CSKAモスクワ退団の元ウルグアイ代表FWアベル・エルナンデスがカタールへ!

2019.07.28 17:55 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カタール・スターズリーグのアル・アハリは27日、CSKAモスクワの元ウルグアイ代表FWアベル・エルナンデス(28)がフリートランスファーで加入することを発表した。アベル・エルナンデスは、母国のペニャロールやセントラル・エスパニョールの下部組織出身で、2006年にトップチーム昇格。2008年にプロデビューする。その後、ペニャロールでプレーすると、2009年にパレルモへと完全移籍。2014年7月にはハル・シティへとクラブ史上最高額で加入。2018年8月にCSKAモスクワへと移籍していた。

キャリアではケガにも泣かされることが多かったアベル・エルナンデスだが、これまでセリエAで通算83試合に出場し17ゴール7アシスト、プレミアリーグでは49試合に出場し8ゴール4アシスト、ロシア・プレミアリーグでは14試合に出場し3ゴール1アシストを記録していた。

ウルグアイ代表としても29キャップを記録し、2014年のブラジル・ワールドカップや2015年、2016年のコパ・アメリカなどに参加している。
コメント
関連ニュース
thumb

フランクフルト退団の元オランダ代表MFデ・グズマンがギリシャのクレタに加入

ギリシャ1部のクレタは19日、フランクフルトを退団していた元オランダ代表MFジョナサン・デ・グズマン(33)の加入を発表した。契約期間は1年間となっている。 オランダ代表として14試合の出場歴を持つセントラルMFのデ・グズマンは、フェイエノールトでプロデビュー。その後はマジョルカやビジャレアル、スウォンジーにナポリ、フランクフルトと欧州主要リーグでキャリアを積んできた。 昨季まで在籍したフランクフルトでは公式戦67試合に出場して4ゴール15アシストを記録。ただ昨季はケガの影響もあって公式戦9試合の出場にとどまっていた。 2020.10.20 01:00 Tue
twitterfacebook
thumb

フリーのウェルベックがブライトンに加入! 1年契約で背番号は“18”に決定!

ブライトン&ホーヴ・アルビオンは18日、元イングランド代表FWダニー・ウェルベック(29)の加入を発表した。背番号は「18」に決定。契約期間は今シーズン終了までとなる。 今月6日にチャンピオンシップ(イングランド2部)のワトフォードとの契約を双方合意の下で解消し、フリーとなっていたウェルベックの新天地はプレミアリーグのブライトンとなった。 同クラブを率いるグラハム・ポッター監督は、経験豊富なベテランストライカーの加入に満足感を示している。 「ダニーがこのクラブに加入してくれたことを嬉しく思う。彼は我々の既存の攻撃オプションを補完してくれるはずだ」 「これまでの所属キャリアが彼の能力を証明している。素早く、技術的にも非常に優れている。我々の攻撃に鋭さを提供してくれるだろう。経験とクオリティを兼ね備えた新たなプレーヤーを迎え入れられたことにワクワクしている」 マンチェスター・ユナイテッドとの下部組織出身のウェルベックは、2014年からプレーしたアーセナルを離れ、昨夏にワトフォードへ加入。昨シーズンはケガなく1年を過ごしたが、なかなか主力として扱われず、シーズン半ばにはベンチ入りすらままならない時期も。 最終的には公式戦20試合に出場し、プレミアリーグ最終節で1ゴール1アシストを記録した古巣アーセナル戦がワトフォードでの最後のプレーとなった。プレミアリーグ通算では224試合44ゴール27アシストを記録している。 2020.10.18 22:14 Sun
twitterfacebook
thumb

元ウェールズ代表DFコリンズが現役引退 「20年間のキャリアに一線を引き、人生における次の章に」

元ウェールズ代表DFジェームズ・コリンズ(37)が現役引退を表明した。 ウェールズ代表として51キャップを誇り、2016年のユーロ準決勝進出に貢献したコリンズはこれまでカーディフやウェストハム、アストン・ビラ、イプスウィッチでプレー。2018年夏にウェストハムを退団してから無所属が続いた2019年1月にイプスウィッチ入りを果たしたが、同シーズン終了後に退団して、再びフリーの状況だった。 そうしたなか、コリンズは17日、『Soccer AM』に出演。プレミアリーグ通算279試合の出場数を誇る元ウェールズ代表センターバックは「移籍先を探しているのか?」を問われると、「いや、もう終わった。すべてがね。引退したんだ」と返してみて、現役生活に幕を下ろしたことを明かした。 また、自身のインスタグラム(gingercollins19)でも「今季もプレーしていないので、ほとんどの人にとって、驚きじゃないだろうが、今日、フットボールから退く決意をした。色々考えて、20年間のキャリアに一線を引き、人生における次の章に進むのが最善だと思った。すべてのクラブ、全ての選手、そしてファンに感謝したい」と現役引退を報告した。 2020.10.18 09:40 Sun
twitterfacebook
thumb

月給3万円でサントス復帰のロビーニョ、強姦容疑の無実を晴らすため1週間で契約停止

サントスは16日、元ブラジル代表MFロビーニョ(36)の契約に関して、一時的に停止したことを発表した。 ロビーニョは、今夏イスタンブール・バシャクシェヒルとの契約が満了。10日にキャリア4度目となる古巣サントスへの入団が発表されていた。 <div id="cws_ad">◆4度目のサントス復帰を果たした笑顔のロビーニョ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJHUEdpc05CbiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今年いっぱいの5カ月契約、さらに月給は1500レアル(約3万円)と破格の契約を結んだことで大きな話題となっていた。 しかし、ロビーニョはイタリアにて強姦容疑がかけられ告発されている状況。裁判がまもなく始まるとのことだ。 事件はミランでプレーしていた2013年に遡るとのこと。2017年にはすでに有罪判決が下されていた。しかし、第一審は被害にあったという女性の証言のみが採用されて有罪になっていたとのこと。そのため、今回の上訴が行われていた。 サントスは「サントスとロビーニョは相互の合意により、10月10日にサインされた契約の有効性を一時停止し、選手がイタリアで行われる裁判で自分の防衛に専念できるようにすることを決めました」と声明を発表していた。 ロビーニョ本人も「僕の目的はサントスを助けることだった。それができないことは苛立つが、現時点では個人的な問題に集中するのが最善だ」とコメント。「僕はサントスのファンと僕を好きな人たちのために、自分の無実を証明します」と、改めて無実を主張した。 2020.10.17 23:05 Sat
twitterfacebook
thumb

フルアムが元オランダ代表DFコンゴロを完全移籍で獲得、昨季はレンタルでプレー

昇格組のフルアムは16日、チャンピオンシップ(イングランド2部)のハダースフィールドに所属する元オランダ代表DFテレンス・コンゴロ(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2014年夏までの4年間で、1年間の延長オプション付き。移籍金は非公開とされているが、イギリス『スカイ・スポーツ』によると400万ポンド(約5億4500万円)にボーナスが加わるとのことだ。 コンゴロはフェイエノールトのアカデミー出身で、2012年7月にファーストチーム昇格。2017年7月にモナコへ完全移籍すると、公式戦6試合の出場に留まり、2018年1月からハダースフィールドへレンタル移籍。同年7月に完全移籍していた。 ハダースフィールドでは公式戦60試合に出場し1ゴール2アシスト。プレミアリーグでは45試合に出場していたが、今年1月からはフルアムへとレンタル移籍すると、ケガの影響もあり2試合の出場に終わっていた。 また、世代別のオランダ代表を経験しており、A代表では4試合に出場。20歳ながら3位に輝いた2014年のブラジル・ワールドカップのメンバーに選ばれ、グループステージ第3節のチリ代表戦の終盤に出場していた。 コンゴロはフルアムへの復帰について「本当に幸せだ。久しぶりに1日中待った。最終的にフルアムでプレーできるようになったんだ。僕はここに居ることを誇りに思うし、クラブのために全てを捧げます」とコメントした。 2020.10.17 12:20 Sat
twitterfacebook