首位と11ポイント差…ペップ「勝って、勝って、勝っていくのみ」

2019.12.01 08:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティの指揮を執るジョゼップ・グアルディオラ監督がコメントした。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

首位リバプールを9ポイント差で追いかける3位のシティ。30日に行われたプレミアリーグ第14節でニューカッスルのホームに乗り込み、2度のリードを手にしたが、試合終盤に再び追いつかれ、ドローという結果に終わった。

これで、リバプールの背中がより遠ざかったグアルディオラ監督。悔やまれる結果に終わったニューカッスル戦を振り返り、こう総括した。

「ゲームに勝つため、全力を尽くした。選手たちは完璧な反応をしてくれたのだから、それが事実だ。あらゆる面で良いレベルのプレーをした。セットプレーの対応を含めてディフェンス面でもね。ボールをうまく動かしながらサイドのスペースや、内側に入る選手を使って、何度も何度もゴール前に侵攻した」

また、今節を白星で飾った首位リバプールとの勝ち点差が「11」に広がってしまった状況について問われると、次のように返してみせている。

「我々の上にもう1チーム(レスター・シティ)いる。だから、この先のゲームに勝ち続けて、何が起こるのか見守っていくだけだ」

「昨日の会見で、プレミアリーグやポイント差を考えたりするのは得策じゃないと話した。我々はゲームに勝って、勝って、勝っていくのみ。勝てないようだと、より難しくなる」
コメント
関連ニュース
thumb

リヨン戦に臨むラポルテ、「ミスをせずに試合に集中しなければ」

マンチェスター・シティのフランス代表DFアイメリク・ラポルテが、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝で対戦するリヨン戦に向けて準備万端だと語った。クラブ公式サイトが伝えている。 CLラウンド16でレアル・マドリーに2戦合計4-2で勝利を収めたシティ。4季ぶりのベスト4進出を目指して、リヨンと対戦する。 ジョゼップ・グアルディオラ監督とともに前日会見に出席したラポルテはタフな試合になると予想しながらも、戦う準備が出来ていることを強調した。 「もちろんこの大会で勝つのはクラブにとって大きなこと。僕たちはそれを目指している」 「最初から全試合を考えてトレーニングを行っているからチームの準備は出来ていると思うよ。監督が言ったように僕たちはCLに備えてきた。この大会に集中しているよ」 「明日はリヨンに勝ちたい。準備はできているし、CLで優勝できると信じている。明日は戦うこと。それが僕たちがやらなければいけないことだ。最後まで戦い抜く。そのために準備をしてきたんだ」 「リヨンは別のチームのようだ。厳しい相手だよ。彼らは良い選手を沢山揃えているが、僕たちは自分自身にフォーカスを合わせなければいけない」 「彼らには才能のある選手がいるのはわかっているから、ミスをせずに試合に集中しなければいけない。シンプルに言えば、彼らよりもチャンスを作り、多くのゴールを決めなければいけない。僕から言えるのはそれだけだ」 2020.08.15 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【CLプレビュー】多才な攻撃誇るシティがユーベ撃破の堅守リヨンと激突

チャンピオンズリーグ(CL) 準々決勝、マンチェスター・シティvsリヨンが15日28:00にポルトガルのジョゼ・アルバラーデでキックオフされる。 ラウンド16で優勝候補のスペイン王者レアル・マドリーに連勝したシティと、イタリア王者を撃破したリヨンによるベスト4進出を懸けた一戦だ。 レアル・マドリーとの2ndレグではMFフォーデンを最前線に配置し、ハイプレスを敢行して思惑通りにDFヴァランのビルドアップミスを突き、2-1と勝利したシティ。敵地での1stレグに続き、戦術面で上回って3季連続でのベスト8進出を決めたシティは、4季ぶりのベスト4進出を懸けリヨン戦を迎えた。引き続きエースFWアグエロが不在となるが、FWスターリングとFWガブリエウ・ジェズスがレアル・マドリー戦でゴールを挙げており、攻撃力の低下は最小限に抑えられそうだ。 一方、ユベントス相手に堅守を発揮してアウェイゴール差により10季ぶりのベスト8へ進出したリヨン。敵地での2ndレグではFWクリスティアーノ・ロナウドに2ゴールを許して追い上げにあったが、長期離脱から復帰したFWデパイのPK弾を堅守で逃げ切って見せた。ルディ・ガルシア監督の下、強固な3バックを築き上げたリヨンが、多才な攻撃を誇るシティに立ち向かう。 両チームは昨季のグループステージで対戦し、リヨンが1勝1分けと勝ち越していた。 <div style="text-align:center;">◆マンチェスター・シティ◆ 【4-3-3】</div> ▽マンチェスター・シティ予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200814_9_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:エデルソン DF:ウォーカー、フェルナンジーニョ、ラポルテ、メンディ MF:デ・ブライネ、ロドリ、ダビド・シルバ FW:ベルナルド・シウバ、ガブリエウ・ジェズス、スターリング 負傷者:FWアグエロ 出場停止者:なし メンディが出場停止から復帰する。一方でアグエロは引き続き欠場する。中盤ではレアル・マドリー戦で先発したギュンドアンやフォーデンが起用される可能性がある。 <div style="text-align:center;">◆リヨン◆ 【3-5-2】</div> ▽リヨン予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200814_9_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:アントニー・ロペス DF:デナイヤー、マルセロ、マルカル MF:デュボワ、カケレ、B・ギマランイス、アワール、コルネ FW:エカンビ、デパイ 負傷者: なし 出場停止者:なし 負傷者も出場停止者もいないこちらはユベントス撃破のスタメンがそのまま起用されるはずだ。 ★注目選手 ◆マンチェスター・シティ: FWラヒーム・スターリング <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200814_9_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 引き続きアグエロが不在の中、シティの得点源として期待されるスターリングに注目したい。レアル・マドリーとの2ndレグでもヴァランのミスを突いてチームに貴重な先制点をもたらしたスターリング。5バック気味に構えてくることが予想されるリヨンは、デュボワがマンツーマン気味にハメてくることが想定されるが、スターリングはそのマークをかいくぐってゴールを陥れることができるか。 ◆リヨン: DFジェイソン・デナイヤー <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200814_9_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ユベントス戦で貴重なPK弾を決めた元マンチェスター・ユナイテッドのFWデパイのシティ戦に懸ける想いにも注目だが、リヨンの堅守を支える一人である元シティのDFデナイヤーに注目したい。2013年から2018年にかけてシティに所属していたデナイヤーは、現在25歳。シティではポジションを掴めなかったが、セルティックやガラタサライへのレンタルを経て、2018年からリヨンでプレーする伸び盛りのセンターバックはルディ・ガルシア監督の元、3バックの右で起用されソリッドな守備を見せている。対面するスターリングはシティの得点源となる存在なだけにユベントス戦に続くアップセットを起こすにはデナイヤーの活躍が欠かせない。 2020.08.15 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

対戦相手関心のアワールはシティ撃破に集中! 同席指揮官とユーモア溢れる掛け合いも

リヨンのU-21フランス代表MFフセム・アワール(22)は、自身への関心が伝えられるマンチェスター・シティとの大一番を前に、100%リヨンでのプレーに集中している。クラブ公式サイトが公式会見コメントを伝えた。 リヨンは、チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16で優勝候補ユベントスと対戦。2戦合計2-2のスコアで並ぶもアウェイゴール数の差で退け、ベスト8進出を果たした。 そして、ベスト4進出を懸けて臨む15日のCL準々決勝では同じく優勝候補のシティという難敵と対戦する。リヨンはそのシティと昨季のCLグループステージで対戦しており、敵地で2-1の勝利、ホームで2-2のドローと1勝1分けという優位な戦績を残している。 そして、昨季の対戦で現トッテナムのフランス代表MFタンギ・エンドンベレと共に印象的なパフォーマンスを披露したアワールには、国内外のビッグクラブと同様にシティが強い関心を示していると言われる。 その渦中のアワールはルディ・ガルシア監督と共に同席した公式会見の場で、シティとの大一番に向けた意気込みを語っている。 「昨季の対戦成績は精神的に大きな助けになるね。今シーズンは大きく異なるけど、すべてが可能だ。もちろん、過去は過去だし、新たな対戦に向けて良い準備をしたいと思うよ。あとは他の準々決勝の試合が自分たちに幾つかのアイデアを与えてくれると思う」 「自分たちが本命でないことは明らかだけど、リラックスした気持ちと高いモチベーションと共にハードに戦うつもりだよ。それに僕らは昨年シティ相手に3ゴールを決めたマクスウェル・コルネについて話しているんだ。彼は左サイドでよく僕らを助けてくれているし、頼りにしているよ」 「僕らはこういったビッグマッチが近づくにつれて、とても団結してきている。同時に、虚さと自信を持って臨むつもりだ。こういった試合は自分自身を超えたいと思わせてくれるんだ」 また、同会見ではアワールに対して去就に関する質問が飛んだが、U-21フランス代表MFはガルシア監督とユーモア溢れる掛け合いを見せるなど、明言を避けている。イギリス『マンチェスター・イブニング・スタンダード』が伝えている。 この試合がシティ相手の就職面接になるかとの直球の質問に対して、アワールの返答を遮ったガルシア監督は、「彼はチャンピオンズリーグで優勝したときにしか辞めることができない」と、冗談交じりにコメント。 その後、アワール自身は、「明日の夜、就職面接があるかどうかはわからないけど、自分の名前がそういったクラブとリンクしているのは、それがお世辞だとしても嬉しいことさ。だけど、重要な試合を前に自分の状況を話すのは、少し筋違いだと思うよ。現在、100%リヨンのことに集中しているよ」と、リラックスした表情で語った。 2020.08.15 15:27 Sat
twitterfacebook
thumb

リヨン指揮官、番狂わせに意欲! 「シティが大本命だが…」

リヨンを率いるルディ・ガルシア監督が15日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝のマンチェスター・シティ戦突破を目指した。クラブ公式サイトが伝えている。 ラウンド16でユベントスを破り、シティとぶつかるベスト8に進出したリヨン。ガルシア監督はシティ戦に先駆けた会見で下馬評を覆してのベスト4入りを意気込んだ。 「ユベントス撃破は我々の自信になる。食欲は食べることで増すもの。リスボンに長く滞在したいが、この試合において、シティが大本命だ。しかし、これまでの準々決勝を見ると、サプライズが起こり得るのを示している。土曜日(15日)もそうなることを願っている」 また、負傷者などのチーム状況について言及している。 「あと1回だけ練習をする予定だ。(コートジボワール代表FW)マクスウェル・コルネと(元ベルギー代表DF)ジェイソン・デナイヤーに疑念があるが、起用可能だと思っている」 「(オランダ代表DF)ケニー・テテはふくらはぎに違和感があったが、昨日のトレーニングに参加した。シティ戦で全スカッドを使えると思う。フィジカル的にも大丈夫。それは重要なことだ」 2020.08.15 12:25 Sat
twitterfacebook
thumb

ペップが意気込み! 対戦相手リヨン、そして一発勝負を警戒 「何だって起こり得る」

マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督がチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝のリヨン戦に意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 ラウンド16でレアル・マドリーを破り、ベスト8で駒を進めたシティ。初制覇に注力するグアルディオラ監督は15日のリヨン戦に向けての会見の席で「信じられないぐらい集中している」と語り、万全の状態で臨めると豪語した。 「明日の試合がどうなるのか伝えたいところだが、私にもわからない。でも、この2〜3週間の準備は非常に誇らしいものだ。クラブの歴史において、重要な瞬間だ。ホームで戦えるならその方が好ましいが、特別な状況下でのゲームになる。居心地が良い。うまくいけば、良いゲームができて、この素晴らしい国にあと数日滞在できるだろう」 「我々は今、リヨンに向けて準備している。明日は自分たちが自分たちであるための時間だ。彼らが魂と心を込めて、何事にも全力を尽くす姿が見たい。勝利に値するかどうかは後にわかるさ」 また、強豪ユベントスを退けて勝ち上がってきたリヨンを警戒。一発勝負にも気を引き締めた。 「プレッシャーは常にある。他のチームと同様にベストを尽くそうとしている。過去2回の準々決勝で、どれだけタイトな戦いだったかを見たが、明日も例外じゃないだろう」 「リヨンが戦ったパリ・サンジェルマン(PSG)やユベントスとの試合を見てきた。彼らのことはわかっている。とても組織的でアグレッシブだ。前線のスピードが速く、ウイングバックの質も高い」 「彼らはトップチーム。その相手との準々決勝だ。簡単にはいかないだろう。自分たちのミスから失点しないようにしたい。一発勝負だ。何だって起こり得る。ビッグチームに連勝するのは難しいが、1試合なら何でも起こり得るものだ」 2020.08.15 10:45 Sat
twitterfacebook