U-21イタリア代表に激震… ミーティング遅刻のケアンとザニオーロが運命のベルギー戦欠場へ《U-21欧州選手権》2019.06.23 01:16 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
U-21イタリア代表に激震が走った。22日に行われるU-21欧州選手権2019グループA最終節のU-21ベルギー代表戦にFWモイゼ・ケアン(ユベントス)とMFニコロ・ザニオーロ(ローマ)の両主軸が欠場することになったようだ。『フットボール・イタリア』が報じている。ホテルで同部屋のケアンとザニオーロは今大会中、度々インスタグラムに歌や踊っている姿を投稿。そしてベルギー戦に向けたミーティングに遅刻していた。これがルイジ・ディ・ビアージョ監督の逆鱗に触れ、ベルギー戦で起用しないことを決めたようだ。

仮にイタリアがベスト4進出を果たせば、両選手が復帰する可能性があるようだが、グループステージ最終節を前に2連勝のU-21ポーランド代表を追うイタリアは、1勝1敗でU-21スペイン代表に並んでいる中、両主軸を欠いてベルギーに勝利し、東京五輪出場権の得られるベスト4進出を果たせるか。
コメント
関連ニュース
thumb

デ・ロッシが現役引退決断か? マンチーニ率いるアズーリのスタッフ入りも

昨シーズン限りでローマを退団した元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシ(35)が現役引退を決断した模様だ。イタリア『Il Tempo』が伝えている。 ローマとの契約最終年となった昨季はヒザのケガの影響もあって公式戦23試合に出場し2ゴールの数字にとどまっていたデ・ロッシ。そして、シーズン終了直前にはクラブ側から来季の契約を更新しない意向と共に、現役を引退してフロントやコーチングスタッフ入りを打診されていた。 しかし、現役続行を望むデ・ロッシは愛するローマ退団を決断。その新天地に関してはローマの元同僚DFニコラ・ブルディッソ氏がスポーツ・ディレクター(SD)を務めるアルゼンチン屈指の名門ボカ・ジュニアーズや、イギリスのロンドン生まれのイタリア人女優であるデ・ロッシの妻セイラ・フェルバーバウムさんが英語圏での生活を望んでいることから、別宅がある西海岸のロサンゼルスFCらの名前が浮上。 また、ここ最近ではロマニスタのマッシモ・フェレーロ会長率いるサンプドリア、ミラン、元同僚のヴィンチェンツォ・モンテッラ監督率いるフィオレンティーナ、ボローニャなど複数の国内クラブへの移籍の可能性が伝えられていた。 しかし、今月中に36歳の誕生日を迎えるデ・ロッシは、前述のオファーと家族に新たな環境を強いることのデメリットを考慮した結果、現役引退という選択肢を選ぶ見込みだ。 なお、デ・ロッシが現役引退を決めた場合、以前から打診されているロベルト・マンチーニ監督が率いるイタリア代表のコーチングスタッフ入りを選ぶ可能性が高いという。 ローマのプリマヴェーラを率いるアルベルト・デ・ロッシを父親に持つデ・ロッシは、幼少期からローマ一筋のキャリアを歩み、2000年のトップチーム昇格以降、在籍18年間で公式戦616試合に出場し63ゴールを記録。在籍期間に獲得したタイトルは、2006-07シーズン、2007-08シーズンの2度のコッパ・イタリア制覇のみだが、“ローマの象徴”である元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティに次ぐ、クラブ歴代最多出場記録を持つ生けるレジェンド。 また、2004年にデビューしたイタリア代表としては通算117試合に出場し21ゴールを記録。8つの国際メジャー大会に出場し、2006年のドイツ・ワールドカップでは世界王者の一員となっていた。 2019.07.06 18:38 Sat
twitterfacebook
thumb

中国代表マルチェロ・リッピ監督、カタールW杯後の引退を宣言

中国代表を率いるイタリア人のマルチェロ・リッピ監督(71)が、2022年のカタール・ワールドカップ(W杯)を以って、監督業から身を引くことを明らかにした。イタリア『sportmediaset』が報じている。 これまでナポリやユベントス、インテルをはじめとしたいくつものイタリアクラブで指揮を執ってきたリッピ監督。2004年からは2度に渡ってイタリア代表監督を務め、2006年にはドイツW杯優勝に導いた。 2012年から広州恒大、そして2016年10月から中国代表監督に就任。今年1月に開催されたAFCアジアカップ2019終了後の契約満了を以って退任を発表していたが、5月に復任。6月に行われたフィリピン代表とタジキスタン代表との親善試合では見事に連勝を収めた。 2度目の中国代表との契約は2022年まで。そこで1982年から続く長いコーチングキャリアに終止符を打つことを決断した。 「今、私は中国サッカーの経験を積んでいる。もうしばらく続けるつもりだが、この契約が終われば私は監督業から身を引くことにする。その後は管理職で働くことになると思う」 2019.07.06 17:13 Sat
twitterfacebook
thumb

中国に完勝のイタリアが7大会ぶりのベスト8進出! 準々決勝ではオランダvs日本の勝者と対戦《女子W杯》

女子ワールドカップ(W杯)2019決勝トーナメント1回戦のイタリア女子代表vs中国女子代表が25日に行われ、2-0がイタリアで勝利した。 ブラジル女子代表らと同居したグループCを首位で通過したイタリアと、ドイツ女子代表らと同居したグループBを3位で通過した中国の一戦。試合は10分にイタリアがチャンスを迎える。ジレッリのロングパスに抜け出したジャチンティが さらにイタリアは、13分にも相手DFのバックパスをカットしたジャチンティがボックス左手前からミドルシュートでゴールを脅かしたが、これはゴール右に逸れた。立て続けにチャンスを迎えたイタリアは直後にスコアを動かす。 15分、ボックス手前のボナンセアがラストパスを供給すると、ゴール前に抜け出したバルトリが飛び出したGKと接触。このこぼれ球を素早く反応したジャチンティがゴール右隅に流し込んだ。 先制を許した中国は、28分にワン・イエン、36分にリュウ・シャンシャンがゴールに迫ったが、GKベルガマスキの牙城を崩せず。前半はイタリアの1リードで終了した。 迎えた後半も先にスコア動かしたのはイタリア。49分、右サイドから持ち上がったグアンニの横パスをペナルティアーク手前で受けたガリがミドルシュートを放つと、コントロールシュートがゴール左隅に吸い込まれた。 その後、一矢報いたい中国は19本のシュートを放つなど猛攻を見せたが、最後までイタリアのカテナチオをこじ開けられず。試合は2-0でイタリアが勝利した。 なお勝利したイタリアは、準々決勝進出で同日に行われるオランダ女子代表vs日本女子代表の勝者と対戦する。 2019.06.26 02:56 Wed
twitterfacebook
thumb

東京五輪出場逃したアッズリーニ、ディ・ビアージョ監督が退任…

イタリアサッカー連盟(FIGC)は25日、U-21イタリア代表を率いるルイジ・ディ・ビアージョ監督(48)の退任を発表した。 現役時代にローマやインテル、ブレシアで活躍した元イタリア代表MFのディ・ビアージョ監督は2007年にアスコリで現役を引退。その後、指導者に転身を図ると、2011年からU-20イタリア代表監督に就任。2013年からはU-21イタリア代表を6年間に渡って指揮してきた。 しかし、現在開催中のU-21欧州選手権ではスペイン、ポーランド、ベルギーと同居したグループAを2勝1敗の2位で終えると、3グループの2位チーム最上位に与えられる東京オリンピック出場権にわずかに届かず、アッズリーニを東京五輪出場に導くことはできなかった。 そして、25日に行われた公式会見に出席した同監督は、今大会限りでU-21イタリア代表監督を退任することを明かした。 2019.06.25 23:22 Tue
twitterfacebook
thumb

開催国イタリアがベルギーに快勝もベスト4進出は他力に…《U-21欧州選手権》

U-21欧州選手権2019グループA最終節、U-21ベルギー代表vsU-21イタリア代表が22日に行われ、1-3でイタリアが快勝した。 3日前の試合でU-21スペイン代表に敗れて2連敗となり敗退の決まった最下位ベルギーと、U-21ポーランド代表に敗れて1勝1敗となった2位イタリアの一戦。 開催国のイタリアはミーティングに遅刻したケアンとザニオーロが先発を外れ、3トップに右からキエーザ、クトローネ、ペッレグリーニを並べた。そのイタリアが立ち上がりから押し込むと、7分に決定機。左サイドからのペッゼッラの完璧なクロスに対し、ダイビングヘッドで飛び込んだバレッラのシュートは枠を外してしまう。 すると10分にピンチ。ディフェンスライン裏に抜け出したルケバキオにGK強襲のシュートを浴びせられた。 その後、17分にマンドラゴーラの左足ミドルでゴールに迫ったイタリアだったが、守備を固めるベルギー相手に攻めあぐねる展開が続いた。しかし前半終了間際の44分に先制ゴールをこじ開ける。左クロスのルーズボールをボックス右のバレッラがボレーシュートを浴びせてGKを強襲すると、ルーズボールを再びバレッラが左足でねじ込んだ。 イタリアが1点をリードして迎えた後半、53分に加点する。ペッレグリーニの左サイドからのクロスをクトローネが巧みなヘディングシュートで流し込んだ。 その後も攻め立てるイタリアは65分にクトローネのポストプレーからロカテッリが決定的なシュートを浴びせれば、67分にはスローインの流れからマンドラゴーラがGKを強襲する強烈なシュートを浴びせた。 しかし79分、ボックス手前左からヴェルスハーレンのミドルシュートがゴール右に決まってベルギーに1点を返される。 終盤の89分、ボックス左でパスを受けたキエーザがゴール右に決めて3-1と快勝したイタリアだったが、スペインがポーランドに5-0と勝利したことで、3チーム間の当該得失点により2位で終了。他2グループの2位チームの結果にベスト4進出が委ねられる状況となった。 ◆グループA順位表 [勝点/試合数/得失差] 1.スペイン[6/3/4] 2.イタリア[6/3/3] 3.ポーランド[6/3/-3] 4.ベルギー[0/3/-4] 2019.06.23 06:16 Sun
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第28号 J1全18クラブ前半戦総括
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース