新シーズンのプレミア開幕カードが1日前にリーク? スパーズvsノリッジが開幕戦か2019.06.13 02:04 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグは現地時間13日に2019-20シーズンの日程を発表する予定だが、すでに開幕カードの情報がリークされているようだ。イギリス『101greatgoals』など複数メディアが一足先に開幕カードを伝えている。2019年8月10日に開幕する2019-20シーズンのプレミアリーグ。

昨年6月にイングランドサッカー協会(FA)との協議の下、過密スケジュールの緩和のためにウィンターブレイクの導入、その他の5大リーグに続いてビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の導入が決定したことで注目を集める来季のプレミアリーグ。また、日程に関してはミッドウィーク開催が廃止となり、基本的には毎節週末開催となる予定だ。

なお、一足先にリークされた開幕カードに関しては今季4位のトッテナムと、チャンピオンシップ(イングランド2部)優勝チームのノリッジの一戦がランチタイムキックオフで開幕戦となるようだ。

また、プレミアリーグ史に残る熾烈な優勝争いを演じたマンチェスター・シティとリバプールの2強は、リバプールが10日にバーンリーとのアウェイゲーム、シティが12日に同じくアウェイでウォルバーハンプトンと対戦する見込みだ。今回リークされた開幕節の対戦カードは以下の通り。

◆プレミアリーグ開幕カード※非公式
▽8/10(土)
トッテナム vs ノリッジ
ボーンマス vs シェフィールド・ユナイテッド
クリスタル・パレス vs アーセナル
エバートン vs ニューカッスル
サウサンプトン vsチェルシー
ワトフォード vs ウェストハム
バーンリー vs リバプール

▽8/11(日)
アストン・ビラ vs レスター
マンチェスター・ユナイテッド vs ブライトン

▽8/12(月)
ウォルバーハンプトン vs マンチェスター・シティ
コメント
関連ニュース
thumb

ウルブズ、GKルイ・パトリシオの活躍でシティとのPK戦制し初優勝! マグパイズは武藤が決勝点《プレミアリーグ・アジアトロフィー》

中国で開催されているプレミアリーグ・アジアトロフィー2019の決勝戦、ウォルバーハンプトンvsマンチェスター・シティが20日に行われ、0-0で迎えたPK戦の末、ウルブズが優勝を果たした。 上記2チームに、ニューカッスルとウェストハムを加えた4チームで行われている今大会。準決勝でニューカッスルを4-0で屠ったウルブズと、ウェストハムに4-1で勝利したシティが激突した。 ウルブズの先発にはジョッタやトラオレ、ルベン・ネヴェス、モウティーニョなど昨季のプレミアで猛威を振るった選手たちが名を連ねた。王者シティは新加入のロドリのほか、先番号を11に変更したジンチェンコ、18歳のスペイン人MFベルナベ、U-19イングランド代表FWイアン・ポベダらがスタメンに起用された。 大方の予想通りシティがボールを保持する展開に。まずは6分、左サイドバックのジンチェンコを起点に、ザネとのワンツーでゴール前に抜け出したベルナベがボックス左からシュートを放つ。11分の右CKの場面では、デ・ブライネのクロスの落ち際をラポルテがシュート。至近距離からのシュートだったが、ウルブズのポルトガル代表GKルイ・パトリシオがビッグセーブを見せる。 シティが押し込む展開の中、21分に前半最大の見どころを迎える。後方からの浮き球パスを受けたザネが左からボックスへ侵入。ここで後ろからトラオレが倒してしまい、主審はペナルティエリアを指さした。このPKのキッカーをスターリングが務めたのだが、コンディション調整がうまくいってないのか、シュートは枠の上を越えてしまった。 シティは先制とはならなかったものの、以降も次々と相手ゴールを脅かす。35分には、デ・ブライネからスターリングと繋ぎ、最後はザネ。38分にはダニーロの突破からスターリングがシュートに持ち込んだが、上手くミートさせることはできなかった。 後半から、シティはウォーカーやベルナルド・シウバ、ギュンドアン、ダビド・シルバがピッチへ。53分にそのウォーカーが右サイドを突破しクロスを上げると相手に当たるもギュンドアンがシュート。これはベネットに頭で弾かれてしまう。一方、59分にウルブズはジョッタがドリブルシュートに持ち込むも、こちらはダニーロが見事なショットブロックを見せた。 後半も20分が経過したころ、シティはジンチェンコを下げて、今夏にPSVから買い戻したアンヘリーノを投入。このあたりから両チームとも大半の選手がアカデミーの若手となり、なかなかゴールチャンスを作ることが出来ない。結局、試合は90分をノーゴールで終えPK戦へ突入する。 それぞれ一本目は互いのGKが見事なショットストップを見せる。二本目はウルブズの守護神ルイ・パトリシオがシルバのキックを止めて連続セーブ。三本目はウルブズの選手が失敗したものの、シティはダニーロが決めてスコアは1-1に。 四人目はどちらも成功。五人目はルイ・パトリシオが三度読み切って試合終了。PK戦は3-2でウルブズが制し、大会初優勝を果たした。 一方、3位決定戦のニューカッスルvsウェストハムは1-0でニューカッスルが勝利した。 決勝点を挙げた武藤は34分、右サイドバックのステリーのクロスにオフサイドギリギリで飛び出し、左足でゴール左に流し込んだ。78分までプレーした武藤のこのゴールが決勝点となり、ニューカッスルが3位となった。 2019.07.20 22:59 Sat
twitterfacebook
thumb

シティのスペイン人MFマヌ・ガルシアが古巣ヒホンへ完全移籍

リーガエスパニョーラ2部のスポルティング・ヒホンは19日、マンチェスター・シティのスペイン人MFマヌ・ガルシア(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの5年間となっている。 ヒホンからシティの下部組織に移籍した攻撃的MFのマヌ・ガルシアは、2015-16シーズンにシティでトップチームデビュー。シティでは公式戦4試合の出場に留まった後、アラベスやオランダのNACにレンタル移籍し、2018-19シーズンはトゥールーズにレンタル移籍していた。そのトゥールーズではリーグ・アンで31試合に出場して4アシストを記録し、主力として活躍していた。 2019.07.19 23:11 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FMとシティの前日練習がそれぞれ公開! チケット受付開始!

7月27日(土)に行われる「GALAXY ENTERTAINMENT EUROJAPAN CUP 2019」の試合前日に、日産スタジアムにて横浜F・マリノス、マンチェスター・シティが公開練習を行うことが決定した。 トレーニングは、26日に日産スタジアムで実施。それに伴い、観覧チケットを7月17日(水)18:00よりチケットぴあにて受付を開始している。 公開練習は横浜FMが17時から、シティが19時からそれぞれ約1時間行う予定となっている。 チケットは大人自由席が2500円、小中自由席が1500円となっており、1枚のチケットで両チームのトレーニングを見学することができる。また、再入場も可能となっている。 <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><hr><a href="https://www.eurojapancup.com" target="_blank">大会公式HP<br />チケットの詳細はこちらから</a><hr></div> プレミアリーグ連覇中の王者・シティをその目で見られるチャンス!この機会をお見逃しなく! 2019.07.18 15:25 Thu
twitterfacebook
thumb

アンデルレヒト、コンパニ監督の後輩サンドレルがシティからレンタル加入!

アンデルレヒトは17日、マンチェスター・シティからオランダ人DFフィリップ・サンドレル(22)が1年間のレンタル移籍で加入することを発表した。背番号は「34」に決定している。 2018年7月にオランダのズウォレからシティに加入したサンドレル。センターバックを本職としながら、ディフェンシブハーフもこなすことができるオランダ人DFは、今年1月のFAカップ3回戦・ロザラム・ユナイテッド戦でシティデビュー。だが、加入1年目のトップチームでの出場は公式戦2試合に留まった。 なお、アンデルレヒトでは、昨シーズン限りでシティを退団したベルギー代表DFヴァンサン・コンパニが選手兼監督に就任。同選手はサンドレルにとって尊敬する人物であり、昨シーズンにも多くの助言を受けていたという。 2019.07.18 13:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ペップ、ザネの残留を希望「彼が最高の選手になるのを手助けしたい」

マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、ドイツ代表FWレロイ・ザネ(23)の残留を望んでいる。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 2016年夏にシャルケからシティに加入したザネ。クラブがイングランド史上初の国内3冠を成し遂げた昨シーズンは、公式戦47試合16ゴール18アシストをマークしたが、イングランド代表FWラヒーム・スターリングやポルトガル代表MFベルナルド・シウバに次ぐ3番手の序列に甘んじて、途中出場も少なくなかった。 そういった状況もあり、今夏ではバイエルンを筆頭に移籍の可能性が取り沙汰され続けている。しかし、指揮官のグアルディオラ監督は、「ザネの残留を望んでいるか?」と問われると、「最高の選手になるのを手助けしたい」とクラブに留まることを希望した。 「そうだね。クラブは昨年、彼にオファーをした。私は何度も言っているが、我々は選手たちがここに居ることを幸せに思ってもらいたい。我々は彼が最高の選手になるのを手助けしていきたいと思っている」 「彼のポテンシャルとレベルがそれだけのものだと理解している。世界中でも見つけることが難しい特別なクオリティを持っているね」 「だが、これも10回ほどクラブに言っているが、私はここにいることを幸せに思ってほしい。そう思えないのであれば、彼らは出ていく。彼と一緒にいたいという願望は我々の中に常にある」 2019.07.18 09:05 Thu
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第28号 J1全18クラブ前半戦総括
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース