川崎Fの小林悠がJ1通算100ゴール達成! 多摩川クラシコでの先制弾で快挙2019.07.14 20:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
川崎フロンターレの日本代表FW小林悠(31)が、J1通算100ゴールを達成した。小林は14日、明治安田生命J1リーグ第19節のFC東京との多摩川クラシコに先発出場。迎えた20分、MF下田北斗の左CKを頭で合わせ、ゴールネットを揺らした。

大一番での先制点がJ1通算100ゴール目に。Jリーグ史上14人目と達成者となり、大卒選手の中では元日本代表FW中山雅史氏、元同国代表MF藤田俊哉氏に次ぐ、3人目の快挙となった。

◆J1通算100ゴール達成者14名
1位 184ゴール FW大久保嘉人
2位 161ゴール FW佐藤寿人
3位 157ゴール FW中山雅史
4位 154ゴール FW前田遼一
5位 152ゴール FWマルキーニョス
6位 141ゴール FW興梠慎三
7位 139ゴール FW三浦知良
8位 124ゴール FWウェズレイ
9位 116ゴール FWジュニーニョ
10位 111ゴール FWエジミウソン
11位 108ゴール FW柳沢敦
12位 103ゴール MF遠藤保仁
13位 100ゴール MF藤田俊哉
13位 100ゴール FW小林悠
コメント
関連ニュース
thumb

万全じゃないのは重々承知も…MF田中碧が掴んだ大きな手応え「敵わない相手ではないのかな」《Jリーグワールドチャレンジ》

明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019、川崎フロンターレvsチェルシーが19日に行われ、1-0で川崎Fが勝利した。 試合後、ワールドクラスの選手たち相手にもボール奪取、巧みなパス捌きを披露し、勝利に貢献したMF田中碧(川崎フロンターレ)がミックスゾーンでの取材に応対。相手のコンディション不良を重々承知している上で、「敵わない相手ではない」と個人として多くの手応えを感じたことを明かした。 ◆MF田中碧(川崎フロンターレ) ——クロアチア代表MFマテオ・コバチッチ、ベルギー代表FWミッチー・バチュアイからもボール奪取して見せた 「正直な感想を言うと、個人としては彼らとやり合えるんじゃないかなっていうのは、自分の中で感じました。もちろん、彼らのコンディションというか、まだできあがっていないというのは、重々分かってます。その中でも僕個人としては、もっともっとやらなきゃいけないことがたくさんあるのも分かっています。ただ、敵わない相手ではないのかなというのは、感じました」 ——トゥーロン国際大会の経験が生きたか? 「最初、スピード感というか、そういうものに自分の中で誤差というのはありました。けど、トゥーロン(国際大会決勝の)ブラジルの時もそうですし、それ以上に自分の中ではやれたんじゃないかなという手応えはあります」 ——課題は? 「やはり個人として取り切る力。あとは、ボールを前に運ぶ力であったり、ゴール前の質は、彼らのほうがまだまだ上ですし、僕個人としても、まだまだ足りないと思っています。そういうところのレベルアップは大切です。それとチームとして、彼らともっともっと互角に戦うために、自分がチームをコントロールするっていう面で言えば、そこのところはまだまだ力不足なのかなと感じました」 ——終盤にはMF中村憲剛が出てきて、一瞬で流れを変えた 「やはりあの10分間で試合を決める、決定的なチャンスを作り続ける力というのは、改めてすごいなと思います。そういう力を僕自身もつけていかなきゃいけないということは間違いなく感じています。そういう意味では、常にお手本となる選手がこのチームにいるので、そういう選手たちから吸収したいです。ボランチとしてプレーしますけど、試合を決めるようなレベルの選手になっていきたいなと思います」 ——いつもと違う圧力を感じたか 「正直、最初は感じましたけど、僕個人としてはもっと回せるんじゃないかなと感じていました。ミスはありましたけど、そんなに圧力を感じてはいなかったです。もっともっとうまい距離感でやれれば、もっと回せるんじゃないかなというのは感じました」 2019.07.20 03:12 Sat
twitterfacebook
thumb

「差は全然縮まっていない」決勝弾演出のMF中村憲剛が未だ感じる世界とのギャップ《Jリーグワールドチャレンジ》

明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019、川崎フロンターレvsチェルシーが19日に行われ、1-0で川崎Fが勝利した。 試合後、約10分間の出場で決勝ゴールをアシストしたMF中村憲剛(川崎フロンターレ)がミックスゾーンでの取材に応対。「自分たちがJリーグでやっていることを、向こうがやっている」と自分たちがやりたいことをやられていたことを明かし、0-6と屈辱の大敗を喫した2015年のドルトムント戦から世界との「差は縮まっていない」と主張した。 ◆MF中村憲剛(川崎フロンターレ) ——10分間の出場でMVP 「みんなはズルいと言っていました(笑)」 ——ベンチでどこが空いてるかなどを見極めていたと思うが、どのような感じで試合に入ったか 「正直、前半は『これは結構、しんどいな』と。普段、自分たちがJリーグでやっていることを多分、向こうがやっているんだなというのはすごく感じました。自分たちが取りに行っても取れずに、間に入れられて前を向かれて、押し込まれて、(ラインを)下げられているので、取った瞬間には前には(小林)悠しかいないし。これをどうやって打破していくかはすごく難しかったです」 「ただ、あそこでもし失点していたら、あそこで試合は終わっていました。それでも(チョン・)ソンリョンもそうですし、DF陣もそうですし、体を張ったことで試合を0-0で折り返すことができました。後半は人も替わりながらやって、暑かったので相手も体力が落ちて、スペースがどんどんどんどん出てきていたのをウォーミングアップしながら見ていました」 「前半とは明らかに違うなという感じはあったので、自分がどこで出るかといえばボランチかなと思っていましたし、オニ(鬼木達)さんも時間を気にしてくれていたと思います。(残り)10分で何ができるかは、空いているところ、特に左サイドバック、後半はそっち側がかなり攻められていて、(脇坂)泰斗とカズ(馬渡和彰)のところの受け渡しがイマイチうまくいってなかったので、裏も結構空いていたので一本出しましたけど、そこは見ていて突こうと思っていました」 「あとはショートコーナーもできそうだなという雰囲気は結構ありました。そこは(相手も)新チームでもあり、選手もかなり替わっている状態で仕込まれていないと思っていて、泰斗に寄った瞬間も誰もこなかったのでチャンスだなと。あとはそれをしっかり正確に繋げれば入るかもしれないと思っていましたけど、(レアンドロ・)ダミアンが決めてくれて良かったです。そういう意味では、わずかな時間でもやるべきことをやらなくてはいけないということは、いつもと一緒ですけど、それが今回はうまくいったケースだと思います」 ——自分たちがやりたいことをやられたという部分で言うと、参考になったことや高みを目指せると感じたこともあったと思うが 「目指せる部分とどうしようもない部分ということは多分あって、目指せることの一つとしては、『止めて、蹴る』。もっと止めないといけないですし、止めれるから相手の選手はいろんな選手が見れるし、逃げれる。こっちがプレッシャーをかけてもプレッシャーに感じていない部分はあったと思います。本当にドンピシャじゃないとなかなか前から取りに行くことはできませんでした。なかなかそういうことはJリーグでもありません」 「あとはパススピード。これはドルトムントの時もそうでしたけど、そこは絶対だなと感じました。ポジショニングのところもそうです。しっかりと止めて蹴れるからポジショニングもそれぞれが無駄なく立てる。そういう意味ではチェルシーは前半、無駄なくやっていました。ポジショニングも良いですし、奪われた瞬間から取り返しにいけるところにみんながいました」 「逆にこっちは陣形を崩されていたので、そこですね。自分たちはJリーグでできている方かもしれないですけど、世界とはまだまだ。まだまだなのは(2015年に0-6で敗れた)ドルトムントの時から知っていましたけど、差は全然縮まっていないなというのは感じました。別にそれは悲観することでもあり、悲観しなくてもいいかなということもあるので、これを自分たちでもっともっとやっていかなくてはいけません。こちらもあの時とはメンバーも半分以上替わっていますけど、そこでいろんな選手に刺激が入って、またフロンターレが伸びればなと思います」 「あとは身体能力やフィジカル的なところで、ある程度アバウトでも止めれてしまう選手が相手にはいます。もっとパスワークを緻密に突き詰めないといけないと思います。相手よりも止めて、蹴るができないと戦えないと思います。それはベンチから観ていて『これは大変だな』と感じました」 2019.07.20 03:11 Sat
twitterfacebook
thumb

フル出場の谷口彰悟、無失点でチームに満足も個人的には「ジルーがすごかった」《Jリーグワールドチャレンジ》

守備の要として90分間戦ったDF谷口彰悟。名だたる名選手相手に無失点で抑え、勝利に貢献した。しかし、ヨーロッパ王者との対戦はかなり難しかったと話す。その感じは、インタビュー中の受け答えでも見て取れた。谷口は以下のように試合を分析してくれた。 「序盤はプレッシャーも含めて良かったんですけど、その後はチェルシーが僕らの出方にアジャストしてやりづらくなりました。取りどころを探りながら前からいったんですけど、一人一人が剥がす力があって距離の取り方が上手くてなかなか難しかったです。でも我慢しながらなんとか踏ん張れました」 「みんな相手の圧力を相当感じていたと思います。悪いボールの取られ方もあったけど、それは仕方のないことだと思います。少しずつそれに慣れていくしかないし、このレベルの相手には難しいです。そういった相手に自分たちのサッカーをしていくことは逃げずにやろうとしていましたし、そこはプラスに捉えて良いかなと思います」 良いところも悪いところも見つかったという今回の一戦。個人的には、DFとしてチェルシーのフランス代表FWオリヴィエ・ジルーの存在感から世界を肌で感じることができたと語る。 「懐が深いので背負われたらなかなかボールが取れなかったです。激しくぶつかったんですけどなかなか(ボールに)届かなかったですね。あの体勢に入られないように事前に駆け引きするとか、そのあたりをもっとやらないといけないなと思いました」 「常にクロスを要求しているようなポジショニングを取っていたので、なかなかサイドバックのカバーもしづらかったです。存在だけで脅威になるということを感じました」 2019.07.20 03:10 Sat
twitterfacebook
thumb

決勝弾のレアンドロ・ダミアン、同胞ダビド・ルイスと再会「うちのチームを褒めてくれた」《Jリーグワールドチャレンジ》

明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019、川崎フロンターレvsチェルシーが19日に行われ、1-0で川崎Fが勝利した。 試合後、FWレアンドロ・ダミアン(川崎フロンターレ)がミックスゾーンでの取材に応対。決勝ゴールを振り返り、「その前に2度のチャンスを逃していたので、ゴールができて良かった」とコメントした。また、かつてブラジル代表でチームメイトだったDFダビド・ルイスからチームが称賛されたことを明かしている。 ◆FWレアンドロ・ダミアン(川崎フロンターレ) ——ゴールを振り返って 「その前に2度のチャンスを逃していたので、ゴールができて良かった。凄く良いゲームだった。前半から良い流れで自分たちの試合ができたし、後半もスタイルを貫くことができた。チーム全体で勝利できてよかった」 ——DFダビド・ルイスとのマッチアップ 「代表ぶりで久々だったが、彼は素晴らしい選手。人間としても素晴らしい。彼はこれからも成功を収めるだろう。うちのチームを褒めてくれた」 ——FW知念慶とのツートップ 「一緒にずっとやっていましたし、僕が入っても知念が入ってもチームの力になれる」 ——惜しいダイビングヘッドについて 「あれはボールをかするイメージで入ったが、ディフェンスが後ろから押してきたことで、思ってたより少し前に入り過ぎて、頭にしっかりと当たってしまった」 2019.07.20 03:10 Sat
twitterfacebook
thumb

アスピリクエタ、川崎Fを賞賛「レベルの高い選手が多かった」新たな環境にも言及《Jリーグワールドチャレンジ》

明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019、川崎フロンターレvsチェルシーが19日に行われ、1-0で川崎Fが勝利した。 試合後、メディアの取材に応対したチェルシーのスペイン代表DFセサール・アスピリクエタは、この一戦は前半45分間プレー。その中で、右サイドのコンビネーションや質の高いクロスでチェルシーの攻撃をサポートした。プレシーズンが始まって3試合目にして初の黒星。この一戦の感想や川崎Fの印象を語った。 「今日の結果はすごく残念だった。だけど試合の中でいい時もあった。川崎Fは日本の王者であることは知っていたし、レベルの高い選手が多くアグレッシブだった。今はちょうど転換期で、求められることをベストを尽くしてやる段階。これから改善できることが沢山ある」 「まだ十分ではない部分もあるが、各試合でそういう課題が見えて来る。今日の試合で改善点を見つけて、それを練習と試合で良くしていくことが大切。目の前の試合が大事なんだ」 また、フランク・ランパード監督が就任し、新たな環境や若い選手が増えたことにはこのように話した。 「確かに新しい選手や若い選手がいるが、僕としては彼らをチームになじませる役割ができればと思う。イギリスで一番良いアカデミーをチェルシーは持っている。下のカテゴリーで成果を上げた選手ばかりだから、彼らがやりやすいような雰囲気を作りたい」 2019.07.20 02:35 Sat
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース