LAギャラクシー退団のFWジョバニ・ドス・サントスが母国帰還へ

2019.07.06 17:11 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今年3月にメジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーを退団したメキシコ代表FWジョバニ・ドス・サントス(30)が、母国メキシコのクラブ・アメリカに加入することが決定的となった。フランス『レキップ』が伝えている。

LAギャラクシー退団以降、フリーの状況が続いていたドス・サントスだったが、今回母国のクラブ・アメリカと年俸260万ユーロ(約3億1000万円)の2年契約で合意に至ったという。また、背番号10を付けることになるようだ。

なお、クラブ・アメリカはドス・サントスの父親であるシシーニョ氏が2度に渡って在籍していたクラブでもある。

バルセロナのカンテラ出身であるドス・サントスは、2007-08シーズンにトップチーム昇格を果たすも、トッテナムやマジョルカといったクラブを渡り歩き、2013年夏にビジャレアルへ移籍。同クラブでの在籍2シーズンで主力として活躍し、2015年夏に元イングランド代表MFスティーブン・ジェラードやアイルランド代表FWロビー・キーンが在籍していたLAギャラクシーに加入していた。

LAギャラクシーでは公式戦88試合に出場し28ゴール19アシストを記録。だが、2018シーズンはリーグ戦14試合で3ゴールと思うような活躍を見せることはできず。

そして、ドス・サントスは、4シーズンを過ごし実弟のジョナタンも在籍するLAギャラクシー退団を決断していた。

関連ニュース
thumb

「史上最悪のダイブ」LAギャラクシーFWチチャリートの“奇行”に英紙注目

LAギャラクシーの元メキシコ代表FWハビエル・エルナンデスのプレーが視線を集めている。 チチャリートの愛称で親しまれている元マンチェスター・ユナイテッドのスター、エルナンデス。8月29日のニュー・イングランド戦では新加入リキ・プッチのお膳立てからゴールを奪い、2-1での勝利に貢献した。 翌9月1日のトロントFC戦でもキャプテンマークを巻いて先発出場。試合は2-2に終わったものの、イギリス『スポーツバイブル』はエルナンデスが見せた一コマに注目。トロントMFマイケル・ブラッドリーとのやり取りを「史上最悪のダイブ」と形容した。 ゴール前でブラッドリーと目を合わせながら次第に近づくと、軽い接触の後に突然大きな叫び声をあげながらピッチへ転がり込んだ。 相当なオーバーリアクションにはファンも苦笑。「幽霊に襲われたようです」、「残りの期間出場停止に」、「倒れた原因は何ですか?」、「男子サッカーをもう見なくなった理由を思い出すために、この種のビデオが必要です」などの声が上がっている。 <span class="paragraph-title">【動画】史上最悪のダイブと形容されたチチャリートの奇行</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">My demons surrounding me at night when I’m trying to go to sleep <a href="https://t.co/Cp4k3McQkt">pic.twitter.com/Cp4k3McQkt</a></p>&mdash; My Neighbor JoeToro (@mojoejoejoemtz) <a href="https://twitter.com/mojoejoejoemtz/status/1565147824991440897?ref_src=twsrc%5Etfw">September 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.03 22:10 Sat
twitterfacebook
thumb

リキ・プッチ衝撃のLA初得点に公式も「OMG!」 ロケット砲には「MLSではチート」との声も

ロサンゼルス・ギャラクシーのスペイン人MFリキ・プッチのゴラッソが注目を浴びている。 リキ・プッチは今夏、バルセロナからメジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーに加入した。 入団会見では「チチャリート(ハビエル・エルナンデス)のゴールをたくさんアシストできるよう願っているよ」と語っていたリキ・プッチは、8月29日のニュー・イングランド戦でキレのあるスルーパスからチチャリートのゴールをお膳立て。有言実行を果たしている。 さらに翌9月1日のトロント戦では衝撃的なMLS初ゴールを記録した。 左サイドでボールを持ったリキ・プッチは味方とのワンツーを駆使し、カットインから右足を一閃。目の覚めるようなキャノン砲をゴール右隅へ突き刺した。 MLS公式ツイッターアカウントも「OMG! MLS初ゴールはスクリーマーだ!」と紹介。「クラッキだ」、「こんなキック力あったの?」、「これでアメリカのレジェンドが変わる」、「MLSではチート」、「リキ・プッチ楽しそう」と、様々な声が寄せられている。 バルセロナでは近年十分な出場機会を与えられていなかったが、アメリカで水を得た魚のように躍動するリキ・プッチ。23歳のアタッカーは新天地でまだまだ結果を残しそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】これがリキ・プッチの実力!MLS初ゴールは鮮烈なミドル</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">OMG RIQUI PUIG! <br><br>His first MLS goal is a screamer! <a href="https://t.co/snQq2ty5yJ">pic.twitter.com/snQq2ty5yJ</a></p>&mdash; Major League Soccer (@MLS) <a href="https://twitter.com/MLS/status/1565150034085249024?ref_src=twsrc%5Etfw">September 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.01 21:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ウルグアイ代表のマルティン・カセレスがLAギャラクシーへ移籍!

ロサンゼルス・ギャラクシーは24日、ウルグアイ代表DFマルティン・カセレス(35)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約はMLSの2022シーズンいっぱいまで。1年間の延長オプションも付随する。 2007年に母国デフェンソールからビジャレアルに移籍し、ヨーロッパでのキャリアをスタートしたカセレスは、バルセロナやユベントス、セビージャ、ラツィオなど多くのクラブを渡り歩いてきた。昨季はカリアリでプレーしていた中で、今年1月にレバンテに移籍。カリアリでは14試合、レバンテでは11試合と、一定の出番を得た。 現在、MLSウェスタン・カンファレンスで7位に位置するLAギャラクシーは、今季はドグラス・コスタやリキ・プッチ、ガストン・ブルグマンなど欧州からの補強を進めている。 2022.08.25 15:05 Thu
twitterfacebook
thumb

今夏アメリカ移籍のリキ・プッチ、バルセロナから不当な扱い受けたと明かす「出て行かせたかったのだろう」

ロサンゼルス・ギャラクシーへと加入したスペイン人MFリキ・プッチ(22)が、バルセロナ退団時を振り返った。 バルセロナのカンテラで育ったプッチ。2020年7月に20歳でファーストチームに昇格し、公式戦56試合に出場したが、主力への定着は叶わずにいた。 昨季はラ・リーガで14試合の出場にとどまると、チャビ・エルナンデス監督から構想外を言い渡され、今夏にLAギャラクシーへと移籍。ヨーロッパの若手選手によるメジャーリーグ・サッカー(MLS)行きは驚きを与えた。 そんなプッチはスペイン『マルカ』のインタビューで、今夏の移籍前の日々を回顧。クラブから不当な扱いを受け、失望を感じていたようだ。 「本当に厳しい1カ月だった。選手をスペインに残してツアーに帯同させないなんて、バルセロナでは今まで見たことがない。クラブの事情はわかるし、選手にプレッシャーをかけて出て行かせたいのだろうけど、もっと違うやり方があると思う。チームメイト4人とバルセロナに残ってトレーニングするのは苦痛だった」 「失望しているよ。僕は7年間クラブに在籍していたけど、チームメイト全員が試合をしている間にもかかわらず、同じく長年クラブにいる監督にバルセロナに残されたのは苦しかった。複雑な状況だったよ。時には苦渋の選択というのも必要かもしれないけど、彼らの決断を僕は支持していない」 2022.08.24 18:05 Wed
twitterfacebook
thumb

ソシエダ退団のヤヌザイ、リキ・プッチに続いてLAギャラクシー行きが濃厚か

元レアル・ソシエダのベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイ(27)が、アメリカ・メジャーリーグ・サッカー(MLS)行きに近づいているようだ。 かつてマンチェスター・ユナイテッドで鮮烈なデビューを果たしたヤヌザイ。同クラブ時代は飛躍しきれなかったものの、2017年夏からプレーしたソシエダでは通算168試合23得点21アシストを記録。ケガの多さこそ難点だが、持ち前のドリブルはスペインでも高く評価された。 だが、今夏でソシエダとの契約が満了。現在は無所属となっており、セビージャやベティス、オサスナ、ウェストハムなど、スペインを中心に多くの欧州クラブが新天地として浮上している。しかし、ヤヌザイが要求する高額な給与に、いずれも二の足を踏んでいる状態だ。 そんななか、スペイン『Fichajes』によると、MLSのロサンゼルス・ギャラクシーがヤヌザイに接近。すでに本格的な交渉が始まっており、選手自身も渡米に乗り気だという。 LAギャラクシーはヤヌザイがユナイテッド時代に共にプレーした元メキシコ代表FWハビエル・エルナンデスが主将を務めており、今夏にはバルセロナからスペイン人MFリキ・プッチを完全移籍で獲得している。 2022.08.18 18:11 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly