バルサが久保建英の獲得を断念…代理人の高い要求で折り合いつかず

2019.06.07 00:40 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
今夏の海外移籍が取り沙汰されているFC東京の日本代表MF久保建英(18)だが、古巣のバルセロナが獲得を諦めたようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。久保は、バルセロナの下部組織でプレーしていたが、バルセロナがFIFA(国際サッカー連盟)から18歳未満の外国人選手獲得・登録違反により処分。この影響で公式戦に出場ができなくなり、FC東京の下部組織に入団していた。

久保は4日に誕生日を迎え、晴れて18歳になったため、バルセロナへの今夏の復帰が噂されていたが、『ムンド・デポルティボ』によるとバルセロナは久保の獲得レースから撤退したとのことだ。

バルセロナが獲得を見送った理由とされて居るのが、高い要求だという。『ムンド・デポルティボ』によると、年俸100万ユーロ(約1億2200万円)の5年契約を要求し、さらには次シーズンからのトップチーム契約を求めたとのことだ。

久保側は1年目はバルセロナBでのプレーを認めたものの、年俸はトップチームクラスを望んだとのこと。バルセロナ側もその要求に応えようと策を練ったものの、受け入れないことを決めたようだ。

『ムンド・デポルティボ』は、久保自身は常にバルセロナでプレーすることを望んでいたが、エージェントが他のビッグクラブからのオファーを主張し続けたとしている。

これによりバルセロナへの復帰が無くなったとされ、興味を示していると報じられたパリ・サンジェルマンやレアル・マドリーなどへの移籍となるのだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

右ヒザ重傷のピケ、早期復帰のために手術は受けず

右ヒザに大ケガを負ったバルセロナの元スペイン代表DFジェラール・ピケだが、手術は受けないようだ。スペイン『Catalunya Ràdio』が伝えている。 21日に行われたラ・リーガ第10節のアトレティコ・マドリー戦で負傷したピケ。バランスを崩した相手FWアンヘル・コレアにのしかかれる形で右ヒザを負傷し、後日クラブは内側側副靱帯ねん挫と前十字靭帯損傷と報告していた。 報道では、6カ月から8カ月の治療期間を要すると言われているが、ピケは手術を回避することによって、復帰時期を早めようと計画しているという。 外科医のラモン・クガート氏は手術の必要性を強調しているがバルセロナ陣営はピケの意見に賛同しているようだ。 なお、手術を受けない場合は、4カ月で復帰できる可能性があるとのことだ。 2020.11.26 20:14 Thu
twitterfacebook
thumb

【名場面】乱闘騒ぎに会長との確執…マラドーナがバルセロナで見せた珠玉のプレー集

25日、フットボール界のレジェンドである元アルゼンチン代表FWのディエゴ・マラドーナ氏が亡くなった。 訃報を受けて、ボカ・ジュニアーズやナポリなど、マラドーナ氏の古巣クラブからも追悼の声が寄せられているが、1982年から2年間在籍したバルセロナも例外ではない。 <div id="cws_ad">◆マラドーナ、バルセロナでのスーパープレー集<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJMaHNkcmlzZiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> バルセロナの公式ツイッター(@FCBarcelona)も当時のマラドーナ氏の写真を掲載し「バルセロナは、我々のクラブに所属(1982-84)し、世界的にサッカーのアイコンだったディエゴ・アルマンド・マラドーナの逝去に心よりお悔やみを申し上げます。ディエゴ、どうぞ、安らかにお休みください」とツイートで追悼している。 マラドーナ氏は、1982年のスペイン・ワールドカップ終了後に、当時の世界最高額である移籍金760万ドル(当時のレートで約18億円)でボカ・ジュニアーズからバルセロナに加入。 移籍初年度は肝炎にかかり、約3ヵ月の離脱を強いられたものの、スペインの地でもその才能を遺憾なく発揮し、公式戦24試合16ゴールとその能力を示した。 中でもコパ・デル・レイ決勝、サンティアゴ・ベルナベウで行われたレアル・マドリーとのエル・クラシコで決めた独走ゴールには、あまりの凄さにマドリーサポーターからのスタンディングオベーションが起きたという。 迎えた1983-84シーズンには、アスレティック・ビルバオ戦で相手からのタックルで足首を骨折。さらに、復帰後のコパ・デル・レイ決勝でビルバオと対峙した際にも、マラドーナは執拗にマークを受け、その怒りから相手選手の顔面をヒザ膝蹴りして、乱闘騒ぎを起こしていた。 結果、マラドーナは3カ月間の出場停止処分を受け、バルセロナのホセ・ルイス・ヌニェス会長との関係が悪化。シーズン終了後にナポリへと移籍することとなった。 マラドーナは在籍2年間で公式戦75試合に出場し47ゴールを記録。問題もあったものの、ピッチの上ではしっかりと結果を残した。最終的には喧嘩別れのような形になったものの、今なおバルセロナのレジェンドの一人として愛されている。 2020.11.26 18:30 Thu
twitterfacebook
thumb

プスカシュ賞ノミネートのスーパーゴールが発表!スアレス、ソン・フンミンらのスゴ技を見逃すな

国際サッカー連盟(FIFA)は25日、2020年のFIFAプスカシュ賞の候補11名のゴールを発表した。 FIFAの年間最優秀ゴール賞にあたるプスカシュ賞は、1950年代から1960年代までハンガリー代表やレアル・マドリーなどで活躍した伝説的なプレーヤーのフェレンツ・プスカシュ氏の栄誉を称賛するため、2009年から同氏の名前を冠している。 候補の中にはトッテナムの韓国代表FWソン・フンミンがプレミアリーグ第16節のバーンリー戦で70メートル近い距離をドリブルで運んで記録した圧巻のソロゴールや、当時バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスがラ・リーガ第16節のマジョルカ戦で披露した技ありのヒールシュートなどが選出されている。 FIFAのサイトでファン投票が受け付けられ、その投票結果とパネリストによる審査をもとに、12月17日にチューリッヒで行われるセレモニーで最終受賞者が発表される。 ◆選出された年間最優秀ゴール賞候補 ・シャーリー・クルス(コスタリカ女子) 《コスタリカvsパナマ》2020.1.28 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">¡Pero qué golazo de Shirley Cruz! <a href="https://twitter.com/fedefutbolcrc?ref_src=twsrc%5Etfw">@fedefutbolcrc</a>gana 3-1 a <a href="https://twitter.com/fepafut?ref_src=twsrc%5Etfw">@fepafut</a>67&#39; <a href="https://t.co/rUTmBsqM5v">pic.twitter.com/rUTmBsqM5v</a></p>&mdash; Concacaf (@Concacaf) <a href="https://twitter.com/Concacaf/status/1222316140980068353?ref_src=twsrc%5Etfw">January 29, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> ・ジョルジアン・デ・アラスカエタ(フラメンゴ) 《フラメンゴvsセアラー》2019.8.25 <div id="cws_ad"><br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJSM21leGJUMSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ・ジョーダン・フローレス(ダンドーク) 《ダンドークvsシャムロック・ローヴァーズ》2020.2.28 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Shamrock Rovers 1-1 Dundalk - Wow! Jordan Flores scores a goal of the season contender to level things at Tallaght. You&#39;ll be watching this goal for years to come. <a href="https://twitter.com/hashtag/rtesocer?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#rtesocer</a> <a href="https://t.co/tIhtCrKfml">pic.twitter.com/tIhtCrKfml</a></p>&mdash; RTÉ Soccer (@RTEsoccer) <a href="https://twitter.com/RTEsoccer/status/1233487784859578368?ref_src=twsrc%5Etfw">February 28, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> ・アンドレ=ピエール・ジニャック(ティグレス) 《ティグレスvsプーマス》2020.3.1 <div id="cws_ad"><br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ1RWcyNE5mNSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ・ソフィー・イングル(チェルシー女子) 《チェルシー vsアーセナル》2020.1.19 <div id="cws_ad"><br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ2SmNYRlk5cCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ・ズラトコ・ユヌゾビッチ(ザルツブルク) 《ザルツブルクvsラピド・ウィーン》2020.6.24 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Goal of the year! <a href="https://twitter.com/hashtag/SCRRBS?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SCRRBS</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Junuzovic?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Junuzovic</a> <a href="https://t.co/Y6n8MFJvNJ">pic.twitter.com/Y6n8MFJvNJ</a></p>&mdash; FC Red Bull Salzburg EN (@FCRBS_en) <a href="https://twitter.com/FCRBS_en/status/1276166300507799554?ref_src=twsrc%5Etfw">June 25, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> ・フロムフォ・ケカナ(マメロディ・サンダウンス) 《マメロディ・サンダウンスvsケープタウン・シティ》2019.8.20 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="tl" dir="ltr">THIXO <a href="https://t.co/K0VMeA9FsG">pic.twitter.com/K0VMeA9FsG</a></p>&mdash; SuperSport (@SuperSportTV) <a href="https://twitter.com/SuperSportTV/status/1163876341453918208?ref_src=twsrc%5Etfw">August 20, 2019</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> ・ソン・フンミン(トッテナム) 《トッテナムvsバーンリー》2019.12.7 <div id="cws_ad"><br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJncDZTdHNFciIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ・レオネル・キニョネス(マカラ) 《マカラvsウニベルシダ・カトリカ》2019.8.19 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">Leonel Quinonez <a href="https://twitter.com/hashtag/Puskas?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Puskas</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/TheBest?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#TheBest</a> | <a href="https://twitter.com/Macara_Oficial?ref_src=twsrc%5Etfw">@Macara_Oficial</a><br><br> VOTE NOW <a href="https://t.co/gI6ctiog35">https://t.co/gI6ctiog35</a> <a href="https://t.co/XJE8A5cODx">pic.twitter.com/XJE8A5cODx</a></p>&mdash; FIFA.com (@FIFAcom) <a href="https://twitter.com/FIFAcom/status/1331623583731372032?ref_src=twsrc%5Etfw">November 25, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> ・ルイス・スアレス(バルセロナ) 《バルセロナvsマジョルカ》2019.12.7 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Name: <a href="https://twitter.com/LuisSuarez9?ref_src=twsrc%5Etfw">@LuisSuarez9</a> <br>Nationality: Uruguayan<br>Hobby: Scoring beautiful goals <a href="https://t.co/NFsh7FIkJw">pic.twitter.com/NFsh7FIkJw</a></p>&mdash; FC Barcelona (@FCBarcelona) <a href="https://twitter.com/FCBarcelona/status/1245826494288535557?ref_src=twsrc%5Etfw">April 2, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> ・キャロライン・ウィア(マンチェスター・シティ女子) 《マンチェスター・シティvsマンチェスター・ユナイテッド》2019.9.7 <div id="cws_ad"><br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI1NWx5TlFKMCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2020.11.26 16:45 Thu
twitterfacebook
thumb

「ディエゴは永遠」マラドーナ氏の急逝にメッシが追悼メッセージ

25日、アルゼンチン、そしてフットボール界のレジェンドであるディエゴ・マラドーナ氏が他界した。60歳だった。 先月30日に60歳の誕生日を迎えたばかりのマラドーナ氏は、今月2日にサナトリオ・イペンサ・ラ・プラタ病院へ緊急入院。精密検査の結果、脳に硬膜下血腫が見つかったため、3日に緊急手術を受けていた。その後は状態が安定し、同11日に退院していた。 <div id="cws_ad"><br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJUZFNjMTY5OCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 突然の訃報に全世界のフットボールファンが悲しみにくれる中、常に比較対象となり、2010年の南アフリカ・ワールドカップでは選手と監督としての関係も築いたバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが自身のインスタグラムを更新。2ショットを添えて哀悼の意を示した。 「全てのアルゼンチン人と、フットボール界にとってとても悲しい日だ。彼は僕たちの元を去るけど、どこにもいかない。ディエゴは永遠だからだ」 「僕は彼と一緒に過ごした全ての美しい時間を忘れず、僕は彼の家族や友人全員に哀悼の意を送りたいと思います。R.I.P」 <div id="cws_ad"><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CIBeukIlowA/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CIBeukIlowA/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CIBeukIlowA/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Leo Messi(@leomessi)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2020.11.26 08:05 Thu
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! “稀代のファンタジスタ”ロナウジーニョが見せた魔法のようなオーバーヘッドシュート

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2020年11月26日にご紹介するのは、今から約14年前に元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆ロナウジーニョの遊び心とテクニックが詰まった華麗なるバイシクルゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJqbXFiUmtyQyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ここがスカッと! 稀代のファンタジスタであるロナウジーニョ氏が全盛期に挙げたゴールの一つです。クロスを胸で落とすと、体を反転させながらオーバーヘッドシュート。まさに魔法のようなゴールでした。 ◆ロナウジーニョにしかできない芸当 2003年夏に加入したバルセロナでキャリアの全盛期を過ごし、5シーズンに渡ってクレ(バルセロナサポーターの愛称)たちを魅了したロナウジーニョ氏。 数多くのスーパーゴールを決めましたが、2006年11月25日に行われたラ・リーガ第12節のビジャレアル戦で見せたアクロバティックなゴールもその一つです。 本拠地カンプ・ノウでビジャレアル相手に試合を優勢に進めていたバルセロナは、ロナウジーニョのPKなどで3-0と危なげなく試合を進めます。 そして迎えた試合終了間際の88分、ボックスの外でボールを持ったMFチャビ・エルナンデスが、裏へ動き出していたロナウジーニョへクロスを上げます。相手のマークからするりと抜け出したロナウジーニョはボックス内でボールを胸トラップし、ボールを高く上げます。すると、ゴールに完全に背を向けたかと思うと、右足で意表を突くオーバーヘッドシュート。上手くタイミングを外して放たれたシュートはGKの頭上を超え、見事にゴールネットを揺らしました。 まさに当時のロナウジーニョ氏にしかできない芸当でした。 2020.11.26 07:00 Thu
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly