった。なぜなら、彼らが差を縮めたと考えたからだ」 「少し高い位置をとって相手をコートの半分へ押しやり、ラインの間に留まることにした。試合のある時間帯はあまり上手くいかず、後半終盤にはチームに疲れが見えてクオリティが落ちた」 「ディバラを疑ったことはないよ。私はいつも彼にどのようにトレーニングしてプレーすべきか話している。もっとボックスとクリスティアーノ(・ロナウド)の近くでプレーする必要がある。それはお互いにとって良いからだ」 「試合の終盤、彼は「ついに」とFKでのゴールについて言ったよ。クアドラードがディフェンスラインでプレーすることへの意欲と応用力には驚いた。彼はいつもトレーニングに集中しているし、優れた技術を保ったまま、素晴らしいディフェンダーになっている」 なお、試合後に行われたラツィオvsミランでは、ミランが0-3で快勝。この結果を受けて、首位ユベントスと2位ラツィオとの勝ち点は「7」にまで広いている。 2020.07.05 22:00 Sun
twitterfacebook
thumb

“闘犬”ダービッツの強烈ミドルにゴール裏の警備員も思わず顔を背ける【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元オランダ代表MFエドガー・ダービッツ氏がユベントス時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆警備員も思わず避ける!? ダービッツの強烈ミドル!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ3czFYWUtpMCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 名門アヤックスユースで育ったダービッツ氏は、1991年にトップチームデビュー。アヤックスでは、数々のタイトル制覇に大きく貢献した。 この活躍が認められ、1996年にミランへ加入するもケガやフロントとの確執から1997-98シーズン途中にユベントスへ移籍。ユベントスでは、シーズン途中加入ながらスクデット獲得に大きく貢献し信頼を勝ち取ると、2003-04シーズンにバルセロナへレンタル移籍するまで、在籍6年間で公式戦243試合に出場した。 1999年の1月26日に行われたコッパ・イタリア準々決勝、ボローニャとの2ndレグでは見事なゴールを決めている。 0-0で迎えた78分、中盤から持ち上がったダービッツは、ゴールまで25m以上の距離があったものの、そのまま利き足である左足を一閃。グングンと伸びたボールは相手GKフランチェスコ・アントニオーリに触ることすら許させず、ゴール左上隅に突き刺さった。 この強烈なシュートには、ゴールネットの裏にいた警備員も思わず顔を背けており、その威力の程が分かる圧巻のシュートだった。 2020.07.05 17:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ユーベ移籍後初FK弾のC・ロナウドが快記録! クラブ60年ぶりのセリエA25ゴール達成

ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(35)が快記録を成し遂げた。 C・ロナウドは4日に行われたセリエA第30節のトリノ戦に先発。2点リードの61分、バイタルエリア中央のやや左寄りから直接FKを沈め、4-1の勝利に大きく貢献した。 C・ロナウドが直接FKを成功させたのはユベントス加入後初。データ集計サイト『Opta(@OptaJoe)』によると、直接FKからゴールを挙げるまで43本目を要した模様だ。 また、今季のセリエAで記録した25得点目(26試合)はユベントスの歴史的に好記録。セリエA1シーズンで25得点以上は1960-61シーズンのオマール・シボリ氏以来だという。 直近の出場16試合で20得点4アシストの圧倒的な数字が物語るとおり、35歳の年齢を超越するパフォーマンスを披露するC・ロナウド。今後の活躍から目が離せない。 2020.07.05 09:05 Sun
twitterfacebook
thumb

ブッフォン記録樹立のユーベ、ディバラ&ロナウドの4戦連発揃い踏み弾でトリノ・ダービー快勝!《セリエA》

セリエA第30節、ユベントスvsトリノのトリノ・ダービーが4日に行われ、4-1でユベントスが快勝した。 4日前に行われた前節ジェノア戦をC・ロナウド&ディバラの3試合連続アベック弾で快勝した首位ユベントス(勝ち点72)は、2位ラツィオとの4ポイント差を維持した中、ジェノア戦のスタメンからシュチェスニーに代えてマルディーニ氏の持っていたセリエA最多出場記録を塗り替える648試合出場となる42歳のブッフォンが先発となった。 2連敗中の14位トリノ(勝ち点31)に対し、開始3分にユベントスが先制する。ボックス右でクアドラードのパスを受けたディバラがDF2人を外し、左足でシュートを流し込んだ。 好スタートを切ったユベントスは18分にC・ロナウドがGK強襲のシュートを浴びせると、29分に加点した。カウンターに転じた流れから、C・ロナウドのラストパスを受けたボックス右のクアドラードがDFに対応されながらもゴール左に蹴り込んだ。 ハーフタイムにかけても主導権を握っていたユベントスだったが追加タイム2分、ヴェルディのシュートがボックス内のデ・リフトの手に当たりPKを献上。これをベロッティに決められ、2-1で前半を終えた。 迎えた後半、開始4分にイエローカードを受けていたピャニッチに代えてマテュイディを投入したユベントスは、56分にベルナルデスキに代えてドグラス・コスタを投入。 すると61分、ユベントスに3点目。ボックス手前左で得たFKをC・ロナウドが直接狙い、ゴール左上に蹴り込んだ。C・ロナウドはユベントス加入後、初の直接FK弾となった。 4試合連続となるディバラ&C・ロナウドのアベック弾でリードを広げたユベントスは、余裕の展開に持ち込むと、終盤の87分にドグラス・コスタの左クロスがオウンゴールを誘って4-1。 ブッフォンの記録達成試合を快勝で制し、この後ミランと対戦するラツィオにプレッシャーをかけている。 2020.07.05 02:14 Sun
twitterfacebook