福岡痛恨…FW石津大介が全治8カ月の重傷で今季絶望

2019.07.17 09:37 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
アビスパ福岡は17日、FW石津大介の負傷を発表した。

福岡の発表によると、石津は6日に行われた明治安田生命J2リーグ第21節FC岐阜戦で負傷。右ヒザ前十字じん帯損傷、外側側副じん帯損傷、外側半月板損傷と診断され、18日(木)に手術を行う予定とのことだ。なお、全治は8カ月とされている。

石津は、岐阜戦に先発出場するも、ボールを蹴りあげようとした瞬間に入ってきた相手選手を蹴ってしまい、右足を痛めピッチに座り込む事態に。16分にMF前川大河と交代していた。
今シーズンの石津は、ここまでJ2リーグで15試合に出場し2ゴールを記録していた。

関連ニュース
thumb

C大阪が福岡のサイドアタッカーMFクルークスを完全移籍で獲得、J1で56試合8得点「全身全霊をかけてプレーします」

セレッソ大阪は7日、アビスパ福岡のベルギー人MFジョルディ・クルークス(28)を完全移籍で獲得した。 クルークスは、ベルギーのヘンクやOHルーヴェン、オランダのマーストリヒト、ヴィレムII、ローダでプレー。2021年に福岡に加入した。 福岡では右サイドのアタッカーとして2シーズンプレーし、明治安田生命J1リーグで56試合8得点、YBCルヴァンカップで11試合2得点、天皇杯で6試合2得点を記録していた。 クルークスは両クラブを通じてコメントしている。 ◆セレッソ大阪 「セレッソ大阪ファン・サポーターの皆さんへ。この度、アビスパ福岡より加入しましたジョルディ・クルークスです。セレッソ大阪という素晴らしいクラブでプレー出来ることを本当に嬉しく思っています」 「ゴールやアシスト、素晴らしいゴールへと繋がるプレーに加え、チームが掲げる目標を達成するために、全身全霊をかけてプレーします。セレッソ大阪のファン・サポーターの皆さんは、チームの一員です。僕たちと一緒に、目標に向かって突き進んで行きましょう」 「そして、皆さんがスタジアムで最高の時間を過ごせるよう、僕はたくさんのゴールとアシストでチームの勝利に貢献していきます。早く皆さんと会える日を楽しみにしています。スタジアムで一緒に喜びを分かち合いましょう」 ◆アビスパ福岡 「アビスパ福岡ファン・サポーターの皆様へ」 「とても心苦しいですが、皆様にお伝えしなければならないことがあります。この度、この素晴らしいクラブであるアビスパ福岡を離れることになりました。アビスパ福岡は僕にとって、初めての”海外挑戦”でした。その中で皆様は、最高の形で僕を迎えてくれて、またどんな時でも熱い応援とサポートをし続けてくれたこと、本当に心から感謝しています」 「僕がこんなにもアビスパ福岡を我が家のように感じられるのは、紛れもなくファン・サポーターの方々のお陰だと思っています。今回、僕はアビスパ福岡を離れることになりますが、これは皆様への”さよなら”ではありません。皆様とはまた、必ず会えます」 「そして皆様に1つ、覚えておいて欲しいことがあります。それは、アビスパ福岡のファンサポーターの熱い応援と歌声は、僕の、そして僕の家族の心にしっかり刻まれているということ。一生忘れることはありません」 「アビスパ福岡の監督・スタッフ、選手のみんな、アビスパのために働いて下さっている皆様、そしてアビスパ福岡を支える素晴らしいファン・サポーターの皆様、2年間本当にありがとうございました。また会いましょう!必ず!」 2022.12.07 13:33 Wed
twitterfacebook
thumb

福岡、残留に貢献の守護神・村上昌謙と来季の契約を更新!

アビスパ福岡は6日、GK村上昌謙(30)と2023シーズンの契約を更新したと発表した。 村上は大阪体育大学から2015年に当時J3のレノファ山口FCへ加入。水戸ホーリーホックへの期限付き移籍を経て、福岡には2020年から加わり、J1昇格を経験した。 自身初のJ1となった2021年は37試合でゴールを守り、"神セーブ"でチームを救った。今季もリーグ戦27試合に出場し、2年連続の残留へ貢献。ルヴァンカップでも6試合に出場し、クラブ史上初のベスト4入りを支えていた。 2022.12.06 14:10 Tue
twitterfacebook
thumb

福岡GK山ノ井拓己が契約更新

アビスパ福岡は3日、GK山ノ井拓己(24)と2023シーズンの契約を更新した旨を発表した。 ジェフユナイテッド千葉U-15出身の山ノ井は静岡学園高校を挟み、2017年から福岡でプレーしている。 入団6年目の今季も出番が限られ、ルヴァンカップの3試合にとどまったが、1年間の出場数としてはキャリア最多だった。 2022.12.03 12:45 Sat
twitterfacebook
thumb

福岡、湯澤聖人が来季契約を結ぶ! 今季は公式戦40試合でプレー

アビスパ福岡は2日、DF湯澤聖人(29)と2023シーズンの契約を更新した旨を発表した。 湯澤は流通経済大学に在学中の2015年に特別指定選手として柏レイソル入りし、翌年に正式昇格。2017年から京都サンガF.C.、ヴァンフォーレ甲府を渡り歩いた後、2020年から福岡に加わった。 その福岡移籍初年度から主力として重用され、今季の明治安田生命J1リーグでも26試合に出場。ルヴァンカップと天皇杯でも計14試合でプレーした。 2022.12.02 14:55 Fri
twitterfacebook
thumb

福岡CB奈良竜樹が契約更新 来季で移籍3年目に

アビスパ福岡は1日、DF奈良竜樹(29)と2023シーズンの契約を更新した旨を発表した。 奈良はコンサドーレ札幌(現・北海道コンサドーレ札幌)のアカデミー出身で、トップチームに昇格。FC東京、川崎フロンターレ、鹿島アントラーズを渡り歩き、2021年から福岡に加入した。 移籍1年目から主力センターバックになると、シーズン終了後の完全移籍移行が決定。そうして迎えた今季は明治安田生命J1リーグ22試合のほか、ルヴァンカップでも2試合に出場した。 2022.12.01 14:10 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly