YS横浜がセカンドチームのMF和田幹大の昇格を発表

2019.12.24 12:28 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
Y.S.C.C.横浜は24日、セカンドチームのMF和田幹大(23)がトップチームへ昇格することを発表した。

和田は茨城県出身で、昌平高校から新潟医療福祉大学、FOURWINDS FCを経てYS横浜に入団していた。和田はクラブを通じてコメントしている。

「来季からTOPチームに昇格することになりました和田幹大です。1日でも早くピッチに立てるように日々努力しY.S.C.C.の勝利に貢献できるように頑張ります。応援よろしくお願いします」

関連ニュース
thumb

「いろんな可能性」元日本代表MF松井大輔がY.S.C.C.横浜フットサルで新たな挑戦「将来的なものを考えたときにすごくプラスだと感じた」

10日にサッカー元日本代表MF松井大輔(40)とサッカーミャンマー代表GKピエリアン・アウン(26)との契約締結を発表したY.S.C.C.横浜フットサル。クラブは14日、両選手の入団記者会見を行った。 今回、選手ごとに2部制で行われたこの会見。1部ではピエリアン・アウンが登場し、2部で松井がお披露目。今回がプロフットサル選手として初の挑戦となる両選手は、ここに至った経緯やそれぞれの心境を語った。 会見の2部で登場した松井は、ベトナムのサイゴンFCより加入。フランス、ロシア、ブルガリア、ポーランドなど海外でも多くの国でプレーした元日本代表MFは、2018年1月に横浜FCに復帰。その後2020年12月にサイゴンFCへ移籍をしたものの、ベトナムのVリーグがいつ再開するかわからないということを受け、この度日本で新たな挑戦をすることとなった。 その松井は、「今回いろいろオファーがある中、本当はベトナムでプロ生活を終えようか迷っていましたし、この1年の中で引退を考えたときもありました。そんな中、違う挑戦をさせてもらえることに感謝したいと思います」とコメント。サッカー人生の中でひとつの分岐点に立っていたことを明かすと、続けて「今からいろいろな挑戦が始まるということで、自分もワクワクしてます。楽しいプレーをと言いますか、サッカー人としてまた子供に戻ったかのようなプレーができれば面白いなと思うので、ぜひ見ていただけたら嬉しいなと思っております」と、今回の挑戦が楽しみであると語った。 今回の帰国に際し、様々なJクラブからオファーがあったことを明かした松井。それでもフットサルに転向した決め手を聞かれると、そこには葛藤があったことを告白した。 「Jリーグに帰るのであれば、8月15日がリミットということで契約を切って帰ってくるかという話もありましたし、ベトナムの会長のビンさんが良くしてくださって移籍することができました」 「どのようなサッカー人生を歩めばいいのか、自分には何が合っているのか、チャレンジしたいしもっとサッカーを楽しみたいということで、フットサルで新たな自分を発見できたらいいなと思います」 さらに、「練習が朝6時〜8時ということで、そのあとの時間を違うことに使えたりするので、指導者ができたりするかもしれないですし、いろんな可能性が見えてます。また、フットサルで得た知識をサッカーで活かせるんじゃないかとか、将来的なものを考えたときにすごくプラスだと感じたので、そのようなことをずっと考えていました」と、新たな挑戦を求めたことに加え、自らの将来を見据えての決断だったと付け加えた。 この新たな挑戦を横浜FC時代をともに過ごし、フットサル・ワールドカップにも出場した元日本代表FW三浦知良に報告した松井は、「カズさんには連絡しました。面白いんじゃないかという話もしてくださって、フットサルは難しいけど大輔ならできるというようなことを言ってくれました」と大先輩のカズからアドバイスをもらったとコメント。「あとは、北澤さんだったりだとか、フットサル日本代表の木暮賢一郎君などに話を聞きました。難しいとは思いますが、フットサルを楽しみたいし、フットサル界を盛り上げられたらいいなと思います」と語り、フットサル界に貢献する姿勢を示した。 そして、ともにクラブへ入団することとなったピエリアン・アウンへのアドバイスを聞かれると、「海外でプレーするというのは難しくて、言葉だったり文化の問題があると思います。彼も国で大変なことがあったと思うので、それを救えたというのは日本のよさだと思います。ベトナムやいろんな国に行きましたけど、帰ってきたときに日本は本当にいい国だと思いますし、そういうところで皆さんが彼を助けてくれると思います」とコメント。日本が生活しやすい国だということを自らも感じたと語り、続けて「自分もチームに溶け込めるようにしていきたいと思うので、みなさんも彼にあった場合には頑張ってねという声かけをしてくれると彼もいい気持ちになると思いますし、日本の良さをアピールする機会にもなるのではないかと思います」と、協力を惜しまない旨を語った。 そのピエリアン・アウンは第1部に登場。サッカーのミャンマー代表として数多くの国際試合を経験し、6月には日本代表とカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選を戦ったが、そのまま日本に残り亡命。8月には、日本政府から難民認定を受けており、他の仕事もこなしながらプロフットサル選手としてプレーすることとなる。 そのピエリアン・アウンは、「こんにちは、みなさん初めまして。私の名前はピエリアン・アウンです。ミャンマーから来ました。どうぞ、よろしくお願いします」と語り、流暢な日本語でのあいさつを披露。続けて、「このクラブと契約できたことがすごく喜ばしいです。入ってからはみんなに様々なサポートをしてもらい、家族のようなに接してくれたことがとても嬉しいです。これからは、このチームのためにできることを頑張っていけたらと思います」とコメントし、クラブへの加入を喜んだ。 ピエリアン・アウンの契約期間は今季中となっており、プロ契約を結んだとのこと。今季の頑張り次第では、更新する可能性があることを渡辺瞬ゼネラルマネージャーは明かした。賃金はそこまで大きい金額ではなく、生活ができる最低水準の金額を支給。農業や支援してもらえる企業で手伝いをしながらの生活となるようだ。 2021.09.14 20:20 Tue
twitterfacebook
thumb

アウェイで3得点!3試合ぶり勝利で岐阜が暫定2位に浮上【明治安田J3第17節】

4日、明治安田生命J3リーグ第17節の3試合が各地で行われた。 勝てば暫定で2位に付けられるFC岐阜は、アウェイでY.S.C.C.横浜と対戦。前半に惜しいシーンを何度か作りながら決め切れずにいたが、49分に先制する。ボックス左でフリーになったレレウがボールを受けると、中央で待つ深堀に折り返す。フリーだった深堀はこれを落ち着いてゴール左に流し込み、ようやくリードを奪うことに成功した。 勢いに乗る岐阜は、57分にカウンターから追加点を奪う。自陣右サイドで船津がボールを奪い、中島とのワンツーで前線に抜け出すと、そのまま右からクロス。このボールに対して大西がボックス左でワンタッチで合わせ、ゴールネットを揺らした。 リードを広げてからも、さらに追い打ちをかける岐阜。70分、左サイドに抜け出した山内がボックス左に侵入してクロスを送る。するとニアサイドに走り込んだ深堀が相手DFと交錯しながらもボールに触って相手のオウンゴールを誘発し、3点目を奪った。 しかし76分にはピンチを迎える。右サイドからの前進を許し、ボックス右からYS横浜の山本にシュートを放たれるも、ここはGK桐畑がファインセーブ。最後まで失点を許さずリーグ戦3試合ぶりの白星を挙げ、暫定2位に浮上している。 その他、アウェイでヴァンラーレ八戸を1-0で下したテゲバジャーロ宮崎は、4位に順位を上げた。 また、ホームにカマタマーレ讃岐を迎えた藤枝MYFCは、大量5得点で完勝。10位に浮上し、降格圏から遠ざかっている。 ◆第17節 ▽9/4(土) Y.S.C.C.横浜 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 FC岐阜</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">藤枝MYFC 5</span>-0 カマタマーレ讃岐 ヴァンラーレ八戸 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 テゲバジャーロ宮崎</span> ▽9/5(日) 福島ユナイテッドFC vs ガイナーレ鳥取 アスルクラロ沼津 vs カターレ富山 ロアッソ熊本 vs FC今治 AC長野パルセイロ vs いわてグルージャ盛岡 2021.09.04 21:36 Sat
twitterfacebook
thumb

再開初戦が迫るなか…YS横浜FWピーダーセン世穏が全治7カ月の重傷

Y.S.C.C.横浜は27日、FWピーダーセン世穏の負傷を発表した。 ピーダーセン世穏は2日のトレーニング中に負傷。チームは9月4日に行われる明治安田生命J3リーグ第17節のFC岐阜戦で再開初戦を迎えるが、左ヒザ前十字じん帯損傷で全治7カ月見込みという診断結果を受けた。 2020年に慶應義塾大学から加わり、今季でプロ2年目のピーダーセン世穏。ここまで明治安田生命J3リーグ10試合の出場で2得点だった。 2021.08.27 17:25 Fri
twitterfacebook
thumb

YS横浜が石井僚&林友哉を育成型レンタル!

Y.S.C.C.横浜は23日、GK石井僚(21)とFW林友哉(21)の育成型期限付き移籍加入を発表した。ともに2022年1月31日までの加入となる。 石井は浦和下部組織出身で、今季からレノファ山口FCに育成型期限付き移籍だが、ここまで出番がなく、シーズン途中からYS横浜に武者修行先を変更して、新たに経験を積むことになった。 林は讃岐でプロデビュー後、高知ユナイテッドSCへの育成型期限付き移籍を経て、2019年から復帰。昨季こそ明治安田生命J3リーグ15試合で2得点を挙げたが、今季は4試合の出場しかなかった。 両選手はそれぞれのクラブを通じてコメントしている。 ◆石井僚 ・Y.S.C.C.横浜 「この度レノファ山口から移籍してきました、石井僚です。Y.S.C.C.のファン、サポーターの皆さんと勝利を分かち合えるように全力で戦いたいと思います。よろしくお願いします」 ・浦和レッズ 「Y.S.C.C.横浜に育成型期限付き移籍することになりました。しっかりと結果を残していけるようにがんばりたいと思います。応援よろしくお願いします」 ・レノファ山口FC 「この度YSCC横浜にレンタル移籍する事になりました。レノファ山口に来てなかなか試合に絡めず悔しい思いをしました。その悔しい気持ちをYSCC横浜で晴らせるように頑張りたいと思います。これからも石井僚をよろしくお願いします。半年間ありがとうございました」 ◆林友哉 ・Y.S.C.C.横浜 「カマタマーレ讃岐から移籍で加入することになりました林友哉です。Y.S.C.C.の力になれるように全力で頑張ります。応援よろしくお願いします」 ・カマタマーレ讃岐 「Y.S.C.C.横浜へ期限付き移籍することになりました。パワーアップして、讃岐に帰ってきます。ファン・サポーターの皆様、これからも応援よろしくお願いします」 2021.07.23 11:50 Fri
twitterfacebook
thumb

Jリーグで初の女性審判! YS横浜vs宮崎を山下良美主審が担当「この状況が当たり前になるよう」

Jリーグでついに女性審判が公式戦を担当した。 16日に行われた明治安田生命J3リーグ第8節のY.S.C.C.横浜vsテゲバジャーロ宮崎の一戦。この試合で主審を務めたのは女性審判員の山下良美さんだ。 山下主審は、2015年から国際審判員となり、2016年と2018年のU-17女子ワールドカップや2017年のアルガルベカップ、2018年の女子アジアカップ、2019年の女子ワールドカップで主審を務めた経歴があり、今夏開催される東京オリンピックにも主審として参加することが発表されていた。 この試合では副審は鶴岡泰樹氏、眞鍋久大氏、第4の審判は本多文哉氏と普段組むことがない男性審判員だった。 10分には宮崎のGK植田峻佑に初のイエローカードを提示。最終ラインの裏へ出たロングボールに対し、植田が飛び出してカットしたものの、ンドカ・チャールスと接触。イエローカードが提示された。 無事に初の主審を終えた山下主審は、日本サッカー協会(JFA)を通じでコメントしている。 「審判員4人で協力していつも通りのレフェリングができるように、一つ一つ丁寧に誠実に対応することだけを考えて試合に臨みました」 「これからもこの機会が続いていき、この状況が当たり前になるよう、目の前の試合に全力で臨みたいと思います」 <span class="paragraph-title">【動画】歴史的瞬間!初の女性審判がコイントス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>Jリーグ史上初女性審判が主審を担当<br>\<br><br>明治安田生命J3リーグ 第8節<a href="https://twitter.com/hashtag/YSCC%E6%A8%AA%E6%B5%9C?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#YSCC横浜</a> vs <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%86%E3%82%B2%E3%83%90%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%AD%E5%AE%AE%E5%B4%8E?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#テゲバジャーロ宮崎</a> 戦にて <a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%B1%B1%E4%B8%8B%E8%89%AF%E7%BE%8E?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#山下良美</a> さんが主審を担当<a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグ</a> にとって歴史的な日となります<br><br>試合はDAZNで<a href="https://t.co/Qhmma1Lv3K">https://t.co/Qhmma1Lv3K</a> <a href="https://t.co/ppLEtj2vym">pic.twitter.com/ppLEtj2vym</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1393781253946548229?ref_src=twsrc%5Etfw">May 16, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.16 16:45 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly