ケガから復帰のデ・ロッシ、ボカへの忠誠を誓う「ここでプレーするのが大好き」

2019.11.25 22:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボカ・ジュニアーズの元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシが、復帰戦後に意欲を見せた。『フットボール・イタリア』が伝えた

今夏ボカ・ジュニアーズに加入したデ・ロッシは、9月1日のリーベル・プレートとの“スーペルクラシコ”で負傷。ハムストリングを痛めると、約2カ月半戦線離脱となった。

それでも24日、ウニオン戦でベンチ入りすると65分から途中出場。チームは2-0で勝利を収めていた。

試合後、デ・ロッシは取材陣の質問に応え、ボカでまだプレーを続けて行きたいとコメント。移籍する意思などはなく、この先もプレーし続けると意欲を示した。

「別の場所や別のチームを考えているわけではない。ここでもう少しプレーしたいと思う」

「もちろん、36歳にもなれば、毎日が決断を下さなければならなくなる。僕は自分自身に多くを問いかけるが、これは成熟と知性の兆候だと思う」

「自分のコンディションを理解したいが、今は非常に体調が良いと思う」

「1カ月前、非常に悪い状態だった。僕のキャリアでは、ピッチに戻る前に常に回復しようと思ったけど、リーベルで同じことをしてしまった」

「残念なことに、僕は間違いを犯し、再び自分を傷つけてしまった。でも、今は元気だ。ここでプレーするのが大好きだ」

「このユニフォームを着ることは名誉であり、プレーする必要があるのは、自分が今最高の状態だと信じているからだ」
コメント
関連ニュース
thumb

ボカ、主将テベスと来季の契約更新! 今季はチーム最多9ゴールで優勝に貢献

ボカ・ジュニアーズは8日、元アルゼンチン代表FWカルロス・テベス(36)との契約を2021年6月30日まで延長したことを発表した。この契約には、さらに半年間の延長オプションが含まれている。 ボカの主将を務めるテベスは今季、スーペルリーガ・アルヘンティーナで17試合に出場し、チーム最多の9得点を挙げる活躍をみせ、34度目のリーグ制覇に貢献。シーズン終了後に契約が失効していたが、数週間に渡る交渉の末に契約延長に至った。 なお、テベスは先日にアルゼンチン『Radio La Red』のインタビューで、「ボカが僕に提示してくれた給与の全てを非営利団体に寄付するつもりだ」と、コロナ禍で困窮する同胞の支援を約束していた。 かつてウェストハムやマンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、ユベントスといった欧州クラブでもいち時代を築いたテベス。中国でのプレーも経て、2018年に3度目のボカ復帰を果たしている。 2020.08.09 13:44 Sun
twitterfacebook
thumb

ボカ・ジュニアーズがFWサラテと1年間の契約延長、6カ月の延長OP付き

ボカ・ジュニアーズは22日、アルゼンチン人FWマウロ・サラテ(33)との契約延長を発表した。契約は1年間延長され、さらに半年間の延長オプションが付くとのことだ。 サラテはベレス・サルスフィエルドでキャリアをスタート。2007年7月にカタールのアル・サッドへ完全移籍すると、バーミンガムやラツィオへのレンタル移籍を経験。2009年7月にラツィオへ完全移籍すると、インテルへのレンタル移籍を経て、2013年7月に古巣のベレスへ復帰する。 その後はウェストハム、QPR、フィオレンティーナと渡り歩き、2017年1月にワトフォードへ完全移籍。その後も、アル・ナスルやベレスへのレンタル移籍を経験し、2018年7月からボカ・ジュニアーズでプレーしている。 2007年のU-20ワールドカップでは、セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ)やアンヘル・ディ・マリア(パリ・サンジェルマン)らと共に主力としてプレーし見事に優勝。若くして期待を寄せられていたが、その後は飛躍することなく、A代表招集歴はない。 今シーズンはスーペルリーガで12試合に出場し2ゴール2アシストを記録していた。 2020.07.23 09:13 Thu
twitterfacebook
thumb

ボカのレジェンドSBシルビオ・マルソリーニが79歳で逝去…教え子マラドーナも追悼

ボカ・ジュニアーズは17日、クラブのレジェンドである元アルゼンチン代表DFのシルビオ・マルソリーニ氏(享年79)の逝去を発表した。 マルソリーニ氏は昨年に脳卒中で倒れて以降、長らく闘病が続いていたが、17日にブエノスアイレスで亡くなった。 フェロカリル・オエステでプロキャリアをスタートしたマルソリーニ氏は、1960年にボカへ加入。1972年に現役を退くまで10年以上に渡って左サイドバックのレギュラーを務め、歴代3位の公式戦408試合に出場。在籍期間に5度のリーグ制覇に貢献。 さらに、アルゼンチン代表としては通算28試合に出場し、1962年のチリ大会、1966年のイングランド大会と2度のワールドカップにも出場。 現役引退後はCAオール・ボーイズを経て1981年に古巣ボカの指揮官に就任。ディエゴ・マラドーナを擁するチームをリーグ制覇(メトロポリターノ)に導いていた。 なお、マラドーナは恩師であり、偉大なるボカの先達の訃報を受け、自身の公式『インスタグラム』で、「あなたはとても優れた人物であり、プレーヤーとしても監督としてもチャンピオンでした。シルビオさん、本当にありがとうございました。安らかにお眠りください」と、追悼のメッセージを投稿した。 <div id="cws_ad">◆レジェンドを追悼<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Hasta siempre, Silvio...<br><br> <a href="https://t.co/ALUdvWbdEP">https://t.co/ALUdvWbdEP</a> <a href="https://t.co/MFecZBT1Wa">pic.twitter.com/MFecZBT1Wa</a></p>&mdash; Boca Jrs. Oficial (desde ) (@BocaJrsOficial) <a href="https://twitter.com/BocaJrsOficial/status/1284208807409745920?ref_src=twsrc%5Etfw">July 17, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.07.18 18:45 Sat
twitterfacebook
thumb

テベスが将来語る 「欧州に戻るならウェストハム」

ボカ・ジュニアーズの元アルゼンチン代表FWカルロス・テベス(36)が将来的なウェストハム凱旋の可能性を示唆した。 かつてウェストハムやマンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、ユベントスといった欧州クラブでもいち時代を築いたテベス。中国でのプレーも経て、2018年に3度目のボカ復帰を果たした。 ボカを主将としても引っ張るテベスは今季、国内リーグ戦でチーム最多の9得点を挙げたが、今月末に現行契約が失効。新たに1年延長のオファーを打診されたとみられる。 しかし、テベスはボカからの打診を断り、半年間の新契約にサインした模様。アルゼンチン『Radio La Red』で今年いっぱいをボカで過ごした後の将来について、こう語った。 「ヨーロッパに戻らないといけないなら、半年間の契約でウェストハムに行く。拍手を浴びるためにね。それか、コリンチャンスで半年間を過ごすのもあり得る。自らの言葉に縛られたくないから、どんな可能性も除外しない」 また、ボカとの新契約により、手にするサラリー全額を慈善団体に寄付する方針も明らかにしている。 「ボカが僕に提示してくれた給与の全てを非営利団体に寄付するつもり。ボーナスを含めた給与をガソリン代にあてる。炊き出しやワクチンが必要な人たちのためにも使うことになるだろう」 2020.06.27 11:45 Sat
twitterfacebook
thumb

今年1月引退のデ・ロッシ、ボカで指導者になるプランが崩れていた

元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシはアルゼンチンで指導者になる可能性があったようだ。 デ・ロッシは、ローマ生まれ、ローマ育ちの生粋のローマっ子であり、サッカーのキャリアもローマでスタートしていた。しかし、2019年7月に元チームメイトであるニコラ・ブルディッソに誘われ、ボカ・ジュニアーズへと移籍。2020年1月に現役を引退していた。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJhUHhKM1Y0UyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 自身初の移籍となったボカ・ジュニアーズでは、リーグ戦で5試合に出場。コパ・リベルタドーレスでも1試合に出場していたが、ハムストリングのケガにも悩まされていた。 そんなデ・ロッシだが、実はアルゼンチンで指導者になるプランがあったとのこと。デ・ロッシを呼び寄せたブルディッソ氏の弟で、ローマ時代のチームメイトでもあるギジェルモ・ブルディッソがアルゼンチン『ソイ・フィエラ』で明かした。 「デ・ロッシは順調にスタートした。彼はケガをするまでの数試合でクオリティを示していた」 「過ちは早期復帰したことだった。なぜなら再びケガをしてしまったからだ」 「選手にとって、彼の年齢で長い間ピッチを離れることは容易ではない。再び自身のクオリティを示さなければならなかった時、彼は厳しいと感じただろう」 「私は彼と会って、ボカについて色々な話をした。彼の計画は、ブエノスアイレスにとどまり、選手やコーチとしてボカとの繋がりを保ち、何かを勝ち取ることだった。それを確信していたと思う」 「イタリアへの帰国は個人的な問題だった。おそらく、家族が当初予定したように彼に同行することができなくなったんだろう」 「もっとやってもらうことがあっただけに、とても残念だったよ」 2020.06.12 13:00 Fri
twitterfacebook