U-22日本代表、圧巻9発でジャマイカを粉砕! U-23アジア選手権に弾み《キリンチャレンジカップ》

2019.12.28 21:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
U-22日本代表は28日、トランスコスモススタジアム長崎でキリンチャレンジカップ2019のU-22ジャマイカ代表戦に臨み、9-0で圧勝した。2020年の東京オリンピック開幕まで8カ月を切り、同年1月にはタイで行われるU-23アジア選手権も控えているU-22日本。今回の招集メンバーではMF堂安律やMF久保建英が不在となる中、GKに山口、最終ラインに右から岩田、岡崎、瀬古を並べ、ダブルボランチは中山と松本がコンビを組んだ。ウイングバックには長沼と東、2シャドーに安部と旗手。ワントップに前田が起用された。

年内最後の試合となる中、日本は7分、バイタルエリア右で安部が倒されてFKを獲得。中山が直接狙うと、ゴール左隅に突き刺し、幸先良く先制に成功する。

9分には安部がポスト直撃のシュートを放つなど攻勢を強める日本は、連動した攻撃でゴールラッシュ。16分にスローインから抜け出した松本がボックス左からクロスを送ると、ファーサイドの旗手が右足ハーフボレーを叩き込む。さらにその1分後には旗手のパスを受けた長沼がボックス右の角からクロスを送り、並走した前田が押し込んでリードを3点とする。

その後も日本の勢いは止まらない。19分に左サイドを駆け上がった東がボックス左外からグラウンダーのクロスをマイナスに折り返す。ボックス中央で待ち構えていた旗手が左足で流し込み、この日2点目を記録。さらに28分には左CKの流れから安部がボックス左で倒されてPKを獲得する。自らキッカーを務めると、GKチェンバースに触られたが、ゴールラインを割り、30分まで大量5点のリードを奪う。

後半に入っても日本がイニシアチブを握って試合は推移。51分にはボックス左外で安部が倒されてFKを獲得する。東がインスイングのクロスを供給すると、そのままゴール左に吸い込まれ、スコアを6-0とする。

後半中盤には攻め込みながらも、決定機を決め切れない時間帯が続いた。それでも82分、3人目の動き出しで相手DFの背後を突いた瀬古がボックス左外からグラウンダーのクロスを送る。ニアサイドに走り込んだ一美が右足で蹴り込み、ゴールネットを揺らした。

畳み掛ける日本は試合終了間際の88分、長沼のパスを受けた岩崎がボックス右からクロスを供給する。相手DFの前に入り込んだ三笘が右足で押し込んで8点目。後半アディショナルタイムにはボックス右を打開した岩崎が相手DFに倒されてPKを獲得する。これを岩崎自らが決めてゴールラッシュのラストを飾った。

試合は直後に終了。9-0でジャマイカ代表を粉砕したU-22日本代表が来年1月にタイで行われるU-23アジア選手権に向けて弾みをつけた。
コメント
関連ニュース
thumb

U-23日本代表GK山口瑠伊がスペイン3部のレクレアティボに加入、今季は2部で1試合出場

セグンダ・ディビシオンB(スペイン3部)のレクレアティボ・ウエルバは11日、U-23日本代表GK山口瑠伊(22)の加入を発表した。 フランスと日本のハーフである山口は、フランスのロリアンの下部組織出身。2017年7月にスペインのエストレマドゥーラのBチームへ加入すると、2019年7月にファーストチームへ昇格。2019-20シーズンはセグンダ・ディビシオンで1試合、コパ・デル・レイで1試合に出場していた。 また、U-19から世代別の日本代表を経験。昨年はU-23日本代表として1試合に出場していた。 なお、山口はレクレアティボと1年間の契約を結んだとのこと。2020-21シーズンは3部で経験を積むこととなる。 2020.08.12 15:25 Wed
twitterfacebook
thumb

6月のカタールW杯予選、タジキスタン戦&キルギス戦が延期…森保一監督「この決断は当然」《カタールW杯アジア2次予選》

日本サッカー協会(JFA)は1日、6月に開催が予定されていたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選兼アジアカップ中国2023予選の2試合を延期することを発表した。 国際サッカー連盟(FIFA)とアジアサッカー連盟(AFC)は3月9日、3月と6月に予定されているインターナショナルマッチウィークに開催される予選に関して、原則延期とすることを発表。各サッカー協会間で合意した場合のみ、開催することが認められていた。 すでに3月に予定されていたミャンマー代表戦とモンゴル代表戦の延期が発表されていたが、タジキスタンサッカー連盟、キルギスサッカー連盟と協議した結果、試合に関わる全ての方々の健康を最優先に考え、延期することを決定したとしている。 いずれの試合も日本で開催される予定で、タジキスタン戦は6月4日(木)に兵庫県のノエビアスタジアム神戸、キルギス代表戦は6月9日(火)に大阪府のパナソニックスタジアム吹田で行われる予定だった。 また、7月17日(金)に予定されていた U-23日本代表のキリンチャレンジカップ2020も中止にすることが発表されている。対戦相手は決まっていなかった。 日本代表、U-23日本代表を率いる森保一監督はJFAを通じてコメントしている。 「6月に予定されていたFIFAワールドカップ予選の延期が決定しました。今、世界に拡大している新型コロナウイルスの感染状況を考えると、この決断は当然と考えています。これからの活動については、どの時期に再開しても、そのときに力を発揮できるよう、今できることに全力で取り組み、しかるべきときに向けて準備をしていきたいと考えています」 「そして、東京オリンピックの延期にともない、大会直前に兵庫で予定していたU-23日本代表のキリンチャレンジカップ2020も中止することになりました。東京オリンピックは、2021年7月の開幕が正式に決まりました。今後の活動はSAMURAI BLUE同様、状況を見ての判断になると思います。オリンピック開幕も新型コロナウイルス感染症が収束していることが大前提です。我々が目指す金メダル獲得に向けて、次の活動を心待ちにしながら、選手、スタッフそれぞれが今できることに取り組んでいきます」 「このウイルス感染をこれ以上拡大させないために、みんなが団結するときだと思います。こうした苦境で発揮される日本人の規律を守る心、団結力、組織力を私は信じています」 2020.04.01 17:30 Wed
twitterfacebook
thumb

U-23日本代表の国際親善試合2試合の中止が正式決定…南アフリカ、コートジボワールと対戦予定

日本サッカー協会(JFA)は6日、U-23日本代表が行う予定だった国際親善試合の中止を発表した。 3月のインターナショナルマッチウィークに、東京オリンピックに出場するU-23日本代表は2試合の国際親善試合を予定。27日(金)にU-23南アフリカ代表と、30日(月)にU-23コートジボワール代表と対戦する予定だった。 それぞれ、サンガスタジアム by KYOCERA(京都府)と博多の森球技場(福岡県)で予定されていたが、今回中止の判断となった。 JFAは「現在の様々な状況を考慮し、南アフリカサッカー協会、コートジボワールサッカー協会と協議を重ねた上での決定です」と発表している。なお、チケットの払い戻しについては後日発表される。 また、U-23日本代表を率いる森保一監督も、開催中止に向けてコメントしている。 「京都、福岡での試合を楽しみに待ってくださっていた方々、ここまで試合準備に携わっていた方々に感謝申し上げます」 「2会場での試合が中止となり、心苦しい思いです。みなさんと、再びスタジアムで、スポーツの醍醐味を分かち合える日を心待ちにしています」 「東京五輪で目標を達成し、みなさんに喜んでいただくために。あらゆる状況を想定しながら、その時々で、選手、チームにとってのベストを模索しながら進んでいきたいと考えています」」 2020.03.06 15:22 Fri
twitterfacebook
thumb

連覇目指すブラジルの東京五輪出場が決定! アルゼンチンを一蹴し4大会連続の出場

9日、コロンビアで行われている東京オリンピックの南米予選の最終節が行われた。 すでにアルゼンチンが出場権を獲得している南米予選。残りの枠は1つとなり、ブラジル、コロンビア、ウルグアイが争っている。 首位通過を決定しているアルゼンチンと対戦する前回大会金メダルのブラジルは、勝てば自力での出場権獲得となる一戦。FWマテウス・クーニャ(ヘルタ・ベルリン)とFWパウリーニョ(レバークーゼン)の2トップで臨んだ。 勝たなければいけないブラジルは開始13分、巧みなパス交換から浮き球のパスをパウリーニョが抜け出して押し込み、先制ゴールを記録した。 さらに30分、相手DFがバックパスをヘディングでGKに送ろうとすると、これを狙っていたマテウス・クーニャがかっさらい、無人のゴールへ。ブラジルがリードを2点に広げる。 2点リードで迎えた後半、ブラジルは攻め立てると55分にボックス内からマテウス・クーニャが決めて3点差に。そのまま勝利し、ブラジルが出場権を獲得した。なお、もう1試合のコロンビアvsウルグアイはウルグアイが1-3で勝利。しかし、ブラジルに勝ち点で及ばず、本大会出場を逃している。 ブラジルは、自国開催となった2016年のリオ・デ・ジャネイロ・オリンピックで、FWネイマール(パリ・サンジェルマン)をオーバーエイジ枠で起用し、FWガブリエル・ジェズス(マンチェスター・シティ)やFWガブリエう・バルボサ(フラメンゴ)らを擁して初の金メダルを獲得していた。 なお、ブラジルは4大会連続6回目の出場に。レアル・マドリーのFWヴィニシウスやFWロドリゴ、アーセナルのFWガブリエル・マルティネッリなどが東京オリンピック世代であり、オリンピック連覇に期待がかかる。 ◆東京オリンピック南米予選順位 (勝ち点/勝/分/負/得失点差) 1.アルゼンチン 6/2/0/1/-1 2.ブラジル 5/1/2/0/+3 3.ウルグアイ 4/1/1/1/+1 4.コロンビア 1/0/1/2/-3 ◆最終節 ▽2/10 コロンビア 1-3 ウルグアイ アルゼンチン 0-3 ブラジル ◆出場決定国 開催国:日本 アジア(3):韓国、サウジアラビア、オーストラリア ヨーロッパ(4):スペイン、ドイツ、ルーマニア、フランス アフリカ(3):エジプト、コートジボワール、南アフリカ オセアニア(1):ニュージーランド 南米(2):アルゼンチン、ブラジル 北中米カリブ海(2):未定、未定 2020.02.10 12:25 Mon
twitterfacebook
thumb

サウジアラビアとの延長戦を制した韓国が初優勝!《AFC U-23選手権》

AFC U-23選手権2020決勝、U-23サウジアラビア代表vsU-23韓国代表が26日に行われ、0-1で韓国が勝利した。 準決勝でU-23ウズベキスタン代表に勝利したサウジアラビアと、U-23オーストラリア代表に勝利した韓国の決勝。 サウジアラビアがポゼッションする中、カウンターを狙う韓国が徐々に攻め込む回数を増やすと、35分にオ・セフンがミドルシュートでゴールに迫る。さらに42分には決定機。右クロスが流れたところを、ファーサイドでフリーのチョン・ウヨンがシュートに持ち込むも、枠の上に外してしまった。 ゴールレスで迎えた後半、韓国が敵陣でのプレーを増やしていった中、58分にチャンス。イ・ドンジュンがボックス右へカットインして左足でシュート。枠の左を捉えていたが、GKの好守に阻まれた。 その後も韓国が攻勢をかける中、77分にビッグチャンス。しかし、ボックス右に侵入したイ・ドンジュンのシュートはGKに止められてしまった。 結局、90分でゴールが生まれず迎えた延長戦、引き続き韓国が押し込む展開が続くと、同後半9分にゴールをこじ開ける。左サイドからのイ・ドンギョンのFKをチョン・テウクがヘッドで押し込んだ。 これが決勝点となって韓国が勝利。同大会史上初優勝を飾っている。 2020.01.27 00:05 Mon
twitterfacebook