ガットゥーゾ初陣ナポリ、AT被弾で敗れ8戦勝利なし《セリエA》

2019.12.15 04:34 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナポリは14日、セリエA第16節でパルマをホームに迎え、1-2で敗れた。

前節ウディネーゼ戦を低調な内容で引き分け、リーグ戦7試合勝利のない7位ナポリ(勝ち点21)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグのヘンク戦を制し、決勝トーナメント進出を決めた。しかしその試合直後、アンチェロッティ監督の解任が発表され、翌日にガットゥーゾ監督の就任が発表された。そのナポリは同勝ち点で並ぶパルマに対し、ヘンク戦のスタメンからメルテンスに代えてインシーニェのみを変更した。

アンチェロッティ前監督が採用していたフラットな[4-4-2]から[4-3-3]に変更したナポリは開始4分に失点する。クリバリが簡単にクルセフスキに入れ替わられ、ボックス左まで侵入されてシュートを蹴り込まれた。

このプレーで足を負傷したクリバリがプレー続行不可能となり、ルペルトを投入したナポリが押し込む展開となる中、24分に同点のチャンス。マリオ・ルイのスルーパスでボックス左に抜け出したジエリンスキがシュート。だが、枠を捉えきれなかった。

さらに33分、ミリクの絶妙なスルーパスに抜け出したインシーニェがボックス中央からスライディングシュートに持ち込んだが、このシュートも枠を捉えきれなかった。

1点ビハインドで迎えた後半、ナポリが引き続き押し込む展開とした中、58分に決定機。左サイドからインシーニェが直接FKでGKを強襲した。

その後、63分にアランに代えてメルテンスを投入したナポリは、1分後に追いつく。そのメルテンルが右サイドからクロスを上げ、ミリクがヘッドで押し込んだ。

70分にジェルビーニョのシュートをGKメレトがファインセーブで阻止したナポリは、終盤にかけて逆転ゴールを目指して圧力をかけ続けたもののゴールは奪えない。

すると追加タイム3分、ロングカウンターを受けてジェルビーニョにゴールを許し万事休す。ガットゥーゾ監督の初陣を飾れず敗戦し、リーグ戦8試合勝利なしとなった。
コメント
関連ニュース
thumb

「ポテンシャルだけでは足りない」強いナポリ復活に燃える闘将ガットゥーゾ監督

ナポリのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が、好調のチームの更なる課題について話した。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 5日、セリエA第30節のナポリvsローマに行われ、イタリア代表FWロレンツィオ・インシーニェと元スペイン代表FWホセ・カジェホンらのゴールでナポリが2-1で勝利した。5位ローマとの直接対決を制した6位ナポリは勝ち点48で並んでいる。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆ナポリのエース、インシーニェのベストゴール集!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIxWHZGUlVzSyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 昨年12月に前任者のカルロ・アンチェロッティ監督の解任を受けてナポリの指揮官に就任したガットゥーゾ監督。就任当初こそチームの立て直しに苦労したものの、徐々に調子を上げ、再開後はコッパ・イタリアで優勝。リーグ戦でも再開後は3勝1敗と勝ち点を積み上げている。 ローマ戦後にインタビューに応えたガットゥーゾ監督は、最近の好調に秘密がある訳ではなく、地道な努力の賜物であるとしつつ、チームの更なる課題について語った。 「(復調の)秘訣などない。我々は既に強いチームを持っており、選手たちにそれを気付かせている必要があるだけだ。コッパ・イタリアの後に選手たちには、我々は口ばかり動かすことを減らし、行動を増やさなければならないと話した」 「ここにいる選手の多くは来シーズンもここに残る。我々は勝者のメンタリティをチーム内に持たなければならないし、自分自身のことではなく、集団として、チームのことを考えなければならない」 「ナポリはここ数年、次のステージに進んだ時に足踏みをしてしまうチームだ。メンタルの面で弱さがあり、私はそこを改善する必要がある。選手たちは1日1日改善し、強くなり続けなければならないということを認識しなければならない。なぜなら強くなれるポテンシャルがあるというだけでは足りないからだ」 「ボールを回すことは上手くできるが、時にはインシーニェであっても守備のために後ろに戻らなければならない。多くの選手がそれを嫌うが、それを受け入れる他ない。それが今チームに求められている戦い方だからだ」 2020.07.06 16:45 Mon
twitterfacebook
thumb

インシーニェの左45度弾でナポリがローマとの太陽ダービーを制す《セリエA》

セリエA第30節、ナポリvsローマが5日に行われ、2-1でナポリが勝利した。 前節アタランタに敗れた6位ナポリ(勝ち点45)と、ウディネーゼに敗れた5位ローマ(勝ち点48)による太陽ダービー。 5バックで臨んできたローマに対し、ナポリがポゼッションする展開で立ち上がる。すると11分、カウンターに転じた流れからボックス右に侵入したファビアン・ルイスが右足でGK強襲のシュートを放った。 守勢の入りとなったローマもムヒタリアンやペッレグリーニのシュートで牽制していたが、28分にアクシデント。スモーリングが負傷し、ファシオとの交代を強いられた。 すると33分、ナポリに決定機。マリオ・ルイの左クロスにミリクがヘッドで合わせ、シュートはバーを直撃した。 ここからハーフタイムにかけて再びナポリがポゼッションを高める展開となったが、ゴールは生まれず前半を0-0で終えた。 後半もナポリが押し込む時間が続く中、55分に均衡を破る。マリオ・ルイのアーリークロスにカジェホンがスライディングボレーで合わせた。 しかし60分、ローマがすかさず追い付く。ムヒタリアンがドリブルで持ち上がり、ボックス手前中央から右足を一閃。鋭いシュートがゴール左隅に決まった。 ナポリは失点を受けてミリクに代えメルテンスを投入。対するローマはクライファートに代えて長期離脱していたザニオーロを投入した。 すると終盤の82分、ナポリに勝ち越しゴールが生まれる。インシーニェが得意の左45度の位置からゴール右上を狙うと、見事ネットに吸い込まれた。 これが決勝点となってナポリが勝利。太陽ダービーを制している。 2020.07.06 06:41 Mon
twitterfacebook
thumb

伏兵パシャリッチ&ゴセンズ弾でアタランタがナポリ撃破!怒涛の7連勝《セリエA》

セリエA第29節、アタランタvsナポリが2日に行われ、2-0でアタランタが勝利した。 4日前に行われた前節ウディネーゼ戦を勝利し、チャンピオンズリーグ出場圏内である4位の座をがっちりとキープしたアタランタ(勝ち点57)は、ウディネーゼ戦のスタメンから2選手を変更。マリノフスキーとハテボエルに代えてデ・ルーンとゴセンズを起用した。 一方、SPALに3-1と快勝した6位ナポリ(勝ち点45)は、CL出場へ12ポイント差のアタランタ相手に必勝が求められる中、メルテンス、インシーニェ、ポリターノの3トップで臨んだ。 ナポリが良い入りを見せた中、徐々にポゼッションを高めたアタランタは16分にアレハンドロ・ゴメスの左足ミドルでゴールに迫った。 その後、相手選手との接触によりオスピナがプレー続行不可能となったナポリは30分にメレトを投入。 そのナポリがハーフタイムにかけてはポゼッションを再び高めたものの、チャンスを生み出すには至らずゴールレスで前半を終えた。 それでも迎えた後半、開始2分にアタランタが先制する。敵陣高い位置でボールを奪い返すと、アレハンドロ・ゴメスの右クロスからパシャリッチが頭で押し込んだ。 さらに55分、流れの中から上がっていたトロイのシュートをボックス左で拾ったゴセンズがシュートを蹴り込み、アタランタに追加点が生まれる。 2点を追う展開となったナポリはメルテンスとインシーニェに代えてミリクとロサーノを投入。そのナポリが前がかっていくも、終盤にかけては守備に徹したアタランタが2-0で勝利。中断を挟んで7連勝としている。 2020.07.03 04:33 Fri
twitterfacebook
thumb

ナポリがオシムヘン獲得に96億円オファー! 交渉のためにイタリア入り

ナポリがナイジェリア代表FWビクター・オシムヘン(21)獲得に向けて大金を用意しているようだ。フランス『レキップ』が報じている。 伝えられるところによると、現在オシムヘンはナポリとの交渉のためにイタリア入りしており、ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督と会う予定となっている。さらにナポリは、リール側に破格の8000万ユーロ(約96億5000万円)のオファーを提示したようだ。 今シーズンにシャルルロワから加入したオシムヘンは、打ち切りとなったリーグ・アンにおいて27試合13ゴール5アシストという成績を残し、ビッグクラブの注目の的に。バルセロナやレアル・マドリー、マンチェスター・ユナイテッドなど錚々たるクラブが争奪戦を繰り広げていると言われる中、具体的なオファーを出したのは現状でナポリだけだという。 また、イタリアのメディアからはナポリとオシムヘンが個人合意に達したとの報道もあったが、『レキップ』によれば未だ決めかねている模様だ。 なお、8000万ユーロでの取引が成立した場合、ナポリにとってはFWゴンサロ・イグアイン獲得に費やした3900万ユーロを大幅に上回るクラブ史上最高額となる。一方、リールは昨夏にもFWニコラ・ペペをアーセナルに8000万ユーロで売却しており、2年連続でのビッグディールが迫っている。オシムヘンを獲得した際の移籍金は1200万ユーロだった。 ナポリ移籍間近と見られている同選手には、現在でもインテルやリバプールが関心を寄せているとされているが、先日のリールを率いるクリストフ・ガルティエ監督の言葉通り、今夏の退団は既定路線のようだ。 2020.07.01 23:30 Wed
twitterfacebook
thumb

【セリエA第29節プレビュー】ユーベとラツィオは火曜に登場、木曜にアタランタvsナポリの好カード!

先週末に行われた前節では首位ユベントスがレッチェに快勝し、2位ラツィオがフィオレンティーナに逆転勝利して4ポイント差が維持された。チャンピオンズリーグ(CL)出場権争いではアタランタが勝利した一方、ローマがミランに敗れたことで9ポイント差に広がっている。火曜から木曜にかけて行われる今節では火曜にユベントスとラツィオが登場し、木曜にアタランタvsナポリの好カードが組まれている。 前節レッチェ戦をFWロナウドとFWディバラの2試合連続アベック弾で快勝したユベントスは、2位ラツィオとの4ポイント差を維持。そのユベントスは17位ジェノアとのアウェイ戦に臨む。難所ルイジ・フェラリスでの試合、残留争いに巻き込まれている相手ということもあり、簡単な試合にはならないことが予想されるが、リーグ再開後復調したC・ロナウドと好調を維持するディバラの活躍で連勝を伸ばしたい。 そしてFWリベリ擁するフィオレンティーナに苦戦を強いられながらもFWインモービレとMFルイス・アルベルトのゴールで逆転勝利したラツィオは、14位トリノとのアウェイ戦に臨む。アタランタ戦での逆転負けを払拭する勝利を手にできた中、モチベーションに欠けるトリノを下してユベントスにプレッシャーをかけたい。 サッスオーロ戦の引き分けに続き、前節パルマ戦も苦戦を強いられた3位インテル。それでも終盤の2発で逆転勝利を飾り、ユベントスとの8ポイント差を維持した。そのインテルは最下位ブレシアとのホーム戦に臨むが、パルマ戦で得た勢いをつなげ、スクデット争い生き残りに懸けたい。 そして木曜にはアタランタvsナポリの好カードが組まれている。FWサパタとFWムリエルのコロンビア人コンビでウディネーゼを下し、ローマとのポイント差を9に広げたアタランタ。2年連続でのCL出場へ大きく近づいた中、コッパ王者のナポリを下して連勝を7に伸ばせるか。 一方、FWメルテンスらのゴールでSPALに3-1と快勝した6位ナポリはアタランタと12ポイント差。逆転でのCL出場権獲得は現実的でなないが、アタランタとの直接対決を制して何とか望みをつなげたい。 吉田との日本人対決を制して5試合ぶりの勝利を飾った冨安の11位ボローニャは、10位カリアリとホーム戦を戦うが、7位までに与えられるヨーロッパリーグ出場権獲得へ連勝で望みをつなげられるか。 一方、4試合ぶりに先発を外れ、味方の負傷により途中出場した吉田の16位サンプドリアは18位レッチェとの残留争いを戦うが、吉田はチームを降格から救う働きを見せられるか。 そして、ミランに敗れてCL出場権獲得が遠のいた5位ローマは15位ウディネーゼとのホーム戦を、ローマを下して再開後2連勝とした7位ミランは19位SPALとのホーム戦を戦う。 ◆セリエA第29節 ▽6/30(火) 《26:30》 トリノvsラツィオ 《28:45》 ジェノアvsユベントス ▽7/1(水) 《26:30》 インテルvsブレシア ボローニャvsカリアリ 《28:45》 ヴェローナvsパルマ レッチェvsサンプドリア フィオレンティーナvsサッスオーロ SPALvsミラン ▽7/2(木) 《26:30》 アタランタvsナポリ 《28:45》 ローマvsウディネーゼ 2020.06.30 18:00 Tue
twitterfacebook