カミンスキー躍動の磐田vsG大阪、ゴールレスドロー…共に危険水域脱せず《J1》2019.06.15 20:57 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
明治安田生命J1リーグ第15節が15日にヤマハスタジアムで行われ、ジュビロ磐田vsガンバ大阪は0-0のドローに終わった。ここ2試合1分け1敗の14位磐田。同じく3勝4分け7敗の15位G大阪をホームに迎え撃つ今節に向けて、出場停止の新里や、大南と小川航基のトゥーロン参戦組が不在となり、初先発の森下や、2試合ぶりスタメンの中山を抜擢した。一方、ここ3戦無敗のG大阪は、負傷離脱の小野瀬に代わり、福田を右ウィングバックに。そのほか、U-20W杯から戻ってきた初先発の中村敬斗が左ウィングバックに入り、代表戦2試合2ゴールのファン・ウィジョを2試合ぶりにスタメン起用した。

勝ち点13で並ぶ両雄の一戦は、ホームの歓声を受けた磐田が出足でG大阪を上回る入りとなる。だが、スロースタートのG大阪も徐々にギアを上げ、22分に左サイドからドリブルを仕掛けた中村が絶妙な右足クロスをゴール前に供給。ファーサイドでフリーのファン・ウィジョが右足ダイレクトで狙いにかかるが、ゴール右に外してしまう。

続く27分、自陣右サイド深くでG大阪に許したFKのチャンスから三浦にヘディングシュートを決められた磐田だったが、オフサイドの判定でノーゴール。事なきを得た磐田攻撃陣は鋭い切り替えから積極果敢な攻めに転じていくが、最後のところでG大阪の守備ブロックに引っかかり、なかなか決定機らしい決定機を作りだすことができない。

ゴールレスでキックオフの後半、先に仕掛けたのはG大阪。開始早々にGKカミンスキーの手を掠めて右ポストを直撃した高江の右足ボレーシュートで磐田ゴールに迫るなど、攻撃的な入りをみせる。そのなかで、攻撃の時間を作りだす磐田は前半と同様、バイタルエリアまでボールを持ち込むが、依然として崩しを見いだせず、決め手を欠く。

その磐田は65分に中山とロドリゲスの交代を施して勝負に出るが、同じタイミングで高江に代えて遠藤を投入したG大阪が69分にも食野に代えてアデミウソンをピッチに送り込んだことで、より前がかる展開に。73分に山本と上原の交代で反発を試みた磐田だが、76分に個人技からアダイウトンが放ったシュートは相手GKの正面を突いてしまう。

さらに、78分にも高橋の縦パスからゴールチャンスが続いた磐田だが、ボックス右から山田が放ったシュートは相手DFがブロック。83分に最後の交代カードで大久保を送り出すが、遠藤のゲームメーク力を生かしたG大阪がボールの主導権を握っていくなかで、ファン・ウィジョや中村が立て続けにゴールに迫り、より勝機を見いだしていく。

そのG大阪が終始、終盤の主導権を握り、後半アディショナルタイムに矢島が決定的なヘディングシュートを放つなど猛攻を仕掛けたが、試合を通じて好守を披露し続けたGKカミンスキーがシャットアウト。危険水域から脱するためにも勝ち点3が欲しい両者の一戦だったが、勝ち点1ずつを分け合う結果に終わっている。
コメント
関連ニュース
thumb

広島DF高橋壮也が退団で海外挑戦へ「自分が決めた道、悔いのないサッカー人生を」

サンフレッチェ広島は24日、DF高橋壮也(23)が本人の意向により退団したことを発表した。 2014年に立正大淞南高校から広島に加入した高橋は、2017年に主力として公式戦30試合に出場したが、以降は出場機会に恵まれず。昨シーズン途中にはファジアーノ岡山への期限付き移籍を経験。広島に復帰した今シーズンも天皇杯で1試合の出場に留まっている状況だった。 広島退団を決断した高橋はクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「5年半という長い間、応援いただきありがとうございました。リーグ優勝や残留争いなど、多くの経験をさせていただいたクラブには感謝の気持ちしかありません」 「ただ、この先の自分の人生を考えた時、海外で挑戦したいという強い気持ちがありましたし、その思いはサンフレッチェ広島に加入した時から強く持っていました。そして23歳という年齢がラストチャンスだと思い、今回の決断に至りました。 「この先はどうなるか分かりませんが、自分が決めた道なので、悔いのないサッカー人生を送りたいと思います。5年半、試合に出られた時も出られなかった時も応援してくれたファン・サポーターに感謝したいです。本当にありがとうございました」 2019.07.24 16:08 Wed
twitterfacebook
thumb

低迷の磐田、チョンブリFCからブラジル人FWルキアン獲得! 今季リーグ戦で13試合11得点中

ジュビロ磐田は23日、タイのチョンブリFCからブラジル人FWルキアン(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「39」に決定している。 母国のノヴァ・イグアスFCでプロキャリアをスタートさせたルキアンは、身長183㎝、体重77㎏のセンターフォワード。リオ・ブランコEC、サンタクルスFCらブラジル国内クラブでのプレーした後、2015年に富川FCに加入し、活躍の場を韓国へ移した。 その後、釜山アイパーク、FC安養でもプレーすると、2018年にタイのパタヤ・ユナイテッドFCを経て、2019年にチョンブリFCへ。今シーズンはここまでリーグ戦13試合で11ゴール3アシストを記録している。 磐田は明治安田生命J1リーグで現在、4勝5分け11敗と自動降格圏内の17位に低迷。残留への起爆剤となれるか、ルキアンには大きな期待がかかる。 2019.07.23 17:45 Tue
twitterfacebook
thumb

守備改善急務の神戸に新助っ人! 元鳥栖のジョアン・オマリを獲得

ヴィッセル神戸は23日、アル・ナスルSC(UAE)に所属するレバノン代表DFジョアン・オマリ(30)の完全移籍加入を発表した。 ジョアン・オマリは身長187cmのセンターバックで、昨年8月にレンタルでサガン鳥栖に加わり、明治安田生命J1リーグ11試合1得点をマーク。鳥栖のJ1残留に貢献したが、シーズン終了後にアル・ナスルSC復帰が決まった。 Jリーグ復帰となるジョアン・オマリは神戸で背番号「44」を着用。移籍決定を受けて、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「ヴィッセル神戸に来る事ができて非常に嬉しく思っています。また、神戸のような大きなクラブに来られた事を感謝しています。まずはチームを助ける事ができるように頑張ります。クラブの目標達成に向け、全力を尽くします」 神戸は現在、J1リーグでワースト2位の総失点数「36」も影響して、6勝3分け11敗の15位に低迷。8月2日に行われる次節、ガンバ大阪をホームに迎え撃つ。 2019.07.23 15:20 Tue
twitterfacebook
thumb

C大阪、仙台新守護神を崩せずゴールレスドロー《J1》

明治安田生命J1リーグ第20節のセレッソ大阪vsベガルタ仙台が20日にヤンマースタジアム長居で行われ、ゴールレスドローに終わった。 4試合負けなしの7位・C大阪(勝ち点30)は、3-0で勝利した前節の名古屋グランパス戦からのスタメン変更はなし。同じメンバーをピッチに送りこんだ。 一方、連敗中の13位・仙台(勝ち点22)は、0-4で敗れた鹿島アントラーズ戦から3名変更。ケガからシマオ・マテが復帰し、今夏に新加入のGKヤクブ・スウォビィクがゴールマウスを守った。 ホームのC大阪がペースを掴むと15分、ブルーノ・メンデスが右サイド敵陣深くからクロス。ファーサイドに走り込んだ清武が右足ボレーで狙ったが、枠の上に外れた。 最終ラインから丁寧にボールを回すC大阪だが、楔となるような縦パスを供給できない。そのなかで仙台はハモン・ロペスや石原直樹が高い位置からプレスをかけて、ボールを奪い、シュートまで持ち込むも枠には飛ばない。 攻撃が停滞してしまうC大阪は後半に入っても状況は変わらず。59分にはバイタルエリア左でFKのチャンスを獲得すると、キッカーは水沼。壁を越えてゴール左に飛んだが、コースが甘くGKヤクブ・スウォビィクに処理された。 どちらとも見せ場が少ない中、C大阪は62分に藤田に代えてレアンドロ・デサバト、奥埜に代えて高木を投入。その中で68分、水沼の折り返しをゴール前の高木が右足で合わせたが、GKヤクブ・スウォビィクのビッグセーブあった。 しかし、その後はサイド攻撃からクロスを送り続けたC大阪だったが、、仙台にことごとく跳ね返されてしまい、決定的なチャンスを作ることはできず試合終了。5試合無敗としたC大阪は1つ順位を上げて6位となった。一方の仙台は連敗こそ「2」で止めたものの、3試合未勝利となっている。 2019.07.20 21:30 Sat
twitterfacebook
thumb

関根復帰戦でアシスト! 浦和が3発快勝! 磐田は再び自動降格圏へ《J1》

明治安田生命J1リーグ第20節のジュビロ磐田vs浦和レッズが20日にエコパスタジアムで行われ、3-1で浦和が勝利した。 前節の松本山雅FC戦を1-0で勝利し、7試合ぶりの白星で最下位脱出に成功した16位・磐田(勝ち点17)。ここから巻き返していきたい中、浦和戦に向けては、前節から1人のみ変更した。アダイウトンに代えて大久保を起用している。今夏にガンバ大阪から加入した今野はベンチ外となっている。 一方、前節の横浜F・マリノス戦で不可解な判定から後味の悪い敗戦を喫した10位・浦和(勝ち点24)。その敗戦のショックを払しょくするためにもなんとか勝利を飾りたいところ。磐田戦に向けては、3選手を変更。宇賀神、阿部、ファブリシオに代えて柴戸、武藤、インゴルシュタットから復帰した関根を起用した。 試合は序盤から浦和が攻勢に出る。8分、長澤が前線でボールを奪い、最後は武藤がボックス中央からシュートを放つが、これは相手DFに阻まれる。しかし、その2分後、橋岡のパスをボックス手前で受けた長澤が対峙した新里の股を抜くパスでゴール前にパスを送り、走り込んだ興梠がGKカミンスキーとの一対一を制した。 幸先よく先制した浦和は、その後も相手最終ラインを狙い続け、磐田を押し込み続ける。すると22分、ボックス手前で興梠が粘り、ボックス左にパス。これを受けた関根がダイレクトでグラウンダーのクロスを送り、最後はファーサイドの橋岡がそのまま右足でゴールに蹴り込んだ。 攻撃の手を緩めない浦和は32分、敵陣中央やや左でボールを受けた関根がドリブルで縦に持ち込み、武藤につなぐが、ここは相手DFにカットされる。しかし、そのボールがゴール前に転がると、長澤が相手のタックルにバランスを崩すも、倒れながらも残した足がボールに当たってゴールに吸い込まれた。 前半だけで0-3と苦しい展開を強いられる磐田は、後半開始から中山を下げてアダイウトンを投入する。55分には田口がボックス左手前からのFKを直接狙うも、GK西川に阻まれてしまう。 それでも磐田は69分、上原が森谷の横パスをボックス手前から右足を振り抜いて合わせる。強烈なシュートがゴール右に突き刺さり、点差を2点に縮めた。 その後、終盤にかけて磐田は攻勢を強めるも次のゴールが奪えず。対する浦和は、85分に柴戸がこの日2枚目のイエローカードで退場するも、きっちりとクローズした。 3-1で勝利した浦和は前節の不可解判定による敗戦を払しょくする勝利を飾った。一方の磐田は、再び自動降格圏に転落した。 2019.07.20 21:10 Sat
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第28号 J1全18クラブ前半戦総括
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース