優勝迫る横浜FM、守備の要チアゴ・マルチンスをパルメイラスから買い取りか?

2019.12.02 22:13 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
パルメイラスからレンタル移籍中のDFチアゴ・マルチンス(24)だが、横浜F・マリノスへ完全移籍する可能性があるようだ。ブラジル『Boa Informação』が伝えた。

チアゴ・マルチンスは、パルメイラスの下部組織で育ち、2018年8月に横浜FMへとレンタル移籍で加入した。加入1年目の2018シーズンは、明治安田生命J1リーグで13試合に出場。YBCルヴァンカップでは4試合、天皇杯では1試合に出場していた。

2年目となった今シーズンは、卓越したスピードと、それを生かした守備範囲の広さで横浜FMの欠かせない存在に。J1では32試合に出場し、2004以来となる15年ぶりのリーグ優勝まであと一歩に迫ったチームに大きく貢献している。

そんなチアゴ・マルチンスは、2020年1月一杯の契約でパルメイラスから期限付き移籍中だが、どうやら完全移籍に向けた動きがあるようだ。

『Boa Informação』によると、チアゴ・マルチンスの移籍に向け、横浜FMはパルメイラスが保有する30%を850万ブラジルレアル(約2億2000万円)で買い取ったとのこと。レンタル移籍中の選手リストから外れ、これにより完全移籍となると報じている。

アンジェ・ポステコグルー監督の下で攻撃的サッカーに変貌を遂げ、15年ぶりのリーグタイトルに近づいている横浜FM。チアゴ・マルチンスが完全移籍となれば、来シーズンのタイトル争いも見えてくるだろう。


関連ニュース
thumb

「大然だけ倍速です」横浜FMの前田大然が見せた驚愕の鬼スピード、レオ・セアラのパスにも称賛の声「オシャレすぎ」

圧倒的なスピードに改めて驚きの声が集まっている。 27日、明治安田生命J1リーグ第37節のヴィッセル神戸vs横浜F・マリノスの一戦。この試合で日本代表FW前田大然が驚きのゴールを決めた。 3位の神戸と2位の横浜FMの上位対決。横浜FMは敗れれば2位の座も危うくなる一戦だった。 そんな中、0-0で迎えた23分に前田が持ち味の“スピード”を見せる。 敵陣のハーフウェイライン付近でパスを受けた渡辺皓太がトラップから前線の動き出しを見て浮き球のパスを送る。 これを走り込んでいたレオ・セアラが、ノールックでダイレクトの浮き球パス。DFラインとGKの間に落ちたボールにGK飯倉大樹が飛び出すが、少し遅れて反応した前田が急加速。ベルギー代表DFトーマス・フェルマーレンより先に追いつくと、無人のゴールへとボールは流れ込んだ。 前田の圧倒的なスピードも去ることながら、レオ・セアラのアクロバティックなノールックパスも見事だったゴール。このパスには「あの体勢からあそこにボール出すのすごい」、「レオのシャレオツワンタッチダイレパス」、「レオセアラオシャレすぎやろ」と称賛の声が集まった。 一方で、ゴールにつなげた前田の圧倒的なスピードには驚きの声が続出。「やっぱこのスピードよ」、「まじで速い」、「前田大然の鬼スピードぱねえ」、「大然だけ倍速です(違います)」、「速すぎてウケる」と、異常なスピードへの反応が多かった。 なお、前田は1本立てた指を頭の後ろに持ってきてドキンちゃんのパフォーマンスを見せていた。 <span class="paragraph-title">【動画】早送りにも見える前田大然の爆発的なスピードからゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="E5j3S4wN0ic";var video_start = 136;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.11.28 22:25 Sun
twitterfacebook
thumb

セルティック、1月の優先ターゲットは川崎Fの旗手怜央か

アンジェ・ポステコグルー監督が率い、日本代表FW古橋亨梧が活躍を見せているセルティック。冬の補強ではやはり日本人選手がターゲットになっているようだ。イギリス『スコッツマン』が報じた。 今夏アンジェ・ポステコグルー監督が就任したセルティック。Jリーグ時代からよく知る古橋を補強していた。 無名の選手ということもあり当初は懐疑的な目が向けられたが、古橋はデビュー戦でもいきなり回答。その後もコンスタントに得点を重ね、今ではファンから最も愛される選手の1人になっている。 そのセルティックは、ポステコグルー監督の就任からシーズン開幕までの時間がなかったこともあり、満足いく補強はできていない状況。1月の移籍市場では更なる戦力補強が噂され、日本人選手の名前もあがっていた。 ポステコグルー監督は補強についての質問をはぐらかし続けてきたが、どうやらターゲットが定まっているとのこと。それは川崎フロンターレの日本代表DF旗手怜央(24)のようだ。 11月に念願の日本代表に招集された旗手。川崎Fでは、左サイドバックを中心に、最近ではインサイドハーフを務めるなど、様々なポジションでプレーが可能なユーティリティ選手として重宝されている。 セルティックでは、左サイドバックはヨシプ・ユラノビッチが勤めており、グレッグ・テイラーは負傷中。バックアップにはアダム・モンゴメリーしかいない状況となっている。 豊富な運動量に加え、攻撃力を備えた旗手は、ポステコグルー監督のサッカーにフィットする可能性が高く、冬に優先して獲得したい選手として報じられている。また、代理人との話し合いも“かなり進んでいる”とのことだ。 旗手は1月で川崎Fとの契約が満了を迎えるためにフリーでの獲得になるようだ。 また、こちらも予てから噂にあがっている横浜F・マリノスの日本代表FW前田大然(24)もやはり獲得に動いているという。こちらは横浜FM時代に指導しており、その能力は誰よりも知っている。ただ、前田は移籍金がかかるとされ、まずは旗手の確保に動きたいようだ。 2021.11.27 21:40 Sat
twitterfacebook
thumb

前田&仲川弾で勝利の横浜FM、2位フィニッシュが確定! 敗れた神戸もACL出場権を獲得【明治安田J1第37節】

明治安田生命J1リーグ第37節ヴィッセル神戸vs横浜F・マリノスが27日にノエビアスタジアム神戸で行われ、0-2で横浜FMが勝利を収めた。 ホームの神戸は、勝利すれば来季のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場圏内となる3位を確定させられるうえ、2位浮上のチャンスも残せるビッグマッチ。25日には三浦淳寛監督の契約延長も決まっており、さらなる朗報を届けたいところ。一方、2位横浜FMは引き分け以上でACLストレートインの2位が確定する。 試合序盤は神戸がGK飯倉を含めたビルドアップでボールを保持。インサイドハーフとサイドバックを起点に幅を広く使った攻撃で相手ゴールに迫っていく。対する横浜FMは前線からのプレッシングを控え、中央へのパスコースを消しつつミドルプレスを実行。カウンターからの得点の機会を窺う。 すると23分にアウェイチームが先制に成功する。喜田からの縦パスをレオ・セアラがボックス中央に向かって逸らすと、ボールは神戸DFと飛び出してきたGK飯倉の間でバウンド。相手が判断に迷った隙を突いて、前田が無人のゴールにシュートを流し込んだ。 先制後は横浜FMもボールを持って攻め込む回数を増やすように。GK高丘まで奪いに来る相手をいなしながら、幅のある攻撃でアタッキングサードに侵入していく。 一方、先制を許した神戸は前半アディショナルタイム5分、左CKで初瀬が山なりのボールを送ると、ボックス右で待っていた山口がダイレクトでボレーシュート。だが、これはクロスバーに直撃し、惜しくも同点とはならなかった。 1点ビハインドで後半を迎えた神戸。その立ち上がりにボックス右手前の位置でFKを獲得すると、初瀬の強烈なシュートがゴール右端をとらえる。しかし、GK高丘のファインセーブに遭い、ネットを揺らすことはできなかった。 その後も攻める時間帯が続いた神戸は67分、左サイドを突破したイニエスタのクロスを武藤が折り返すと、ゴール正面で合わせたのは途中出場のリンコン。タイミングも威力も申し分ないヘディングシュートだったが、コースが甘く、ボールはGK高丘の正面へ。またしても同点のチャンスを逃してしまった。 すると今度は横浜FMにビッグチャンス。75分、自陣深い位置での小池のパスカットからカウンターへ。渡辺を経由し右サイドのエウベルにボールが渡ると、スピードに乗ったドリブルで相手を3人かわして敵陣へ侵入。そしてラストパスを受けた前田がボックス中央でフリーとなったが、シュートを枠の右に外してしまいリードを広げられず。 それでもアウェイチームは82分に追加点。敵陣で喜田が縦パスをカットすると、そのこぼれ球を拾った仲川が、右サイドを駆け上がる小池とのパス交換でペナルティアークからミドルシュート。これがゴール左に突き刺さり、試合を決定づけた。 結果的に神戸は敗れたものの、4位の名古屋グランパスがセレッソ大阪に敗れたため3位フィニッシュが確定。一方の横浜FMも2位フィニッシュが決定し、ACLの本戦出場権を得た。 ヴィッセル神戸 0-2 横浜F・マリノス 【横浜FM】 前田大然(前23) 仲川輝人(後37) 2021.11.27 16:56 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第37節:神戸vs横浜FM】3位確保を目指す神戸、2位を死守したい横浜FMの上位決戦

【明治安田生命J1リーグ第37節】 2021年11月27日(土) 14:00キックオフ ヴィッセル神戸(3位/70pt) vs 横浜F・マリノス(2位/75pt) [ノエビアスタジアム神戸] ◆3位確定を【ヴィッセル神戸】 前節は横浜FCを相手にアウェイで0-2で勝利。相手のJ1残留の夢を経つとともに、3位確保へまた前進した。 現在3連勝、6戦無敗と調子を上げている神戸。3位を争い名古屋グランパスが取りこぼしたこともあり、勝ち点差は「5」に広がった。 今節勝利すれば3位が確定。その相手は2位の横浜FMだが、勝ち点差は「5」。神戸は連勝し、横浜FMが連敗すれば、2位になる可能性が残されている。 これまでのJ1での最高位は2016年の7位(2ステージ制)だが、それ以上は確定。自力でACL出場権を獲得し、最高の結果を残せるかに注目が集まる。 選手たちも充実。攻守にわたって高いパフォーマンスを続けており、三浦淳寛監督の続投も決定。磐石の神戸をホーム最終戦で見せつけられるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:飯倉大樹 DF:酒井高徳、菊池流帆、トーマス・フェルマーレン、初瀬亮 MF:郷家友太、セルジ・サンペール、山口蛍 MF:アンドレス・イニエスタ FW:武藤嘉紀、大迫勇也 監督:三浦淳寛 ◆大失速でピンチも2位確保へ【横浜F・マリノス】 前節はアウェイでの浦和レッズ戦で2-1と敗れた横浜FM。直近4試合で3敗と一気にチームは下降線を辿っている。 一時は首位の川崎フロンターレに肉薄し、最終節までも連れ込むかと思わせた中、8月以降は取りこぼしが目立つことに。9月以降は4勝1分け4敗と五分の成績となっている。 その横浜FMだが、実は2位の座も危うい状況に。今節神戸に負ければ、勝ち点差は「2」となり、最終節は川崎F戦。連敗ともなれば、最悪の結末だが、その前にしっかりと勝利して2位を確保したいところだ。 ポイントは決定機をいかに生かすか。FC東京戦は相手のモチベーションがなかったこともあり8ゴールを奪ったが、その前後のガンバ大阪戦、浦和戦は決定機を生かせず。相手の少ない決定機を決められて負けるという結末だった。 今節も課題は変わらず、いかに先に点を取るか。スペクタクルな試合を神戸とともに見せられるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:小池龍太、チアゴ・マルチンス、岩田智輝、ティーラトン MF:喜田拓也、マルコス・ジュニオール、扇原貴宏 FW:仲川輝人、前田大然、エウベル 監督:ケヴィン・マスカット 2021.11.27 11:40 Sat
twitterfacebook
thumb

功労者の退団発表相次いだ浦和、横浜FMにホームで競り勝つ【明治安田J1第36節】

明治安田生命J1リーグ第36節の浦和レッズvs横浜F・マリノスが20日に埼玉スタジアム2002で行われ、ホームの浦和が2-1で勝利した。 6位浦和(勝ち点59)は、この代表ウィークの間に阿部、槙野、宇賀神の退団を発表。ファンとしては寂しさの残る一週間を過ごした。試合に向けてはチームのトップスコアラーであるユンカーがメンバーを外れ、田中が久々の先発入りを果たした。 対する2位の横浜FM(勝ち点75)は前節、FC東京に8-0で大勝し、クラブ史上最多タイとなる圧勝劇を披露した。今節はその一戦と同じスタメンを並べている。 序盤は横浜FMがサイド攻撃で相手ゴールに迫る。8分、喜田がボックス手前右から上げたクロスにボックス内で前田が頭で合わせるも、これはゴール左に外れた。 15分にも横浜FMにクロスからチャンスが生まれる。敵陣左サイド浅い位置でエウベルがフリーでボールを受け、中央へ柔らかいボールを送ると、ボックス内に走り込んだ前田がヘディングシュート。しかし、これは相手GKに処理されてしまう。 アウェイチームが序盤からペースを握ったが、先手を取ったのは浦和だった。18分、敵陣左サイド深い位置でFKを獲得すると、キッカーの江坂が鋭いグラウンダーのボールを供給。これに西が触ってコースを変え、ファーサイドの伊藤が押し込んだ。 1点を追う形となった横浜FMだが、29分にはセットプレーからシュートシーン。ボックス手前中央からのFKの場面で、ティーラトンが得意の左足を振り抜く。カーブがかかったボールは枠を捉えるも、相手GKにセーブされた。 少ないチャンスで1点のリードを奪ったホームチームだが、後半に入って49分にも決定機を迎える。関根が敵陣中央からスルーパスを狙うと、裏のスペースに抜け出した伊藤が相手GKと1対1の場面に。ループ気味のシュートは相手GKにブロックされるも、こぼれ球を田中が詰め、2-0とした。 2点差をつけられてしまった横浜FMだが、52分に惜しいチャンス。ボックス手前中央で扇原の縦パスを受けたマルコス・ジュニオールが、左足でカーブをかけたシュートを放つ。しかし、これは左のポストに弾かれ、ゴールとはならなかった。 79分にもゴールに迫るアウェイチーム。相手のパスをボックス手前右でカットした水沼が、右足で強烈なミドルシュートを放つも、枠の右に逸れた。 攻め続ける横浜FMは、ついに1点を返す。85分、エウベルとのワンツーで抜け出した前田が、ボックス左角度のない位置からグラウンダーのクロス。これはファーサイドに流れるも、走り込んだ水沼がもう1度中央へ折り返すと、レオ・セアラが右足で合わせ、ゴールネットを揺らした。 勢いに乗るアウェイチームはその後も攻撃に出るも、大きなチャンスは作り出せず。試合は2-1のまま終了し、浦和が3試合ぶりの白星を挙げた。一方の横浜FMは1点を返すも、反撃及ばず。シーズン7敗目を喫した。 浦和レッズ 2-1 横浜F・マリノス 【浦和】 伊藤敦樹(前18) 田中達也(後3) 【横浜FM】 レオ・セアラ(後40) 2021.11.20 16:25 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly