新天地イングランドで仕事順調のトレイラ、私生活で苦労しているそう…2019.06.14 08:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナル加入初年度から存在感を解き放ったウルグアイ代表MFルーカス・トレイラ。だが、ピッチ外での生活にまだ適応できていないという。イギリス『FourFourTwo』が報じた。トレイラは昨夏、サンプドリアから5年契約でアーセナルに加入。公式戦50試合(2得点5アシスト)を出場数を誇り、ボールハンターとしてだけでなく、コンダクターとしてすぐに定位置を掴み、もはやアーセナルに不可欠な存在として地位を確立している。

ピッチ内でそうした適応ぶりを示したトレイラだが、私生活はまだまだ苦悩が続いているという。母国ウルグアイメディアのインタビューでアーセナル移籍初年度を振り返り、次のように苦悩を明かした。

「イタリアの方が良かったよ。イングランドは全くの別世界。言葉の壁があって、チームメイトとかとうまく付き合うことができなくなってしまった。対話ができないのはすごく難しい」

「それと、天気だね。午前中に外出したときから午後に帰宅するまでずっと曇り。ウルグアイから来た僕らは、いつも、あるいはほとんど太陽のもとで生活している。それに慣れているのさ」

「でも、時間が経つにつれて、今の生活に適応していくつもりだよ」
コメント
関連ニュース
thumb

ジダン、アーセナル戦でサプライズ起用のベイルに言及「彼がプレーを望んだ」

レアル・マドリーは現地時間23日にアメリカで行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2019のアーセナル戦(2-2のドロー)をPK戦の末に3-2で勝利した。同試合後、ジネディーヌ・ジダン監督がサプライズ起用したウェールズ代表MFガレス・ベイルに関して言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 この試合でジダン監督は去就問題を巡って代理人のジョナサン・バーネット氏と舌戦を繰り広げた渦中のベイルを後半頭から起用。すると、そのベイルは56分、FWマルコ・アセンシオのシュートのこぼれ球を押し込んで2点ビハインドから反撃の狼煙を上げるゴールを奪った。 その後、アセンシオのゴールで追いついた後も攻守両面で好パフォーマンスを披露したウェールズ代表MFは、DFカラム・チャンバースの決定機をスーパークリアで救うなど、チームのPK戦での大会初勝利に貢献した。 同試合後、ジダン監督はベイルを起用した意図や同選手の去就に関して言及。起用の理由はベイルからの申し出があったと明かすと共に、この試合のパフォーマンスが今後の去就に変化を与えるものではないと主張した。 「ガレス・ベイルは今日良い試合をし、良いパフォーマンスを見せた。彼の出来には満足しているよ」 「現在、彼は我々と共にある。今のところはだが…。彼の起用に関しては彼から我々と共にプレーしたいという申し出があった。この前の試合ではそれを望んでいなかった。そして、今日はうまくやっていたと思う」 「ただ、今後に関しては何が起きるか見守る必要がある。我々の関係に変化はない。あなた方は現状を理解しているはずだ」 今回のアーセナル戦でプレーを希望したベイルの意図は不明だが、今夏のマドリー退団は依然として既定路線のようだ。 2019.07.24 14:15 Wed
twitterfacebook
thumb

両チームに退場者…マドリーがPK戦を制しガナーズ撃破! 久保は不出場《ICC》

インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2019のレアル・マドリーvsアーセナルが23日にアメリカで行われ、2-2で終了。PK戦を3-2で制したマドリーが勝利した。なお、久保建英の出番はなかった。 初戦のバイエルン戦を1-3で敗れたレアル・マドリーは、セルヒオ・ラモスやモドリッチらが引き続き先発に名を連ね、同試合で新天地デビューを飾ったF・メンディ、ヨビッチが初先発を飾った。久保は再びベンチスタートとなった。 一方、フィオレンティーナ戦を3-0で勝利し、連勝を飾ったアーセナルは、前回の若手主体のメンバーにパパスタソプーロスやムヒタリアン、エジル、オーバメヤン、ラカゼットら主力級の選手も織り交ぜて臨んだ。 試合開始から積極的に両者がゴールを脅かす展開となると、立ち上がりを経過した直後に大きな動きが。アーセナルは8分、オーバメヤンのパスをボックス左で受けたラカゼットがGKをかわしてシュートを放つと、開始早々にイエローカードを貰っていたナチョの手に当たってPKを獲得。さらにこのプレーでナチョが2枚目の警告を受けて、退場処分となった。PKはラカゼットがきっちりと決めてアーセナルが先制する。 早い時間帯に1人少ない状況となったマドリーは、すぐさまヨビッチに代えてヴァランを投入し、守備陣の枚数を補充。しかし、数的有利のアーセナルが24分に突き放す。敵陣中央で縦パスを受けたラカゼットが右足アウトサイドでのフリックでボールを最終ラインの裏へ。抜け出したオーバメヤンがGKケイロル・ナバスを抜き去り、ゴールネットを揺らした。 その後は落ち着きを取り戻すも、マドリーは活路を見いだせず。すると前半終盤、アーセナルは38分にトニ・クロースを倒したパパスタソプーロスがイエローカードを貰うと、その2分後にもモドリッチに対して、ファウルを犯して退場処分に。10人対10人の状況となる。 これで数的同数となったマドリーは45分、トニ・クロースの左サイドからのクロスをベンゼマがヘディングシュート。しかし、これは右ポストに嫌われてしまい、0-2のまま試合を折り返した。 後半に入ると、メンバーを一気に入れ替えたマドリーが攻勢に。53分には途中出場のアセンシオが右ポスト直撃のミドルシュートを放ちゴールを脅かす。 するとマドリーは56分、左サイドの攻撃からマルセロのパスを受けたイスコがシュート。アセンシオが詰め、こぼれたところをベイルが押し込んで1点を返した。さらにその3分後、アセンシオのパスに反応しボックス左外に走り込んだマルセロがマイナス方向に折り返すと最後はアセンシオがゴールに蹴り込んでマドリーが2-2と追いついた。 終盤、追いつかれたアーセナルは攻勢を強めたものの、最後までゴールは生まれず。試合はPK戦に。マドリーは1人目のベイルが失敗したものの、アーセナルが2人目のジャカ、4人目のモンレアルと続き、2-3で迎えた5人目のバートンも失敗。PK戦を3-2で制したマドリーが勝利を飾った。 レアル・マドリー 2-2(PK:3-2) アーセナル 【レアル・マドリー】 ベイル(後11) アセンシオ(後14) 【アーセナル】 ラカゼット(前10[PK]) オーバメヤン(前24) 2019.07.24 10:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ザハが欲しいアーセナル、移籍金増額+選手の譲渡を提案!

アーセナルが、 クリスタル・パレスのコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハ(26)の獲得に向け、新たなオファーを用意したようだ。イギリス『インデペンデント』が報じた。 今夏、ザハの獲得にプライオリティを置いてきたアーセナル。今月上旬に提示した移籍金4000万ポンド(約53億8000万円)のオファーは、8000万ポンド(約107億7000万円)を求めるC・パレス側に拒まれており、難航を極めている状況だ。 そうした状況からザハ獲得から手を引く動きも指摘され始めているアーセナルだが、諦め切れていないようで、移籍金5500万ポンド(約74億円)+ボーナス1000万ポンド(約13億4000万円)に加えて、U-21イングランド代表FWレイス・ネルソン(19)のレンタル譲渡を含めたオファーを持ちかけたという。 また、譲渡選手としてU-19イングランド代表FWブカヨ・サカ(17)も選択肢に含めている様子だが、C・パレス側は移籍金の増額だけでなく、レンタル譲渡に加えて、さらに1選手を完全移籍で譲り渡すよう要求。その候補として元イングランド代表DFカール・ジェンキンソン(27)が挙がっている模様だ。 最近の報道でバイエルンも獲得に名乗りを上げているとされるザハだが、アーセナルはこの獲得オペレーションをまとめることができるのだろうか。 2019.07.23 17:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ガナーズ、セバージョスの1年レンタルでマドリーと合意 英『BBC』が報道

アーセナルが、スペイン代表MFダニ・セバージョス(22)のレンタルでの獲得に関して、レアル・マドリーと合意に至ったようだ。イギリス『BBC』が伝えている。 2017年にベティスからマドリーへ加入したセバージョスは2年目となった昨シーズン、公式戦34試合に出場。しかし、ジネディーヌ・ジダン監督の下では構想外と見られており、先日に「40試合は出場したい」と移籍をほのめかすコメントを残していた。 ちなみに、スペイン『マルカ』では、インターナショナル・チャンピオンズカップ2019のレアル・マドリーvsアーセナルが行われる24日に発表されるのではないかと推測されている。 2019.07.23 09:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ポルト退団のブラヒミ、新天地はまさかのカタールに! 2022年までの3年契約を締結

カタールのアル・ラーヤンは22日、アルジェリア代表MFヤシン・ブラヒミ(29)をフリーで獲得した。契約期間は2022年6月30日までの3年間となる。 2014年のポルト加入以降、公式戦215試合に出場し、54ゴール43アシストを記録する技巧派ドリブラーのブラヒミは、2018-19シーズンも公式戦49試合に出場し13ゴール9アシストの数字を残すなど主力として活躍した。しかし、今夏のステップアップを望む同選手はポルトとの契約を更新せず、6月30日に契約が満了。そのため、現在はフリーとなっていた。 また、世代別のフランス代表としてプレーしていたブラヒミだったが、フル代表はアルジェリアを選択。2013年3月にアルジェリア代表デビューを飾ると、これまで49キャップで11ゴールをマーク。先日アルジェリアの優勝で幕を閉じたアフリカネーションズカップ(ANC)2019のメンバーにも選出されており、グループステージ1試合と決勝戦に途中出場していた。 フリーでの獲得が可能となるブラヒミに対しては、アーセナルやローマらビッグクラブが獲得に動いていたが、新天地はまさかのカタールとなった。 2019.07.23 05:36 Tue
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第28号 J1全18クラブ前半戦総括
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース