ユベントス、2人の若手がディジョンにレンタル移籍

2019.08.30 14:20 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ディジョンは29日、ユベントスからイングランド人FWステフィー・マヴィディディ(21)、ブラジル人MFマテウスペレイラ(21)の2選手を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。

なお、マヴィディディ(写真左)は「9」、マテウスペレイラ(写真右)は「10」の背番号を着用する。

アーセナルのアカデミー出身のマヴィディディは、2017年のFIFA U-17ワールドカップにU-17イングランド代表として出場経験もある身体能力とテクニックに優れた183セmのセンターフォワード。アーセナルでのトップチームデビューは叶わず、幾つかのレンタル先で武者修行を積んだ中、2018年にユベントスに完全移籍。
セリエCに所属するユベントスU-23で主力として活躍すると、今年4月に行われたセリエAのSPAL戦では待望のトップチームデビューも飾っていた。

一方、母国のコリンチャンスでプロデビューを飾ったマテウスペレイラは高精度の左足と戦術眼、攻撃センスに長けた2列目を主戦場とするプレーメーカー。エンポリでのヨーロッパデビューを経て2017年にユベントス移籍を果たすも、すぐさまボルドー、パラナ・クルーベへの武者修行に出された。

それでも、今年4月のインテル戦でトップチームデビューを飾ると、昨シーズンのセリエA最終節のサンプドリア戦では先発デビューも飾っていた。

関連ニュース
thumb

鎌田&長谷部の同僚、フランクフルトが守護神・トラップと2026年まで契約延長! GKとしてクラブ最多出場記録更新も視野

フランクフルトは3日、ドイツ代表GKケビン・トラップ(32)との契約延長を発表した。 契約期間は現行の2024年6月30日から2年間延長し2026年6月30日まで。さらに1年間の延長オプションがつくという。 トラップは2008年7月にカイザースラウテルンでプロキャリアをスタート。2012年7月にフランクフルトへと完全移籍する。2015年7月にはパリ・サンジェルマン(PSG)へと完全移籍。2018年8月にレンタル移籍でフランクフルトに復帰すると、2019年8月に完全移籍で加入した。 フランクフルトでは守護神としてプレーし、これまで公式戦通算282試合に出場。ゲームキャプテンも務めており、今シーズンも公式戦26試合でプレーしている。 ドイツ代表としては6試合にしか出場していないが、2018年、2022年と2大会でワールドカップのメンバー入り。また、2021-22シーズンはヨーロッパリーグ(EL)優勝のタイトルを守護神として勝ち取っていた。 「このクラブが僕にとってどれほどの意味を持つか、そして僕がフランクフルトでリラックスできていることを誰もが知っている。アイントラハトファミリーの一員であり続けられることを嬉しく思う」 「僕たちはすでに多くのことを一緒に経験しており、まだ多くの計画を立てている。クラブの野心は僕のものと100%一致しており、アイントラハト・フランクフルトのために全力を尽くし続けたいと思っている」 <span class="paragraph-title">【写真】美人モデル妻とトラップがELトロフィーを囲む</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cdy3OMvIzER/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cdy3OMvIzER/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cdy3OMvIzER/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Kevin Trapp(@kevintrapp)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.02.03 22:57 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナルがブラジル代表FWマルティネッリと長期契約締結! 今季は19試合7ゴールと首位のチームを牽引

アーセナルは3日、ブラジル代表FWガブリエウ・マルティネッリ(21)との契約更新を発表した。 契約期間は明かされず、長期とされているが、『The Athletic』は2027年までとし、さらに1年間の延長オプションを持っているという。 マルティネッリはブラジル4部のイトゥアーノから2019年7月にアーセナルに完全移籍で加入。当時は注目度も高くない若手の青田買いと見られていた。 加入1年目は開幕戦でデビューすると、プレミアリーグ14試合で3ゴールを記録。結果を残し始めた矢先にヒザを負傷して離脱。2年目はそのケガの影響もありシーズンのおよそ半分を棒に振り、プレミアリーグ14試合で2ゴール1アシストを記録していた。 3年目はレギュラーに定着し、プレミアリーグ29試合で6ゴール6アシストと飛躍。ブラジル代表にも選ばれると、今シーズンはプレミアリーグ19試合で7ゴール2アシストとさらに躍進。カタール・ワールドカップ(W杯)にも出場していた。 左ウイングとして定着し、チームの欠かせない攻撃のピースとなっているマルティネッリ。ミケル・アルテタ監督は契約延長を喜んだ。 「ガビが長期契約にサインしてくれて本当に嬉しい。我々のサポーターは、彼がユニフォームを着るたびに、そのクオリティとエネルギーを目にすることができる。トレーニングでも毎日同じように、ハードワークとポジティブな価値観を見せている」 「ガビはまだとても若く、まだまだ多くのものを手にするだろうし、一緒にこの旅を歩めることは素晴らしい。我々は今、彼の大きな才能を伸ばし続け、今後数年間アーセナルで活躍する姿が見られるのを楽しみにしている」 2023.02.03 18:37 Fri
twitterfacebook
thumb

かつては将来が約束されたMFヤヌザイがイスタンブールへレンタル…今季はセビージャで6試合出場に終わる

イスタンブール・バシャクシェヒルは3日、セビージャの元ベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイ(27)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 シーズン終了までの契約となり、背番号は「11」をつける。 ヤヌザイはマンチェスター・ユナイテッドの下部組織出身。2015年8月にドルトムントへレンタル移籍。その後サンダーランドへのレンタル移籍を経験し、2017年7月にレアル・ソシエダへと完全移籍する。 ソシエダでは公式戦167試合に出場し23ゴール21アシストを記録。今シーズンからセビージャに完全移籍したが、公式戦6試合出場に終わっていた。 かつては大きな期待が寄せられていたヤヌザイだが、トルコで再び輝けるだろうか。 2023.02.03 18:18 Fri
twitterfacebook
thumb

MLSのアトランタが選手補強、グラナダからペルー代表DFアブラムを完全移籍で獲得

アトランタ・ユナイテッドは3日、グラナダからペルー代表DFルイス・アブラム(26)が完全移籍で加入したことを発表した。 契約期間は2026年まで。国際移籍証明書とP-1ビザが受領次第選手登録される。 アブラムは、ペルーのスポルティング・クリスタルでキャリアをスタート。アルゼンチンのべレス・サルスフィエルドでプレーしたのち、2021年8月にグラナダに完全移籍で加入した。 2022年1月にはメキシコのクルス・アスルにレンタル移籍。2022シーズンはリーグ戦15試合に出場していた。 センターバックを主戦場に左サイドバックでもプレーが可能なアブラムは、ペルー代表としても33試合に出場し1ゴールを記録していた。 アトランタ・ユナイテッドは、浦和レッズも獲得に動いているとされるセルティックのギリシャ代表FWギオルゴス・ギアクマキスの加入が近づいているとされている。 2023.02.03 15:50 Fri
twitterfacebook
thumb

元豪州代表スピラノビッチが34歳で現役引退…かつて浦和所属のセンターバック

Aリーグ・メンのメルボルン・ビクトリーでプレーする元オーストラリア代表DFマシュー・スピラノビッチ(34)が現役を引退した。 代表として2014年のワールドカップ(W杯)に出場するなど、通算36キャップのスピラノビッチはメルボルン・ビクトリーでのプロ入りから、ドイツ、日本、カタール、中国でもプレー。日本では2010年から2012年途中まで浦和レッズに所属して、通算48試合で1得点5アシストの数字をマークした。 その浦和を退団してからはカタール、オーストラリア、中国ときて、2018年夏からパース・グローリーで改めて母国復帰。2021年夏から古巣のメルボルン・ビクトリーに戻り、今季はここまでAリーグ・メン4試合の出場にどどまっていた。 17年間のプロキャリアに終止符を打つセンターバックはメルボルン・ビクトリーの公式サイトで「この場を借りて、プロ選手としての引退を発表させてもらう」と表明。そして、感謝の言葉を送っている。 「この4カ月は足のケガに悩まされ続け、ついに現役を退くときが来た。今季を戦い抜いて、メルボルン・ビクトリーの上位進出を手助けしたかっただけに、複雑な心境だ。チームメイト、コーチングスタッフ、トニー・ポポヴィッチ、そしてクラブ全体に感謝したい。キャリアを通じて、僕は恵まれ、誇りを感じる。過去にいたクラブ、チームメイト、コーチ、ファンにも楽しい思い出と特別な時間をありがとうと言う」 また、現役時代のいち時期をサンフレッチェ広島で過ごしたトニー・ポポヴィッチ監督は「マティは私が何年も指導し、一緒に仕事をしてきた選手。非常に才能のある守備者で、ピッチ内外ですべてが完璧なプロだ」などと労った。 2023.02.03 14:40 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly