インテル移籍のルカク、古巣に不満…「『ロム、君の代わりに戦うよ』って言ってほしかった」

2019.08.22 12:25 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今夏の移籍市場でインテル移籍を果たしたベルギー代表FWロメル・ルカクが古巣マンチェスター・ユナイテッド時代の批判に苦言を呈した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

2017年夏にエバートンからユナイテッドに加入したルカク。在籍2年間で公式戦96試合42得点13アシストの数字を残したが、低調な内容を露呈すると、たびたび批判の矢面に立たされるシーンも少なくなかった。そして、昨シーズンは途中就任したオーレ・グンナー・スールシャール監督の下でイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードのバックアップに。結果、今夏の移籍市場でインテル行きに旅立つことを決断している。

そのルカクはインテル移籍前、NBAプレーヤーである友人のジョシュ・ハートとのポッドキャストで移籍理由をこう説明。ユナイテッドサポーターの自身に対する扱い方が影響したことを明らかにしたという。

「僕らは愚か者じゃない。誰がリークしたのかを知っている。多くの噂が挙がった。『ロムが移籍する』『ロムを求めていない』とかね。誰もそれらを止めようとしなかった。3〜4週間、誰かが出て行くのを待ったけど、何も起こらなかった。会話をして、別々の道を歩む方が良いと言った。誰かが守ろうとしないから、ああいった噂が出る。『ロム、君の代わりに戦うよ』って言ってほしかったのさ。でも、4〜5カ月ぐらい待っても何も起きなかった」

「それが全てだ。『彼は出ていかなければならない』『彼はここでプレーする価値はない』とか言われたから、移籍を希望したまで。満足感があったなら、ベンチだろうが、スタメンだろうが、関係ない。でも、誰もその状況について口にしなかった。で、2〜3週間ぐらい様子を見てみようとしたら、メディアが全てを報じた。誰がリークしたか? それは僕じゃなければ、代理人でもない。彼らは愚かな奴だと考えているみたいだが、そうじゃないよ」
コメント
関連ニュース
thumb

テコンドーの影響!? イブラヒモビッチがノールックで放ったヒールボレー!【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆“神”イブラが決めたノールックヒールボレー!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJQWTdHSm5CSiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> キャリアを通じて、イタリアの3大クラブと言われるユベントス、インテル、ミランでプレーし、そのほかにもアヤックス、バルセロナ、パリ・サンジェルマン、マンチェスター・ユナイテッドと数々のビッグクラブでプレー。クラブレベルでは、キャリアを通じて182ゴールを記録している。 今回ピックアップするのはインテル時代の2008年10月4日に行われたセリエA第6節のボローニャ戦で決めたゴールだ。 ジョゼ・モウリーニョ監督率いるインテルはホームにボローニャを迎えた一戦。元ブラジル代表FWアドリアーノとの強力な2トップを構成していた。 0-0で迎えた25分、左サイドをアドリアーノが仕掛けると、相手を抜ききらずにゴール前にクロス。これをニアサイドで待ち構えたイブラヒモビッチがダイビングヘッドでクリアしようとしたDFの目の前に足を出しバックヒール。ノールックでのヒールキックは見事なボレーとなり、ネットを揺らした。 その後50分にはアドリアーノが追加点を奪い、インテルは2-1で勝利。2008-09シーズンはセリエAを優勝していた。 2020.07.06 16:00 Mon
twitterfacebook
thumb

コンテ、ボローニャ戦での逆転負けに憤る「スクデット獲得に相応しいかを理解する必要がある」

インテルを率いるアントニオ・コンテ監督が、ボローニャ戦での逆転負けに憤っている。『フットボール・イタリア』が伝えている。 前節、格下ブレシア相手に6-0の大勝を収め2連勝中の3位インテルは、5日に行われたセリエA第30節で11位のボローニャをホームで迎え撃った。 試合は前半の22分にMFアシュリー・ヤングの左クロスの流れからFWロメル・ルカクのゴールで先制に成功。その後はDF冨安健洋とのマッチアップで優位に立ったヤングを起点に攻勢を続け、1点リードで試合を折り返した。 迎えた後半は58分に主審への暴言で相手MFロベルト・ソリアーノが一発退場となり、数的優位を手にした中、直後の61分にPKを獲得。これで勝利に大きく近づくかに思われたが、キッカーのFWラウタロ・マルティネスが相手守護神ウカシュ・スコルプスキのビッグセーブに遭い、追加点のチャンスを逸した。 すると、このPK失敗で流れを失ったホームチームはDFアレッサンドロ・バストーニの退場もあり、FWムサ・ジュワラ、FWムサ・バロウの若きガンビア人コンビの躍動を許し、74分、80分に連続失点。その後の反撃もGKスコルプスキに阻まれ、ホームで痛恨の逆転負けとなった。 同試合後、選手全員とジュゼッペ・マロッタCEOと共にロッカールームで長時間のミーティングを敢行した後、コンテ監督はイタリア『DAZN』のインタビューに応対。「自分たちがスクデット獲得のプロジェクトに相応しい存在であるかを改めて理解する必要がある」と、自身を含めチーム全体への憤りを口にしている。 「今日、何が起きたかは明白であり、私の口から話すことはあまりない」 「我々全員が責任を負う必要がある。まず監督を務める私自身、そしてピッチに立つプレーヤーだ。今日、我々はボローニャに試合(勝利)をプレゼントしたと思っている。こういったことは今回が初めてではない。それは中断前、再開後と頻繁に起こっている問題だ」 「今日に関しては幾つかの状況に関してしっかりと評価すべき部分があった。PKをセーブされた後に生じた幾つもの問題を説明するのは難しい。我々は依然として10人の相手と戦っていたのだからね」 「ただ、10人の相手に対して試合をコントロールしていた中でチャンスを決め切れなかった部分に関しては大きな問題だとは捉えていない。完璧にコントロールできていたからだ」 「ただ、こういった試合は今回が初めてではなく、私自身、プレーヤーの双方が、問題解決のために自問自答していく必要がある」 なお、インテルは今シーズンのリーグ戦でリードした状況から18ポイントを取りこぼしており、精神面の問題を指摘する声も上がっている。 「私に言えることは、シーズン終了まで私を含め全員がインテルという偉大なクラブに所属しているということを証明していかなければならない。それは私を含め全員に当てはまることだ」 「もし、我々がスクデット獲得、かつての栄光を取り戻したいと考えているのであれば、自分たちがそれに相応しい存在であるかを改めて理解する必要がある」 また、この敗戦により、首位ユベントスとの勝ち点差が「11」に開き、4位のアタランタとの勝ち点差が「1」に縮まった中、逆転でのスクデット獲得の可能性について問われると、「今日のような試合、先日のサッスオーロ戦でのドローを考えれば、それ(スクデット)は厳しい。我々はできるだけ早くチャンピオンズリーグ出場権を手にする必要がある。そして、ミスを減らすように努めていく」と、今季の目標を下方修正している。 2020.07.06 15:31 Mon
twitterfacebook
thumb

インテル撃破に貢献のボローニャの18歳新星FWに壮絶な生い立ち…4年前に難民としてイタリアに

インテル相手に鮮烈なセリエA初ゴールを挙げたボローニャのガンビア人FWムサ・ジュワラ(18)だが、その活躍に至るまで壮絶な人生を歩んできた。イタリア『スカイ』が伝えている。 ボローニャは5日に行われたセリエA第30節で強豪インテルとのアウェイゲームに臨み、2-1で逆転勝利した。 互いに1人ずつの退場者を出すなど、波乱含みの一戦は前半にFWロメル・ルカクのゴールでインテルが先制。さらに、後半序盤にはインテルにPKが与えられたが、ここはGKウカシュ・スコルプスキのビッグセーブで阻止。すると、その直後にDF冨安健洋との交代でピッチに立ったジュワラが大仕事。 74分、左サイドでのスローインの流れからボックス内で相手のクリアミスに反応し、見事な左足のシュートでセリエA初ゴールを奪取。さらに、77分には持ち味の快足を生かした仕掛けでDFアレッサンドロ・バストーニを退場に追い込んだ。その後、ガンビアの先輩FWムサ・バロウに逆転ゴールが生まれ、若きガンビア人コンビがインテル撃破の立役者となった。 このインテル戦での活躍により、一躍注目の存在となったジュワラだが、ここまで壮絶な人生を歩んできた。 2001年にガンビアで生まれたジュワラだが、幼少期に両親を亡くし祖父によって育てられていたという。 そして、貧困に喘ぐ母国を離れヨーロッパでの成功を求めたジュワラは、2016年に地中海ボートピープルとしてイタリアのシチリア島に上陸。難民としてポテンツァのルオーティに滞在していた際、地元のヴィルトゥス・アヴィリアーノを率いていたヴィタントニオ・スマー氏と出会い人生が一変。 スマー氏とその妻はジュワラの親権を取得し後見人となると、新たな家族を手にしたジュワラはピッチ上で躍動。キエーボ・ヴェローナとの契約を勝ち取った。 そして、2019年5月に行われたセリエAのフロジノーネ戦でプロデビューを飾った快足アタッカーは、昨年夏にボローニャに完全移籍。今年2月のローマ戦で同クラブでのセリエAデビューを飾ると、出場5試合目となったこのインテル戦で待望の初ゴールを挙げた。 地中海ボートピープルとしてイタリアの地を初めて踏んでから4年を経て、18歳の青年が壮大なシンデレラストーリーを歩み始めた…。 2020.07.06 14:45 Mon
twitterfacebook
thumb

冨安途中交代のボローニャが守護神スコルプスキと18歳ジュワラの躍動でインテルに逆転勝利!《セリエA》

セリエA第30節、インテルvsボローニャが5日に行われ、1-2でボローニャが逆転勝利した。ボローニャのDF冨安健洋は65分までプレーした。 4日前に行われた前節ブレシア戦を6発圧勝とした3位インテル(勝ち点64)は、ブレシア戦のスタメンから4選手を変更。負傷明けのブロゾビッチが先発となり、ルカクやエリクセンら主力がスタメンに戻った。 一方、前節カリアリとの中位対決を1-1で引き分けた11位ボローニャ(勝ち点38)は、ヨーロッパリーグ出場圏内の7位ミランとの5ポイント差を維持した中、冨安が引き続き右サイドバックで先発となった。 立ち上がりから圧力をかけたインテルは21分に先制する。ヤングの左クロスにL・マルティネスがヘディング。シュートは左ポストに直撃するもルーズボールをルカクが押し込んだ。 さらに28分、左サイドでボールを持ったヤングが冨安の股間を抜いて突破し、ボックス左へ侵入。決定的なシュートを放ったが、GKスコルプスキの好守に阻まれた。ハーフタイムにかけても一方的に攻め込み続けたインテルが1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半、重心を上げたボローニャは53分にバロウが右ポスト直撃のミドルシュートを浴びせるも、58分に退場者を出してしまう。ロベルト・ソリアーノが主審への暴言で一発退場となってしまった。 そして61分、インテルがPKを獲得する。カンドレーバがボックス右に侵入したところでダイクスに倒された。しかし、L・マルティネスのシュートはGKスコルプスキに止められ、ルーズボールをプッシュしたガリアルディーニのシュートもスコルプスキにセーブされた。 65分にはヤングに対応しきれていなかった冨安がベンチに下がった中、18歳のジュワラが投入される。するとこのジュワラがインテル守備陣をかき回す。 まずは73分にGKハンダノビッチを強襲するシュートを浴びせると、1分後に同点弾を挙げる。スローインの流れからルーズボールをボックス中央のジュワラがゴール右へ蹴り込んだ。 セリエA初ゴールを決めたジュワラは77分、バストーニに2枚目のイエローカードを出させて退場に追い込むと、80分にボローニャが逆転する。ショートカウンターからジュワラ、パラシオ、ドミンゲスとつなぎ、最後はボックス左に走り込んだバロウがシュートを流し込んだ。 まさかの逆転を許したインテルは試合終了間際の追加タイム3分、サンチェスのシュートがGKスコルプスキにセーブされ、1-2で敗戦。逆転でのスクデット獲得が一層厳しくなった。 一方、値千金の勝利を手にしたボローニャはEL出場の可能性をつないでいる。 2020.07.06 02:28 Mon
twitterfacebook
thumb

インテル移籍のハキミ、6歳から在籍のマドリーに「これはさようならではない」

インテルに移籍したモロッコ代表DFアクラフ・ハキミ(21)がレアル・マドリーに感謝を述べた。 マドリー下部組織出身のハキミは、順調にステップアップを果たし、2017年10月にトップチームデビュー。そして、経験を積むために2018年夏からドルトムントへと活躍の場を移した。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; " id="cws_ad">◆モロッコの超攻撃的新星DF、アクラフ・ハキミ<br/><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI0MTRMc3hiNCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> そのドルトムントでの活躍が認められ、2日に推定移籍金4000万ユーロ(約48億3000万円)+ボーナス500万ユーロ(約6億4000万円)でインテル入りが決定した。 そんなアクラフは自身のインスタグラム(@achrafhakimi)を3日に更新。「ありがとう。レアル・マドリー」と綴ったメッセージと共に、 マドリーに感謝するコメントを掲載した画像を投稿している。 「この瞬間が訪れるとは想像もしていなかった。別れを告げることはできない。さようならではないからね。離れるけど、ここは常にホームであり、幸せの場所であり、僕を成長させ、幸せと価値を見つけさせてくれた場所だ」 「僕の家はレアル・マドリーだった。ここで教育を受けたから今の自分になれた。レアル・マドリーはアスリートだけがトレーニングを受けているわけではない。6歳のとき、どれだけ幸せになるのかを想像もしていなくて、バルデベバス(練習場)のドアを開いた」 「クラブの全関係者、全てのコーチ、素晴らしい道を共に歩んでくれた全チームメイトに感謝する。最後に僕をサポートしてくれ、いつもチームをサポートしているファンに感謝する。僕もその1人だ」 2020.07.04 14:30 Sat
twitterfacebook