フィテッセ、ヴォルフスブルクからオランダ期待の若きMFバズールを獲得!2019.07.13 03:28 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フィテッセは12日、ヴォルフスブルクからオランダ代表MFリシェドリー・バズール(22)を完全移籍で獲得した。契約期間は2022年6月30日の3年間となる。アヤックス下部組織出身のバズールは、2016年12月にヴォルフスブルクに加入。ヴォルフスブルクでは公式戦27試合に出場したが、昨シーズンはポルトにレンタル移籍で加入したが、半年でレンタルバック。今冬にレンタルで加入したユトレヒトでは、リーグ戦14試合に出場して3ゴール4アシストを記録した。

バズールは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「フィテッセは僕に会ったチームだね。チームは野心的で僕はそれに貢献したいと思っているよ」
コメント
関連ニュース
thumb

レバークーゼン、ブラント後釜はオランダで復活のウーデゴール?

レバークーゼンが、レアル・マドリーからフィテッセにレンタル移籍をしているノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール(20)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン方面の情報をもとにドイツ『SportBild』が報じた。 今シーズンの公式戦43試合で10ゴール17アシストを記録したドイツ代表MFユリアン・ブラント(23)をドルトムントへ放出したレバークーゼン。同選手の後釜として、アヤックスも注視しているというウーデゴールに白羽の矢を立てているようだ。 記事によれば、レバークーゼンはノルウェー代表MFの獲得に向けて、既にマドリーにオファーを打診。マドリーは完全移籍での売却を望んではいないものの、経験を積ませたいと考えていることからレンタル移籍なら応じる気があるようだ。 かつて"神童"と呼ばれたウーデゴールは、2015年1月に16歳でマドリーと6年契約を締結。しかし、各国のスターが揃うトップチームでは出場機会が得られず、レンタル移籍を繰り返すと今シーズンはフィテッセへ加入。すると、公式戦39試合で11ゴール12アシストを記録した。 2019.06.13 17:09 Thu
twitterfacebook
thumb

ウーデガルト、ジダンとの思い出は複雑? 「素晴らしいことだったけど…」

フィテッセにレンタル加入中のノルウェー代表MFマルティン・ウーデガルト(20)が、所属元のレアル・マドリーでの日々を回想している。ノルウェー『AD』のインタビューを基に、スペイン『マルカ』が伝えた。 2014年夏にノルウェーのフル代表で15歳253日という同国史上最年少出場記録を打ち立てたウーデガルトは、その半年後に母国のストレームスゴトセトからレアル・マドリーに移籍。“神童”とも呼ばれた同選手は、ジネディーヌ・ジダン元監督の下でレアル・マドリー・カスティージャ(Bチーム)をメインに経験を積み、トップチームの練習にも参加した。 そして、2014-15シーズンの終盤にはチーム史上最年少の16歳157日でトップチームデビュー。しかし、そこから安定した出場機会を得ることは叶わず、レンタル先で過ごす日々が続いている。 インタビューに応じたウーデガルトは、マドリー加入当初を回想。選手としてもレジェンドだったジダン氏の下でのプレーは、複雑な経験となっているようだ。 「ジダンが僕の監督だったのは素晴らしいことだけど、自信にはならなかった」 「僕は多くのクラブに行くことが出来たけど、レアル・マドリーが夢だった。世界最大のクラブだし、最良の選択肢だったんだ」 「トップチームとトレーニングして、ジダンの下でカスティージャでプレーした」 「僕は最もビッグなスターたちとフットボールをした。ストレームスゴトセトから、セルヒオ・ラモスやクリスティアーノ・ロナウドへ続く大きな一歩を踏み出したんだ」 フィテッセでプレーしている今シーズンのウーデガルトは、ここまでの公式戦21試合で5ゴール4アシストを記録。ヘーレンフェーンにレンタルで加入して公式戦26試合2ゴール2アシストに留まった昨シーズンからは、確かな成長を遂げている。 2019.02.03 18:55 Sun
twitterfacebook
thumb

フィテッセに武者修行中の神童・ウーデゴール「目標はマドリーでのプレー。そのためならなんだってする」

▽フィテッセに所属するノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール(19)が、所属元のレアル・マドリーでの成功を夢見ているようだ。スペイン『アス』が伝えた。 ▽かつて神童と呼ばれたウーデゴールは、2015年1月に16歳でマドリーと6年契約を締結。しかし、各国のスターが揃うトップチームでは出場機会が得られず。2017-18シーズンには日本代表MF小林祐希も所属するヘーレンフェーンにレンタル移籍し、公式戦26試合2ゴール2アシストを記録した。 ▽昨シーズン終了後、マドリーに復帰し、インターナショナル・チャンピオンズカップでは3試合に出場。しかし、トップチームに食い込むことは叶わず、今季はフィテッセで武者修行を継続している。 ▽そんなウーデゴールはフィテッセで徐々に出場時間を増加。10月31日に行われたKNVBカップ2回戦のヘラクレス戦で移籍後初ゴールを決めると、迎えた11月10日のエールディビジ第12節のヘラクレス戦でFKを鮮やかに決めて、公式戦2試合連続ゴールとなる移籍後リーグ戦初ゴールを記録した。 ▽オランダで経験値を積むウーデゴールは、ヘラクレス戦でのゴールで肩の荷が下りたと主張。ここからの更なる成長に意気込み、レアル・マドリーで将来活躍することを思い描いている。 「僕は満足しているよ。このクラブで自分が進むべき道のりを見つけることができているんだ。最近のヘラクレス戦でようやくゴールを決めることができ、少し肩の荷が下りたよ。これまでのシーズンよりも多くのゴールやアシストを記録することを一つの目標にしているんだ」 「僕はプレーしなくてはいけないし、できる限りのことを学んでいかなくてはいけない。もちろん僕はマドリーに残ることを望んでいたさ。(プレシーズンで)長い間チームで練習し、トップチームでも数分間の出場機会も得た。ただ、夏が終わる頃にクラブと話して、他のクラブでプレーすることが最善だという結論に至ったんだ」 「でもそれは僕の成長のためにベストな選択になると思う。今は最高のコンディションを模索している。レオニード・スルツキー監督と話して、ここでならそれができると思ったんだ」 「謙虚でいなくてはいけないし、ゴールも獲り続けないとね。レアル・マドリーのトップチームでどれだけ多くの19歳の選手がプレーできている? 道のりは長いけど、自分自身を信じているよ」 「全ての試合で一生懸命プレーして、多くを学び出場機会も増やしていかなくてはならない。僕の目標は明確だよ。レアル・マドリーでプレーすることさ。そのためならなんだってするよ。僕の契約自体はすでに更新されている。僕はそれを信頼の証だと感じている。フィテッセへの移籍は後退ではない。トップへ登り詰めるための前進なんだ」 2018.11.16 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

マドリー、MFウーデゴールのレンタルを発表…今季はフィテッセで武者修行

▽レアル・マドリーは21日、ノルウェー人MFマルティン・ウーデゴール(19)がレンタルでフィテッセに加入することで合意したと発表。期限は2019年6月30日までとなる。 ▽かつて神童と呼ばれたウーデゴールは、2015年1月に16歳でマドリーと6年契約を締結。しかし、各国のスターが揃うクラブでは出場機会が得られず、2017-18シーズンは日本代表MF小林祐希も所属するヘーレンフェーンにレンタルで加入した。昨シーズンは公式戦26試合2ゴール2アシストを記録している。 ▽昨シーズンが終了した後に帰還していたマドリーでは、プレシーズンのインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)3試合に出場。しかし、トップチームに食い込むことは叶わず、引き続きオランダで武者修行を続けることとなった。 2018.08.22 00:00 Wed
twitterfacebook
thumb

堂安、開幕ゴールもフローニンヘンは5失点惨敗《エールディビジ》

▽フローニンヘンは12日、エールディビジ第1節でフィテッセとのアウェイ戦に臨み、1-5で大敗した。フローニンヘンのMF堂安律はフル出場している。 ▽[4-2-3-1]の右MFで先発した堂安はチームが1点ビハインドで迎えた38分、開幕ゴールを決める。浮き球パスでボックス右に抜け出したファン・ヴェールトがゴールライン際からクロスを折り返すと、ニアに飛び込んだ堂安がスライディングで飛び込んでネットを揺らした。 ▽しかし、44分に勝ち越しを許して迎えた後半、62分にも失点してフローニンヘンは1-3とビハインドを負ってしまう。さらに66、71分と立て続けに失点したフローニンヘンは、そのまま1-5で大敗。堂安が開幕ゴールを決めたものの、厳しいスタートとなった。 2018.08.12 23:21 Sun
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース