ジェノア、クラブOBのチアゴ・モッタ氏を新指揮官に招へい!

2019.10.23 07:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ジェノアは22日、チアゴ・モッタ氏(37)を新指揮官に招へいしたことを発表した。契約期間は今季終了までとなっているが、オプションで2021年まで延長される内容になっているとのことだ。

ジェノアでは同日、セリエA第8節終了時点で1勝5敗2分けの19位に低迷していたことを受け、アウレリオ・アンドレアッツォーリ監督(65)の解任を発表していた。

現役時代にバルセロナやインテル、パリ・サンジェルマンといったビッグクラブで活躍した元イタリア代表MFのチアゴ・モッタ氏は、2008-09シーズンにジェノアでプレー。現役引退後は、昨シーズンまでPSGのU-19チームを指揮していた。
コメント
関連ニュース
thumb

アタランタ、ジェノアGKぺリンに関心か?…ガスペリーニ監督とはかつての師弟関係

アタランタが、ユベントスのイタリア代表GKマッティア・ぺリン(27)に関心を示しているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 アタランタでは、正GKのイタリア代表ピエルルイジ・ゴッリーニが最終節のインテル戦でヒザの後十字じん帯を損傷。2カ月の離脱を余儀なくされ、9月中旬の新シーズン開幕に間に合わない見込みとなっている。 そこで白羽の矢が立ったのがペリンだ。2018年夏にジェノアからユベントスに移籍した同選手は、今冬の移籍市場で半年間のレンタル移籍でジェノアに復帰。加入直後のセリエA第18節のサッスオーロ戦から最終節まで守護神としてゴールマウスに立ち、リーグ戦21試合に出場していた。 アタランタのジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督とは、ユベントスに移籍する前のジェノア在籍時に師弟関係にあり、そのツテから獲得を試みると言われている。 一方で、ストライカーを探しているというユベントスが、アタランタのコロンビア代表FWドゥヴァン・サパタに興味を抱いていることから、トレードという形でアタランタに加わる可能性も考えられている。 2020.08.14 21:51 Fri
twitterfacebook
thumb

ヴェローナ指揮官ユリッチ、残留懸かる最愛の古巣との最終節に「我々はプロとして臨む」

エラス・ヴェローナを率いるイバン・ユリッチ監督は、セリエA残留が懸かる古巣との最終節に向けてあくまでプロフェッショナルとして全力で戦うことを誓った。『フットボール・イタリア』が伝えている。 2006-07シーズンのセリエBを3位で終え、セリエA復帰を果たしたジェノアは以降、13シーズンに渡ってセリエAでのプレーを続けている。しかし、今シーズンはシーズンを通して不振に喘ぎ、残留争いを強いられている。 とりわけ、直近のインテル、サッスオーロ相手の連敗により、18位のレッチェ(勝ち点35)との勝ち点差はわずか1ポイントに縮まっている。レッチェとの当該成績で優位に立つジェノアは、レッチェが最終節で引き分け以下に終わった場合、敗戦でも残留が決定するが、自力での残留に向けては9位のヴェローナ相手の勝利が必須だ。 そして、奇しくも最終節で対峙するのが、ジェノアととりわけ縁が深いユリッチ監督だ。 現役時代にクロアチア代表MFとして活躍したユリッチ監督は、前述のジェノア昇格の功労者であり、2010年には同クラブで現役を引退。さらに、アカデミーやトップチームの監督経験もある、ジェノアのレジェンドだ。加えて、ヴェローナには同じくジェノア在籍経験があり、エンリコ・プレツィオージ会長を義理の父親に持つ元ポルトガル代表MFミゲル・ヴェローゾがプレーしている。 そのため、この最終節を前にしてユリッチ監督には愛する古巣を降格から救うため、メンバー選考などに手心を加えるのではないかとの懐疑的な目を向けられている。 だが、前日会見に出席した元ジェノア指揮官は、あくまでプロフェッショナルとして古巣を全力で叩きに行くことを誓っている。 「明日の試合ではプリマヴェーラのプレーヤーを起用するつもりは一切ない。あくまで真剣に、正々堂々と試合に臨みたいと考えている」 「この試合前に、(手を抜くなどの)不愉快な話を見聞きしたが、我々はあくまで自分たちの試合のためにそこに向かう。それだけにそれ以外に関する話題には本当にイライラさせられている」 「私が元ジェノアの人間であり、ミゲル・ヴェローゾがジェノアの会長の娘と結婚していることは間違いない事実だ。しかし、我々はプロフェッショナルだ」 今回の最終節で全力を尽くすことを強調したユリッチ監督だが、その目標を達成しつつ、同時刻開催でレッチェが敗戦することを強く願っているはずだ。 2020.08.02 16:03 Sun
twitterfacebook
thumb

最終節での逆転残留目指すレッチェ指揮官 「個々が持つ全力を出さなければならない」

セリエA最終節での逆転残留を目指すレッチェのファビオ・リベラーニ監督は、人事を尽くして天命を待つ構えだ。イタリア『calcionews24』が伝えている。 昨シーズンのセリエBを2位で終えて7年ぶりのセリエA復帰となったレッチェ。序盤戦はしぶとく勝ち点を重ねていたものの、昨年12月以降に4連敗、6連敗という大型連敗を喫した影響もあり、降格圏の18位(勝ち点35)に低迷。 それでも、前節のウディネーゼ戦で2-1の会心の逆転勝利を収めたことで、セリエA最終節を前に、残留圏内の17位ジェノア(勝ち点36)との勝ち点差を1ポイントに縮め、逆転残留への望みを繋いでいる。 そして、11位のパルマをホームで迎え撃つ最終節では勝利を収めた上、同時刻に行われる試合でジェノアがヴェローナに引き分け以下に終わった場合、逆転での残留を決められる。 その重要な一戦の前日会見に出席したリベラーニ監督は、無観客開催に伴い、自宅で残留を願うティフォージの期待に応えるため、最後まで全力を尽くすことを誓っている。 「ウディネーゼ戦前のアウェイゲーム3試合では良いパフォーマンスができていたし、より良い結果に値したと思っている。そして、ウディネーゼ戦ではセリエAに残るための最後のチャンスだったが、我々は自分たちができること以上のものを出して勝利を手にした」 「そして、引き続きベストを尽くし続ける必要がある。明日の試合に向けて最善の準備をし、絶対に勝たなければならない。そして、最終結果を下すことになる別の会場での試合結果を待つことになるだろう」 「我々にとってこの試合は今シーズンの最終戦だ。それ以外には何も残っていない。したがって、それぞれが持っているすべてをピッチへ注ぎ込むことが重要だ」 「2万人ものホームサポーターの不在は我々にとって残念なことだ。彼らはホームに限らず、アウェイでも熱心に我々をサポートしてくれているからだ。それは大きなハンディキャップになるが、それはどのクラブも同じことだ。セリエAは誰にとっても重要な財産であり、そのために最後まで戦い、守らなければならない」 2020.08.02 15:06 Sun
twitterfacebook
thumb

レッチェが逆転残留に望み!最終節ジェノアと残留争いへ《セリエA》

レッチェは29日、セリエA第37節でウディネーゼとのアウェイ戦に臨み、2-1で逆転勝利した。 降格圏に位置する18位レッチェ(勝ち点32)が、13位ウディネーゼ(勝ち点42)のホームに乗り込んだ一戦。 勝利しても残留圏内の17位ジェノアが同時刻開催のサッスオーロ戦を勝利すれば最終節を前に1年での降格となるレッチェは、36分に失点する。CKからサミルにヘッドで押し込まれた。 それでも40分、相手のハンドで得たPKをマンコースが決めて試合を振り出しに戻し、前半を終えた。 迎えた後半、互角の攻防が続いた中、81分にレッチェに逆転ゴールが生まれる。バラクとの連携から最後はラパドゥーラが押し込んだ。これが決勝点となってレッチェが勝利。 同時刻に行われていた試合でジェノアがサッスオーロに0-5と大敗したことから、レッチェは1ポイント差に迫り、最終節に残留の望みをつなげている。 なお、レッチェは最終節パルマと、ジェノアはヴェローナと対戦する。 2020.07.30 04:38 Thu
twitterfacebook
thumb

コンテ、ジェノアに快勝も優勝厳しい現状に「見合わない順位となるシーズンもある」

インテルを率いるアントニオ・コンテ監督が、今シーズンの成績について語った。クラブ公式サイトが伝えている。 王座復権へ向けて昨夏にコンテ監督を招へいしたインテル。すると、セリエA開幕から6連勝を飾る好ダッシュに成功し、近年と異なるペースで勝ち点を積み上げていった。 しかし、首位のユベントス相手に2敗を喫し、残り2試合を残して勝ち点76で2位に。3試合を残すユベントス(勝ち点80)の優勝は固いと見られている。 それでも、インテルはここまでの今シーズンのリーグ戦で最少失点数を記録。得点数でもアタランタに次ぐ2位に。さらに、現在の76ポイントは2位で終えた2010-11シーズンに並んでいる。 25日に行われた第36節のジェノア戦(3-0で勝利)後、コンテ監督は今シーズンの数字や戦いぶりを評価。ただ、結果が伴わないこともあると語った。 「ここ最近の評価は常にグラスが半分空だと言われてきた。私にはわからないね。だが、数字は明確で慰めにはなっているよ。選手たちは非常に良い仕事をしている」 「当然のことながら我々には改善の余地があるし、続けなければならない。しかし、彼らがよくやっていることを称賛する必要がある。ここには努力を惜しまず、妥協を知らない真面目な選手たちが揃っているからだ」 「試合によっては悔しい思いをすることもあるだろう。残念なことに見合わない順位となるシーズンもある。今シーズンはそれが起きたと思う」 2020.07.26 10:30 Sun
twitterfacebook