リバプール撤退でデ・リフトのバルセロナ移籍決定的に!2019.05.21 14:28 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)のバルセロナ移籍の可能性がより一層高まっている。イギリス『スカイ・スポーツ』や『デイリー・メール』が伝えている。今シーズン、KNVBベーカーとエールディビジの国内2冠に加え、チャンピオンズリーグ(CL)でベスト4進出を果たしたアヤックス。その若きチームを攻守両面でけん引したのが、19歳の若きキャプテンのデ・リフト。

強靭なフィジカルと抜群の判断力、テクニックを武器に、近未来の世界最高のセンターバックと評される同選手にはバルセロナやマンチェスター・ユナイテッド、リバプール、ユベントスなどのメガクラブの注目を集めている。

6500万ポンド(約91億円)の値付けがされている逸材に関しては、選手自身が望むバルセロナ行きが有力視される一方、バルセロナの資金面の問題もあってより資金力のあるユナイテッド、リバプール行きの可能性も伝えられている。

しかし、『デイリー・メール』が伝えるところによれば、オランダ代表でコンビを組むDFヴィルヒル・ファン・ダイクの相棒として同選手の獲得を目指していると言われるリバプールは、今夏のセンターバック補強を優先事項としておらず、すでに獲得レースから撤退しているという。

また、『スカイ・スポーツ』も同様の見立てをしており、デ・リフトのバルセロナ移籍を既定路線と伝えている。
コメント
関連ニュース
thumb

バレンシア、今夏最初の補強はシレッセンに! ツイッターに投稿された動画から推測

バレンシアの公式ツイッターに投稿されたある動画が話題を呼んでいる。 バレンシアは25日、公式ツイッターにひとつの動画を投稿した。ホテルのフロントのようなところである人物が紙にサインし、バレンシアの象徴であるオレンジのサンダルを受け取っている映像なのだが、顔は最後まで隠されておりそれが誰なのかは確認できない。 だが、ファンはこれまでの報道や映像の少ないヒントからバルセロナのオランダ代表GKイェスパー・シレッセンだと特定し、そのツイートには多くのリプライが寄せられている。 スペイン『マルカ』をはじめとする多くのメディアもシレッセンのバレンシア移籍を報じており、同選手がバレンシアのホテルに宿泊していることまでキャッチしている報道機関もある。 また、スペイン『ムンド・デポルティボ』は以前にシレッセンとバレンシアのブラジル代表GKネトがトレードされるのではないかと報じており、今後の公式発表が注目されている。 2016年にアヤックスからバルセロナに加入したシレッセンは、ドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンから正GKの座を奪えず、ここまでの3シーズンでリーグ戦出場はわずかに5試合。公式戦全体でも31試合しか出場していなかった。 <a href="https://twitter.com/valenciacf_en/status/1143592024127524864">◆Big shoes to fill? No problem for this guy...◆</a> 2019.06.26 14:59 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサはデ・リフトから撤退? ターゲット変更か

バルセロナが、最終ラインの補強に関して、ターゲットを変更するようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 今夏の移籍市場で最大の注目株となっているアヤックスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)。各国のビッグクラブが狙う中、バルセロナは早くから獲得に動いていた。 しかし、代理人の手数料の条件を飲めないなど、交渉がもたついている間に、パリ・サンジェルマン、ユベントスへの移籍が濃厚に。バルセロナもデ・リフト側の要求に答える意思が薄まりつつあり、ターゲットを変更したようだ。 そこで新たに候補に挙がっているのが、マンチェスター・ユナイテッドのスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフ(24)だ。2017年夏にベンフィカから3500万ユーロ(約42億7200万円)でユナイテッド入りしたリンデロフは、加入1年目は苦しんだものの、2年目の2018-19シーズンはプレミアリーグで30試合に出場。チームの守備を支える存在となっている。 デ・リフトは7500万ユーロ(約91億5300万円)の移籍金がかかると見られているが、リンデロフは値段的にも安く済むため、現状を考えるとデ・リフトよりも実現性は高いのかもしれない。 2019.06.26 12:47 Wed
twitterfacebook
thumb

他に夢はない…ユムティティ、バルサでの再起を図る来季へ「200パーセントの力を」

今シーズン、自身にとって難しいシーズンを過ごしたフランス代表DFサミュエル・ユムティティ(25)だが、バルセロナでの生活に満足しているようだ。スペイン『マルカ』が『HypeBeast』が伝えている。 ユムティティはロシア・ワールドカップ(W杯)優勝に貢献して迎えたバルセロナ加入3年目の今シーズン、ケガや同国代表DFクレマン・ラングレの加入に伴い、公式戦40試合出場に出場した昨シーズンとは一転、15試合の出場にとどまった。クラブがアヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)を狙っていることもあり、今夏での移籍の可能性も囁かれている。 そんなユムティティは「他に夢はない」と語るほど、バルセロナでの生活に満足感を抱いている。また、再起を図る今シーズンに向けて「200パーセントの力を発揮するために準備している」と語った。 「生活の質は良いものだよ。ここはプレーするのにも済むのにも最高の場所さ。天気、人間性もそうだし、チームの人や同僚も、すべてにおいてね」 「他に夢はないよ。僕はバルセロナで生きることができている毎日に幸せを感じているんだ」 「(ケガの影響)感覚は良くなっている。ケガの影響で難しいシーズンを過ごしたけど、それが起こってしまうものだと理解しているし、ワールドカップの間に感じた困難のために何かをする必要があると思ったんだ」 「それには価値がある。シーズンの終盤に再びプレーしたことで、状態を再確認することができた」 「今は来シーズンに200パーセントの力を発揮するために準備をしているよ」 2019.06.26 10:55 Wed
twitterfacebook
thumb

エバートン、バルセロナからアンドレ・ゴメスを30億円で獲得!

エバートンは25日、バルセロナからレンタル移籍中のポルトガル代表MFアンドレ・ゴメス(25)を完全移籍で買い取ったことを発表した。移籍金は2200万ポンド(約30億円)。契約期間は2024年6月30日までの5年となる。 エバートンへの完全移籍を決めたアンドレ・ゴメスは、クラブ公式サイトで自身の選択に満足感を示している。 「エバートンとの契約を心から嬉しく思っているよ。今回の決断は決して難しいものではなかったよ。ここで自分がやってきたことに満足していたからね」 「そして、クラブが自分との契約のために多大な努力を払ってくれたこともよく知っている。そのことを嬉しく思うし、感謝したいよ。ここに加入してから自分がエバートンというファミリーの一員であると感じていたし、それは僕にとって重要なことだったんだ」 2016年夏にバレンシアからバルセロナへ加入したアンドレ・ゴメスだが、世界屈指のスカッドを誇るチームで思うような活躍をできず。さらに、要求が高いサポーターからの厳しい批判に晒されて、一時うつ状態に陥るなど苦難の日々を過ごした。 それでも、昨夏1年間のレンタル移籍で加入したエバートンではケガの影響で出遅れたものの、プレミアリーグ第9節のクリスタル・パレス戦から第34節のフルアム戦で一発退場となるまで、リーグ戦26試合に連続で出場。最終的に公式戦29試合に出場し1ゴール1アシストを記録するなど、バレンシア時代を彷彿とさせる躍動感溢れるプレーで主力に定着していた。 2019.06.26 05:15 Wed
twitterfacebook
thumb

オサスナ、バルセロナからFWカルドナを4年契約で獲得! 昨季はエイバルで3ゴールをマーク

プリメーラ昇格を決めたオサスナは25日、バルセロナからスペイン人FWマルク・カルドナ(23)を完全移籍で獲得した。なお、契約期間は2023年6月30日までとなり、移籍金は250万ユーロ(約3億円)と発表している。 セグンダB(スペイン4部相当)のアトレティコ・サンルケーニョでプロデビューしたカルドナは、2016年7月にバルセロナBへ移籍。バルセロナBでは公式戦60試合に出場し24ゴール11アシストを記録。 しかし、トップチームではわずか公式戦2試合に出場にとどまると、2018-19シーズンはエイバルへレンタル移籍。エイバルでは今季リーガエスパニョーラ19試合に出場し3ゴール1アシストをマークしていた。 2019.06.26 04:58 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース