後手を踏み対応しきれなかった日本、光明となった相馬勇紀の可能性/日本代表コラム

2019.12.20 06:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
3大会ぶり2度目の優勝を目指して臨んだEAFF E-1サッカー選手権の韓国代表戦。しかし、結果は1-0で敗れ、逆転で韓国の3連覇、初の自国開催での優勝を見届けることとなってしまった。

「勝利にこだわる」と森保一監督は常々語り、タイトル獲得を目指していた日本代表。しかし、結果は望んでいたものではなかった。そこにある問題は何なのか。

◆後手を踏んだと言わざるを得ない前半
Getty Images

試合後の記者会見で森保監督は「戦術的に後手を踏んだとは思っていません」と言い切った。この言葉を額面通り受け取るならば、後手は踏んでしまっていたと言わざるを得ない。

日本は今大会採用している[3-4-2-1]のシステムでこの韓国戦に臨んだ。一方で韓国は[4-3-3]のシステムで臨んでいる。

初戦の中国代表戦のメンバーを10名起用し、離脱した橋本拳人(FC東京)の代わりに田中碧(川崎フロンターレ)を起用した日本に対し、韓国は香港代表戦と中国代表戦のメンバーをミックスさせて臨んだ。

「戦術的に後手を踏んだとは思っていません」という言葉は、「3バックの両サイドにロングボールを入れられることも予想できたと思うが?」という質問に対する森保監督の答え。「韓国の分析に関しては昨日、映像を使ってミーティングで攻守の特長の部分を伝えて、トレーニングの中で確認して今日の試合に臨みました」と返し、その後に出た言葉だった。

韓国は、[4-3-3]の基本システムだったが、攻撃時は[3-3-4]の形に近くなり、日本のシステムでは立ち位置にギャップが生まれてしまう。

1トップのイ・ジョンヒョプに対し、右のキム・インソンがワイドにポジショニング。左のナ・サンホがハーフスペースへと入り、左サイドバックのキム・ジンスが高い位置を取ることで、4枚を前線に持ってくる仕組みだ。
Getty Images

この形になると、日本は3枚では守ることができず、両ウイングバックも下げた5枚、または右WBの橋岡大樹やボランチの田中が下がって4バックに近い形で守る時間が長くなっていった。

この形になると、日本はボランチも引いて最大7枚で守ることになるが、ワイドに起点を作る韓国は、そこから中央へと戻し、ギャップを作った状態で攻撃を仕掛けることが可能となった。

日本が前半ほとんど良い形を作れなかった要因は、枚数を後ろに割かざるを得ない状況となり、韓国がそのブロック前でセカンドボールを拾い続けたことが1つ。その他、前線からのプレスやその強度、フィジカルコンタクトなどもあるが、その辺りは映像でも対策を練れていたはずだ。

それ以上に、選手のポジショニングが攻守にわたって上手くハマっていなかった印象があり、修正しきれないまま押し込まれた状態で失点。前半を終えることとなった。

◆可能性を感じさせた相馬勇紀
Getty Images

押し込まれ続け1点を先制された後半、スタートから遠藤渓太に代えて、香港戦で出色の出来を見せた相馬勇紀が投入され、流れを変えにいった。

遠藤と橋岡のウイングバックコンビの場合、なかなか縦に仕掛けるシーンが見られなかった。これは初戦の中国戦も同じであり、攻撃が停滞し、相手を押し込むポジション取りが難しい状況となっていた。

しかし、投入された相馬は香港戦とは逆の左ウイングバックに入っても、その突破力を見せた。縦に仕掛け続ける相馬に対し、韓国のサイドが機能しなくなっていく。

さらに、大島僚太を途中投入したことで、よりサイドを効果的に使う攻撃が加速。相馬だけでなく、田中やシャドーの森島司も動きを取り戻し、日本の時間帯を作っていった。

最後までゴールを割ることができなかったものの、相馬の投入で流れが変わり、大島の投入で加速したことは間違いない。ゴールを奪い切ることができなかったが、相馬が戦える選手であるとわかったことは、東京オリンピック代表にとっては良いニュースと言えるだろう。

そして、相馬のプレー判断も目を見張るものがある。縦への仕掛けをファーストチョイスとしていたが、同サイドのシャドーに入った森島の動きを常に観察。また、中の動きも考え、上田、鈴木がどのポジションにいるかでクロスも変化。さらに、縦に仕掛けるか、カットインにするか、持ち替えて展開するかを使い分けていた。突破力に目が行きがちだが、相馬の考える力と選択する力は大きな収穫だろう。

◆五輪への強化か、A代表の底上げか
Getty Images

今回の大会は、Jリーグ終了直後に行われたというエクスキューズもあり、海外組がいない中でのベストメンバーが組めたかというと、決してそうではない。

そのため、半数以上が東京オリンピック世代の選手となり、代表キャップのない選手が多く集まることとなった。

しかし、それは他国も同じ。香港こそベストに近いメンバーを組んだが、韓国も1.5軍、中国は2軍という状況。戦力や日程での差はないと言っても良いだろう。

一方で、この大会の位置付けは「経験と底上げ」というワードをメンバー発表時に出していた森保監督。大会の位置付けは難しく、どういった位置付けにしたか本当のところは分からないが、「試合の中で戦える選手、プレッシャーのかかった中で自分の良さを、チームのコンセプトを勇気を持ってチャレンジできる選手が分かったことは収穫」と語ったように、メンバー選考へのヒントは手にしたようだ。

東京オリンピック世代は、来年1月にAFC U-23選手権が控えている。東京オリンピックの予選を兼ねている大会だけに、日本以外の国の本気度は計り知れない。一方で、予選ではない日本としても、アジアの中で本気の相手にどこまで戦えるかを測るチャンスではある。本大会になれば世界の強豪が集い、トップクラスのクラブでプレーする選手も多く出場するだけに、レベルの高さはアジアの比ではないだろう。

11月のU-22コロンビア代表戦では、久保建英や堂安律を擁しながらも、コロンビアの前に完敗。残り半年余りでどのようなチームに仕上げていくのか。今回のE-1選手権で、森保監督の中にどれだけ手応えがあったかはわからないが、反省材料も多く、この先の残された少ない時間で、修正する力、そして選手は自身の能力を上げる必要がある。

何れにしても、まずは来年1月のAFC U-23選手権の戦いが重要。メンバー選考を含め、アジアで頂点に立つ戦いをしっかりと見せてもらいたい。そして、3月に控えるA代表の試合に向けても、どのような準備をするのか。東京オリンピック世代も含まれるかどうかは定かではないが、チームとしての精度を上げていくステップをそろそろ踏み出したいところだ。
《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》
コメント