長崎がアトレチコ・ミネイロのルアン獲得か? 今週末にも来日と現地報道

2019.12.11 09:28 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレチコ・ミネイロに所属するブラジル人MFルアン(29)がJリーグクラブ入りするようだ。ブラジル『Hoje em Dia』が伝えた。

かねてから日本行きが噂されるも、アトレチコ・ミネイロが放出を望まずに残留が続いていたルアン。しかし、今週末から日本に行くと報じている。

ルアン自身も、今シーズンの最終節で、チームを離れることを匂わせてたが、どうやらそれは事実とのこと。『Hoje em Dia』によると、行き先はV・ファーレン長崎になり、メディカルチェックとクラブ会長との会談が予定されているようだ。

アトレチコ・ミネイロとルアンの契約は2022年12月までとなっているが、ルアン自身はクラブとの話し合いを終えてから日本に行くことになるようだ。

ルアンは、2013年1月からアトレチコ・ミネイロでプレー。右サイドハーフやトップ下など攻撃的なポジションでプレーするアタッカータイプ。これまで公式戦通算305試合に出場し45ゴールを記録していた。

今シーズンはブラジル・セリエAで28試合に出場し4ゴール1アシストを記録。コパ・リベルタドーレスでは10試合に出場し1ゴール2アシスト、コパ・スダメリカーナでは4試合に出場し1アシストを記録していた。

また、昨夏にはヴィッセル神戸が獲得に動いていたことも報じられており、ついに日本行きが実現することになりそうだ。

V・ファレーン長崎は手倉森誠監督の下、1年でのJ1復帰を目指していたが、今シーズンは12位でフィニッシュ。来シーズンに向け、すでにサガン鳥栖から元コロンビア代表FWビクトル・イバルボ(29)を完全移籍で獲得している。
コメント
関連ニュース
thumb

玉田圭司の今季初ゴールで長崎が首位キープ、大宮は大山の超ロングシュートも土壇場被弾で磐田とドロー《J2》

12日、明治安田生命J2リーグ第11節の11試合が行われた。 前節今シーズン初黒星を喫したV・ファーレン長崎はザスパクサツ群馬を迎えた一戦。 30分、パスをつないで左サイドへ展開すると、亀川が玉田とのワンツーで抜け出すとボックス左からクロス。これをボックス中央で胸トラップした畑がそのまま蹴り込み、長崎が先制する。 さらに41分、センターサークル付近でパスを受けた玉田の縦パスを大竹、畑とつなぎ、最後は右からの米田のグラウンダーのクロスを玉田が中央で合わせて、リードを2点に広げる。 2-0で折り返すと後半は群馬が反撃。77分、群馬は右CKから大前がクロス。これをボックス中央で岡村がヘッドで合わせるが、シュートは枠の左に外れる。 その後も攻め込む群馬は87分、右サイドから左サイドで大きく展開すると、高瀬のボックス左からのクロスを走り込んだ田中がヘッド。これが決まり、群馬が1点を返す。 しかし、長崎は90分に追加点。CKの流れから、最後は米田の高速クロスを毎熊が合わせて追加点。3-1で長崎が逃げ切り、首位をキープした。 4位の大宮アルディージャは6位のジュビロ磐田をホームに迎えた一戦。昇格候補と目される両者の戦いは大宮ペースで進む。 14分には大宮がビッグチャンス。左サイドからのFK。ファーサイドへのクロスを畑尾がヘッドで折り返すと、最後は小島がヘディングで狙うもGK志村がファインセーブで防ぐ。 大宮は奥抜やイッペイ・シノヅカを使って磐田ゴールに迫るも、GK志村の好セーブもありなかなか得点を奪えない。それでも43分、自陣でパスをカットした大山が自陣からロングシュート。前に出ていたGK志村の頭上を越えたシュートは、ゴール中央に突き刺さり、大宮がスーパーゴールで先制する。 大宮リードで迎えた後半は磐田が小川航、ルリーニャを入れて攻勢をかける。それでも大宮の堅い守備を崩せない中60分、カウンターに転じようとした大宮の小島からボールを奪うと、伊藤が左足一閃。アウトにかかったスーパミドルがゴール左に決まり、磐田が同点とする。 その後は互いに攻め手を欠く中、ホームで勝利を目指す大宮は80分に黒川を投入。するとその直後、相手ボールを拾った戸島が右サイドを上がる黒川へ鋭いパス。すると、これをブロックした小川大に当たったボールが磐田ゴールに吸い込まれ、ラッキーなオウンゴールで大宮が勝ち越しに成功する。 さらに90分にはルリーニャが小野に対して故意に蹴りを入れたとして一発退場。ホームで大宮の勝利目前かと思われた中アディショナルタイム5分にドラマが。伊藤のフィードを受けた大森がボックス手前左からクロス。これをボックス中央でルキアンがヘッド。これが決まり、磐田が土壇場で追いつき2-2の引き分けに終わった。 その他、2位の徳島ヴォルティスは13位のFC町田ゼルビアと対戦し、0-1で勝利。3位のギラヴァンツ北九州は11位のツエーゲン金沢と対戦し、2-1で勝利を収めた。 ◆明治安田生命J2リーグ第11節 ▽8/12(水) 大宮アルディージャ 2-2 ジュビロ磐田 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ジェフユナイテッド千葉 3</span>-0 松本山雅FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アルビレックス新潟 2</span>-1 レノファ山口FC 愛媛FC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 モンテディオ山形</span> アビスパ福岡 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 東京ヴェルディ</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ギラヴァンツ北九州 2</span>-1 ツエーゲン金沢 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">V・ファーレン長崎 3</span>-1 ザスパクサツ群馬 FC琉球 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ヴァンフォーレ甲府</span> 京都サンガF.C. 2-2 水戸ホーリーホック <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">栃木SC 2</span>-1 ファジアーノ岡山 FC町田ゼルビア 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 徳島ヴォルティス</span> 2020.08.12 21:40 Wed
twitterfacebook
thumb

徳島が首位長崎に初黒星をつけて2位浮上!ウタカ4発の京都が山形とのシーソーゲームを制す《J2》

8日、明治安田生命J2リーグ第10節の9試合が行われた。 3位の徳島ヴォルティスvs首位のV・ファーレン長崎の一戦は3-1で徳島が勝利した。 今シーズン無敗の長崎をホームに迎えた徳島。試合は開始早々に動く。1分、ドリブルで持ち込んだ渡井のスルーパスに垣田が反応。GKが飛び出す中、冷静に流し込んで徳島が先制する。 首位の長崎相手に幸先良いスタートを切った徳島。その後も杉森、垣田、西谷と前線の選手が躍動するも、追加点を奪うことができない。 1-0で前半を折り返した徳島だが、50分に追加点。左からのFKを藤田がゴール前にクロス。これをGK高木和がファンブルすると、内田が蹴り込み徳島が追加点を奪う。 さらに56分には自陣でボール奪うとカウンター。渡井がドリブルで中央を持ち上がると、相手DFの対応を見て自らシュート。ゴール右隅に決まり、リードを3点と広げる。 今季初の複数失点を喫している首位の長崎は、攻め手を見つけることができない。それでも77分、秋野のスルーパス受けた大竹がボックス内から豪快に決めて1点を返す。 しかし、その後も徳島が試合をコントロール。結局そのまま試合は終了し、長崎が今季初黒星。徳島は連勝で2位に浮上した。 2位の大宮アルディージャはアウェイで6位のアルビレックス新潟と対戦。試合は1-1の引き分けに終わった。 試合は5分、パスを受けた富山がポストプレーからライン裏へパス。これに反応した奥抜がGKより先に追いつくと、ループシュートを決め、大宮が幸先よく先制する。 12分には右サイドからのクロスをファーサイドで富山がヘッドで折り返すと、フリーの奥抜がフリーでヘッド。しかし、これはクロスバーに嫌われる。 前半は大宮の集中したプレスの前に新潟が成す術なく。最前線のシルビーニョにボールが収まらない展開が続く。 それでも26分、左CKから崩すと、最後はクリアボールをロメロ・フランクが豪快にシュート。これがネットに突き刺さり、新潟が同点に追いつく。 1-1で迎えた後半は新潟ペースに。大宮のプレスも徐々に弱まったことで、攻め込むが、フィニッシュの精度を欠いてしまう。 対する大宮も集中した守備からチャンスを逃さずに攻め込むが、こちらも追加点が奪えず。最後までゴールを奪えず、1-1の引き分けに終わった。 その他、モンテディオ山形と京都サンガF.C.の試合は壮絶な打ち合いに。シーソーゲームとなる中、京都FWピーター・ウタカが1人で4ゴールを奪い、3-4で京都が逆転勝利を収めた。 また、ツエーゲン金沢vs愛媛FCは金沢が4-3で勝利。愛媛は3点を先行したものの、金沢が後半に4ゴールを記録。最後はオウンゴールで決着がついた。 ◆明治安田生命J2リーグ第10節 ▽8/8(土) 東京ヴェルディ 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 FC琉球</span> アルビレックス新潟 1-1 大宮アルディージャ モンテディオ山形 3-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 京都サンガF.C.</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ツエーゲン金沢 4</span>-3 愛媛FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ジュビロ磐田 2</span>-1 松本山雅FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ファジアーノ岡山 3</span>-1 水戸ホーリーホック レノファ山口FC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 栃木SC</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">徳島ヴォルティス 3</span>-1 V・ファーレン長崎 アビスパ福岡 2-2 ヴァンフォーレ甲府 ▽8/9(日) 《19:00》 ザスパクサツ群馬 vs ギラヴァンツ北九州 FC町田ゼルビア vs ジェフユナイテッド千葉 2020.08.08 21:16 Sat
twitterfacebook
thumb

長崎DF米田隼也が一般女性と結婚「温かく幸せな家庭を築いていきたい」

V・ファーレン長崎は4日、DF米田隼也(24)の結婚を発表した。 クラブの発表によると、米田は6月12日に結婚。お相手は一般女性とのことで、プロフィール等の公表は差し控えるとのことだ。 米田はクラブを通じてコメント。喜びを露わにした。 「私ごとですが、この度入籍しましたので、ご報告させていただきます。これからの人生をともに歩むパートナーと、温かく幸せな家庭を築いていきたいと思っています。そして、より一層責任感を持ち、チームのJ1昇格に貢献します。これからも応援よろしくお願いします!」 2020.08.04 15:40 Tue
twitterfacebook
thumb

垣田のゴールで徳島が5勝目で3位浮上! 注目の大宮vs福岡はコロナ感染の疑いで中止に《J2》

明治安田生命J2リーグ第9節の9試合が2日に行われた。 鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムで行われた徳島ヴォルティスvsモンテディオ山形は1-0で徳島が勝利した。 序盤から攻め込んだのはホームの徳島。まずは8分、ピッチ中央から渡井がロングボールを送ると、垣田がボックス右でチャンスに。上手くコントロールしてシュートに繋げたが、体を投げ出したDFにブロックされてしまった。23分のセットプレーでの場面では、垣田がネットを揺らしたがオフサイド。さらに31分には、相手のマークを華麗に躱した小西のサイドチェンジが左の西谷に通ると、ボックスに侵入しシュート。ポストに直撃して跳ね返ったところを今度は垣田が流し込みにかかるが、枠に飛ばすことができなかった。 後半も垣田を中心に攻勢を続ける徳島。ヘディングシュートがクロスバーに嫌われるなどなかなか成果が出なかったが迎えた74分、味方とのワンツーでボックス左に侵入した西谷のグラウンダーのクロスを垣田が押し込んで、ようやく試合を動かした。 しかし、後半からは山形も底力を見せ、徳島のゴールに襲いかかる。アディショナルタイムには中村駿や渡邊がゴールに迫るが、GK上福元の好守もありネットを揺らせず試合終了。1点のリードを守り切った徳島が5勝目を挙げ、3位に浮上した。 トランスコスモススタジアム長崎で行われたV・ファーレン長崎vs東京ヴェルディは0-0の引き分けに終わった。 アウェイの東京Vがポゼッションを高めていく中、長崎は18分、相手のCKを跳ね返しカウンターへ移行。富樫が持ち上がり、右の澤田に展開。ボックス右に侵入した澤田が折り返すと、こぼれ球をファーサイドにいた名倉がシュート。枠を捉えていたがGKマテウスに右手一本で弾かれた。東京ヴェルディも27分、ダイレクトパスを繋いで右サイドを攻略し、森田がマイナスのクロスを供給。中で待っていた井出が右足で合わせたが、惜しくも枠の左に外れた。 後半から2人入れ替えた東京V。49分にCKから井上がシュートをを放つなど攻勢を続けるものの、なかなかチャンスに結びつかない。長崎もフレッシュな選手を投入し、82分にはCKから毎熊がヘディングシュート。後半アディショナルタイムにもCKのチャンスを迎えるが、最後までネットを揺らせず試合終了。0-0のゴールレスドローに終わった。 そのほか、ジェフユナイテッド千葉vsザスパクサツ群馬では、小島が後半アディショナルタイムに決勝点を挙げた群馬が土壇場で勝利し、2勝目を挙げている。 なお、大宮アルディージャ vs アビスパ福岡は、福岡の選手に新型コロナウイルスの陽性の疑いがあったため、急遽試合中止となった。 ◆明治安田生命J2リーグ第9節 ▽8/2(日) 栃木SC 0-0 アルビレックス新潟 ヴァンフォーレ甲府 1-1 レノファ山口FC 松本山雅FC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ギラヴァンツ北九州</span> V・ファーレン長崎 0-0 東京ヴェルディ <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">京都サンガF.C. 1</span>-0 FC町田ゼルビア <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">水戸ホーリーホック 3</span>-2 ツエーゲン金沢 ジェフユナイテッド千葉 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ザスパクサツ群馬</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">徳島ヴォルティス 1</span>-0 モンテディオ山形 愛媛FC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ジュビロ磐田</span> ▽8/1(土) ファジアーノ岡山 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 FC琉球</span> ※中止 大宮アルディージャ vs アビスパ福岡 2020.08.02 21:17 Sun
twitterfacebook
thumb

長崎が止まらない!京都との上位対決を制し、無敗6勝目!《J2》

25日、明治安田生命J2リーグ第7節が各地で行われた。 今節の注目はV・ファーレン長崎vs京都サンガF.C.の上位対決。開幕から5勝無敗で勝ち点を伸ばす首位の長崎と、第2節以降は無敗で3位に食い込んでいる京都の一戦だ。 序盤から試合を支配するのはホームの長崎。開始2分に敵陣右サイド中央でFKを得ると、秋野のクロスをフレイレがヘディングシュート。地面に叩きつけた惜しいシュートだったが、GK若原に止められる。 その後もイバルボが高い位置をキープし次々と攻撃の形を作る長崎は29分、左のハーフスペースから上げた澤田の右足クロスを富樫が頭で流し込み先制に成功した。前半アディショナルタイムには富樫が長崎追加点のチャンスを迎えるが、GK若原の動きを冷静に読んだチップキックは、戻ってきたヨルディ・バイスに寸前のところでクリアされてしまう。 長崎は2分の決定機の際に左肩を負傷していたフレイレが続行不可能となり後半から入れ替え。だが、多少のアクシデントは長崎勢いを止めるには至らず、後半もGK徳重の好セーブもありリードを守って進めていく。 そんな中86分に絶体絶命のピンチが訪れる。自陣で庄司にボールを奪われ、ゴール方向へ走り込むピーター・ウタカに決定機。ウタカは確実に仕留めようとゴール前の野田に回したが、ここでプレッシャーをかけたのが、フレイレとの交代で入った徳永だった。徳永が素早く圧力をかけたことで、野田のシュートはポストに直撃。これで1点を守り切った長崎が勝利を収め、6勝目を挙げた。 また、今節の注目試合の一つとなったジュビロ磐田vs徳島ヴォルティスは、アウェイの徳島が2-0で勝利した。 試合は立ち上がり7分に動く。徳島の右CKのシーン、藤田がアウトスイングのクロスを入れると、走り込んだ清武がフリーでヘディングシュート。これが決まって徳島が先制した。さらに22分には、内田のシュートが相手の腕に当たりPKを獲得。これを岩尾が決めて追加点を挙げた。 磐田もセットプレーから何度かシュートにつなげるが、相手GKを脅かすには至らない。後半半には一度に3枚替えに打って出るも、最後まで徳島のネットを揺らすことができずに試合終了。勝利した徳島は3位に浮上した。 なお、2位には松本山雅FCを戸島のゴールで破った大宮アルディージャが浮上。3試合ぶりの白星だった。 ◆明治安田生命J2リーグ第7節 ▽7/25(土) 東京ヴェルディ 0-0 モンテディオ山形 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 2</span>-1 ジェフユナイテッド千葉 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アルビレックス新潟 1</span>-0 水戸ホーリーホック <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">大宮アルディージャ 1</span>-0 松本山雅FC ジュビロ磐田 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 徳島ヴォルティス</span> 愛媛FC 1-1 FC琉球 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アビスパ福岡 1</span>-0 ファジアーノ岡山 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ギラヴァンツ北九州 2</span>-0 レノファ山口 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">V・ファーレン長崎 1</span>-0 京都サンガF.C. ▽7/26(日) ザスパクサツ群馬 vs ツエーゲン金沢 FC町田ゼルビア vs 栃木SC 2020.07.25 21:27 Sat
twitterfacebook