ワン=ビサカ狙うユナイテッド、門前払いか…C・パレスが55億円オファー拒否2019.06.10 07:55 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イギリス『スカイ・スポーツ』は9日、マンチェスター・ユナイテッドがクリスタル・パレスに所属するU-21イングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカ(21)の獲得に向けて入札したが、門前払いを食らったと報じた。C・パレス下部組織出身のワン=ビサカは、2018年にトップチームデビュー。推進力抜群のドリブルと、長い足を生かしたしなやかな体つきから繰り出す対人守備が魅力の右サイドバックであり、今シーズンのクラブ年間最優秀選手に輝いている。

そのワン=ビサカを長らく注視しているユナイテッドは、C・パレスに移籍金4000万ポンド(約55億2000万円)のオファーを打診したが、断られてしまったという。あと3年契約を残す同選手を放出する意思がないC・パレスは、最低でも6000万ポンド(約82億8000万円)を求めている模様だ。

なお、長らく右サイドバックを務めたエクアドル代表MFアントニオ・バレンシアが退団したユナイテッドは、ワン=ビサカのほか、パリ・サンジェルマンのベルギー代表DFトーマス・ムニエ(27)や、トッテナムのイングランド代表DFキーラン・トリッピアー(28)を注視しているとみられる。
コメント
関連ニュース
thumb

ユナイテッド、ミリンコビッチ=サビッチを90億円+ボーナスで獲得か

マンチェスター・ユナイテッドがラツィオのセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(24)の獲得に迫っているようだ。イタリア『La Repubblica』が報じている。 同メディアによればユナイテッドは移籍金7500万ユーロ(約90億5000万円)+ボーナスでラツィオと合意に迫っているとのことだ。これまでラツィオは1億ユーロ(約122億円)を求めていたが、選手本人が移籍を希望していることもあって態度を軟化させた格好だ。なお、ミリンコビッチ=サビッチとユナイテッドは5年契約を結ぶことに同意しているという。 2015年夏にラツィオに加入したミリンコビッチ=サビッチは2016-17シーズンから主力に定着。2017-18シーズンにはリーグ戦35試合で12ゴール4アシストの成績でブレイクを果たしていた。昨季はリーグ戦31試合の出場で5ゴール3アシストとややパフォーマンスを落としており、昨夏より安価な金額での獲得が可能と思われていた。 ユナイテッドではフランス代表MFポール・ポグバが代理人を務めるミーノ・ライオラ氏を通じて今夏の移籍希望を公言しており、ミリンコビッチ=サビッチがポグバの代役として期待される。 2019.07.24 02:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド熱視線のB・フェルナンデスが言及「イングランドでプレーしたい」

スポルティング・リスボンに所属するポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデス(24)が今夏の去就に言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 昨シーズンのスポルティングで公式戦53試合32ゴール18アシストと圧巻のパフォーマンスを披露したB・フェルナンデス。この活躍もあり、今夏のステップアップが確実視されている。 同選手を巡っては、マンチェスター・ユナイテッドのほか、リバプールやマンチェスター・シティも目を光らせているとされており、動向に注目が集まっている。 そうしたなか、B・フェルナンデスが去就にコメント。プレミアリーグでのプレーを希望していると公言した。 「移籍市場のことは気にしていないよ。それについて何度も話してきた」 「これがスポルティングでの最後の試合になるかって? わからない。それは監督が決めるさ」 「イングランドでプレーしたいと(クラブに)伝えたけど、今は気にしていないよ」 「今シーズンからプレーするか? それはクラブが決断したらあり得る。僕は関与していない」 2019.07.23 20:24 Tue
twitterfacebook
thumb

契約延長迫るデ・ヘア、新主将就任に意欲的発言!

マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(28)が新たなチームリーダーとしての自覚を示した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 新シーズンでユナイテッド在籍9年目のデ・ヘア。今シーズン終了後に契約が失効する状況を受け、移籍の憶測が飛び交い続けてきたが、ここ最近になり、長らく難航を極めたユナイテッドと週給37万5000ポンド(約5000万円)の6年契約で合意に達したとの見方が浮上しているなど、残留が確実視されている。 そのデ・ヘアは、ユナイテッドとの契約延長の瞬間に注目を集めるなか、新シーズンのキャプテン人事について言及。昨シーズン限りで退団したエクアドル代表MFアントニオ・バレンシアに代わるキャプテン就任に意欲を示した。 「過去、いくつかの試合でキャプテンを務めさせてもらったことがある」 「でも、マンチェスター・ユナイテッドのようなクラブでキャプテンとしてこのバッジを守れたら、それはアメージングだ。キャプテンになれたら本当にハッピーだよ」 「僕は9シーズン目で、古株の1人。だから、ピッチに立てば、若手にマンチェスター・ユナイテッドの選手である意味をわかってもらうような姿勢を示さなくちゃいけない。それは大事だ」 「僕らは改善しなくちゃいけないことが山ほどある。でも、我々はマンチェスター・ユナイテッド。トロフィーが求められる」 「このバッジを身に着けたら、全てのタイトルを目指してファイトして、ベストを尽くしてこのチームを再びトップに導かないと」 2019.07.23 19:46 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、マグワイア獲得か…レスターとDF史上最高額で合意

レスター・シティに所属するイングランド代表DFハリー・マグワイア(26)のマンチェスター・ユナイテッド移籍が迫っているという。イギリス『インデペンデント』が報じた。 2017年夏からプレーするレスターで、今やプレミアリーグ屈指のセンターバックに成長を遂げたマグワイア。今夏の移籍を希望しているとした報道が相次ぐなか、マンチェスター・シティとともに、ユナイテッドの関心が指摘され続けており、今後の動向に注目が集まっているところだ。 レスターはそのマグワイアの取引に関して、2018年1月にDF史上最高額の移籍金7500万ポンド(約101億1000万円)でリバプールに加入したオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクを上回る総額8000万ポンド(約107億8000万円)を求めているが、ユナイテッドがそれに応じるという。 また、情報筋の証言によれば、DF史上最高額を更新することになるであろうマグワイアの移籍が「差し迫っている」との見解を示しており、両クラブが移籍金額で合意に達した今、近く公式発表に至る可能性もあるとのことだ。 長らくセンターバックのポジションが補強ポイントの1つに挙がるものの、ターゲットの確保に難航を極めてきたユナイテッド。マグワイア獲得となれば、サポーターにとっても待ちに待った新たなセンターバックの到着となる。 今夏の移籍市場閉幕まで残り2週間程度。続報を待ちたい。 2019.07.22 09:00 Mon
twitterfacebook
thumb

PSG、ユナイテッド行き濃厚のブルーノ・フェルナンデスに関心?

パリ・サンジェルマン(PSG)が、スポルティング・リスボンに所属するポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデス(24)に関心を寄せているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 昨シーズンのリーグ戦33試合で20ゴール13アシストとセンセーショナルな活躍を見せたB・フェルナンデス。この活躍もあり、マンチェスター・ユナイテッド移籍が頻繁に報じられているが、スポルティングが5500万ポンド(約74億円)を要求していることもありクラブ間での交渉は停滞している模様だ。 そのポルトガル代表MFに対して、PSGも目を光らせているという。だが、ユナイテッド同様に高額な移籍金に難色を示しており、その他のオプションを考慮している模様。現時点ではあくまで獲得候補の1人という位置付けだ。 ただ、多額の負債を抱えているスポルティングは、今夏のタイミングでの同選手の売却を計画しており、移籍市場が閉幕に近づくに連れて移籍金の額が下がっていく中でどこかで折り合いを付ける考えのようだ。 そのため、適正価格での獲得が可能となった場合、ユナイテッドやその他の競合クラブと共に獲得に動きだすかもしれない。 2019.07.21 18:20 Sun
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第28号 J1全18クラブ前半戦総括
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース