苦労人の初招集DF荒木隼人「過去のことは全て未来につながっている」《キリンチャレンジカップ2019》

2019.11.19 09:31 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
今シーズン、サンフレッチェ広島に加入したDF荒木隼人。明治安田生命J1リーグ第12節のサガン鳥栖戦でスタメンの座を射止めると、主力に定着し、日本代表の初招集まで掴み取った。

「非常に気持ちは高ぶりますし、責任感というところは非常に増しました」と語る荒木だが、1年前は大学生。進境著しい大卒ルーキーは、「日本代表に入ることは目標にしてやってきたんですけど、この段階で入っているとは1年前は想像もできなかったです」と、明かした。

だが、その道のりは簡単なものではなく、広島ユース時代にはトップチーム昇格を逃した。進学した関西大学で才能は開花。「過去のことは全て未来につながっていると思います。今が上手く行っていなくても、しっかり取り組むことで、未来は良くなるとユースとか大学でも、自分の実体験として実感しています」と諦めないことが重要であるとコメント。「うまくいかない時も、しっかりどうすればいいのかだったり、今日何をしないといけないのか、というのを毎日考えて過ごした結果が、今日のここにつながっていると思います」と、努力を怠らなかった結果が日の丸を背負うまでに荒木を成長させた。

大阪出身の荒木にとってパナソニックスタジアム 吹田は地元。Jリーグのデビュー戦は第3節セレッソ大阪戦のヤンマースタジアム長居であり、「日本代表もここでデビューできたら、すごく考え深い試合になると思っています」と凱旋出場について言及した。

その中で日本代表で衝撃を受けた選手について問われると、日本代表の「10」番の名を挙げた。「昨日、中島(翔哉)選手とマッチアップするタイミングがありました。対応はできたかなとは思ったんですけど、うまいことを股を狙われてシュートを打たれました」と語り、「Jリーグだと対応できたかなと思うシーンでも、わざと股をあけさせて、素早く狙って来るところはステップとかを上手くならないといけないなとは感じました」と世界で活躍する選手から衝撃を受けたことを告白した。

関連ニュース
thumb

「やるべき事をやり続けるのみ!」菅原が22歳の意気込みも…ファンの視線は“下半身”に「写真のチョイス天才です」

AZに所属する DF菅原由勢が28日、22歳の誕生日を迎えた。 2019年7月に名古屋グランパスからAZに加入した菅原は、今シーズンのエールディビジで33試合に出場し1ゴール4アシストを記録。ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)でも8試合でプレー新境地を開拓した。 6月の日本代表活動にも招集されていたものの、ヒザのケガにより離脱。16日には手術を受けたことを報告していた。 リハビリ生活中に誕生日を迎えた菅原はインスタグラムを更新。22歳の意気込みを語るとともに現状を報告した。 「22歳!!!サッカーできない誕生日なんて最悪だけど、最高の日々に向かって今はやるべき事をやり続けるのみ!」 「たくさんのお祝いメッセージありがとうございます!みなさん良い1日を!」 「#皆さんありがとうございます #22歳 #もう若くない #ちなみにリハビリは順調です #ジムでありますが軽くボール使ってます. #近況報告と誕生日の報告のハッシュタグでした #皆さん良い1日を」 すでにボールを使ったリハビリも行っていると明かした菅原だが、気になるのは写真のチョイス。チームメイトを鼓舞する菅原の写真だが、下半身を見てみるとズボンのすそが足の付け根までまくれており、ほぼ白ブリーフのような状況になっている。 陽気な性格で知られる菅原の写真選びには、ファンも「写真のチョイス天才です」、「なぜその画像にしたw」、「写真ーーーーー」、「パンイチわろた」とコメントを寄せており、しっかり笑いを生んでいた。 <span class="paragraph-title">【写真】「チョイス天才です」菅原のズボンが捲れてほぼ白ブリーフに</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CfWLxHeM34l/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CfWLxHeM34l/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CfWLxHeM34l/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">YukinariSugawara(@yukinarisugawara)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.06.29 11:50 Wed
twitterfacebook
thumb

モナコの敏腕SDが南野拓実に大きな期待「目標達成に寄与してくれると確信」、日本代表と欧州での経験がポイント

モナコのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるポール・ミッチェル氏が、日本代表MF南野拓実の加入を歓迎した。 モナコは28日、リバプールから南野の獲得を正式発表。2026年6月までの4年契約を締結したことを発表した。 セレッソ大阪でキャリアをスタートさせ、ザルツブルク、リバプールと渡り歩いた南野。ミッチェル氏はザルツブルク時代から南野に目をつけていたとされていた。 そのミッチェル氏が、加入が決定した南野について言及。チームの中でこれまでの経験をしっかりと見せてもらいたいと大きな期待を寄せていることを明らかにした。 「タクミをモナコに迎えることができてとても嬉しく思う。彼は我々が長年知っている選手であり、ヨーロッパに来て以来、特にヨーロッパの大会で最高レベルの経験を積み、タイトルを獲り続けている」 「彼の勝利の文化、ピッチでの多様性、そして日本代表での年長者としての地位に立つタクミは、若いチームの成長に貢献し、グループの目標達成に寄与してくれると確信している」 「彼が我々のプロジェクト参加を決断してくれたことを嬉しく思い、彼を歓迎したいと思う」 南野はザルツブルク時代に6度のオーストリア・ブンデスリーガ優勝と、5度のカップ戦優勝を経験。また、リバプールではプレミアリーグ、FAカップ、EFLカップをそれぞれ1度経験しており、通算で14個のトロフィーを獲得している。 <span class="paragraph-title">【動画】モナコがゴール集で南野を歓迎!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">(@AS_Monaco) <a href="https://twitter.com/AS_Monaco/status/1541814992353333249?ref_src=twsrc%5Etfw">June 28, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.29 05:45 Wed
twitterfacebook
thumb

「全力を尽くす」モナコ加入決定の南野拓実が意気込み語る

モナコは28日、リバプールの日本代表MF南野拓実(27)を完全移籍で獲得した。 予てから獲得の噂が浮上していた南野。フィリップ・クレメント監督も「我々のリストで非常に上位にいた」と獲得を熱望していたことを明かしていた。 その南野は、2026年夏までの4年契約を締結。リーグ・アンで2シーズン連続3位に入っているモナコで、新たな挑戦をスタートさせる。 モナコとの契約を済ませた南野は、クラブを通じてコメント。加入を喜び、チームに貢献したいと意気込んだ。 「モナコに加入できてとても嬉しいです。2年連続で3位に入っており、エキサイティングなリーグで最も有名なクラブのプロジェクトに参加できることを嬉しく思います」 「僕は新しい環境を見つけ、チームを助けるために全力を尽くすことを楽しみにしています」 <span class="paragraph-title">【写真】モナコが南野拓実のイラストを公開!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">ようこそ、南野選手 ! <br><br>Welcome <a href="https://twitter.com/takumina0116?ref_src=twsrc%5Etfw">@takumina0116</a> (@AS_Monaco) <a href="https://twitter.com/AS_Monaco/status/1541798586224181248?ref_src=twsrc%5Etfw">June 28, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.29 00:22 Wed
twitterfacebook
thumb

モナコが南野拓実の獲得を正式発表!2026年までの4年契約!

リーグ・アンのモナコは28日、リバプールの日本代表MF南野拓実(27)の完全移籍加入を発表した。 契約期間は2026年夏までの4年契約となる。 南野はセレッソ大阪でキャリアをスタート。2015年1月にザルツブルクへと完全移籍する。 ザルツブルクでは公式戦198試合で64ゴール43アシストを記録。2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)でリバプールとも対戦すると1ゴール1アシストの活躍。この活躍もあり、2020年1月にザルツブルクからリバプールへと完全移籍した。 2020-21シーズンの後半はサウサンプトンへのレンタル移籍を経験したが、2021-22シーズンは1年間を通してリバプールでプレー。しかし、世界屈指のタレントが集まるチームにおいて出番は限られ、プレミアリーグでは11試合に出場し3ゴールに終わっていた。 カップ戦ではEFLカップ(カラバオカップ)で5試合4ゴール1アシスト、FAカップでは4試合で3ゴール、CLでは4試合に出場していた。国内カップ戦ではチームの優勝に大きく貢献していたが、どちらの決勝でも出番は与えられず、厳しい立場にあることは明白だった。 南野には、リーズ・ユナイテッドやウォルバーハンプトン、古巣のサウサンプトン、来季から昇格するフルアム、セリエAのアタランタなど多くのクラブが興味を示した中、リーグ・アン行きを決めた。 <span class="paragraph-title">【写真】モナコが南野拓実のイラストで加入を発表!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">ようこそ、南野選手 ! <br><br>Welcome <a href="https://twitter.com/takumina0116?ref_src=twsrc%5Etfw">@takumina0116</a> (@AS_Monaco) <a href="https://twitter.com/AS_Monaco/status/1541798586224181248?ref_src=twsrc%5Etfw">June 28, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.29 00:03 Wed
twitterfacebook
thumb

初昇格のモンツァは実力者補強、吉田麻也は「回答待ち」と現地報道

セリエAに初昇格したモンツァは、日本代表DF吉田麻也(33)の返事を待っているようだ。 かつてミランの会長を務め、イタリアの首相でもあったシルヴィオ・ベルルスコーニ氏が会長となり、最高経営責任者(CEO)には腹心であるアドリアーノ・ガッリアーニ氏を迎えたことで話題を呼んでいたモンツァ。ベルルスコーニ氏の買収から4年でセリエAに到達した。 そのモンツァはセリエAで戦うべく戦力を補強。元イタリア代表DFアンドレア・ラノッキア(34)をインテルから獲得すると、カリアリのイタリア代表GKアレッシオ・クラーニョ(27)をレンタル移籍で獲得するなど余念がない。 そんな中、モンツァが獲得に動いているのが吉田だ。 吉田は6月30日でサンプドリアとの契約が満了を迎える中、クラブも契約を延長する意思がない状況。このままフリーとなる。 セリエAでは72試合に出場し3ゴール6アシスト、サウサンプトン時代にはプレミアリーグで154試合に出場し6ゴール4アシスト。日本代表としてもキャプテンを務め、2度のワールドカップに出場するなどこれまで119試合で12ゴールを記録。その経験豊富な吉田に目をつけたようだ。 イタリア『TuttoMercatoWeb』によれば、モンツァは正式に吉田に対してオファーを出している状況。現在は、本人からの返事を待っているようだ。 「レベルを下げることは簡単」と吉田は日本代表の取材時に答えていたが、モンツァであればセリエAでプレーが可能。5カ月語に迫るカタール・ワールドカップに向けても高いレベルでプレーを続けたいはずだが、吉田はどのような決断を下すのか。現 2022.06.28 21:37 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly