“野獣”ジュリオ・バチスタが37歳で現役引退2019.05.23 23:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元ブラジル代表MFジュリオ・バチスタ(37)が23日、現役引退を発表した。ジュリオ・バチスタは自身のツイッターにて「20年以上トップレベルでプレーしてきた。この辺りで選手としてのキャリアに終止符を打ち、新たな人生をスタートさせることに決めたよ」とコメント。

驚異的なフィジカル能力から“野獣”の愛称で知られたジュリオ・バチスタは、母国サンパウロでの活躍をキッカケにセビージャで欧州初上陸。そのセビージャで公式戦73試合の出場で43ゴールを挙げ、レアル・マドリーへの移籍を果たした。その後もアーセナル、ローマといったビッグクラブを渡り歩き、2013年にクルゼイロで母国復帰を果たした。キャリア終盤はアメリカのオーランド・シティを経て、今年3月までルーマニアのクルージュでプレーしていた。

また、ブラジル代表としては48試合に出場して5ゴールを記録。2010年南アフリカ・ワールドカップでメンバー入りした。そして、2度のコパ・アメリカ優勝を経験し、2007年大会では3ゴールを決め優勝に貢献していた。
コメント
関連ニュース
thumb

アヤックス、セビージャからオランダ代表FWプロメスを21億円で獲得!

アヤックスは24日、セビージャからオランダ代表FWクインシー・プロメス(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「11」に決定。契約期間は2024年6月30日までの5年となる。 なお、アヤックスはプロメスの移籍金として最大1720万ユーロ(約21億円)を支払うことになる。 アムステルダム出身のプロメスは2002年から2008年までアヤックスのアカデミーに在籍。しかし、16歳の時にピッチ内外での素行不良を理由に契約を打ち切られた過去がある。また、現在チームを率いるエリク・テン・ハグ監督とは、2012-13シーズンにトゥウェンテからレンタル移籍したゴー・アヘッド・イーグルスで1年間指導を受けていた。 2012年にプロデビューを飾ったトゥウェンテで台頭した快速アタッカーのプロメスは、2014年にロシアの名門スパルタク・モスクワに完全移籍。1年目からレギュラーポジションを掴むと、在籍4年間でいずれもリーグ戦2桁ゴールを達成するなど、印象的な活躍を見せていた。 その後、昨夏に加入したセビージャでは公式戦49試合に出場し3ゴール9アシストを記録。ただ、本職ではないウイングバックやサイドバックでの起用を強いられるなど、絶対的な主役の座を掴むまでには至らなかった。また、セビージャが新シーズンからフレン・ロペテギ新監督を招へいしたことも去就に影響を与えているようだ。 なお、2014年にデビューを飾ったオランダ代表ではここまで36試合に出場し6ゴールを記録。現ロナルド・クーマン体制では左右のウイングのポジションで主力を担っている。 2019.06.25 04:26 Tue
twitterfacebook
thumb

アヤックス、セビージャからオランダ代表FWプロメス獲得へ!

アヤックスがセビージャに所属するオランダ代表FWクインシー・プロメス(27)の獲得に迫っているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 『マルカ』が伝えるところによれば、アヤックスは2000万ユーロ(約24億4000万円)の移籍金+今後プロメスが他クラブに移籍した際の移籍金の一部の支払いという条件でセビージャ側の合意を取り付けたという。 また、すでにメディカルチェックを受診したと言われるプロメスとは2024年までの5年契約という条件で個人間合意に至っているようだ。 アムステルダム出身のプロメスは2002年から2008年までアヤックスのアカデミーに在籍。しかし、16歳の時にピッチ内外での素行不良を理由に契約を打ち切られた過去がある。しかし、他クラブでの多くの経験を経て愛する地元クラブへの帰還を果たすことになった。 2012年にプロデビューを飾ったトゥウェンテで台頭した快速アタッカーのプロメスは、2014年にロシアの名門スパルタク・モスクワに完全移籍。1年目からレギュラーポジションを掴むと、在籍4年間でいずれもリーグ戦2桁ゴールを達成するなど、印象的な活躍を見せていた。 その後、昨夏に加入したセビージャでは公式戦49試合に出場し3ゴール9アシストを記録。ただ、本職ではないウイングバックやサイドバックでの起用を強いられるなど、絶対的な主役の座を掴むまでには至らなかった。また、セビージャが新シーズンからフレン・ロペテギ新監督を招へいしたことも去就に影響を与えているようだ。 なお、2014年にデビューを飾ったオランダ代表ではここまで36試合に出場し6ゴールを記録。現ロナルド・クーマン体制では左右のウイングのポジションで主力を担っている。 2019.06.24 23:23 Mon
twitterfacebook
thumb

PSG、今季公式戦23G17Aのサラビア獲得間近?

パリ・サンジェルマン(PSG)が、セビージャに所属するスペイン人MFパブロ・サラビア(27)の獲得に近付いているようだ。フランス『RMC Sport』の情報をもとにスペイン『マルカ』が伝えている。 2016年夏にヘタフェからセビージャへ加入したサラビア。高精度の左足を武器に今シーズンの公式戦52試合で23ゴール17アシストと圧巻のパフォーマンスを披露した。 そのサラビアの現行契約は2020年6月まで。セビージャは慰留に努めているが、いまだ合意には至ってはおらず、多くのクラブが目を光らせている状況だ。 今回伝えられるところによると、PSGは今月の14日からサラビア側と交渉を行っているという。そして、1800万ユーロ(約22億)に設定されている契約解除条金を6月30日までに支払う意向のようだ。 2019.06.23 14:31 Sun
twitterfacebook
thumb

セビージャ就任のロペテギ、ナチョ獲得を希望

セビージャが、レアル・マドリーのスペイン代表DFナチョ・フェルナンデス(29)に関心を寄せているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 今月4日に新たにセビージャに就任したフレン・ロペテギ監督がマドリー時代に指導したナチョの獲得を望んでいるという。ナチョは今シーズン、公式戦30試合に出場。その中でロペテギ監督がマドリーを指揮した時期は、リーグ戦7試合、チャンピオンズリーグ1試合に出場した。 本職のセンターバックに加え、両サイドバックもこなせる力は守備力強化を図るロペテギ監督にとって魅力的だと『アス』は述べる。しかし、マドリーは最低でも3000万ユーロ(約36億6800万円)は要求すると見られており、有能な若手を育てて売るというモンチSD(スポーツ・ディレクター)の方針にそぐわない。また、高額な給与もネックとなっているようだ。 ナチョにはインテルやローマ、ナポリと言ったイタリアの強豪クラブも興味を示している模様。マドリーも同選手を縛り付けておくつもりはないというが、セビージャにとって越えなければならない壁は少なくない。 2019.06.22 17:33 Sat
twitterfacebook
thumb

CL出場アタランタがコロンビア代表FWムリエルの獲得を発表!

アタランタは21日、セビージャのコロンビア代表FWルイス・ムリエル(28)の獲得を発表した。契約期間は2023年6月30日までの4年間で、移籍金は『フットボール・イタリア』によれば1500万ユーロ(約18億2500万円)+300万ユーロ(約3億6500万円)のボーナスとのことだ。 ウディネーゼやグラナダ、レッチェ、サンプドリアでプレーしたムリエルは、2017年7月に2000万ユーロでセビージャへと完全移籍。移籍初年度はリーガエスパニョーラ29試合の出場で7ゴールとまずまずの活躍を見せたが、2018-19シーズンはリーガエスパニョーラで6試合に出場し1ゴール1アシストにとどまると、1月にフィオレンティーナへとレンタル移籍。セリエAで19試合で6ゴールを記録するなど、戦い慣れたイタリアで活躍を見せていた。 16日に行われたコパ・アメリカのアルゼンチン代表戦でヒザの側副じん帯を損傷し、全治5〜7週間の負傷を負ったムリエルだが、来季クラブ史上初のチャンピオンズリーグを戦うアタランタの今夏最初の補強選手となった。 2019.06.21 22:20 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース