メキシコ代表GKオチョア、クラブ・アメリカ復帰!

2019.08.07 17:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
クラブ・アメリカは6日、スタンダール・リエージュからメキシコ代表GKギジェルモ・オチョア(34)を獲得したことを発表した。移籍金は非公開。なお、『transfer market』によれば、契約年数は2023年まで。

クラブ・アメリカでプロキャリアをスタートさせたオチョアは、2011年にフランスのアジャクシオに完全移籍。その後、ブラジル・ワールドカップ(W杯)での活躍をきっかけに2014年夏、マラガに活躍の場を移すと、2017年にスタンダール・リエージュに活躍の場を移した。昨シーズンは、公式戦48試合に出場し、13度のクリーンシートを達成した。

なお、2005年12月にデビューを飾ったメキシコ代表では、107試合のキャップ数を誇り、W杯では2014年のブラジル大会、2018年のロシア大会に出場。今年6月から7月にかけて開催されたCONCACAFゴールドカップでも5試合に出場する健在ぶりを披露し、優勝に貢献した。


関連ニュース
thumb

メキシコ勢対決はモンテレイがクラブ・アメリカを下し5度目の優勝《CONCACAFチャンピオンズリーグ》

29日、北中米カリブ海王者を決めるCONCACAFチャンピオンズリーグの決勝がエスタディオBBVAバンコメルで行われ、モンテレイvsクラブ・アメリカのメキシコ勢対決は1-0でモンテレイが勝利。5度目の優勝を手にした。 試合はかつて日本代表の指揮官を務めたハビエル・アギーレ監督率いるモンテレイが序盤からゲームを支配し、サンティアゴ・ソラーリ監督が指揮を執るクラブ・アメリカゴールに襲い掛かる。 4分から5分にかけてカルロス・ロドリゲスのヘディングやロヘリオ・フネス・モリのミドルが枠を捉えるも、ギジェルモ・オチョアの好セーブが見せてゴールを割らせない。 それでも9分、対角線のフィードを受けたヘスス・ガジャルドがワンツーからボックス内に侵入し、グラウンダーのクロスを送ると、セバスティアン・カセレスがクリアミス。フネス・モリが流し込んでゲームを動かした。 フネス・モリはオフサイドポジションにいたように見えたが、カセレスのプレーが意図的と判断され、ゴールは認められた。 フィニッシュシーンを作り出せないクラブ・アメリカは32分、右サイドからショートパスを駆使して逆サイドまで展開し、ロヘル・マルティネスがボックス左から右足で狙う。だが、ファーを狙った巻いたシュートは枠の右へ外れる。5分後にはリチャルド・サンチェスがボックス手前左から直接FKで狙うが、左のポストに嫌われた。 モンテレイのリードで試合を折り返すと、後半の立ち上がりは互いにシュートシーンを作り出す。次第に流れはモンテレイへと傾き、60分にはセットプレーの流れからマクシミリアーノ・メサがヘディング。81分にはフィンセント・ヤンセンがGKをかわして流し込むも、カバーに入ったカセレスに阻まれた。 アディショナルタイムは9分が示され、それも過ぎてのラストプレー。クラブ・アメリカはFKの混戦から途中出場のフェデリコ・ビニャスがシュート。だが、無常にもクロスバーに阻まれて試合終了。 序盤の1点を守り切ったモンテレイが2大会ぶり5度目の優勝を果たし、FIFAクラブ・ワールドカップ(CWC)2021への出場権を手にした。 モンテレイ 1-0 クラブ・アメリカ 【モンテレイ】 ロヘリオ・フネス・モリ(前9) <span class="paragraph-title">【動画】決勝点となったフネス・モリのゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr"> ¡GOL de <a href="https://twitter.com/Rayados?ref_src=twsrc%5Etfw">@Rayados</a>! <br>¡Rogelio Funes Mori anota el primer gol del partido! ¡1-0 favor Monterrey! | <a href="https://twitter.com/hashtag/SCCL21?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SCCL21</a> <a href="https://t.co/6r5Ccy5qAT">pic.twitter.com/6r5Ccy5qAT</a></p>&mdash; Scotiabank Concacaf Champions League (@TheChampions) <a href="https://twitter.com/TheChampions/status/1453909012869701634?ref_src=twsrc%5Etfw">October 29, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】北中米王者を決める決勝戦ロングハイライト!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="tn-f8erBctk";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.10.29 22:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ジョバニ・ドス・サントスがクラブ・アメリカを退団

クラブ・アメリカは16日、元メキシコ代表FWジョバニ・ドス・サントス(32)が退団したことを発表した。 バルセロナのカンテラ出身であるドス・サントスは、2007-08シーズンにトップチーム昇格を果たすも、トッテナムやマジョルカ、ビジャレアルといったクラブを渡り歩き、2015年夏にLAギャラクシーへ移籍。同クラブでは在籍4シーズンで公式戦88試合に出場し28ゴール19アシストを記録。だが、契約最終年となった2018シーズンはリーグ戦14試合で3ゴールと思うような活躍を見せることはできず。そのままLAギャラクシーを退団。 LAギャラクシー退団以降、フリーの状況が続いていたドス・サントスだが、2019年の夏にドス・サントスの父親であるシシーニョ氏が2度に渡って在籍していたクラブ・アメリカへと加入。クラブ・アメリカでは在籍2シーズンで公式戦42試合に出場し4ゴール2アシストを記録したが、今季は公式戦18試合の出場にとどまっていた。 なお、クラブ・アメリカはレアル・マドリーのカスティージャからレンタル移籍していたFWセルヒオ・ディアス(23)の退団も併せて発表している。 2021.06.17 07:30 Thu
twitterfacebook
thumb

驚異の反応速度!メキシコの守護神オチョアが見せた神セーブ&神クリア/2020-21【アンビリーバブル・セーブス】

たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。 しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。 <div id="cws_ad">◆オチョアが見せた神セーブ&神クリア<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJaamg4TnZTayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 今回は、クラブ・アメリカのメキシコ代表GKギジェルモ・オチョアが見せたスーパーセーブだ。 2004年にメキシコの強豪クラブ・アメリカでプロデビューしたオチョアは、国内屈指のGKとして、アジャクシオやマラガ、スタンダール・リエージュなど、ヨーロッパのクラブでも活躍した。またメキシコ代表として出場した2014年ブラジル・ワールドカップでも好セーブを連発し、注目を集めた。 2019年夏からは古巣クラブ・アメリカに復帰したオチョアだが、2021年2月7日に行われたリーガMXクラウスーラ第5節のプエブラ戦では素晴らしいセーブを見せている。 クラブ・アメリカが1-0とリードして迎えた88分、FKからプエブラが左サイドからチャンスを作り、クロスを入れる。このボールにファーポストでFWギジェルモ・マルティネスが叩きつけるようなヘディングを合わせると、GKの目の前でバウンドする難しいシュートだったが、オチョアは抜群のポジション取りで体を当ててセーブ。さらに、こぼれ球に詰めようとする相手に対して、驚異の反応で倒れながら右足でボールをクリアし、チームのピンチを救ってみせた。 試合は1点のリードを守り切ったクラブ・アメリカが1-0で勝利している。 <span data-sg-movie-id="933" data-sg-movie-title="【驚異の反応速度】メキシコの守護神オチョアが見せた神セーブ&神クリア"></span> 2021.03.12 14:00 Fri
twitterfacebook
thumb

「DFは感謝すべき」衰えぬ反射神経で“オウンゴール未遂” を防いだメキシコ代表GKに称賛集まる

クラブ・アメリカに所属するメキシコ代表GKギジェルモ・オチョアが衰えぬ反射神経を見せている。 2004年にメキシコの強豪クラブ・アメリカでプロデビューしたオチョアは、国内屈指のGKとして、アジャクシオやマラガ、スタンダール・リエージュなど、ヨーロッパのクラブでも活躍した。またメキシコ代表として出場した2014年ブラジル・ワールドカップでも好セーブを連発し、注目を集めた。 2019年夏からは古巣クラブ・アメリカに復帰したオチョアだが、21日に行われたリーガMX後期第7節のアトラス戦でもスーパーセーブを見せた。 クラブ・アメリカ1点リードで迎えた47分、左サイドからクロスが上がる。これはDFセバスティアン・カセレスが相手の前に入りカットするも、クリアし損ねたボールが自陣ゴールへ。あわやオウンゴールから思われたところ、オチョアが驚異の反射神経をみせ、何とかライン外に逃れた。 自身の決定的ミスを防いでくれたオチョアに対し、カセレスは感謝。予想外のピンチを迎えたオチョアはしばらくピッチから立ち上がれなかった。 試合はオチョアのセーブでリードを守ったクラブ・アメリカが1点を追加し、2-0で勝利。35歳になっても変わらぬ反応をみせるオチョアに対し、SNS上のサポーターからは「DFはオチョアに感謝すべき」「この男のワールドカップのパフォーマンスは忘れられない」「(ホルヘ・)カンポスの後継者」と称賛する声が多く挙がっている。 <div id="cws_ad">◆オチョアが衰えぬ反射神経で“オウンゴール未遂” を防ぐ!<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/hashtag/NoTeLoPierdas?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#NoTeLoPierdas</a> <br><br>47: ¡GUARD1ÁN! Guillermo Ochoa salva a las Águilas del empate. Sebastián Cáceres cerca del autogol.<a href="https://twitter.com/hashtag/Guard1anes2021?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Guard1anes2021</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/LigaBBVAMX?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#LigaBBVAMX</a> <a href="https://t.co/Tn0U87uHtA">pic.twitter.com/Tn0U87uHtA</a></p>&mdash; Liga BBVA MX (@LigaBBVAMX) <a href="https://twitter.com/LigaBBVAMX/status/1363342246427377667?ref_src=twsrc%5Etfw">February 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.02.22 19:35 Mon
twitterfacebook
thumb

元マドリー指揮官のソラーリ氏がクラブ・アメリカの新指揮官に就任!

メキシコのクラブ・アメリカは29日、サンティアゴ・ソラーリ氏(44)の新監督招へいを発表した。契約に関する詳細は明かされていない。 クラブ・アメリカは2017年夏からミゲル・エレーラ前監督(52)がチームを率い、2018-19シーズンの前期リーグとなるリーガMXアペルトゥーラでは、4年ぶりの優勝を果たしていた。 しかし、今シーズンはリーガMXアペルトゥーラのレギュラーシーズンを3位で終えると、優勝を決めるリギージャ(プレーオフ)準々決勝でグアダラハラに敗戦。また、北中米カリブ海王者を決めるCONCACAFチャンピオンズリーグでも、今月19日に行われた準決勝でアメリカのロサンゼルスFCに敗戦。さらにこの試合では、ロサンゼルスFCのアシスタントコーチを務めるアンテ・ラゾフ氏と激しい口論となり、退席処分を受けるなど醜態を晒していた。 これを受けて、クラブは今月22日にエレーラ前監督の更迭に踏み切っていた。 そして、今回新監督として招へいされたのは、レアル・マドリーで監督経験のあるソラーリ氏。 現役時代はアトレティコ・マドリーやマドリー、インテルなどでプレー経験があるソラーリ氏は、引退後にマドリーの下部組織で指導者キャリアをスタート。2018年10月にはフレン・ロベテギ監督が解任され、暫定監督に就任し同11月にチームを引き継いだ。だが、成績不振を理由に2019年3月に解任されていた。 2020.12.30 22:10 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly