甲府、岡山MF武田将平のレンタル移籍加入を発表 「同じ武田姓として縁を感じる」

2019.12.27 16:02 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ヴァンフォーレ甲府は27日、ファンジアーノ岡山よりMF武田将平(25)が期限付き移籍で加入すると発表した。期限付き移籍期間中、岡山との全公式戦に出場できない。

武田は神奈川大学在学時の2016年に特別指定選手として岡山入りすると、翌年に正式加入。今シーズンは明治安田生命J2リーグ27試合1得点を挙げ、天皇杯にも1試合の出場を記録した。来シーズンから甲府でプレーすることになった武田は両クラブ公式サイトを通じてコメントしている。

◆ヴァンフォーレ甲府
「ファジアーノ岡山から期限付き移籍で加入することになりました、武田将平です。戦国時代の名将である武田信玄公ゆかりの地をホームタウンとするチームに加入することになり、同じ武田姓として何か縁を感じますし、その名に恥じないプレーをしないといけないと身の引き締まる思いです。チームの勝利に貢献できるよう、全力で戦いますので、ご声援をよろしくお願いします」

◆ファジアーノ岡山
「ヴァンフォーレ甲府に期限付き移籍することになりました。自分自身の成長のため、新しい環境でチャレンジすることを決めました。皆さんに成長した姿を見せることができるように頑張ってきます」


関連ニュース
thumb

低迷・大宮が群馬相手に2点差大逆転で2勝目! 首位・横浜FCは町田に追いつかれドローも12戦無敗、甲府は4連勝【明治安田J2第12節】

27日、明治安田生命J2リーグ第12節の11試合が各地で行われた。 首位に立つ横浜FC(勝ち点27)と5位につけるFC町田ゼルビア(勝ち点18)の対戦。上位対決となった試合は、ホームの横浜FCがペースを掴む。 まずは9分、クリアボールを拾って右サイドに展開。このパスを受けた伊藤翔がボックス右からのクロス。これを長谷川竜也がボックス内でヘディングで合わせ、横浜FCが早々に先制する。 町田は徐々に押し込みながら横浜FCのゴールに迫ると、20分に決定機。ビルドアップのボールを奪うと、鄭大世の落としをボックス手前で受けた平戸大貴が狙い済ましてシュート。しかし、これは左角に当たって跳ね返るも、ラインは超えない。 1-0で横浜FCがリードして迎えた後半、55分には左サイドからの奥山政幸からの斜めのパスを太田修介がフリックし、鄭大世がシュートも、GKがセーブする。 後半は町田がアグレッシブに前に圧力をかけていく。セカンドボールを拾い続けて、何度もボックス内に入っていくが、ゴールが遠くスコアを動かせない。 すると横浜FCも反撃。62分には浮き球のパスを受けた亀川諒史がボックス右からグラウンダーのクロス。小川航基が飛び込むが、シュートはミートしない。 町田は65分に鄭大世を下げて、ヴィニシウス・アラウージョを投入。すると69分、佐野海舟が自陣から縦パス。これをフリックすると、絶妙なスルーパスとなり、最後はヴィニシウス・アラウージョが流し込み、町田が同点に追いつく。 横浜FCは追いつかれた後に勢いを持って攻め込むがスコアは動かせず。84分にはサウロ・ミネイロがシュートもGKがセーブ。こぼれ球を小川がヘッドで押し込むが、翁長聖が戻ってクリアする。 横浜FCは91分にビッグチャンス。右サイドからのFKからのクロスをクレーベがダイビングヘッド。GKがセーブも高橋秀人がヘディングで押し込むが、オフサイドでゴールは認められない。結局そのまま試合は終了し、1-1の引き分けに終わった。 また、今季わずか1勝で降格圏に沈む大宮アルディージャ(勝ち点6/21位)とザスパクサツ群馬(勝ち点17/6位)の一戦は、大宮が3-2で逆転勝利を収めた。 試合は立ち上がり2分、群馬は仕掛けた小島雅也が柴山昌也に倒されると、非常に微妙な位置でのファウルがPKに。これを岩上祐三が左隅に決めて群馬が先制する。 さらに27分にも群馬は左サイドから天笠泰輝が縦に入れると、平松宗が落とし、加藤潤也が受けてクロス。これを平松がしっかり合わせてリードを広げる。 勢いに乗る群馬は34分に2つ目のPKを獲得。岩上が再びキッカーを務めるが、GK南雄太が完全に読み切りセーブ。このプレーが大きなターニングポイントとなる。 2点ビハインドで後半を迎えた大宮は57分、矢島慎也が前線へのロングボールを送ると、ライン際で武田英寿が頭で落とすと河田篤秀がダイレクトでクロス。これを菊地俊介が決めて1点を返す。 さらに62分には右CKから武田がクロス。これをファーサイドで西村慧祐がヘディングで合わせて、大宮が同点に追いつく。 勢いに乗る大宮は69分、武田がFKからゴール前にクロスを送ると、流れたボールをボックス内右で矢島がトラップからシュート。ニアサイドを撃ち抜いたシュートが決まり、大宮が3点目を奪い2点差を逆転する。 逆転した大宮は、さらに攻め込む展開に。群馬も盛り返そうとするが、大宮の集中した守りの前に得点を奪えず。大宮が2点差を逆転して今季2勝目を挙げた。 また、ヴァンフォーレ甲府(勝ち点15/10位)vs東京ヴェルディ(勝ち点19/3位)の一戦は、2-0で甲府が勝利。4連勝とした。 試合は17分、ホームの甲府が攻め込むと、ボックス付近で細かくパスを回し、最後は三平和司が縦パス。これが山田陸に通ると、ボックス内から浮き球のシュートが決まり、甲府が先制する。 東京Vもボールをポゼッションしながらも攻めていくがゴールが遠い。後半は東京Vが支配するが、1-0で迎えた60分にビルドアップのミスから、鳥海芳樹のスルーパスに三平が裏をとるとボックス内で倒されPKを獲得。これを自らしっかりと決めて2-0。そのまま逃げ切り、甲府が4連勝を達成した。 ◆明治安田生命J2リーグ第12節 ブラウブリッツ秋田 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ファジアーノ岡山</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">大宮アルディージャ 3</span>-2 ザスパクサツ群馬 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジェフユナイテッド千葉 2</span>-0 レノファ山口FC 横浜FC 1-1 FC町田ゼルビア <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アルビレックス新潟 2</span>-0 いわてグルージャ盛岡 徳島ヴォルティス 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 モンテディオ山形</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">V・ファーレン長崎 1</span>-0 水戸ホーリーホック ロアッソ熊本 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 ベガルタ仙台</span> 大分トリニータ 0-0 栃木SC FC琉球 1-1 ツエーゲン金沢 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 2</span>-0 東京ヴェルディ 2022.04.27 21:34 Wed
twitterfacebook
thumb

ルヴァンカップ敗退で大分のリーグ戦3試合に日程変更…町田、新潟、甲府に影響

Jリーグは25日、大分トリニータの試合開催に関して、3試合が日程変更となったことを発表した。 今回の日程変更に関しては、大分が23日に行われたYBCルヴァンカップのグループステージ第5節で鹿島アントラーズと対戦し3-0で敗戦。これにより大会敗退が決定したためとなる。 対象となるのはホームの3試合で、第20節のFC町田ゼルビア戦、第21節のアルビレックス新潟戦、第38節のヴァンフォーレ甲府戦となる。 町田戦は6月15日(水)の19時キックオフだったものが、5日(日)の14時からに変更。新潟戦は7月27日(水)の19時キックオフ予定が、6月11日(土)の19時キックオフへと変更された。 また、甲府戦は10月5日(水)から9月24日(土)に変更となった。なお、キックオフ時間は現時点で未定となっている。 昨シーズンは明治安田生命J1リーグで18位に沈み降格。今シーズンはここまで11試合を戦い、4勝3分け4敗の勝ち点15で9位につけている。 ◆日程変更 第20節 大分トリニータ vs FC町田ゼルビア [変更前] 6月15日(水) 19:00 ↓ [変更後] 6月5日(日) 14:00 第21節 大分トリニータ vs アルビレックス新潟 [変更前] 7月27日(水) 19:00 ↓ [変更後] 6月11日(土) 19:00 第38節 大分トリニータ vs ヴァンフォーレ甲府 [変更前] 10月5日(水) 未定 ↓ [変更後] 9月24日(土) 未定 2022.04.25 15:28 Mon
twitterfacebook
thumb

甲府DF北谷史孝が全治10週間の負傷離脱…金沢戦の開始10分でピッチを後に

ヴァンフォーレ甲府は25日、DF北谷史孝の戦線離脱を報告した。 北谷は16日に敵地で行われた明治安田生命J2リーグ第10節のツエーゲン金沢戦で3試合連続の先発メンバー入りを果たしたが、開始10分でピッチを後にした。 クラブによると、右大腿二頭筋損傷および右半腱様筋損傷と診断され、全治10週間の見込み。甲府在籍2年目の今季はここまでJ2リーグ4試合に出場している。 なお、甲府は現在、J2リーグ3連勝中。勝ち点15で10位につけている。 2022.04.25 14:10 Mon
twitterfacebook
thumb

好調甲府が3連勝! 水戸は後半AT弾で劇的勝利【明治安田J2第11節】

明治安田生命J2リーグ第11節の7試合が23日に各地で行われた。 2連勝中の甲府はホームに4位の町田を迎えた。連勝の勢いそのままに主導権を握ると、20分に関口のクロスから鳥海がヘディングシュートでゴールに迫る。29分には、敵陣右サイドでのボール奪取からボックス中央でボールを持った長谷川のシュートがクロスバーを直撃。前半は一方的な展開となった。 試合を折り返すと、町田は後半から投入された鄭大世が体を張ったプレーでシュートシーンを迎える。何度か鄭大世にボールを集めて好機を迎えるが、押し切ったのはホームの甲府だった。 67分、右サイドからの攻撃は一度跳ね返されたものの、こぼれ球に走り込んだ須貝がボックス右角から迷わず右足を一閃。ゴール前の混戦に絡まれ軌道が変わりながらも、強烈なシュートがゴールに突き刺さった。 その後は76分の宮崎のシュートがポストに嫌われて追加点が奪えない甲府。一方の町田も83分のCKで鄭大世がヘディングシュートでゴールに迫ったが、同点には追いつけず試合終了。1-0で試合を制した甲府が3連勝を収めた。 ユアテックスタジアムでは仙台と琉球が激突。2試合ぶりの勝利を目指す仙台は立ち上がり2分、中島が敵陣中央から放ったロングシュートが相手GKを強襲。6分にはボックス右から縦に仕掛けたフェリペ・カルドーソがDFをかわしてシュートを放つが、ここも琉球GK田口が好セーブを見せた。 0-0で迎えた後半立ち上がりのCKでも、皆川のヘディングシュートが田口に防がれた仙台。それでも58分、氣田が前線からプレスをかけてボックス左でボールを奪うと、その横パスをフェリペ・カルドーソが確実に流し込み、先制点を奪った。 その後も61分に皆川が決定機を迎えるなど攻勢を続ける仙台は、追加点は再びボール奪取から生まれる。80分、敵陣右サイドのスローインからリスタート。一度は相手に奪われたものの、フェリペ・カルドーソがボックス右で素早く奪い返し、ボックス中央の氣田にラストパス。冷静に流し込んだ氣田は3戦連発となった。 そして、試合は2-0で終了。仙台が暫定2位に浮上している。 ケーズデンキスタジアムで行われた水戸vs山口は劇的な結末となった。14分に先制を許したホームの水戸は、後半に入ると60分と69分に木下と古巣戦となった高井が立て続けにゴールを決めて逆転に成功する。ところが逆転から2分後に失点し、試合は再びタイとなる。 このまま終わるかに思われた後半アディショナルタイム、水戸は相手のゴールキックを跳ね返すと、そこから速攻へ展開。敵陣中央でボールを持った曽根田がドリブルでボックス手前まで運び、そこから右足を強振。これがゴール右下に突き刺さり、土壇場で逆転した。 劇的勝利を収めた水戸は5試合ぶりの白星で今季3勝目となった。 ◆第11節 ▽4/23(土) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ベガルタ仙台 2</span>-0 FC琉球 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">モンテディオ山形 2</span>-0 大宮アルディージャ 東京ヴェルディ 1-1 ジェフユナイテッド千葉 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 1</span>-0 FC町田ゼルビア <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アルビレックス新潟 2</span>-1 V・ファーレン長崎 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">水戸ホーリーホック 3</span>-2 レノファ山口FC 栃木SC 0-0 横浜FC ▽4/24(日) 《17:00》 ザスパクサツ群馬 vs ブラウブリッツ秋田 ▽4/20(水) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">徳島ヴォルティス 5</span>-0 いわてグルージャ盛岡 大分トリニータ 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 ツエーゲン金沢</span> ▽4/22(金) ロアッソ熊本 1-1 ファジアーノ岡山 2022.04.23 18:20 Sat
twitterfacebook
thumb

甲府が下部組織所属の17歳・内藤大和とプロ契約! 「結果で恩返し」

ヴァンフォーレ甲府は21日、同クラブU-18に所属するFW内藤大和(17)とのプロ契約締結を発表した。 内藤は山梨県甲府市出身で、駿台甲府高校に在学中。U-12カテゴリーから甲府に籍を置き、昨年9月からトップチームにも2種登録され、今季もここまで明治安田生命J2リーグで2試合に出場している。 代表キャリアにおいてもU-15日本代表から各世代別の代表に定期的に呼ばれ、今年に入ってもU-19日本代表候補に選出された内藤はクラブを通じて喜びの思いとともに決意を新たにした。 「この度トップチームに昇格しました内藤大和です。幼少期から見てきたこのクラブでプロサッカー選手になることが出来てとても嬉しく思います」 「今まで支えてきてくれた両親、兄、祖父、友人、サッカーを始めた頃から今まで指導して下さった監督、コーチ、私がお世話になった全ての方々に結果で恩返しが出来るように努力したいと思います」 「最後にファン・サポーターの皆様いつも熱い応援ありがとうございます。大好きなヴァンフォーレ甲府の為に覚悟をもって戦いますのでこれからも応援よろしくお願い致します」 2022.04.21 11:20 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly