ヴェシーノ&バレッラ弾で逆転勝利のインテルが3連勝で暫定首位に浮上!《セリエA》

2019.11.10 04:07 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルは9日、セリエA第13節でヴェローナと対戦し、2-1で勝利した。

リーグ戦4試合無敗中の2位インテルが、本拠地ジュゼッペ・メアッツァに9位ヴェローナを迎えた一戦。ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)第4節のドルトムント戦で惜敗したインテルは、その試合からスタメンを2人変更。カンドレーバとゴディンに代えてラザロとバストーニをスタメンで起用した。

試合は4分、インテルはボックス右横でラザロが倒されFKを獲得すると、ビラギの直接FKが枠を捉えたが、シュートは相手GKに弾き出された。

その後は一進一退の展開が続く中、インテルは18分にピンチ。ラゾビッチのパスでボックス左深くまで侵入したザッカーニを飛び出したGKハンダノビッチが倒してしまい、PKを献上。このPKをヴェッレに決められた。

先制を許したインテルだが、25分に反撃。L・マルティネスのパスを左サイド深くで受けたビラギがクロスを供給。これをニアに走り込んだルカクが右足で合わせたが、シュートは相手GKの正面を突く。27分には、ボックス手前からブロゾビッチが右上を狙ったコントロールシュートを放ったが、これはわずかに枠の上に外れた。

1点を追うインテルがハーフタイムにかけて攻勢に出ると44分、左サイドを抜け出したビラギがグラウンダーのクロスを供給。これをファーサイドに走り込んだヴェシーノが右足で合わせたが、シュートは再び相手GKの好セーブに阻まれた。

後半に入ってもL・マルティネスやルカクを中心に相手ゴールへ襲い掛かるインテルだが、中央を締めるヴェローナ守備陣をなかなか釣り出すことができず。チャンスのないまま時間が経過する。

それでも65分、インテルはサイドチェンジをボックス右横で受けたラザロが素早くクロスを供給すると、中央に走り込んだヴェシーノがヘディングシュートを叩き込み、試合を振り出しに戻した。

同点弾で勢いづくインテルは、80分に相手のバックパスに反応したルカクがDFの裏に抜け出すと、ヘディングで飛び出したGKの上を越すループシュートを狙ったが、上手く合わせられず巡ってきたチャンスを不意に。

インテルは直後の81分にL・マルティネスを下げてエスポージトを投入。すると83分、左サイドでボールを受けたバレッラがカットインから右足一閃。インサイドカーブがかかったボールはそのままゴール右に突き刺さった。

結局、これが決勝点となり2-1でインテルが逆転勝利。リーグ戦3連勝を飾ったインテルが、暫定ながら再び首位に浮上している。
コメント
関連ニュース
thumb

インテルのベテラン守護神、ハンダノビッチが完璧なミドルシュートをストップ!【アンビリーバブル・セーブス】

たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。 しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。 <div id="cws_ad">◆ベテラン守護神ハンダノビッチが見せたファインセーブ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJiWHE0RDNHayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今回は、インテルのスロベニア代表GKサミル・ハンダノビッチがフィオレンティーナ相手に見せたセーブだ。 2003年にスロベニアでプロデビューしたハンダノビッチは、2004年にウディネーゼに加入し、セリエAデビュー。同クラブでの安定した活躍が認められ、2012年夏にインテルへ移籍し、守護神ジュリオ・セザールの後釜として背番号「1」を受け継ぎ、ここまで公式戦300試合以上に出場している。 御年36歳となったハンダノビッチはGKの中でもベテランの域に入ってきているが、2019年12月15日に行われた、セリエA第16節のフィオレンティーナ戦では、年齢を感じさせないファインセーブを記録している。 アウェイのインテルが開始早々に先制して迎えた15分、追いかけるフィオレンティーナにチャンスが訪れる。ボックス内でクロスを受けたDFポル・リロラが、ボックス手前正面でフリーになっていたMFミラン・バデリに丁寧に落とす。 バデリはこれをダイレクトでミドルシュート。カーブのかかったシュートは、ゴール右隅に弧を描いて飛んでいったが、ハンダノビッチが横っ飛びでセーブ。完璧なミドルシュートを弾き、難を逃れた。 決定機を阻止し、点差を守ったインテルだったが、後半アディショナルタイムに同点弾を許し、試合は引き分けに終わっている。 2020.08.12 13:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【2019-20セリエAベストイレブン】上位4強から満遍なく選出!

2019-20シーズンのセリエAが8月2日に終了しました。本稿では今季のセリエAベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。 ◆ベストイレブン GK:ハンダノビッチ DF:デ・フライ、ボヌッチ、テオ・エルナンデス MF:デ・ルーン MF: ルイス・アルベルト、ディバラ、アレハンドロ・ゴメス FW:ルカク、インモービレ、C・ロナウド GKサミル・ハンダノビッチ(36歳/インテル) 出場試合数:35(先発回数:35)/失点数:32/出場時間: 3150分 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw07.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ユベントスの優勝に貢献したシュチェスニーも候補に挙がったが、試合数と失点数を考慮し、インテルの守護神を選出。相変わらずのセービング能力の高さで、簡単にゴールを割らせなかった。リーグ最少失点の堅守を誇ったチームの最後の砦として、圧倒的な存在感を未だに放ち続けている。 DFステファン・デ・フライ(28歳/インテル) 出場試合数:34(先発回数:32)/得点数:4/出場時間: 2828分 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw08.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> DFシュクリニアル、急成長したDFバストーニと共に強固な3バックを形成。今季はベテランのDFゴディンが加わったが、コンテ監督は実力者のゴディンではなくデ・フライをディフェンスリーダーに指名し、その期待に見事応えたと言える。 DFレオナルド・ボヌッチ(33歳/ユベントス) 出場試合数:35(先発回数:35)/得点数:3/出場時間: 3085分 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw09.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 復帰2年目の今季、相棒の主将DFキエッリーニが開幕前に長期離脱となった中、ボヌッチがディフェンスリーダーとして、そして代役のキャプテンとしてさすがの存在感を放った。新加入のDFデ・リフトがなかなかチームにフィットせず不安定だった序盤、持ち前のソリッドさと統率力でカバーして見せた。33歳とベテランの域に入ってきた中、コンディションを高いレベルで維持したことも評価したい。 DFテオ・エルナンデス(22歳/ミラン) 出場試合数:33(先発回数:32)/得点数:6/出場時間:2818分 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw010.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 左サイドバックからテオ・エルナンデスを選出。ミランから唯一の選出としたテオ・エルナンデスは、シーズンを通してダイナミックな攻撃参加を武器に存在感を示し続けた。守備の軽さは玉に瑕だが、それを補って余りある攻撃力で6ゴール5アシストを記録。左サイドからのオーバーラップはミランの強烈な武器となった。 MFルイス・アルベルト(27歳/ラツィオ) 出場試合数:36(先発回数:36)/得点数:6/出場時間:3122分 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw012.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 後半戦はやや失速したが、それでも16アシストを記録し、得点王に輝いたインモービレの大半のゴールをお膳立てしてみせた。シーズン開幕前にはセビージャへの復帰が噂されながらもラツィオでの4シーズン目を迎えたスペイン人MFは、抜群の精度を誇るスルーパスを武器に攻撃を操った。 MFマルテン・デ・ルーン(29歳/アタランタ) 出場試合数:35(先発回数:29)/得点数: 2/出場時間:2717分 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw011.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 相棒のMFフロイラーと共にアタランタの中盤を支えた。攻守に幅広く動くフロイラーに対し、デ・ルーンは中盤をコントロールできるMFでチームに絶妙なバランスをもたらした。ハードなスタイルを貫いたチームの中で、疲弊を感じさせずケガなくシーズンを戦い切った点も評価。 FWパウロ・ディバラ(26歳/ユベントス) 出場試合数:33(先発回数:25)/得点数:11/出場時間: 2165分 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw013.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今季開幕前には放出の可能性もあった中、見事な活躍で9連覇に導いた。コロナに感染する逆境にも遭ったが、リーグ再開後は5試合連続ゴールを挙げるなど、逆にギアを上げた。最終的には3トップ中央の位置でのプレーに落ち着いたが、C・ロナウドと良好な関係を保ち、攻撃を牽引した。一定の自由を与えられたファンタジスタは本来の輝きを取り戻し、インテル戦やアタランタ戦といったビッグマッチで貴重なゴールを挙げた。 MFアレハンドロ・ゴメス(32歳/アタランタ) 出場試合数:36(先発回数:34)/得点数:7/出場時間:2860分 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw014.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 躍進アタランタの中心。在籍6シーズン目の10番が今季も躍動した。32歳と円熟味を増した小柄な天才アタッカーは、ルイス・アルベルトと並ぶ16アシストでFWサパタ、FWムリエルらのゴールをお膳立て。リーグ最強の攻撃力を誇るアタランタを象徴する存在だった。 FWロメル・ルカク(27歳/インテル) 出場試合数:36(先発回数:33)/得点数:23/出場時間:2983分 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw015.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 覚醒したFWラウタロ・マルティネスと共にインテルの攻撃を牽引。DFスモーリング同様、ほぼ戦力外扱いでマンチェスター・ユナイテッド退団となった中、自身の価値を改めて証明してみせた。圧倒的なフィジカルを武器にインテルのレジェンドであるヴィエリ氏を思い起こさせるような重戦車ぶりでセリエAの守備陣をなぎ倒し、23ゴールをマークした。 FWチーロ・インモービレ(30歳/ラツィオ) 出場試合数:37(先発回数:36)/得点数:36/出場時間:3176分 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw016.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 堅守速攻を完結させるフィニッシャーとして申し分ない働きを果たした。得意の裏抜けからの正確なシュートでゴールを量産。ルイス・アルベルトとのホットラインもラツィオの十八番となっている。 FWクリスティアーノ・ロナウド(35歳/ユベントス) 出場試合数:33(先発回数:33)/得点数:31/出場時間:2919分 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw017.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 加入2シーズン目の今季もゴールゲッターとしての役割をしっかりと果たした。パフォーマンス自体は決して良いものとは言えなかったが、それでもPKを含め、決定機を確実に仕留め続けて31ゴールを挙げた点は流石の一言。 2020.08.11 18:01 Tue
twitterfacebook
thumb

【2019-20セリエA総括】最優秀選手はインモービレ!

◆何はともあれユーベが9連覇 欧州で最も早く新型コロナウイルスの深刻な影響を受け、欧州4大リーグで最も再開までに時間を要したセリエA。約3カ月半の中断期間があった中、前例のないシーズンを制したのはやはり王者ユベントスとなった。 とはいえ、サッリ監督を迎えた今季のユベントスは優勝した過去8シーズンとは違い、盤石な戦いを見せたわけではなかった。“サッリズム”と称されたナポリやエンポリで称賛されたパスサッカー主体の戦術が最後まで浸透することはなく、FWクリスティアーノ・ロナウドとFWディバラの個を押し出したスタイルで、接戦を何とか拾い続けての優勝だった。それでも最終盤にスクデットを争ったインテルやアタランタとの直接対決で上回っていたことが大きく、ある程度余裕をもって戦えたことが9連覇に繋がったと言えそうだ。ただ、セリエA終了後に行われたチャンピオンズリーグ(CL)でリヨンに敗れたことを受け、サッリ監督が電撃解任されている。 そのユベントスと前半戦を終えた段階でスクデットを争っていたインテルは、第23節でミランとのダービーを制し、首位に立つ健闘を見せた。コンテ監督を迎えた中、ソリッドなチームに変貌を遂げたネラッズーリは、リーグ最強の2トップであるFWルカクとFWラウタロ・マルティネスのコンビでゴールを量産し、DFデ・フライを軸とした3バックも堅牢だった。しかし、不運にも中盤に故障者が続出した影響もあって勢いを失い、リーグ再開後は格下に勝ち点を取りこぼすことが目立ってしまった。それでも来季以降、ユベントスの優勝を阻む最大のライバルとしてリーグを盛り上げてくれそうな気配が漂っている。 昨季の3位に続き、良い意味で驚きを与えてくれたのがアタランダだった。シーズン前半は初のCLを戦った影響で不安定だったが、リーグ再開後は文字通り無双した。13試合を戦って9勝3分け1敗と圧巻の成績を残した。就任5シーズン目を迎えたガスペリーニ監督の下、ハードワークと前線からのプレスが格段に強化され、リーグ最強の攻撃力を誇ったアタランタは、来季以降も観る者を魅了するスタイルで進化を遂げるはずだ。 シモーネ・インザーギ監督の下、徹底したカウンタースタイルで、リーグ中断前にはユベントスに1ポイント差としていたラツィオも健闘が光るシーズンだった。得点王に輝いたFWインモービレと、パサーのMFルイス・アルベルトのホットラインでゴールを積み重ね、優勝争いに絡んで見せた。残念ながらリーグ再開後は負傷者の影響もあり失速したが、ユベントスを脅かす存在だったことは間違いない。 CL出場権に届かず5位フィニッシュとなったローマだったが、決して悪いシーズンではなかった。フォンセカ監督を迎えたチームは、試行錯誤を繰り返しながら成長を遂げていった。最終的には3バックに落ち着き、各選手のキャラクターとマッチ。攻守にバランスが整ったことで内容の伴った勝利が増え、来季に期待を抱かせている。 そのローマと最終的にヨーロッパリーグ(EL)ストレートインを懸けて争ったミランは、ジャンパオロ体制が大失敗だった中、繫ぎの意味合いが強かったと思われるピオリ監督の招へいで意外にも復活を遂げた。第8節から指揮を執ったピオリ監督はチームに規律をもたらし、攻守のバランスを改善。1月にFWイブラヒモビッチが加入して以降は攻撃力も増し、中断明け以降は無敗で駆け抜けた。この好調を受け、ピオリ監督は来季以降の続投も勝ち取っている。 アンチェロッティ体制2季目で優勝を狙えるかに思われたナポリは、思わぬ躓きを見せた。CLではグループステージを突破したものの、リーグ戦で結果が出ていなかったことで12月にアンチェロッティ監督が解任された。しかし、後を受けたガットゥーゾ監督が徐々にハードワークを浸透させ、チーム状態が上向きに。リーグ再開後に行われたコッパ・イタリアではユベントスを下して優勝を勝ち取った。 そして今季はセリエAに初挑戦した2人の日本人選手の活躍も嬉しいトピックとなった。ボローニャに加入したDF冨安は本職ではない右サイドバックながらシーズンを通してレギュラーとしてプレー。質の高いプレーを続け、自身の価値を大いに高めた。 また、1月にサウサンプトンからサンプドリアに加入したDF吉田も降格圏付近を彷徨っていたチームを残留に導く働きを見せた。中断明け後、センターバックのレギュラーに定着し、4試合を残して残留を勝ち取ったチームの一員として欠かせない働きを果たした。 降格したのは昇格組のブレシアとレッチェに加え、3シーズンに渡ってセリエAを戦っていたSPALとなった。 【最優秀選手&監督】 ★最優秀選手 ◆FWチーロ・インモービレ(ラツィオ) <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw02.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ユベントス優勝の原動力となったディバラと迷ったが、セリエAの歴代シーズン最多ゴール記録に並ぶ36ゴールを挙げたインモービレを選出。2015-16シーズンにナポリで樹立したFWイグアインの記録に並んだインモービレは、シーズンを通してコンスタントにゴールを記録。C・ロナウドの追い上げにもあったが、終盤の5試合で7ゴールを荒稼ぎし、突き放して自身3度目のセリエA得点王に輝いた。 ★最優秀監督 ◆ジャン・ピエロ・ガスペリーニ(アタランタ) <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw03.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 就任5シーズン目を迎えた中、アタランタをよりソリッドに、インテンシティーの高いチームに仕上げた。[3-4-2-1]でシステムを固定した中、オートマティックな連動性あるチームに磨き上げ、今季もセリエA最強の攻撃力を誇った。攻守一体の組織力は今や欧州屈指のレベルに達している。 【期待以上】 ★チーム ◆アタランタ <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw014.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 名将ガスペリーニ監督によって鍛え上げられたチームは、中断明け後の過密日程も何のその、疲労知らずで勝利を積み重ねた。怒涛の追い上げでユベントスを捕まえられそうなところまで来たが、あと一歩届かなかった。それでも、チームの規模を考えれば昨季の3位と同様、最高のシーズンを過ごしたと言えそうだ。 ★選手 ◆ロビン・ゴセンズ(アタランタ) <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw04.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> セリエAファンでも彼がここまで活躍する選手に成長を遂げるとは想像できなかったのではないだろうか。ドイツの無名クラブの下部組織で育った左サイドハーフは、オランダでプロキャリアを積み、2017年夏にヘラクレスからアタランタに加入。在籍3年目の今季、大きな飛躍を遂げた。無尽蔵のスタミナでアップダウンを繰り返し、9ゴール8アシストと出色の成績を残した。この活躍を受け、ユベントスやチェルシーといったビッグクラブが獲得に乗り出すに至っている。 【期待外れ】 ★チーム ◆ナポリ <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw05.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ガットゥーゾ監督を迎えてコッパ・イタリア優勝こそ果たしたものの、開幕前はユベントス、インテルに次ぐ優勝候補かと思われた中、スクデット争いに絡めなかったことから選出。アンチェロッティ体制2シーズン目で期待が大きかったが、主力のメンツが昨季とほぼ変わらずマンネリ化の影響もあったのか、平行して戦っていたCLで疲弊したのか、思わぬ躓きを見せてしまった。 ★選手 ◆FWイルビング・ロサーノ(ナポリ) <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw06.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 期待外れのナポリからロサーノを選出。PSVで十分な実績を残し、ワールドカップでも活躍したウインガーはセリエAで躍動するかに思われたが、クラブ史上最高額の3800万ユーロの移籍金に見合わず、わずか4ゴールと全く振るわなかった。PSVの先輩であるFWメルテンスがナポリの歴代最多ゴール記録を樹立するレジェンドとなった中、ロサーノは来季以降、ナポリっ子から愛される選手となるだろうか。 2020.08.11 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

美技弾のバレッラ、EL4強入りを喜ぶ 「チーム力を示せた」

インテルのイタリア代表MFニコロ・バレッラがヨーロッパリーグ(EL)準決勝進出に喜びの心境を語った。 インテルは10日に中立地ドイツで行われたEL準決勝でレバークーゼンと対戦して、2-1の白星。チャンピオンズリーグ(CL)を制した2009-10シーズン以来となる欧州でのベスト4入りを成し遂げた。 フル出場のバレッラは15分に味方が放ったシュートの跳ね返りをバイタルエリア中央で回収すると、右足アウトサイドでのフィニッシュをゴール左下に決め、チームに先制点をもたらした。 バレッラは試合後、イタリア『スカイ』で「今日は『団結したチームじゃない』と言う人々に対して、素晴らしいチームであり、ボールを持って戦えるのを証明できたと思う」と述べ、満足感を示した。 「(VAR判定によるPKの取り消しを)気にせず、結果を出して、準決勝に勝ち上がることができた。もっと試合を早く終わらせて、休養に充てられたかもしれないが、レバークーゼンはすごく強いチームで。苦しめられた。でも、今日の僕らはチーム力を示せた。このまま決勝まで辿り着きたい」 なお、インテルは17日に行われる準決勝で、シャフタール・ドネツクvsバーゼルの勝者と対戦する。 2020.08.11 12:15 Tue
twitterfacebook
thumb

EL4強進出のコンテ、ルカクの活躍は「チーム全体の支えがあってこそ」

インテルのアントニオ・コンテ監督がヨーロッパリーグ(EL)準決勝進出に尽力した選手を労い、主砲としての役割を全うしたベルギー代表FWロメル・ルカクにも言及した。クラブ公式サイトが伝えている。 インテルは10日に中立地ドイツで行われた準々決勝でレバークーゼンと激突。2点リードした展開から1点を返され、反撃を許したものの、それ以上の追撃を許さず、ベスト4に駒を進めた。 今季ブンデスリーガを5位でフィニッシュしたドイツの強豪を退け、タイトルに一歩前進したコンテ監督は試合後、内容と結果に満足感を示すとともに、選手たちに賛辞を贈った。 「我々の誰もが本当にハッピーだ。素晴らしいパフォーマンスぶりだったからだ。この試合に向けて正しい準備をして、レバークーゼンのプレーを止めた。ポゼッションにおいても我々の取り組みを実行できたと思う」 「結果は僅差で、もっとリラックスした試合にできたはずだが、決して防戦一方というわけじゃなかった。選手たちを褒めることしかできない。ビッグシーズンを経験しているのを示してくれたのだからね」 「今は準決勝を戦うチャンスを手にしたのを素直に喜ぶべきだ。次の試合は明日から考える。悔いなく、最大限を目指したいからね」 そう語ると、次にチーム2得点目を挙げて勝利に大きく貢献したエースのルカクに関する質問にも応じてみせ、「チーム全体の支えがあってこそ」だと述べ、グループの重要性を強調した。 「あれだけ全員が素晴らしいパフォーマンスを披露してくれたのだから、個人を語るのは難しいものだ。ロメルは素晴らしいシーズンを送っているが、それはチーム全体の支えがあってこそ。全体が良いプレーをすれば、個人レベルでも良いパフォーマンスを出せるようになる」 「ルカク、ラウタロ(・マルティネス)、(アレクシス・)サンチェスのようなストライカーの存在は重要だが、彼らもチームに感謝の気持ちを持たなければ。グループが個人のベストを引き出すものなのだからね」 2020.08.11 11:45 Tue
twitterfacebook