福岡痛恨…FW石津大介が全治8カ月の重傷で今季絶望

2019.07.17 09:37 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
アビスパ福岡は17日、FW石津大介の負傷を発表した。福岡の発表によると、石津は6日に行われた明治安田生命J2リーグ第21節FC岐阜戦で負傷。右ヒザ前十字じん帯損傷、外側側副じん帯損傷、外側半月板損傷と診断され、18日(木)に手術を行う予定とのことだ。なお、全治は8カ月とされている。

石津は、岐阜戦に先発出場するも、ボールを蹴りあげようとした瞬間に入ってきた相手選手を蹴ってしまい、右足を痛めピッチに座り込む事態に。16分にMF前川大河と交代していた。

今シーズンの石津は、ここまでJ2リーグで15試合に出場し2ゴールを記録していた。
コメント
関連ニュース
thumb

元日本代表FW森本貴幸がアビスパ福岡と契約解除、再び海外移籍へ

アビスパ福岡は29日、元日本代表FW森本貴幸(32)と双方合意の下で契約を解除したことを発表した。なお、森本は国外クラブへの移籍を検討しており、現在準備を進めているとのことだ。 森本は、東京ヴェルディの下部組織出身で、15歳10カ月6日で公式戦出場。当時の最年少記録だった。15歳11カ月28日で当時のJ1最年少ゴールも記録するなどし、2006年までプレー。同年7月にカターニアへのレンタル移籍を果たし、2007年1月に日本人最年少でセリエAデビュー。その試合で初ゴールも記録した。 そのままカターニアへ完全移籍すると、2011年までプレー。その後はノヴァーラ、アル・ナスルへと移籍し、2013年8月にジェフユナイテッド市原・千葉へと完全移籍で加入。川崎フロンターレを経て、2018年に福岡へ完全移籍していた。 福岡では明治安田生命J2リーグで53試合に出場し7得点を記録。J1通算では62試合で10得点、J2通算では132試合で24得点を記録していた。 森本はクラブを通じて今回の契約解除についてコメント。挨拶ができなかったことを謝罪した。 「急な決定となり、ファン・サポーターの皆さんへご挨拶も出来ずに申し訳ございません」 「アビスパには2年半お世話になりました。皆さんには本当にたくさんのパワーをもらい熱い応援でいつも支えてもらいました。本当にありがとうございました」 「今回の決断については、僕自身あとどれくらい現役でいられるかを意識する年齢に差し掛かり、ここでもう一度、これまでとは違う環境での挑戦をしてみたいという思いで、クラブに相談しました」 「僕の挑戦に背中を押してくれたアビスパにはとても感謝しています。在籍中に目標のJ1昇格は達成できませんでしたが、今年はレベルの高い選手たちが揃っているので、必ず目標を達成してくれると思います。応援しています」 「そして僕自身も皆さんに、活躍のニュースを届けられるよう新しい環境の中、全力で頑張っていきたいと思います。 2年半本当にありがとうございました」 2020.09.29 13:15 Tue
twitterfacebook
thumb

福岡が長崎との“九州ダービー”制して7連勝! 東京Vが首位の北九州を撃破《J2》

明治安田生命J2リーグ第22節の7試合が27日に各地で行われた。 トランスコスモススタジアム長崎では、2位・V・ファーレン長崎と4位・アビスパ福岡の“九州ダービー”が開催された。火花散る一戦は14分に福岡が遠野のゴールで先取点を奪取。後半立ち上がりにはその遠野がGKとの一対一を制して追加点をマークする。さらに65分、フアンマ・デルガドの落としを石津が左足で華麗に決めて3点差に。長崎は終了間際に名倉が1点を返すもそこまで。アウェイの福岡が今季ホーム戦負けなしの長崎を3-1で撃破し、7連勝を達成した。 味の素フィールド西が丘で首位のギラヴァンツ北九州と対戦した11位の東京ヴェルディは、23分の小池のゴールを死守して1-0で勝ち点3をもぎ取った。北九州はこの敗戦によって徳島ヴォルティスと勝ち点が「44」で並び、得失点差で首位の座を明け渡す格好となった。 ◆明治安田生命J2リーグ第22節 ▽9/27(日) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">モンテディオ山形 1</span>-0 ジュビロ磐田 V・ファーレン長崎 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 アビスパ福岡</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">水戸ホーリーホック 3</span>-1 ザスパクサツ群馬 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">東京ヴェルディ 1</span>-0 ギラヴァンツ北九州 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">栃木SC 2</span>-0 FC町田ゼルビア FC琉球 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 ジェフユナイテッド千葉</span> レノファ山口FC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ファジアーノ岡山</span> ▽9/26(土) アルビレックス新潟 1-1 ヴァンフォーレ甲府 京都サンガF.C. 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 大宮アルディージャ</span> 徳島ヴォルティス 1-1 松本山雅FC 愛媛FC 0-0 ツエーゲン金沢 2020.09.27 22:00 Sun
twitterfacebook
thumb

アウェイ福岡がフアンマ・デルガドの恩返し弾で4連勝、大宮は4戦勝ちなし《J2》

16日、明治安田生命J2リーグ第9節の大宮アルディージャvsアビスパ福岡が行われ、0-1で福岡が勝利した。 試合直前に福岡の選手が新型コロナウイルス(COVID-19)に感染している疑いがあったために急遽中止となっていた一戦。ホームの大宮は前節モンテディオ山形と1-1のドロー。スタメンは1名変更で、河本裕之に代わり西村慧祐が起用されている。三門雄大は古巣対決。 対する福岡は前節FC町田ゼルビアと対戦し2-1で勝利。3連勝中の中、スタメンを6名変更。エミル・サロモンソン、篠原弘次郎、東家聡樹、鈴木惇、石津大介、木戸皓貴が外れ、藤井悠太、ドウグラス・グローリ、増山朝陽、前寛之、菊池大介、遠野大弥が起用。藤井、フアンマ・デルガドは古巣対決となる。 12分に大宮はチャンス。左サイドからのクロスに対し最終ラインの裏に抜けた小島がヘディングで合わせるもGKがキャッチする。 福岡は昨シーズン大宮に所属したFWフアンマ・デルガドを中心に攻勢をかける。ボックスまで攻め込むものの、なかなか決定機は作れない。 それでも27分、右CKを得るとクロスをボックス中央で上島がドンピシャヘッド。しかし、これはGKフィリップ・クリャイッチが鋭い反応でセーブする。 大宮は51分にボックス手前でFKのチャンス。これをイバが直接狙うが、わずかに壁に当たりゴールとはならない。 57分には福岡がチャンス。大きくサイドチェンジすると、ボックス左から輪湖がグラウンダーのクロス。ニアサイドにフアンマ・デルガドが合わせに行くが、DFが対応する。 60分にも福岡がチャンス。浮き球のパスを落としたボールを拾った遠野がドリブル突破からクロス。中央でフアンマ・デルガドが合わせに行くが、畑尾が粘りシュートは打たせない。 それでも65分に福岡がゴールをこじ開ける。ボックス左へ展開すると、前がグラウンダーのクロス。これをボックス中央でフアンマ・デルガドが合わせ、福岡が先制する。 79分に大宮はチャンス。左サイドからのグラウンダーのクロスを戸島が落とすと、小島がドリブルを仕掛け浮き球のパス。これをファーサイドで渡部がヘディングで合わせるも、シュートはミートしない。 89分には黒川が浮き球のパス。ボックス内に抜け出した小島がトラップも、コントロールをミスし決定機を逸する。 その後も高さのある戸島を狙うパワープレーでもこじ開けに行くが最後までゴールを奪えず。そのまま試合は終了し、0-1 で福岡が勝利。敗れた大宮は4戦未勝利、福岡は4連勝となった。 大宮アルディージャ 0-1 アビスパ福岡 【福岡】 フアンマ・デルガド(後20) ◆明治安田生命J2リーグ第9節 ▽9/16(水) 大宮アルディージャ 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 FC琉球</span> ▽8/1(土) ファジアーノ岡山 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 FC琉球</span> ▽8/2(日) 栃木SC 0-0 アルビレックス新潟 ヴァンフォーレ甲府 1-1 レノファ山口FC 松本山雅FC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ギラヴァンツ北九州</span> V・ファーレン長崎 0-0 東京ヴェルディ <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">京都サンガF.C. 1</span>-0 FC町田ゼルビア <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">水戸ホーリーホック 3</span>-2 ツエーゲン金沢 ジェフユナイテッド千葉 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ザスパクサツ群馬</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">徳島ヴォルティス 1</span>-0 モンテディオ山形 愛媛FC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ジュビロ磐田</span> 2020.09.16 21:01 Wed
twitterfacebook
thumb

東京五輪世代MF松本泰志が広島から福岡にレンタル

サンフレッチェ広島は20日、MF松本泰志(21)がアビスパ福岡に期限付き移籍することを発表した。 埼玉県出身の松本は昌平高等学校卒業後、2017年1月に広島に入団。東京オリンピックの日本代表入りも期待される逸材で、昨年5月にはその東京五輪世代中心でコパ・アメリカに臨んだ日本代表に初選出された。 昨季は明治安田生命J1リーグで15試合に出場したものの、今季はここまでベンチ入りも出来ず、出場機会を求めて福岡に移籍することになった。 松本は両クラブの公式サイトを通じて、広島には成長を誓い、福岡にはJ1昇格に貢献したいと意気込みを語った。 ◆サンフレッチェ広島 「今の時期に移籍するのはチームに迷惑がかかると思いましたが、自分の成長のため、決断しました」 「この状況の中でも移籍を許してくれたクラブに感謝したいです。福岡で成長できるように頑張ってきます。引き続き応援をよろしくお願いします」 ◆アビスパ福岡 「サンフレッチェ広島から加入しました松本泰志です。自分の持てる力をすべて発揮してJ1昇格に貢献できるように頑張ります。応援をよろしくお願いします」 2020.08.20 18:48 Thu
twitterfacebook
thumb

福岡、U-18所属のDF森山公弥が来季トップチーム昇格内定!

アビスパ福岡は6日、アビスパ福岡U-18に所属するDF森山公弥(18)の来季トップチーム昇格内定を発表した。 地元福岡出身の森山は、U-15チームから同クラブの下部組織に在籍している。そして、来季のトップチーム昇格に際し、クラブ公式サイトで新たな決意を口にしている。 「アビスパ福岡U-18からトップチームへ昇格することになりました森山公弥です。サッカーを始めてから13年、ようやく自分の目標であるプロサッカー選手になることができました」 「ここまで来ることができたのは、今まで支えてくれた全ての方々の力があってこそで、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。これからもこの気持ちを忘れず、現状の自分に満足することなく日々頑張っていきます。そして、試合に出た時にはアビスパ福岡の勝利に貢献できるように全力でプレーしますので応援よろしくお願いします!」 2020.08.06 14:10 Thu
twitterfacebook