リヨン、昨季アンジェでブレイクの元アーセナルMFレーヌ=アデレード獲得へ!

2019.08.13 14:50 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リヨンがアンジェに所属するU-21フランス代表MFジェフ・レーヌ=アデレード(21)の獲得に迫っているようだ。フランス『レキップ』が伝えている。

2015年にRCランスの下部組織からアーセナルへ移籍したレーヌ=アデレードだが、トップチームでは思うように出場機会を得ることはできず。そのため、2018年1月には出場機会を求めてアンジェにレンタル移籍。そして、昨夏には完全移籍で正式にアンジェの一員となっていた。

セントラルMFと攻撃的MFに加え右ウイングでもプレー可能な同選手は、高い身体能力と攻撃センスを武器に、ドリブルでの局面打開と精度の高いパスでアタッキングサード攻略を担う万能型MFだ。

昨シーズンにリーグ戦35試合3ゴール3アシストを記録した21歳に関しては、今夏の移籍市場においてモナコやミラン、バイエルンからの関心も伝えられていた。だが、以前から熱視線を注いでいたリヨンは、2000万ユーロ(約24億円)以上の好オファーで獲得に近づいているようだ。

なお、フランスの世代別代表の常連であるレーヌ=アデレードは、U-21フランス代表でMFフセム・アワール、MFリュカ・トゥザール、FWムサ・デンベレ、FWマルタン・テリエとリヨンの4選手と同僚であり、新天地への適応にも問題はないはずだ。

関連ニュース
thumb

ローマがリヨンの人気株に接近か、30億円以下で獲得も?

ローマがリヨンからフランス代表MFフセム・アワール(23)の獲得に近づいているようだ。 ジョゼ・モウリーニョ体制1年目となった昨季は新設されたヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)で初代王者に輝くも、セリエAでは6位に終わったローマ。浮き沈みの激しいシーズンとなり、安定性に課題を残した。 新シーズンは5年ぶりとなるチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内を目指すなかで、今夏の移籍市場での戦力アップは必須に。だが、ここまで獲得したのはマンチェスター・ユナイテッドを退団してフリーとなっていた元セルビア代表MFネマニャ・マティッチ(33)のみとなっている。 さらに主力だったアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(33)とジョルダン・ヴェレトゥ(29)の退団も濃厚。中盤の新戦力の到着が待たれる中で、クラブはアワールの獲得に動いているとイタリア『Il Romanista』が伝えている。 また、『Il Romanista』によれば、リヨンは来季限りで契約満了となるこのフランス代表MFの移籍金を2500万ユーロ(約36億円)に設定。しかし、ローマ側はこれを下回るの1680万ユーロ(約23億円)の支払いでこの取引を完了できると考えている模様だ。 本職のボランチに加え、トップ下の位置でもプレー可能なアワールはフランスの各年代別代表に名を連ねていた実力者。2019-20シーズンにはチャンピオンズリーグ(CL)でチームをベスト4に導く活躍を見せ、アーセナルやレアル・マドリーといったクラブへの移籍も取り沙汰されたが、ここまで実現には至っていない。 2022.06.27 13:26 Mon
twitterfacebook
thumb

完全構想外のユムティティはバルサ退団へ…行き先は昇格組?古巣?イタリア?

バルセロナで完全に構想外となっているフランス代表DFサミュエル・ユムティティ(28)だが、やはり今夏の退団は避けられないようだ。フランス『レキップ』が報じた。 リヨンの下部組織で育ったユムティティは、2016年7月にバルセロナへと完全移籍する。 加入当初は期待されていたユムティティ。バルセロナで公式戦132試合に出場し2ゴール1アシストを記録している。 そのユムティティだが、2018年に左ヒザを負傷。それ以降パフォーマンスが上がらず、ケガが続くと、今年1月には足を骨折し、今シーズンはラ・リーガで1試合の出場に終わっていた。 クラブが財政難に陥る中、サラリーの削減に応じて来なかったものの、給与のカットを受け入れて2026年まで契約を延長。しかし、クラブにとってはもう必要のない存在となってしまったようだ。 バルセロナでの復活を望んでいたユムティティだが、厳しい状況は変わらず。チームに残っても出番が訪れない可能性が非常に高い。 ユムティティの行き先にはいくつか候補があり、1つはラ・リーガに復帰したジローナだ。ジョゼップ・グアルディオラ監督の兄弟であるペレ・グアルディオラ氏が会長を務めており、ユムティティへの興味を口にしていた。 左利きのセンターバックということで希少価値は高いだけに、欲しがるクラブはある。自身が育ったリヨンもそのうちの1つ。また、セリエAのクラブに行くことも可能性として浮上。いずれにしても、今夏バルセロナを後にする可能性は非常に高まっている。 2022.06.25 23:40 Sat
twitterfacebook
thumb

リヨンがオランダ代表DFマラシア獲得決定的に! ユナイテッドも関心の逸材

リヨンがフェイエノールトのオランダ代表DFティレル・マラシア(22)の獲得を決定的なモノとしたようだ。フランス『RMC Sport』など複数メディアが報じている。 フェイエノールトのアカデミー出身のマラシアは、2017年12月に行われたチャンピオンズリーグのナポリ戦でプロデビュー。以降は数シーズンはレギュラー定着には至らなかったが、2020-21シーズンから定位置を掴むと、今シーズンは公式戦50試合に出場し、1ゴール5アシストの数字を残した。 また、昨年9月にデビューしたオランダ代表ではここまで5試合に出場。左ウイングバックのポジション争いのキャストの一人となっている。 169cmとサイズには恵まれていないが、まるで全身がバネとも形容すべきフィジカル能力、スタミナに優れ、ドリブルやパスを特長とする攻撃的な左サイドバックだ。 その逸材に関してはマンチェスター・ユナイテッドなどプレミアリーグを中心に国外の複数クラブからの関心が伝えられていたが、マラシアは同胞指揮官ピーター・ボス監督が率いるリヨン行きを決断。 また、クラブ間では1500万ユーロ(約21億4000万円)の条件でクラブ間合意に至ったようだ。 リヨンではチェルシーからレンタル加入したイタリア代表DFエメルソン・パルミエリがレンタル期間終了に伴い、退団となる模様で、マラシアがその穴を埋めることになる。 2022.06.25 14:02 Sat
twitterfacebook
thumb

ブラジル代表MFパケタが凧揚げ中に左手を負傷、手術実施も「問題ない」

リヨンのブラジル代表MFルーカス・パケタが、凧揚げ中に負傷したようだ。 現在オフシーズン中につきバカンスを過ごしているパケタ。日本代表とも対戦した今月のインターナショナルマッチウィークを終え、来るシーズンに向けて英気を養っているところだ。 しかし、そんなパケタに予想外の事故が起きた。凧揚げを楽しんでいたところ、誤って左手の指を切ってしまったようだ。SNSで包帯をしっかり巻いた痛々しい姿を見せているが、本人曰く「大したことない」とのこと。ただ、今後に支障が出ないように小さな手術を実施するという。 リヨンで2年目を迎えた今季のパケタは、リーグ・アンで35試合に出場し9ゴール6アシストを記録。11月に開幕するカタール・ワールドカップに向けて、新シーズンのアピールに期待だ。 <span class="paragraph-title">【写真】左手に包帯を巻いた笑顔のパケタ</span> <span data-other-div="movie"></span><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Relembrar brincadeiras de criança também tem suas consequencias. Fui soltar pipa hoje e cortei o dedo. Tá tudo bem, mas pra evitar qualquer problema de movimentação no futuro, amanhã farei uma pequena cirurgia. Mas tá tudo bem. Bota no alto e me corta <a href="https://t.co/mfnwfP5chP">pic.twitter.com/mfnwfP5chP</a></p>&mdash; Lucas Paquetá (@LucasPaqueta97) <a href="https://twitter.com/LucasPaqueta97/status/1539780421357109248?ref_src=twsrc%5Etfw">June 23, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.23 19:00 Thu
twitterfacebook
thumb

リヨン、カーンからU-20フランス代表MFルペナンを獲得!

リヨンは22日、カーンに所属するU-20フランス代表MFヨハン・ルペナン(19)を完全移籍で獲得した。契約期間は2025年6月30日までとなる。 2017年にUSグランヴィルからカーンの下部組織に加入したルペナンは、2019年に16歳でプロ契約を締結。2020年9月にトップチームデビューを飾ると、これまで2シーズンで公式戦56試合に出場した。 ハードワークと読みの良さで高いポテンシャルを持つセントラルMFのルペナンは、世代別代表で主力を担ってきたフランス期待の若手。2019年に開催されたFIFA U-17ワールドカップやU-17欧州選手権にも出場。直近では5月末から行われていたモーリスレベロトーナメント(旧トゥーロン国際大会)にU-20フランス代表として参加し、優勝に貢献していた。 なお、リヨンによれば移籍金は425万ユーロ(約6億円)の基本金に、最大675万ユーロ(約9億7300万円)まで上昇するボーナスが付随。さらに将来的なリセール時の移籍金10%をカーンに支払う契約になっているという。 2022.06.23 07:10 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly