ヒホンMFモイ・ゴメスがビジャレアルに復帰

2019.07.18 23:39 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ビジャレアルは18日、スポルティング・ヒホンのスペイン人MFモイゴメス(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。

ビジャレアルのカンテラ出身であるセントラルMFのモイ・ゴメスは、2011年にトップチームデビュー。ビジャレアルでは公式戦94試合に出場し、7ゴールを記録していた。その後、ヘタフェにレンタル移籍後、2016年夏にスポルティング・ヒホンに完全移籍。そして2018年1月からウエスカにレンタル移籍し、ウエスカのリーガエスパニョーラ1部昇格に貢献していた。2018-19シーズンはウエスカでリーグ戦36試合に出場して2ゴール9アシストと活躍したが、チームは19位に終わり降格していた。

ビジャレアルは今夏、ナポリからDFラウール・アルビオル、リバプールからDFアルベルト・モレーノらを獲得している。

関連ニュース
thumb

公式戦4試合連続ドローのビジャレアル、エメリ監督は試合内容称賛 「観客にとっては素晴らしい試合」

ビジャレアルのウナイ・エメリ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)でのドローを振り返った。スペイン『マルカ』が伝えている。 ビジャレアルは14日に行われたCLグループF第1節でアタランタと対戦。開始早々に失点を許す苦しい展開となるが、39分にMFマヌエル・トリゲロスがボレーシュートを叩き込み追いつくことに成功。73分には途中出場のアルノー・ダンジュマのゴールで逆転に成功したが、83分に同点とされると直後にMFフランシス・コクランが退場したことも響き、そのまま2-2のドローとなった。この結果、ビジャレアルは公式戦4試合連続ドローとなっている。 試合後のインタビューに応じたエメリ監督は、好試合を披露した両チームを称賛。そのうえで、同組のマンチェスター・ユナイテッドがヤング・ボーイズに敗れたことで混戦模様となりそうなグループを勝ち抜きたいと意気込んだ。 「素晴らしい試合だった。両チームのファンや中立の人たちを幸せにできたと思うし、評価されるべきものだろう。そして我々は、その中でどのように競争して、より良い結果を出していくかだと思う。一進一退の結果に苦しみながらもプロとして感じるのは、レベルの高いサッカー、才能、フィジカルの強さだ」 「両チームにとって引き分けは物足りないと思うが、観客にとっては素晴らしい試合になったと思う。最初の20分で難しい試合になることを予感させ、ドラマチックな雰囲気さえあった。我々はそこから立ち直り、チャンスを作り、同点に追いついた」 「後半の我々はより自信を持ち、楽観的だったと思う。2-1となったゴールが我々を刺激して、3点目を決めるチャンスもあった。ただ、あのような攻撃と守備を繰り返す相手チームに対しては、90分間でどのようにプレーすべきか考える必要がある。同点に追いつかれた後の退場も痛手だったね。それでも、ラストプレーで勝つことができたかもしれない」 「今日はとてもいい日になった。チームで進めているプロセスについては、誇りに感じている。このグループはヤング・ボーイズがマンチェスター・ユナイテッドに勝ったことで複雑になった。とはいえ、このグループの興味とモチベーションを高めるすべての要因になるだろうね。そしてそれが、我々の努力を倍加させていく」 「ヤング・ボーイズがリードしているからといって何かが変わるわけではないが、残り5試合の時点で優勝候補が最下位にいる。ヤング・ボーイズがモチベーションを高めて試合に臨むことを考えると、グループでのチャンスは小さくなるだろう。そして、グループのタフさも増すはずだ」 2021.09.15 15:25 Wed
twitterfacebook
thumb

実力拮抗のビジャレアルとアタランタは譲らずドロー決着《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)グループF第1節、ビジャレアルvsアタランタが14日に行われ、2-2で引き分けた。 マンチェスター・ユナイテッドとヤング・ボーイズが同居するグループF。 昨季ヨーロッパリーグ王者ビジャレアルと、2季連続決勝トーナメント進出の昨季セリエA3位アタランタの一戦。 ビジャレアルはジェラール・モレノとディアの2トップで挑み、一方のアタランタは最前線にD・サパタを配置し、2シャドーにマリノフスキーとペッシーナを据えた。 試合は開始6分、D・サパタのポストプレーからフロイラーがボレーを決めて、アタランタが先制する。 その後はビジャレアルがポゼッションを高めると、34分に同点のチャンス。高い位置でボールを奪った流れからトリゲロスのパスを受けたボックス左のジェラール・モレノがシュート。だが、GKムッソの好守に阻まれた。 それでも39分、ビジャレアルが試合を振り出しに戻す。ボックス左からペドラサがクロスを送ると、トリゲロスがボレーで合わせた。 1-1で迎えた後半、開始2分にマロノフスキーがGK強襲のシュートを浴びせたアタランタが良い入りを見せると、続く53分にはCKからD・サパタのヘディングシュートでゴールに迫る。 流れの悪いビジャレアルは60分に3枚替えを敢行。タンジュマやモイ・ゴメスを投入した。するとそのダンジュマが大仕事。フロイラーからボールを奪った流れでショートカウンターに転じると、ジェラール・モレノのパスを受けたダンジュマがシュートを決めきった。 それでも83分、アタランタも途中出場2選手の働きによって追いつく。ボックス手前右からのイリチッチの高速パスをミランチュクがヒールで落とすと、ボックス中央に詰めていたゴセンズが蹴り込んだ。 直後にコクランが2枚目のイエローカードを受けて退場となったビジャレアルは終盤にかけてゴールに迫れず2-2で決着。実力拮抗の両チームの一戦はドローに終わった。 2021.09.15 06:14 Wed
twitterfacebook
thumb

ラ・リーガ、南米予選の影響で週末のセビージャvsバルセロナの延期が決定

11日に予定されていたラ・リーガ第4節のセビージャvsバルセロナの延期が決まったようだ。7日、スペイン『マルカ』が報じた。 元々、南米サッカー連盟(CONMEBOL)主催のカタール・ワールドカップの南米予選の日程変更を受けて、ラ・リーガからスペインサッカー協会(RFEF)に対して延期申請があった。 今月の南米予選は、新型コロナウイルスの影響もあり、第10節にあたる各試合が9日に組み込まれており、南米選手を抱えるクラブにとっては死活問題となっている。 当初RFEFは延期を認めなかったが、スポーツ上級協議会(CSD)が承認し、同協会も要請を飲む格好となった。 セビージャからはDFゴンサロ・モンティエル、DFマルコス・アクーニャ、MFパプ・ゴメスの3名がアルゼンチン代表に招集されており、バルセロナはDFロナウド・アラウホがウルグアイ代表に参加している状況だった。 また、同様の理由により、ビジャレアルvsアラベスも延期が決定。両試合の代替日は未定となっている。 2021.09.07 20:53 Tue
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルのEL優勝を振り返るトリゲロス「本当に特別であり、誇りに思うべき」

ビジャレアルのスペイン代表MFマヌエル・トリゲロスが、クラブでのキャリアを振り返った。スペイン『アス』が伝えている。 2010年夏にビジャレアルの下部組織に入団したトリゲロスは、2年後の2012年にトップチームへ昇格。それ以降、中盤の柱として公式戦382試合出場27ゴール34アシストの成績を残している。昨シーズンにはヨーロッパリーグ(EL)の決勝でもスタメンとしてプレーしており、チームの悲願である初優勝に貢献した。 来年にはトップチーム昇格から10年となるトリゲロスは、『アス』の取材に対して自身のキャリアを誇りに思うとコメント。また、EL優勝がクラブや自身にとってどれだけ大きな出来事だったかについても触れている。 「来年でここに10年いることになるけど、毎年ヨーロッパでプレーするようなチームでそれは簡単ではないよ。17歳でこのクラブに加入して、当初はとても難しいと思っていた。毎シーズンのようにワールドクラスの選手が登場していたからね。だからこそ、自分の仕事とチームへの貢献を誇りに思っている。ヨーロッパでプレーするチームで常にとても良い契約を結び、多くを要求されていることに満足しているよ」 「僕は監督の要求によく適応する選手だ。ピッチ上で常に仕事や解決策を提供して、仲間とよく付き合い、周囲をより良くできている。僕は努力して犠牲を払い、非常に安定したメンタリティを持ち、このクラブが求めるものに適応したプレーの仕方をする、地に足のついた選手なんだ」 「ビジャレアルでタイトルを獲得できたことは本当に特別であり、誇りに思うべきだ。これは常に話していたけど、クラブがこのタイトルに相応しいこと、そして悲願達成が近いことは誰の目にも明らかだったね。そして、僕たちはそれを達成した」 「僕らはメンタリティを変え、困難に対処する方法を知るための経験を積んできた。失点や何か悪いことが起きても、同じメンタリティで戦い続ける必要があるんだ。EL優勝によって、それを示せたと思う。これまでに経験したすべてのことは、僕たちをより強く大きく成長させ、競争力を高めてくれた」 また、トリゲロスは今シーズン参加するチャンピオンズリーグ(CL)へ向けた意気込みも。同時に、来夏で満了となる自身の契約については、延長の可能性を示唆している。 「今年は非常に特別なシーズンだ。CLでプレーすることになるけど、このために僕らは何年もかけて戦ってきた。僕たちはCLからの要求に応えられるような、バランスがとれた経験豊富なチームを持っている。僕たちが健康でいて自らのレベルに達していれば、グループステージを突破できると思う」 「契約更新時にクラブと問題が発生したことはないよ。クラブは常に僕を大切にしてくれた。ピッチ上で行ったことに応じて、評価してくれたと思う。移籍市場が閉じた今、落ち着いて将来について話し合うことができるだろう」 2021.09.07 16:58 Tue
twitterfacebook
thumb

スペイン代表、ジェラール・モレノが離脱…ハムストリングの違和による予防的措置

スペインサッカー連盟(RFEF)は3日、ビジャレアルFWジェラール・モレノがスペイン代表から離脱したことを発表した。 ジェラール・モレノは、2日に敵地で行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選のグループB第4節のスウェーデン代表戦に先発出場。しかし、後半序盤にFWアダマ・トラオレとの交代でピッチを後にしていた。 その際、同選手は右ハムストリングの違和感を訴えており、代表のメディカルチームは試合翌日に精密検査を実施。この検査では筋損傷など問題は確認されなかったが、代表チームと所属クラブの間での話し合いの結果、予防的な措置として一足早くクラブに戻すことを決断した。 また、ジェラール・モレノの離脱による代替選手の追加招集はないという。 なお、スウェーデン戦での敗戦によってグループ首位陥落のスペインは、5日にホームでジョージア代表戦、8日にアウェイでコソボ代表戦を戦う。 2021.09.04 06:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly