アストン・ビラがチェルシーのアンパドゥに興味2019.06.17 17:33 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アストン・ビラが、チェルシーのウェールズ代表DFイーサン・アンパドゥ(18)のレンタルを希望しているようだ。イギリス『ガーディアン』が伝えている。2017年夏にエクセター・シティからチェルシーに加入したアンパドゥは、数多いるチェルシーの若手の中でも特に評価の高い選手の一人。同年12月のハダースフィールド戦でデビューし、今季はヨーロッパリーグとFAカップで計5試合に出場した。

同選手を狙うクラブは少なくなく、中でもアストン・ビラは昨夏にも獲得を試みたクラブの一つ。来季からプレミアリーグへの昇格が決まっているアストン・ビラでは、チェルシーのレジェンドでアンパドゥと同じセンターバックであるジョン・テリーがコーチを務めていることもあり、チェルシーやアンパドゥにとって優良な選択肢になるとされている。

だが、チェルシーは今後2度の移籍市場で補強禁止となる危機に直面しているうえ、先日にマウリツィオ・サッリ監督のユベントス就任が決定。次期指揮官も未決定で新シーズンに向けて不確定要素が多すぎるため、リクルートには慎重にならざるを得ない。
コメント
関連ニュース
thumb

バルサ、来日メンバー26名を発表! 安部裕葵もメンバー入り!《Rakuten Cup》

FCバルセロナは20日、日本で行われるRakuten Cupに向けた招集メンバーを発表した。 昨シーズン、リーガエスパニョーラを制覇するも、チャンピオンズリーグ(CL)ではベスト4敗退に終わったバルセロナ。エルネスト・バルベルデ体制3年目を迎える新シーズンのプレシーズンでは、日本開催のRakuten Cupで7月23日に埼玉スタジアム2002でチェルシーと、27日にノエビアスタジアム神戸で元バルセロナのMFアンドレス・イニエスタやFWダビド・ビジャらを擁するヴィッセル神戸と対戦する。 その大会に臨むメンバーとして、26名を招集。コパ・アメリカ2019に出場したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシやウルグアイ代表FWルイス・スアレス、チリ代表MFアルトゥーロ・ビダルらを除く主力選手の他、新加入のフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン、オランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングらに加えて、鹿島アントラーズから加入したFW安部裕葵もメンバーに名を連ねた。 ◆バルセロナ来日メンバー GK 1.マーク=アンドレ・テア・シュテーゲン 13.ネト 25.イニャキ・ペーニャ DF 2.ネウソン・セメド 3.ジェラール・ピケ 6.ジャン=クレール・トディボ 15.クレマン・ラングレ 18.ジョルディ・アルバ 20.セルジ・ロベルト 23.サミュエル・ユムティティ 26.サム・アラウホ 28.ギジェム・ジャメイ MF 4.イバン・ラキティッチ 5.セルヒオ・ブスケッツ 12.ラフィーニャ 19.カルレス・アレーニャ 21.フレンキー・デ・ヨング 16.オリオル・ブスケッツ 22.モンチュ 24.アレックス・コジャド 8.リキ・プッチ FW 11.ウスマーヌ・デンベレ 14.マウコム 17.アントワーヌ・グリーズマン 7.カルレス・ペレス 27.安部裕葵 2019.07.20 22:35 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシー新戦力のプリシッチが原宿に上陸! 自身で語る強みとは

現在プレシーズンマッチで来日中のチェルシーが20日、サッカーショップKAMO 原宿店でトークイベントを行った。 イベントにはフランク・ランパード監督とDFダビド・ルイス、FWクリスティアン・プリシッチが登場。今夏の新戦力であるプリシッチは実はこれが3度目の来日とのこと。肌で感じた日本のファンの印象や、自身の強みについて語った。 ーー日本の印象は 「僕も3回ぐらい日本に来てるんだけど、いつもファンヤサポーターのみんながあたたかく迎えてくれる。その厚意に応える活躍をしたいと思う」 ――チェルシーが偉大なチームになった秘訣 「僕より2人の方がよくわかっていると思うけど、成功を目指して、目標を見定めて頑張っていこうという姿勢が整っているチームだ。だから僕はここに来たんだ」 ――プレースタイルについてベストプレーやお気に入りのプレーは 「フットボールが大好きだから楽しみながらプレーしたいと思う。僕の強みはクリエイティブな攻撃だからそれを自由に楽しみながらやっていくことを心掛けているよ」 ――バルセロナ戦について 「新シーズンに向けた準備のための試合になるからハードワークしなければならない。楽しみにしているよ」 19日に日産スタジアムで行われた川崎フロンターレ戦(0-1)を終えたチェルシーは、23日に埼玉スタジアム2002でバルセロナとの親善試合を行う。 2019.07.20 19:10 Sat
twitterfacebook
thumb

ダビド・ルイスin原宿 トークイベントでチェルシーの強みを語る

現在プレシーズンマッチで来日中のチェルシーが20日、サッカーショップKAMO 原宿店でトークイベントを行った。 イベントにはフランク・ランパード監督とDFダビド・ルイス、FWクリスティアン・プリシッチが登場。チェルシーの選手として日本に来るのは2013年のクラブ・ワールドカップ以来2度目のダビド・ルイス。ここまで6度のリーグ制覇やチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグ優勝など多くのタイトルを獲得してきたチェルシーがここまでのチームになった要因について話してくれた。 ーー日本の印象は 「素敵な国だと思った。また来られて嬉しく思っている。その愛情を返したいと思う」 ――チェルシーが偉大なチームになった秘訣 「チェルシーはミッションがしっかりしていて、その意識をみんなで共有し、しっかりパフォーマンスするという思いが伝わっているんだと思う」 ――プレースタイルについてベストプレーやお気に入りのプレーは 「なによりもフットボールが好きだということが根底にあるからこそ、毎日努力を続けて、毎日新しい意識で取り組むということが出来るんだと思う」 ――バルセロナ戦について 「とても大きなチームで特別な試合になる。人気で有名なチームだが、僕たちも毎日勝つための練習を積んでいる。とても楽しみだよ」 19日に日産スタジアムで行われた川崎フロンターレ戦(0-1)を終えたチェルシーは、23日に埼玉スタジアム2002でバルセロナとの親善試合を行う。 2019.07.20 18:04 Sat
twitterfacebook
thumb

ランパードが原宿に登場! 日本ファンに感謝のメッセージ

現在プレシーズンマッチで来日中のチェルシーが20日、サッカーショップKAMO 原宿店でトークイベントを行った。 イベントにはフランク・ランパード監督とDFダビド・ルイス、FWクリスティアン・プリシッチが登場。過去に数回日本に来たことがあるというランパード監督は、日本のファンの印象や、選手としても13年間プレーしたチェルシーの強みを語ってくれた。 ーー日本の印象は 「私はもう2、3回日本に来たことがある。2013年のクラブ・ワールドカップ、数年前にもコマーシャルの撮影でも来たが、いつでもとても大きなサポートを受けていると感じている。日本の皆様には、とてもあたたかく、親しみを持って本当に素晴らしい歓迎をしてくれることを嬉しく思う」 ――チェルシーが偉大なチームになった秘訣 「私は幸運なことに成功の中でチェルシーで経験を積むことが出来た。やはり毎年勝ちにいくという強い気持ちを持ったプレイヤーが集まっているし、みんなプロ意識をもって活躍しているところがチェルシーの強みだと思う」 ――バルセロナ戦について 「とても手ごわいチームだが、対戦を楽しみにしている。プレシーズンでは数週間でピークを持ってきて新シーズンの開幕に備えているところだが、そのためのいいテストマッチになる。また、ファンのみんなには楽しんでもらいたいと思っているよ」 また、最後には日本のファンやサポーターに向けてメッセージを残してくれた。 「皆さんに温かく迎えていただいてサポートしてもらうことを本当に感謝している。地球の反対にあるぐらい遠い場所だけど、皆さんのことは近くに感じているし、今シーズンベストを尽くしたい」 19日に日産スタジアムで行われた川崎フロンターレ戦(0-1)を終えたチェルシーは、23日に埼玉スタジアム2002でバルセロナとの親善試合を行う。 2019.07.20 17:29 Sat
twitterfacebook
thumb

RBライプツィヒ、チェルシーの大器アンパドゥがレンタル加入へ!

RBライプツィヒが、チェルシーのウェールズ代表DFイーサン・アンパドゥ(18)を1年間のレンタル移籍で獲得することが決定的となった。ドイツ『スカイ・スポーツ』は19日、同選手が加入に向けてメディカルチェックを受診していると報じた。 現在、チェルシーは日本でのプレシーズンツアーを行っている最中だが、アンパドゥはその遠征メンバーを外れていた。そして、フランク・ランパード新監督は、明治安田生命ワールドチャレンジ2019、川崎フロンターレvsチェルシーの試合前記者会見の場で、「イーサンはローンに出すかもしれない。決まったわけではないがその可能性がある」と、同選手の移籍の可能性を認めていた。 その新天地に関しては、チェルシーのレジェンドである元イングランド代表DFのジョン・テリー氏がコーチを務めているプレミアリーグ昇格組のアストン・ビラが候補に挙がっていたが、アンパドゥは同世代の英国産タレントが活躍しているドイツの地を武者修行の場に選んだようだ。 なお、昨年9月にチェルシーと新たな5年契約にサインしているアンパドゥのライプツィヒ移籍に関しては、買い取りオプションなどは付いておらず、通常のレンタルとなる。 2017年夏にエクセター・シティからチェルシーに加入したアンパドゥは、チェルシーの若手の中でも特に評価の高い選手の一人。同年12月のハダースフィールド戦でデビューし、昨シーズンはヨーロッパリーグとFAカップで計5試合に出場した。 また、高次元のフットボールセンス、身体能力を併せ持ちセンターバックと守備的MFのいずれのポジションでも将来を嘱望される逸材は、2017年11月にデビューを飾ったウェールズ代表ですでに8キャップを刻んでいる。 2019.07.20 15:40 Sat
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース