ベントナーがコペンハーゲンとの短期契約を満了、1月にフリーに

2019.12.17 20:40 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
コペンハーゲンは17日、元デンマーク代表FWニクラス・ベントナー(31)と12月31日までとなっている契約を更新しないことを発表した。アーセナルやサンダーランド、ユベントスやヴォルフスブルクなど様々なクラブを渡り歩いたベントナーは、今年9月にローゼンボリからユース時代を過ごしたコペンハーゲンに移籍。しかし、出場した試合は13試合に留まり、ゴールは3点のみとなった。

退団に際し、ベントナーはクラブの公式サイトで本拠地テリア・パルケンでゴールすることが夢だったと語りながらも、もっと良く出来たはずだったと無念の思いを口にした。

「コペンハーゲンのユニフォームでプレーし、フットボーラーとしての夢だったテリア・パルケンでゴール出来たことを誇りに思う」

「もっと多くのプレーし、より長くここに居られることを願っていたんだけどね。でもストーレ(・ソルバッケン)監督の決めたことを尊重するし、ここに来たことにも後悔してない」

「クラブの皆に感謝を伝えたい。そして素晴らしいファンにもね。彼らの歓迎にはとても感動したよ」

「今は将来について真剣に考え、フットボーラーとして新しい冒険に出るか、それとも人生の新しい冒険を始めるか決めたいと思う」
コメント
関連ニュース
thumb

柴崎岳所属のレガネスが元ウルグアイ代表FWサントスをレンタルで獲得、昨季はELでも2ゴール

柴崎岳が所属するレガネスは14日、コペンハーゲンから元ウルグアイ代表FWミカエル・サントス(27)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ウルグアイのリーベル・プレートでキャリアをスタートしたサントスは、2016年7月にマラガへと完全移籍。2017-18シーズンはスポルティング・ヒホンへレンタル移籍すると、2018-19シーズンはレガネスにレンタル移籍。2019年8月にコペンハーゲンへと完全移籍していた。 レガネス在籍時には公式戦16試合で1ゴール3アシストを記録。2019-20シーズンはコペンハーゲンで公式戦36試合に出場し9ゴール4アシスト。ヨーロッパリーグでも9試合に出場し2ゴールを記録。チームのベスト8入りに貢献していた。 ウルグアイ代表として2試合に出場したことのあるサントスは、背番号「23」を着用する。 2020.09.15 09:05 Tue
twitterfacebook
thumb

B・フェルナンデスのPK弾で120分の激闘を制したユナイテッドがベスト4進出!《EL》

マンチェスター・ユナイテッドは10日、ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝でコペンハーゲンと対戦し、1-0で勝利した。 新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で中立地ドイツでの一発勝負形式に変更となった異例の短期トーナメントとなったEL。この試合もケルンの本拠地ライン・エネルギエ・シュタディオンで開催された。 ラウンド16でリンツを2戦合計スコア7-1で下したユナイテッドは、5日に行われた2ndレグから先発メンバーを6人変更。イガロやマタ、リンガードらに代えてマルシャルやラッシュフォード、ブルーノ・フェルナンデス、ポグバらが先発に名を連ねた。 一方、トルコ王者イスタンブール・バシャクシェヒルとのラウンド16を2戦合計3-1で突破したコペンハーゲンは、2ndレグからは先発メンバーを2人変更。2ndレグで2ゴールのウインドやファルク、元ユナイテッドのDFバレラらが先発に起用された。 比較的静かな立ち上がりとなった中、コペンハーゲンは15分にアクシデント。ボイレセンがピッチに座り込み交代を要求。ベングソンが緊急投入された。 早い時間に交代カードを使ったコペンハーゲンだが、直後にチャンスを迎える。17分、敵陣でパスカットしたウインドが素早く縦のダラミーに供給。ボックス内で粘ったダラミーのシュートが相手DFに当たると、こぼれ球をステージがボレーシュートで合わせたが、これも守備に戻ったポグバのブロックに阻まれた。 ピンチを凌いだユナイテッドは21分、左クロスをファーサイドのマグワイアが頭で折り返すと、マルシャルのフリックしたボールを最後はゴール左手前に走り込んだブルーノ・フェルナンデスが頭で合わせたが、これは枠の上に外した。 クーリングブレーク以降はユナイテッドが押し込む展開となるが、アタッキングサードでの正確性を欠き、フィニッシュまで持ち込めない状況が続く。このまま前半終了かと思われたが、ユナイテッドは前半終了間際に最大のチャンスを迎える。 45分、相手GKのロングフィードをマグワイアが弾き返すと、ラッシュフォードが頭で前線のスペースへ。これに反応したグリーンウッドがボックス右からシュートを流し込んだが、VARの末にオフサイドを取られ、ゴールは取り消された。 ゴールレスで迎えた後半、最初のチャンスはユナイテッドに生まれる。57分、ボックス左でボールを受けたグリーンウッドが左足を振り抜くと、強烈なシュートが右ポストを直撃。この跳ね返りをラッシュフォードが押し込んだが、これはオフサイドの判定でノーゴールとなる。 さらに63分には、ボックス右手前でパスを受けたB・フェルナンデスがDFのチェックに掛かる前に素早くミドルシュートを放ったが、これも左ポストに嫌われた。 後半もコペンハーゲンの中央を締める守備に苦戦するユナイテッドは、70分にフレッジとバイリーを下げてマティッチとリンデロフを投入。すると84分、バイタルエリア左でロストボールを拾ったマルシャルがカットインからコントロールショットを放つったが、これはGKヨンソンの好セーブに防がれた。結局、90分では決着がつかず試合は延長戦に突入した。 延長前半、ユナイテッドはグリーンウッドを下げてマタを投入。すると94分、ラッシュフォードの縦パスをボックス左で受けたマタが素早いターンから折り返しを入れると、中央で待ち構えていたマルシャルがA・ビランドに倒され、PKを獲得。このPKをB・フェルナンデスがゴール左に突き刺し、ユナイテッドが待望の先制点を奪った。 さらにユナイテッドは、延長前半終了間際にも左CKの流れからリンデロフに決定機が訪れたが、シュートは右ポストを直撃した。 延長後半はユナイテッドがコペンハーゲンの猛攻を受けたが、集中した守りでこれをシャットアウト。結局、B・フェルナンデスのPK弾で逃げ切ったユナイテッドがコペンハーゲンを下してベスト4進出を決めている。 2020.08.11 06:40 Tue
twitterfacebook
thumb

シャフタールとコペンハーゲンがベスト8進出《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16の2ndレグが5日に行われ、シャフタールvsヴォルフスブルクは3-0でシャフタールが勝利し、2戦合計スコアを5-1としたシャフタールがベスト8進出を決めている。 3月12日に行われた1stレグではシャフタールが敵地で2-1と先勝していた一戦。静かな入りとなった中、シャフタールは13分にパトリックのミドルシュートでオンターゲットを記録した。 ここはGKカスティールスにセーブされたシャフタールは、その後も押し気味に試合を進めたが、ゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半、シャフタールが攻勢に出ていたが、68分に退場者を出してしまう。ディフェンスライン背後を突かれ、クリフツォフがジョアン・ビクトールを倒してしまった。 それでもヴォルフスブルクも70分にブルックスが2枚目のイエローカードを受けて10人に。勝ち上がりのためには2点が必要なヴォルフスブルクは意気消沈し、終盤にかけてもチャンスを作れず。 するとシャフタールが最終盤にジュニオール・モラエスの2ゴールとソロモンにゴールが生まれ、終わってみれば3-0で勝利。ベスト8進出を決めている。 また、コペンハーゲンvsイスタンブールBBSKは3-0でコペンハーゲンが勝利し、2戦合計スコアを3-1としたコペンハーゲンが勝ち上がっている。 開始4分にサイド攻撃から最後はウインドがヘディングシュートを決めてコペンハーゲンが先制すると、後半にもウインドがPKを決めるなど2ゴールを加えたコペンハーゲンが快勝している。 2020.08.06 03:51 Thu
twitterfacebook
thumb

ブンデスに続いて…デンマーク・スーペルリーガが28日から再開へ

デンマーク・スーペルリーガは11日、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で中断を強いられているリーグ戦を28日に再開することを発表した。 世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス。デンマークでは感染者数が9300人以上、死者数が460人程度と伝えられている。 先日には学校が一部再開されるなど、感染拡大を抑えるために講じてきた措置を徐々に緩和していくとの政府発表もあり、日常生活を取り戻す動きが出てきている。 ヨーロッパでは、ベルギー、オランダ、フランスがリーグ打ち切りになった一方で、ブンデスリーガが16日から再開決定。また、イングランド、スペイン、イタリアではピッチを使った個別トレーニングも再開している状況だ。 この状況下においてスーペルリーガは3月初旬以降、約2カ月に渡って一時中断を強いられていたものの、無観客で再開することが決定。残り2節(一部は3節)となっているレギュラーシーズンは6月7日に終了。その後のプレーオフを含め、7月26日に全日程を終わらせる予定とのことだ。 リーグ再開に当たり、ディレクターを務めるクラウス・トムセン氏はその喜びをあらわにしている。 「スーペルリーガを再びデンマークに提供できることを本当に楽しみに思っている。我々は地方との同意の後再開し、二つのラウンドを終えた後、最もリーグが激しい期間に入る。第26節はデンマークのスポーツにおいてもドラマティックな一つであり、すべての試合が同時に行われる」 全14クラブが参加しているスーペルリーガでは、レギュラーシーズン終了後、上位6チームがチャンピオンシップラウンドに、下位8チームが2つに分かれるラウンドを実施。チャンピオンシップラウンドはホーム&アウェイの総当たりとなり、首位のチームはチャンピオンズリーグ(CL)の予選2回戦に、2位のチームはヨーロッパリーグ(EL)の予選2回戦、3位のチームは国内リーグのプレーオフに回る。 下位8チームは、7位、10位、11位、14位と8位、9位、12位、13位の2つのグループのに分かれてホーム&アウェイで6試合ずつを行い、上位2チームずつがELの国内プレーオフに進出。勝者はチャンピオンシップラウンドの3位チームと対戦し、勝者がELの予選1回戦に出場する。なお、会の2チームずつは降格プレーオフに進むこととなる。 今シーズンは、ミッティランが勝ち点62位で首位、2位にコペンハーゲン(勝ち点50)、3位にAGF(勝ち点40)となっている。 2020.05.12 18:55 Tue
twitterfacebook
thumb

喜び過ぎて警官に暴行容疑…コペンハーゲンFWに3試合の出場停止処分

コペンハーゲンは15日、元ウルグアイ代表FWミカエル・サントス[写真左]が出場停止処分を受けたことを発表した。 問題となっているのは、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・2ndレグのセルティック戦の出来事。ミカエル・サントスはこの試合の行為で欧州サッカー連盟(UEFA)から3試合の出場停止処分を受けることとなった。 1stレグを1-1で終えていたコペンハーゲンだったが、この2ndレグでミカエル・サントスは先制ゴールを記録。その後、点を取り合い、1-3でコペンハーゲンが勝利していた。 この試合の2点目が決まった際、コペンハーゲンの選手とスタッフは大喜び。その際に、スタジアムにいた警官への暴行容疑がかけられ、スコットランド警察から起訴。ミカエル・サントスが警官を押し倒していたとされている。 コペンハーゲンは声明の中でこの処分は厳しすぎるとし、UEFAへ書面を依頼しているとしている。 「ミカエル・サントスは、セルティック・パークで2-1とした時のセレブレーションで、係員と衝突し、3試合の出場停止処分を受けました」 「コペンハーゲンは、衝突した際の状況を考慮すると、このペナルティは厳しすぎると考えています。そのため、今回、この措置に異議を申し立てるべきかどうかを判断するため、制裁に対する書面での声明をUEFAへ依頼しました」 ミカエル・サントスは、2019年8月にマラガから完全移籍で加入。今シーズンはデンマーク・スーペルリーガで18試合に出場し7ゴール3アシスト、ヨーロッパリーグで9試合に出場し2ゴールを記録していた。 2020.04.16 09:45 Thu
twitterfacebook