バルサが久保建英の獲得を断念…代理人の高い要求で折り合いつかず

2019.06.07 00:40 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
今夏の海外移籍が取り沙汰されているFC東京の日本代表MF久保建英(18)だが、古巣のバルセロナが獲得を諦めたようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。

久保は、バルセロナの下部組織でプレーしていたが、バルセロナがFIFA(国際サッカー連盟)から18歳未満の外国人選手獲得・登録違反により処分。この影響で公式戦に出場ができなくなり、FC東京の下部組織に入団していた。

久保は4日に誕生日を迎え、晴れて18歳になったため、バルセロナへの今夏の復帰が噂されていたが、『ムンド・デポルティボ』によるとバルセロナは久保の獲得レースから撤退したとのことだ。

バルセロナが獲得を見送った理由とされて居るのが、高い要求だという。『ムンド・デポルティボ』によると、年俸100万ユーロ(約1億2200万円)の5年契約を要求し、さらには次シーズンからのトップチーム契約を求めたとのことだ。

久保側は1年目はバルセロナBでのプレーを認めたものの、年俸はトップチームクラスを望んだとのこと。バルセロナ側もその要求に応えようと策を練ったものの、受け入れないことを決めたようだ。

『ムンド・デポルティボ』は、久保自身は常にバルセロナでプレーすることを望んでいたが、エージェントが他のビッグクラブからのオファーを主張し続けたとしている。

これによりバルセロナへの復帰が無くなったとされ、興味を示していると報じられたパリ・サンジェルマンやレアル・マドリーなどへの移籍となるのだろうか。


関連ニュース
thumb

バルセロナがヤヌザイに関心か…ソシエダとの契約は今季で満了

バルセロナがソシエダのベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイ(26)を狙っているようだ。スペイン『Fichajes.net』が伝えている。 ヤヌザイは2017年夏にマンチェスター・ユナイテッドからソシエダに移籍。今季はここまでラ・リーガ全16試合に出場しており、5位につけるチームをけん引している。 ただ、ヤヌザイとソシエダの契約は2022年に満了を迎える。『Fichajes.net』によると、両者の関係は良好だが契約交渉は進んでいないとのこと。同選手の年俸は手取り230万ユーロ(約3億円)だが、給与アップを望む選手側に対し、その期待にクラブが答えることは難しいようだ。 同メディアは、来夏にフリーとなるタイミングでバルセロナが獲得を狙うと予想。また、ここ最近去就が注目されるフランス代表FWウスマーヌ・デンベレを売却すれば、ヤヌザイの高年俸を賄う余裕ができると主張している。 両サイドでのプレーに加え、足元の技術も申し分ないヤヌザイ。パスセンスや連携にも秀でており、チャビ・エルナンデス監督のお眼鏡に敵う人材であることは確かだが…。 2021.12.06 22:12 Mon
twitterfacebook
thumb

「興味を持ってくれるのは嬉しいけど…」バルセロナが関心示すサラー、残留を示唆 「リバプールで幸せ」

エジプト代表FWモハメド・サラー(29)が、リバプール残留を示唆している。スペイン『アス』がコメントを伝えた。 2017年夏にリバプールに加入したサラー。これまで公式戦通算223試合で144ゴール56ゴールを挙げ、プレミアリーグ優勝やチャンピオンズリーグ(CL)制覇も大きく貢献。さらにはPFA(イングランドプロサッカー選手協会)最優秀選手と得点王も受賞するなど、個人としても輝かしい功績を残している。 ただ、2023年まで契約を残すこのエジプト代表FWに対して、クラブは数カ月前から契約交渉を開始するもいまだ合意に至らず。現在はチャビ・エルナンデス監督が就任したバルセロナからの関心が伝えられており、その去就が注目されている。 そのなかでエジプト『MBC』のインタビューに答えたサラーは、契約延長の決断はクラブの経営陣に委ねられているとコメントし、バルセロナからの関心を喜んだ。それでもなお、リバプールで幸せだと語り、残留を強調した。 「何度も言ってきたが、もし延長の決断が僕に委ねられているのであれば、リバプールに残りたいと思っている」 「しかし、その決断は経営陣の手に委ねられており、彼らがこの問題を解決しなければならない。彼ら次第なんだ」 「経済的な数字は、クラブが選手をどれだけ評価しているか、そして引き留めるためなら何でもするということを示している。でも、そういったことだけで契約を結ぶわけではない」 「バルセロナのようなチームが僕に興味を持ってくれるのは嬉しいけど、僕はリバプールで幸せだし、今後どうなるかは見てのお楽しみだよ。今のところは、世界最強のリーグであるプレミアリーグにとどまりたいと思っている」 2021.12.06 19:52 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサ指揮4試合目で初黒星…チャビ「負けには値しなかった」

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督が肩を落とした。スペイン『マルカ』が報じている。 チャビ体制を発足してから公式戦3試合を消化したバルセロナ。4日に行われたラ・リーガ第15節でベティスをホームに迎え撃った。 後半の半ば過ぎまでゴールレスが続いたが、79分に失点。それが決勝点となり、チャビ体制発足後4試合目で初黒星を喫している。 これで就任してから公式戦2勝1分け1敗のチャビ監督は試合後、「あまりにも厳しい罰」を受けたと振り返った。 「もっと戦術的でなければならない。カウンターの餌食になってはダメだ。相手のトランジションについては了解済みで、(失点の)数分前まで良いプレーができてもいた。あまりにも厳しい罰だが、フットボールとはそういうものだ」 また、失点の仕方を嘆き、改めて悔しさを露わに。勝利に値する内容だった試合をモノにできなかったと続けた。 「バルサでは(試合は常に)決勝戦のようなもの。負けるのは好きじゃない。負けには値しなかったと思う。ビジャレアル戦みたいに値せずとも勝つこともあるが、今日はその逆だった。あのようなゴールを許してはいけない。残念だった」 そんなバルセロナだが、8日に行われるチャンピンズリーグ(CL)のバイエルン戦はグループ突破がかかる大一番に。チャビ監督も気を引き締めた。 「ミュンヘンでも勝てるチームだと思う。自分たち次第だ。世界で最も難しいスタジアムのひとつに赴くが、すべてを出し切り、主人公になるために最善策を準備する。支配的でなければならない。ボールを持って、敵陣でプレーするんだ」 2021.12.05 19:10 Sun
twitterfacebook
thumb

ベティスに競り負けたバルセロナがチャビ体制初黒星…運命のCLバイエルン戦に弾み付けられず《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第16節、バルセロナvsベティスが4日にカンプ・ノウで行われ、アウェイのベティスが0-1で勝利した。   前節、ビジャレアルとの強豪対決を試合終盤の連続ゴールによって勝ち切った7位のバルセロナ(勝ち点23)は、今季初のアウェイゲーム勝利と共にラ・リーガ連勝を飾った。週明けに突破を懸けたチャンピオンズリーグ(CL)のバイエルン戦を控える中、今節は5位のベティス(勝ち点27)との上位対決に臨んだ。   チャビ監督はこの一戦に向けビジャレアル戦から先発3人を変更。ピケとエリック・ガルシア、フレンキー・デ・ヨングに代えてデスト、ラングレ、コウチーニョを起用。前線は右からアブデ、デパイ、コウチーニョという並びとなった。なお、ジョルディ・アルバはこの試合でバルセロナでの通算400試合出場を達成した。   ボールを握って主導権を掴んだバルセロナは、左ウイングで起用されたコウチーニョが個人技で局面を打開する場面を続けて作るなど、まずまずの入りを見せる。11分には左サイド深くに抜け出したアルバの折り返しに反応したコウチーニョがニアでワンタッチシュートを試みるが、これはGKルイ・シウバの好守に遭う。   その後はベティスが盛り返してカウンターからフィニッシュまで持ち込む場面を作り出すなど、試合は徐々に膠着状態に陥る。そういった中、30分過ぎにはベジェリンのクリアをもろに側頭部に受けたガビが脳震とうによってプレー続行不可能となり、ストレッチャーに乗せられてピッチを後にするアクシデントが発生。これを受け、リキ・プッチが36分にスクランブル投入された。   前半終盤はベティスの時間帯が続いたが、試合は0-0のイーブンのまま後半へ突入。バルセロナが前半同様に押し込む形となるが、ベティスもオフサイドで取り消しとなったものの、フアンミがゴールネットを揺らすなど良い形の仕掛けを見せる。   何とか先にゴールをこじ開けたいバルセロナは59分、コウチーニョとニコ・ゴンサレスを下げてデンベレとF・デ・ヨングという切り札2選手を投入。この交代で流れを引き寄せたバルセロナはデンベレの個人技を軸に相手ゴールへ迫り、60分過ぎにデンベレ、76分にもデンベレがボックス付近で際どいシュートを放つが、いずれも枠を捉え切れない。   すると、79分にはベティスが縦パス一本で右サイドを破ったカナレスがボックス右で複数のDFを相手にボールキープ。遅れてサポートに入ったテージョが冷静に左でフリーのフアンミにラストパスを送ると、フアンミがGKテア・シュテーゲンのポジションを見極めてゴール右下隅へシュートを流し込んだ。   押し込みながらも先に失点を許したバルセロナは82分にアブデ、ラングレを下げてピケとルーク・デ・ヨングを同時投入。ここからこれまでの地上戦に加え、空中戦を交えた攻撃でゴールをこじ開けにかかるが、集中力を切らさない相手の守備に対して、最後の局面で連携、プレーの質を欠きゴールが遠い。   そして、試合はこのままタイムアップを迎え、ベティスとの強豪対決に惜敗したバルセロナはチャビ新体制初黒星。運命のCLバイエルン戦に向けて弾みを付けることはできなかった。 2021.12.05 02:31 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサ会長、噂のフェラン・トーレスは「目をつける選手のひとり」 デンベレとの契約延長にも意欲的!

マンチェスター・シティのスペイン代表FWフェラン・トーレス(21)を注視していると取り沙汰されるバルセロナだが、事実のようだ。 今季途中でロナルド・クーマン監督を解任したバルセロナ。クラブのレジェンドであるチャビ・エルナンデス監督をアル・サッドから呼び寄せ、再建に着手するなか、来年1月のマーケットで補強が噂され、F・トーレスも候補に浮上している。 負傷離脱中ながら駒不足のセンターFWとして重宝される現状などを鑑みると、簡単なオペレーションとはいかなさそうだが、スペイン『マルカ』によれば、ラポルタ会長はスペイン『TV3』で他にも候補がいることを強調しっつ、関心を認めた。 「彼は我々が目をつける選手のひとりだが、ほかにもたくさんいる。物事の成り行きを見守ってみなければならない」 そんなバルセロナだが、補強に動くとなれば、財政難に陥るチーム事情と向き合いながらの立ち回りが必至。ラポルタ会長もそれを認めたが、チャビ監督から寄せられる補強のリクエストに応えるべく、チームとしても最善を尽くす姿勢を示した。 「チャビはチームの強化を求めており、我々もそれを実現しようとトライしている。だが、叶えるためのサラリーキャップに余裕がないのが現状で、今のところは無理だが、スポーツマネジメントに任せている」 なお、今季限りで契約切れとなり、今後の動向が注目されるフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(24)にもコメント。「デンベレとは良好な関係であり、彼も残留を希望している。彼は素晴らしい選手であり、我々も残ってほしい思いだ」と語った。 「今は選手のために最善を尽くそうとする代理人との交渉が必要な状況。デンベレは私を興奮させる存在であり、(パリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・)ムバッペよりも優れている」 2021.12.04 12:15 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly