バルセロナ会長、2年連続CL大逆転負けもバルベルデ続投を明言!2019.05.17 00:56 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が16日、エルネスト・バルベルデ監督の続投を明言した。2017年夏からバルセロナを指揮するバルベルデ監督は今季、リーガエスパニューラ2連覇を達成。今年2月には来季の契約延長を結んだが、チャンピオンズリーグ(CL)においてはリバプールに大逆転負けを喫して、準決勝敗退に終わっていた。

昨季のローマ戦に続く2年連続での大逆転負けを受け、アヤックスのエリク・テン・ハグ監督などが後任候補に挙がるなど監督交代が報じられていたが、バルトメウ会長が一蹴した格好だ。

バルトメウ会長は「エルネストは我々が望む監督だ。中長期的なプロジェクトがあり、彼はその適任者だ。非常に満足しているよ。最大の目標はリーグ優勝であり、それに加えてコパやCLが取れれば最高だ」とバルベルデ監督の続投を明言した。
コメント
関連ニュース
thumb

ネイマール、金銭+選手でカンプ・ノウ帰還か

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(27)のバルセロナ復帰が迫っているという。ブラジル『Globoesporte』が報じた。 2017年夏に移籍史上最高額2億2200万ユーロ(現レートで約269億9000万円)の超ビッグディールでバルセロナからPSGに加入したネイマール。その新天地フランスで王様として扱われ、公式戦通算58試合51得点29アシストを誇るが、2シーズン連続の長期負傷離脱や、女性に対する性的暴行のスキャンダルなど、ピッチ内外のネガティブな話題が先行している。 そのネイマールに対して、古巣バルセロナが水面下で連れ戻しに動いている様子。PSGとの交渉は順調に進められており、バルセロナは移籍金を1億ユーロ(約121億1000万円)に抑える代わりとして、フランス代表DFサミュエル・ユムティティ(25)や、同代表FWウスマーヌ・デンベレ(22)、クロアチア代表MFイバン・ラキティッチ(31)のいずれかを譲渡するという。 PSGの会長を務めるナセル・アル・ケライフィ氏は先日、『フランス・フットボール』で具体名こそ避けたが、「スター気取り」の選手に対して「ドアは開かれている」とコメント。この発言はネイマールに向けたものとして話題を集めており、フランス『レキップ』によると、これまで放出を否定してきたPSGは適切なオファーが届けば、交渉に応じる姿勢だとみられる。 なお、ネイマールとPSGの契約は2022年6月まで。PSG会長の発言により、一層の脚光を浴びることになったネイマールの去就は、どのような形で終着するのだろうか。 2019.06.18 18:15 Tue
twitterfacebook
thumb

松本の快速FW前田大然、今夏バルサBへ!? レンタル移籍の可能性

バルセロナが、松本山雅FCに所属する日本代表FW前田大然(21)の獲得に興味を示しているようだ。ブラジル『Globoesporte』が伝えている。 2016年に山梨学院大学附属高校から松本に加入した前田。プロ1年目は出場機会に恵まれなかったが、翌年に期限付き移籍した水戸ホーリーホックで才能が開花すると、明治安田生命J2リーグ36試合で13ゴールを記録した。 昨シーズンから松本に復帰し、持ち前のスピードを存分に発揮。今シーズンは自身初挑戦となるJ1の舞台で14試合1ゴールにとどまっているものの、15日にブラジルで開幕したコパ・アメリカ2019の日本代表メンバーに選ばれている。 その韋駄天に対してスペイン王者であるバルセロナが調査をしているという。松本との契約を3年残していることからレンタルでの獲得を目指す模様であり、Bチームでプレーさせたいと考えているようだ。 また、ポルトガルの複数クラブが関心を示しているが、前田当人がバルセロナとの交渉を優先したいと考えているとのことだ。 なお、前田は第99回天皇杯のメンバーから外れている。コパ・アメリカの活躍次第では、海外移籍が加速するかもしれない。 2019.06.18 13:41 Tue
twitterfacebook
thumb

バルセロナ退団を望むシレッセンとバレンシア守護神ネトのトレード交渉が進行中か!?

バルセロナに所属するオランダ代表GKイェスパー・シレッセン(30)とバレンシアに所属するブラジル代表GKネト(29)のトレードに向けた交渉が進行中のようだ。スペインのラジオ局「RAC1」が報じた。 2016年にアヤックスからバルセロナに加入したシレッセンは、ドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンから正GKの座を奪えず、ここまでの3シーズンでリーグ戦出場はわずかに5試合。公式戦全体でも31試合しか出場していない。 そんな状況からシレッセンには移籍の噂が取り沙汰されてきたが、2021年まで契約を残しているバルセロナは同選手の契約解除金を6000万ユーロ(約73億円)に設定しており、一部メディアが獲得報道を出していたベンフィカとの交渉も停滞していた。 だが今回の報道によると、バルセロナとバレンシアはシレッセンとネトのトレードに向けて17日の午前中に交渉を実施したようだ。 ネトは2017年の7月にユベントスからバレンシアへ加入。バレンシアでは守護神として2シーズンで公式戦80試合に出場。今季もリーガエスパニョーラ34試合に出場し2年連続のチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献。それでもバレンシアは、ネトよりオランダ代表GKを高く評価しており、今夏での獲得を目指しているようだ。 2019.06.18 00:08 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサ、プレミア最年少出場の神童MFに関心か

バルセロナが、フルアムに所属するU-17イングランド代表MFハーベイ・エリオット(16)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 フルアム下部組織出身で現在16歳のエリオットは5月4日に行われたプレミアリーグ第37節のウォルバーハンプトン戦に88分から出場。16歳30日でのプレミアリーグ史上最年少出場記録を樹立した。 その逸材とフルアムの現行契約は今夏まで。クラブは新契約を拒否された模様であり、今夏にフリーで退団する可能性が高いと見られている。 しかし、エリオットを狙っているのはバルセロナだけではないようだ。若手育成に定評のあるライプツィヒも関心を寄せているようで、今夏の去就が注目されている。 2019.06.17 15:14 Mon
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、8月のジョアン・ガンペール杯でアーセナルと対戦!

今年8月に行われるバルセロナ主催のジョアン・ガンペール杯の対戦相手がアーセナルに決定したようだ。。現時点でクラブ側から公式なアナウンスはないが、スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 毎年プレシーズンの時期に行われるバルセロナ主催のフレンドリーマッチであるジョアン・ガンペール杯。54回目となる今大会は、8月4日にカンプ・ノウでアーセナルと対戦することになった。 今年4月にアーセナルへの出場要請が報じられた際には、両クラブがチャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)で勝ち進んでおり、8月14日にトルコのイスタンブールで行われるUEFAスーパーカップ2019で対戦する可能性があった。しかし、いずれも敗退に終わったことで、最終的に両クラブ間で合意に至ったようだ。 なお、昨夏行われた同大会ではバルセロナがボカ・ジュニアーズに3-0で勝利している。 2019.06.16 23:28 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース