優勝迫る横浜FM、守備の要チアゴ・マルチンスをパルメイラスから買い取りか?

2019.12.02 22:13 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
パルメイラスからレンタル移籍中のDFチアゴ・マルチンス(24)だが、横浜F・マリノスへ完全移籍する可能性があるようだ。ブラジル『Boa Informação』が伝えた。チアゴ・マルチンスは、パルメイラスの下部組織で育ち、2018年8月に横浜FMへとレンタル移籍で加入した。加入1年目の2018シーズンは、明治安田生命J1リーグで13試合に出場。YBCルヴァンカップでは4試合、天皇杯では1試合に出場していた。

2年目となった今シーズンは、卓越したスピードと、それを生かした守備範囲の広さで横浜FMの欠かせない存在に。J1では32試合に出場し、2004以来となる15年ぶりのリーグ優勝まであと一歩に迫ったチームに大きく貢献している。

そんなチアゴ・マルチンスは、2020年1月一杯の契約でパルメイラスから期限付き移籍中だが、どうやら完全移籍に向けた動きがあるようだ。

『Boa Informação』によると、チアゴ・マルチンスの移籍に向け、横浜FMはパルメイラスが保有する30%を850万ブラジルレアル(約2億2000万円)で買い取ったとのこと。レンタル移籍中の選手リストから外れ、これにより完全移籍となると報じている。

アンジェ・ポステコグルー監督の下で攻撃的サッカーに変貌を遂げ、15年ぶりのリーグタイトルに近づいている横浜FM。チアゴ・マルチンスが完全移籍となれば、来シーズンのタイトル争いも見えてくるだろう。
コメント
関連ニュース
thumb

横浜FM、上海上港に競り負けて今季初黒星…決勝T進出はお預けに《ACL》

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020のグループH第4節、横浜F・マリノスvs上海上港(中国)がアル・ジャヌーブ・スタジアムで行われ、上海上港が1-2で勝利した。 横浜FMは25日に行われた第3節で上海上港を相手にGKオビ・パウエル・オビンナの値千金のPKストップ、天野の劇的決勝弾により1-0の勝利。カタールに戦いの場を移した中、会心の3連勝を飾った。 そして、中2日での連戦では再び上海上港と対峙し、グループステージ4連勝での決勝トーナメント進出を狙った。前節からはGKオビ、和田、前田を除く先発8人を入れ替え、前線はオナイウ阿道、前田、仲川の3トップとなった。 立ち上がりはアグレッシブな入りを見せて押し込む形となった横浜FMだが、セットプレーの流れから先手を奪われる。14分、相手の左CKの場面で二次攻撃から左サイドのチェン・ビンビンに鋭いクロスを入れられると、これをゴール前でDF2枚に競り勝ったカイ・フイカンに頭で決められた。 先制を許す展開となったものの慌てない昨季Jリーグ王者はすぐさま追いつく。21分、松原からの縦のスルーパスに抜け出した仲川がボックス右まで運んで丁寧な折り返しを供給。これをゴール前に走り込んだオナイウが冷静に左足で流し込んだ。 1-1のイーブンに戻った試合はここからややこう着状態に陥る。前回対戦同様に横浜FMが質の高いボール保持、前からの圧力で主導権を握るが、最後の場面で決め切ることができなかった。 迎えた後半、より勝利がほしい上海上港はムーイ、オスカルらハーフタイム明けに3人を投入。すると、横浜FMは交代策で流れを引き寄せた相手に勝ち越しゴールを奪われてしまう。55分、右サイドから斜めのドリブルを仕掛けたリカルド・ロペスにボックス手前中央のオスカルとのパス交換でゴール前に抜け出されると、GKオビとの一対一をモノにされた。 後半に入ってからなかなか攻撃の形を作れない横浜FMは64分に天野と仲川に代えて水沼、マルコス・ジュニオールを、79分に和田と前田に代えて渡辺、ティーラトンをピッチに送り込む。この選手交代で攻撃に変化が生まれる中、高野の左クロスからオナイウに決定機が訪れるが、ここはシュートを枠に飛ばせない。 その後も同点を目指して攻勢を見せた横浜FMだが、後半アディショナルタイムにボックス内で相手と交錯した水沼の抜け出しもノーファウルの判定となり、土壇場でのPK奪取とはならず。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、今季ACL初黒星を喫した横浜FMのクラブ史上初の決勝トーナメント進出はお預けに。なお、12月1日に行われる次節は全北現代(韓国)との対戦となる。 横浜F・マリノス 1-2 上海上港 【横浜F・マリノス】 オナイウ阿道(前21) 【上海上港】 カイ・フイカン(前14) リカルド・ロペス(後10) 2020.11.29 00:09 Sun
twitterfacebook
thumb

【ACLプレビュー】勝てばグループステージ突破決定、メンバー入れ替え勝ち切れるか《横浜F・マリノスvs上海上港》

28日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020の第4節の横浜F・マリノスvs上海上港(中国)が行われる。 新型コロナウイルス感染拡大の影響によって今年3月以降、長期に渡って中断が続いたACL。東地区では紆余曲折を経て18日からカタールにて集中開催の形で再開となっていた。 ◆今節勝利でGS突破を決められるか 25日に行われた第3節では同じ上海上港と対戦した横浜FM。約9カ月ぶりのACLとあ理、久々のアジアの舞台でのプレーとなったが、そう簡単にはいかなかった。 試合の主導権を握っていた横浜FMだが、なかなか得点を決めることができず。時折、上海上港がチャンスを迎えたが、そこは初出場となったGKオビ・パウエル・オビンナがしっかりと防いだ。 後半早々にはDF小池龍太が負傷するアクシデント。嫌な流れが生まれる中、80分には松原健が相手をボックス内で倒してしまいPKを献上。しかし、GKオビがオスカルのPKをセーブし、チームを救う。 このままゴールレスドローかと思われた終了間際には、途中出場の3人が試合を決める。高野遼のクロスを仲川輝人がヘッド。これはGKが止めるも、天野純が押し込み、0-1で勝利した。 勝ち点で並んだ場合は当該成績が優先されるレギュレーションのため、グループ2位の上海上港をリードした形となるが、今節負けてはそのリードも無くなってしまう。逆に勝利すればGS突破が決まる一戦。アンジェ・ポステコグルー監督は「メンバーを少し入れ替える」とコメントしていたが、中2日での連戦で勝ち切れるかに注目だ。 ◆あとが無い状況の上海上港 カタールで2試合を戦い連勝と勢いに乗っていた上海上港だが、横浜FMの前では主導権を握られてしまい、最後は勝ち点2を落とす形となってしまった。 引き分けたかったところを勝ち切られてしまったことは誤算だったはず。今節での巻き返しに躍起になっていることだろう。 ここで勝利を収めれば勝ち点で並ぶ状況。2点差以上であれば当該成績で有利に立てる。全北現代モータース(韓国)戦で温存していたオスカル、フッキ、アーロン・ムーイを起用してきたが、中2日の今回の対戦でも勝利のためにはスタメンで起用する可能性もありそうだ。 ワンチャンスをものにする力は備えており、横浜FMの戦い方も把握したはず。どちらが主導権を握っていくのかに注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:オビ・パウエル・オビンナ DF:松原健、伊藤槙人、實藤友紀、高野遼 MF:渡辺皓太、天野純、喜田拓也 FW:仲川輝人、オナイウ阿道、前田大然 監督:アンジェ・ポステコグルー ◆注目選手 注目選手はオナイウ阿道をピックアップしたい。 今シーズンは明治安田J1で23試合に出場し3ゴールを記録。ACLでは2試合で2ゴールを記録している。 25日の試合は出番がなくベンチで見守ったが、今節は先発の可能性が高い。その中でいかにチームを助ける結果を残せるかが注目だ。 Jリーグではトップ下に入るなどもあったほか、期限付き移籍で途中加入したジュニオール・サントスとのポジション争いに負けて先発の機会は少なかった。ACLではそのジュニオール・サントスがいないため、存在感を発揮したいところ。久々のゴールにも期待したい。 2020.11.28 19:30 Sat
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.58】ACL再開初戦で値千金のPKセーブ東京五輪・A代表に強烈アピール!/オビ・パウエル・オビンナ(横浜FM/GK)

2年後の2022年カタール・ワールドカップの地で行われている2020年AFCチャンピオンズリーグ(ACL)。昨季J1王者の横浜F・マリノスは25日、中国の強豪・上海上港と再開初戦を迎えた。 主導権を握りながら、思うようにゴールを割れない横浜は、0-0のまま終盤に突入。残り10分となった時、右サイドバック・松原健がまさかのPKを献上してしまった。 絶体絶命の大ピンチ。しかもキッカーは元ブラジル代表のオスカルだ。この世界的名手の前に敢然と立ちはだかったのが、若き守護神のオビ・パウエル・オビンナ。彼は193㎝の長身を生かして両手を伸ばし、シュートを鋭くセーブし、失点を阻止してみせた。 この気迫がチーム全体に伝わり、後半45分の天野純の決勝ゴールにつながる。最終的に横浜は1-0で逃げ切り、H組3連勝。グループ突破に王手をかけたのだ。 「試合経験がなくて若いと言われますけど、この時のために毎日練習を積んできたので、焦りはなかったし、すごく自信を持ってプレーできました。PK自体もいいコースでしたけど、しっかり弾けた。しっかり準備してきた自信があったからセーブできたと思います。マリノスは誰が出てもしっかり高いパフォーマンスを出せるチーム。僕が出る以上、ミスを恐れることなく、チームに貢献しようと思って戦いました」 試合後の公式会見にのぞんだオビは淡々と語ったが、その口ぶりには自信が溢れていた。今春、流通経済大学を卒業してプロ入りしたばかりのルーキーではあるが、育成型期限付き移籍で8月から栃木SCに赴き、9試合に出場。実戦経験を積み重ねて10月末に横浜に戻ったことが奏功したのだろう。 11月14日の浦和レッズ戦でいきなりJ1デビューを果たすと、18日の川崎フロンターレ戦では高丘陽平の退場に伴って前半途中から登場。好セーブを連発して、川崎を最後まで追い詰めた。そしてこの上海上港戦での大活躍だ。23歳の大型守護神は今、乗りに乗っているといっていい。 ここ数年、外国人GKが席巻してきたJリーグだが、今季に入ってから若い守護神の台頭が大いに目立っている。FC東京の波多野豪、鹿島アントラーズの沖悠哉、湘南ベルマーレの谷晃生、清水エスパルスの梅田透吾らが筆頭だが、オビも彼らに匹敵する存在感を示している。2019年段階までは大迫敬介(広島)が「次世代の日本代表正GK最右翼」と評されてきたが、誰が突き抜けるか分からない状況になってきたのは間違いない。それだけ競争が激化しているだけに、ACLでのブレイクはオビにとって非常に大きな意味を持つだろう。 ナイジェリア人の父と日本人の母の間に生まれた彼は天性の身体能力の高さを備えたプレーヤーだ。潜在能力の高さはJFAアカデミー福島時代から折り紙付きで、U-16時代から断続的に日の丸を背負い続けてきた。 しかしながら、2013年U-17ワールドカップ(UAE)はメンバー入りできず、2017年U-20ワールドカップ(韓国)も同学年の小島享介(新潟)、1つ下の波多野、山口瑠偉(レクレアティーボ・ウエルバ)らの壁に阻まれ、世界舞台参戦は叶わなかった。 悔しさを糧に流経大では1年からレギュラーを確保。コンスタントにピッチに立ち続けてきた。この活躍を買われ、2018年8月のアジア大会(インドネシア)に挑むU-21日本代表に呼ばれ、森保一監督の下でプレーする機会を得る。ここで現在A代表に定着している板倉滉(フローニンゲン)や三好康児(アントワープ)らとともに戦えたのは大きな財産になったはず。下田崇GKコーチとコミュニケーションを取りつつ、自身の長所と短所に向き合ったことも大きかった。 それから2年余りの間、コツコツと自己研鑽を図った結果、彼は才能を大きく開花させつつある。オビのように高さとバネがあり、反応が鋭く、守備範囲の広いGKはどのチームでも必要とされるはず。足元のビルドアップに強くこだわるアンジェ・ポステコグルー監督も起用に踏み切ったのだから、ビルドアップの部分も着実に前進しているということ。そこは大いに自信を持っていい。 このように目覚ましい成長を遂げれば、1年延期となった東京五輪はもちろんのこと、A代表入りも見えてくる。前述の通り、同世代の守護神争いが熾烈を極めているため、抜け出すのはそう簡単なことではないが、このまま横浜で定位置を確保し、試合に出続けていれば、自ずと道は開けてくるに違いない。本人も明るい未来を信じて、カタールのピッチに立ち続けているはずだ。 さしあたって今、やらなければいけないのは、ACL1次ラウンド突破を決めること。今日28日の上海上港戦で宿敵を零封することが肝心だ。27日のFC東京vs上海申花戦を見ても分かる通り、同じ相手との再戦は一筋縄ではいかない。初戦で敗れた側は捨て身でぶつかってくる。オビはそれだけ死力を尽くしてくる相手に立ちはだからなければならないのだ。そこで堂々たる仕事ぶりを見せつければ、ポステコグルー監督はもちろんのこと、森保監督の信頼も高まる。今は一気に階段を駆け上がるチャンス。この機を逃すことは許されない。彼には持てる力の全てを注いで、鬼気迫るパフォーマンスを示してほしいものだ。 <div id="cws_ad">><hr>【文・元川悦子】<br/>長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2020.11.28 18:30 Sat
twitterfacebook
thumb

川崎F時代の2014年以来のACLに臨む横浜FM・實藤友紀「自分たちのサッカーに集中」

27日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の上海上港(中国)戦を前に、横浜F・マリノスのDF實藤友紀が記者会見に出席した。 新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響によって今年3月以降、長期にわたって中断が続いたACL。東地区では紆余曲折を経て18日からカタールにて集中開催の形で再開となっていた。 Jリーグ王者として大会に参加している横浜FMは、25日に再開初戦で上海上港と対戦。ゴールレスのまま終わるかと思われた90分に天野純が決勝ゴールを決め、0-1で勝利し再開初戦を白星で飾った。 上海上港戦に向けて25日の試合では出番がなかった實藤は「2日前に対戦して、お互いに手の内を知っているチーム同士です」と戦い方を互いに理解しているとコメント。それでも「自分たちのサッカーをやることによって、必ず結果はついてくると思います。とにかく自分たちのサッカーに集中してやりたいと思います」と語り、まずは自分たちにフォーカスすると語った。 今シーズン開幕後にアビスパ福岡から加入した實藤だが、川崎フロンターレに所属していた2014年にはACLを経験。1試合に出場していた。 今大会は自身2度目のACLとなるが「僕自身2回目のACLですけど、海外でこういう大会に参加して試合に出られるのは幸せです」とコメント。「マリノスというチームで必ずチャンピオンになりたいと思っているので、そういう部分でも1試合1試合戦っていくことが楽しみです」と語り、チームの勝利のために尽くすと語った。 25日の試合では無失点で終えた横浜FMだが、明日の試合に向けては「全員でしっかりとコミュニケーションをとって、試合に挑むことが大事」とコメント。大事なことは「この大会もそうですが、チーム全員でしっかりと準備して戦うこと」とし、「相手の攻撃能力はすごく高いですが、そこで負けないようにするためには自分たちで声を掛け合って、1人だけじゃなく、サポートしたり、色々なコミュニケーションをとってやっていきたいと思います」とチーム全体でしっかりと守備を構築したいと語った。 2020.11.27 22:05 Fri
twitterfacebook
thumb

マラドーナ氏の死去に横浜FMポステコグルー監督「みなさんの心の中で生き続ける」

27日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の上海上港(中国)戦を前に、横浜F・マリノスのアンジェ・ポステコグルー監督が記者会見に出席した。 25日に終了間際の劇的ゴールで上海上港に0-1で勝利した横浜FM。中2日の連戦には「不思議な気分」とポステコグルー監督はコメントした。 その前日会見の最後には25日に急死した元アルゼンチン代表FWディエゴ・マラドーナ氏(60)についても質問が飛び、偉大な1人であったとコメント明日。 「本当に悲しい出来事だった。彼はみなさんご存知のように素晴らしいキャリアでやってきた1人のサッカー選手だった」 「1986年に彼らがW杯で優勝した時、私は21歳だった。自分はまだプロになりたての頃だったが、影響力、そしてサッカーはチームスポーツでありながら、彼だけを見ていたという印象が残っている」 「忘れることのない彼の数々のプレーや試合はみんなに刻まれていると思う。世界中にもたらせた彼の栄光や記録、やってきたことは素晴らしいと思う」 「サッカーの中で生きていき、そしてみなさんの心の中で生き続けると思う。世界中の人々に影響を与えた、1人の貴重な選手だと思う」 2020.11.27 20:10 Fri
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly