メキシコ代表GKオチョア、クラブ・アメリカ復帰!

2019.08.07 17:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
クラブ・アメリカは6日、スタンダール・リエージュからメキシコ代表GKギジェルモ・オチョア(34)を獲得したことを発表した。移籍金は非公開。なお、『transfer market』によれば、契約年数は2023年まで。

クラブ・アメリカでプロキャリアをスタートさせたオチョアは、2011年にフランスのアジャクシオに完全移籍。その後、ブラジル・ワールドカップ(W杯)での活躍をきっかけに2014年夏、マラガに活躍の場を移すと、2017年にスタンダール・リエージュに活躍の場を移した。昨シーズンは、公式戦48試合に出場し、13度のクリーンシートを達成した。

なお、2005年12月にデビューを飾ったメキシコ代表では、107試合のキャップ数を誇り、W杯では2014年のブラジル大会、2018年のロシア大会に出場。今年6月から7月にかけて開催されたCONCACAFゴールドカップでも5試合に出場する健在ぶりを披露し、優勝に貢献した。

関連ニュース
thumb

セルタがメキシコ代表DFネストル・アラウホの退団を発表、母国クラブ・アメリカへ移籍

セルタは24日、メキシコ代表DFネストル・アラウホ(30)の退団を発表した。そして母国クラブ・アメリカへの加入も発表されている。 2018年夏に母国クラブのサントス・ラグナからセルタに加入したセンターバックのアラウホは、セルタで公式戦136試合に出場。今季もラ・リーガ34試合に出場して主力としてプレーしていた。 セルタはアラウホの退団を受けて公式サイトにて「加入以降のアラウホのプロ意識、献身性に感謝します。今後の成功を祈っています」と声明を出した。 2022.06.25 00:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ジョナタン・ドス・サントス、父や兄が在籍したクラブ・アメリカに加入

クラブ・アメリカは24日、メキシコ代表MFジョナタン・ドス・サントス(31)をフリートランスファーで獲得した。 バルセロナのカンテラ出身のジョナタン・ドス・サントスは、2012年7月にトップチームへ昇格を果たすも、出場機会に恵まれず2014年7月にビジャレアルへ完全移籍。 ビジャレアルで3年間で126試合に出場したが、2017年7月にメジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーにへ完全移籍。同クラブでは在籍5シーズンで公式戦105試合に出場し6ゴール12アシストを記録。 だが、契約最終年となった2021シーズンもリーグ戦26試合に出場していたが、11月下旬に契約解除しフリーの状況となっていた。 クラブ・アメリカには、ドス・サントスの父親であるシシーニョ氏が2度に渡って在籍しており、兄である元メキシコ代表FWジョバンニ・ドス・サントスも2019年7月~2021年6月まで在籍していた。 2021.12.25 00:30 Sat
twitterfacebook
thumb

メキシコ勢対決はモンテレイがクラブ・アメリカを下し5度目の優勝《CONCACAFチャンピオンズリーグ》

29日、北中米カリブ海王者を決めるCONCACAFチャンピオンズリーグの決勝がエスタディオBBVAバンコメルで行われ、モンテレイvsクラブ・アメリカのメキシコ勢対決は1-0でモンテレイが勝利。5度目の優勝を手にした。 試合はかつて日本代表の指揮官を務めたハビエル・アギーレ監督率いるモンテレイが序盤からゲームを支配し、サンティアゴ・ソラーリ監督が指揮を執るクラブ・アメリカゴールに襲い掛かる。 4分から5分にかけてカルロス・ロドリゲスのヘディングやロヘリオ・フネス・モリのミドルが枠を捉えるも、ギジェルモ・オチョアの好セーブが見せてゴールを割らせない。 それでも9分、対角線のフィードを受けたヘスス・ガジャルドがワンツーからボックス内に侵入し、グラウンダーのクロスを送ると、セバスティアン・カセレスがクリアミス。フネス・モリが流し込んでゲームを動かした。 フネス・モリはオフサイドポジションにいたように見えたが、カセレスのプレーが意図的と判断され、ゴールは認められた。 フィニッシュシーンを作り出せないクラブ・アメリカは32分、右サイドからショートパスを駆使して逆サイドまで展開し、ロヘル・マルティネスがボックス左から右足で狙う。だが、ファーを狙った巻いたシュートは枠の右へ外れる。5分後にはリチャルド・サンチェスがボックス手前左から直接FKで狙うが、左のポストに嫌われた。 モンテレイのリードで試合を折り返すと、後半の立ち上がりは互いにシュートシーンを作り出す。次第に流れはモンテレイへと傾き、60分にはセットプレーの流れからマクシミリアーノ・メサがヘディング。81分にはフィンセント・ヤンセンがGKをかわして流し込むも、カバーに入ったカセレスに阻まれた。 アディショナルタイムは9分が示され、それも過ぎてのラストプレー。クラブ・アメリカはFKの混戦から途中出場のフェデリコ・ビニャスがシュート。だが、無常にもクロスバーに阻まれて試合終了。 序盤の1点を守り切ったモンテレイが2大会ぶり5度目の優勝を果たし、FIFAクラブ・ワールドカップ(CWC)2021への出場権を手にした。 モンテレイ 1-0 クラブ・アメリカ 【モンテレイ】 ロヘリオ・フネス・モリ(前9) <span class="paragraph-title">【動画】決勝点となったフネス・モリのゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr"> ¡GOL de <a href="https://twitter.com/Rayados?ref_src=twsrc%5Etfw">@Rayados</a>! <br>¡Rogelio Funes Mori anota el primer gol del partido! ¡1-0 favor Monterrey! | <a href="https://twitter.com/hashtag/SCCL21?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SCCL21</a> <a href="https://t.co/6r5Ccy5qAT">pic.twitter.com/6r5Ccy5qAT</a></p>&mdash; Scotiabank Concacaf Champions League (@TheChampions) <a href="https://twitter.com/TheChampions/status/1453909012869701634?ref_src=twsrc%5Etfw">October 29, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】北中米王者を決める決勝戦ロングハイライト!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="tn-f8erBctk";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.10.29 22:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ジョバニ・ドス・サントスがクラブ・アメリカを退団

クラブ・アメリカは16日、元メキシコ代表FWジョバニ・ドス・サントス(32)が退団したことを発表した。 バルセロナのカンテラ出身であるドス・サントスは、2007-08シーズンにトップチーム昇格を果たすも、トッテナムやマジョルカ、ビジャレアルといったクラブを渡り歩き、2015年夏にLAギャラクシーへ移籍。同クラブでは在籍4シーズンで公式戦88試合に出場し28ゴール19アシストを記録。だが、契約最終年となった2018シーズンはリーグ戦14試合で3ゴールと思うような活躍を見せることはできず。そのままLAギャラクシーを退団。 LAギャラクシー退団以降、フリーの状況が続いていたドス・サントスだが、2019年の夏にドス・サントスの父親であるシシーニョ氏が2度に渡って在籍していたクラブ・アメリカへと加入。クラブ・アメリカでは在籍2シーズンで公式戦42試合に出場し4ゴール2アシストを記録したが、今季は公式戦18試合の出場にとどまっていた。 なお、クラブ・アメリカはレアル・マドリーのカスティージャからレンタル移籍していたFWセルヒオ・ディアス(23)の退団も併せて発表している。 2021.06.17 07:30 Thu
twitterfacebook
thumb

驚異の反応速度!メキシコの守護神オチョアが見せた神セーブ&神クリア/2020-21【アンビリーバブル・セーブス】

たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。 しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。 <div id="cws_ad">◆オチョアが見せた神セーブ&神クリア<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJaamg4TnZTayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 今回は、クラブ・アメリカのメキシコ代表GKギジェルモ・オチョアが見せたスーパーセーブだ。 2004年にメキシコの強豪クラブ・アメリカでプロデビューしたオチョアは、国内屈指のGKとして、アジャクシオやマラガ、スタンダール・リエージュなど、ヨーロッパのクラブでも活躍した。またメキシコ代表として出場した2014年ブラジル・ワールドカップでも好セーブを連発し、注目を集めた。 2019年夏からは古巣クラブ・アメリカに復帰したオチョアだが、2021年2月7日に行われたリーガMXクラウスーラ第5節のプエブラ戦では素晴らしいセーブを見せている。 クラブ・アメリカが1-0とリードして迎えた88分、FKからプエブラが左サイドからチャンスを作り、クロスを入れる。このボールにファーポストでFWギジェルモ・マルティネスが叩きつけるようなヘディングを合わせると、GKの目の前でバウンドする難しいシュートだったが、オチョアは抜群のポジション取りで体を当ててセーブ。さらに、こぼれ球に詰めようとする相手に対して、驚異の反応で倒れながら右足でボールをクリアし、チームのピンチを救ってみせた。 試合は1点のリードを守り切ったクラブ・アメリカが1-0で勝利している。 <span data-sg-movie-id="933" data-sg-movie-title="【驚異の反応速度】メキシコの守護神オチョアが見せた神セーブ&神クリア"></span> 2021.03.12 14:00 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly