熊本が主力のMF黒木晃平とGK山本海人との契約更新を発表

2019.12.27 17:25 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ロアッソ熊本は27日、MF黒木晃平(30)とGK山本海人(34)との契約更新を発表した。

2012年にサガン鳥栖でプロキャリアをスタートさせた黒木は、翌年に期限付き移籍で熊本に渡り、2014年に完全移籍に移行。ここまで安定した出場機会を掴んでおり、今シーズンは明治安田生命J3リーグ33試合に出場して2得点を記録した。

山本は清水エスパルス下部組織出身で2004年にトップチームに昇格。その後、ヴィッセル神戸、ジェフユナイテッド千葉、横浜FCを経て、2019年に熊本に入団した。今シーズンはJ3リーグ34試合に出場した。


関連ニュース
thumb

宮崎では出番なし…退団のGK伊東倖希がJFLのMIOびわこ滋賀へ完全移籍

テゲバジャーロ宮崎は18日、GK伊東倖希(25)がJFLのMIOびわこ滋賀へ完全移籍することを発表した。 U-16日本代表の選出歴を持つ伊東は、FC東京U-18を経て鹿屋体育大学に進学。2019年2月に当時JFLに所属していた宮崎への加入が決定した。 しかし、そこから約3年間公式戦の出場はなかった。 伊東はクラブを通じてコメントしている。 「このたび、MIOびわこ滋賀に移籍することになりました。改めてになりますが、3年間テゲバの伊東倖希を応援してくださった皆様、本当にありがとうございました」 「テゲバでの3年間は決して無駄ではなかったことを証明してきます!活躍する自信があります!そして、いつかテゲバの対戦相手として、ゴールマウスを守ることが僕の目標のひとつです!成長した姿を見てもらえるように頑張ります」 「今後ともテゲバジャーロ宮崎、そして少しでいいので伊東倖希の応援宜しくお願い致します!」 2022.01.18 21:55 Tue
twitterfacebook
thumb

J2昇格を目指す長野、今季のユニフォームはひし形のチェックで「長野の山々を濃淡のグラデーションで表現」

AC長野パルセイロは18日、2022シーズンで着用するユニフォームのデザインが決定したと発表した。 昨季も横山雄次監督(52)の下でスタートを切った長野だったが、2度の8戦未勝利を経験。シーズン途中で吉澤英生ヘッドコーチ(49)がチームを引き継いだが、明治安田生命J3リーグで8勝12分け8敗の9位にとどまった。 悲願のJ2昇格を目指す今季のユニフォームは、「シンプルにタフに戦う」をコンセプトとした。1stユニフォームはオレンジをベースに2種類のひし形を敷き詰め、練習拠点である千曲川リバーフロントスポーツガーデンから見える、四季折々の長野の美しい山々を濃淡のグラデーションで表現した。 襟裏に描かれた「獅子よ千尋の谷を駆け上がれ」のメッセージが施され、右袖には「NAGANO」の文字が入る。 ショーツは紺、ソックスはオレンジのカラーリングで、サプライヤーはこれまで同様、株式会社ウインスポーツが展開する『PENALTY(ペナルティ)』が務める。 2nd1ユニフォームはシャツが白、ショーツとソックスはグレーが基調に。GK用の1stユニフォームは上下ともに青がベース、2ndは黄色からやや萌黄色にかかるような色味となっている。 素材には特出した軽量性を持った「マイクロピケ」を使用。ストレッチ性にも優れ、ソフトな風合いが快適なフィット感を生み出すとのこと。 サイドパネルにはベンチレーション性に優れたバイアスピンホールメッシュを使用し、袖と1枚でつなげることで、肩回りの機動性を向上。また、デザインされた裾形状によって、足さばきへの干渉を軽減しているとのことだ。 今季は昨シーズンまでY.S.C.C.を指揮していたシュタルフ悠紀リヒャルト監督(37)が新指揮官に就任。悲願の昇格に向けて再スタートを切る。 <span class="paragraph-title">【写真&動画】長野の今季ユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/CZnvLEq5LZs" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">2022 UNIFORM<br><br>ユニフォームデザイン<a href="https://t.co/yuYfxS6oPD">https://t.co/yuYfxS6oPD</a><br><br>本日受付開始!<a href="https://t.co/EssiJLzKQY">https://t.co/EssiJLzKQY</a><a href="https://twitter.com/hashtag/acnp?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#acnp</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%91%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%AD?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#パルセイロ</a> <a href="https://t.co/yt8KptoTnw">pic.twitter.com/yt8KptoTnw</a></p>&mdash; AC長野パルセイロ (@NAGANO_PARCEIRO) <a href="https://twitter.com/NAGANO_PARCEIRO/status/1483229829671813120?ref_src=twsrc%5Etfw">January 18, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.18 19:45 Tue
twitterfacebook
thumb

YS横浜が国士舘大DF中村駿と川崎Fの脇坂泰斗の弟MF脇坂崚平の加入を発表

Y.S.C.C.横浜は18日、国士舘大学のDF中村駿(22)と新潟医療福祉大学卒業のMF脇坂崚平(23)の入団を発表した。 中村は大分県出身で、大分トリニータのU-12、U-15に所属。東福岡高校から国士舘大学へと進学していた。 脇坂は地元の神奈川県横浜市出身で、新潟医療福祉大学を卒業。1年遅れでプロ入りを果たすこととなった。なお、川崎フロンターレの日本代表MF脇坂泰斗は実の兄。 両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆DF中村駿 「国士舘大学よりY.S.C.C.に加入します。中村駿です。Y.S.C.C.の勝利のため、またファン・サポーターのみなさんの笑顔のために全力で闘います!よろしくお願いします!」 ◆MF脇坂崚平 「この度、2022シーズンからY.S.C.C.に加入することになりました脇坂崚平です。地元クラブでサッカー選手としてのキャリアをスタート出来ることを大変嬉しく思います」 「これまで支えてくれた全ての人へ感謝の気持ちを忘れず、地に足つけて、日々取り組んでいきたいと思います」 「Y.S.C.C.の勝利に少しでも貢献し、ファン、サポーターの皆様と喜びを分かち合える日を楽しみにしています。熱い応援よろしくお願いします」 2022.01.18 17:25 Tue
twitterfacebook
thumb

岐阜の2選手が新型コロナ陽性判定、1名は来岐前に判明

FC岐阜は18日、トップチームの選手2名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、選手1名は自家用車で15日に岐阜へ入り、17日に病院でPCR検査を実施。陽性判定を受けたとのことだ。なお、症状などはなく、療養しているという。 もう1名は17日に岐阜へ移動する前にPCR検査を実施。陽性と判定された。 なお、こちらは発熱の症状が出ており、保健所の指導の下で療養しているという。 クラブ内に濃厚接触者はいないとのこと。チーム始動日前の20日に前選手・スタッフへのPCR検査を実施するとのことだ。 2022.01.18 16:43 Tue
twitterfacebook
thumb

愛媛退団のDF浦田延尚がJFLのラインメール青森へ完全移籍

愛媛FCは18日、2021シーズン限りで退団したDF浦田延尚(32)がJFLのラインメール青森へ完全移籍することを発表した。 浦田は帝京高校から2008年に横浜F・マリノスへ入団。その後は、サガン鳥栖を経て、2012年に愛媛へと完全移籍で加入した。2018年からは松本山雅FCへと完全移籍するも、今シーズン復帰。しかし、今回契約満了となった。 愛媛では合計7シーズンプレー。J2通算213試合に出場し10得点を記録。天皇杯で7試合に出場していた。なお、2021シーズンはJ2で12試合の出場だった。 浦田はクラブを通じてコメントしている。 「青森のみなさんはじめまして。この度ラインメール青森でプレーをさせていただくことに なりました。この僕を必要としてくれたクラブのために、持っている力を全て使うことが 自分の義務だと思っています。今年必ずJ3昇格をみんなで掴みましょう!」 2022.01.18 16:40 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly