ランパード監督率いるダービーが大逆転! 来季プレミア挑戦権はチェルシーのレジェンド対決に《チャンピオンシップ》2019.05.16 11:25 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
15日、チャンピオンシップ(イングランド2部)のプレミア昇格プレーオフ準決勝2ndレグのリーズ・ユナイテッド(3位)vsダービー・カウンティ(6位)が行われ、2-4でダービーが勝利。2戦合計3-4でダービーが決勝に駒を進めた。1stレグを0-1で先勝していたリーズは、この試合でも先手を奪う。24分、左サイドで得たFKからクロスを送ると、誰も触らないボールが右ポストに跳ね返り、最後はダラスが決めて先制する。

2戦合計2-0とリードを許したダービーは、アウェイということもありリーズに押し込まれ続ける展開に。それでも45分、カウンターを仕掛けると浮き球の処理をGKとDFが被ってしまい、最後はマリオットが無人のゴールへ流し込み、ダービーが2戦合計2-1とする。

迎えた後半、早々にダービーが仕掛ける。46分、自陣からパスを繋ぎボックス内に侵入すると、最後はマウントが体勢を崩しながらもネットを揺らし2戦合計で2-2に。58分にはPKを獲得すると、ウィルソンが落ち着いて決め、ついに逆転に成功する。

逆転を許したリーズは62分、左サイドを崩すと、ボックス内左からダラスが技ありのゴールを決め、2戦合計で3-3の同点に。その後はリーズが猛攻を仕掛けて追加点を目指すが、決定機を作るもののなかなかゴールを奪えない。

さらにリーズには悪夢が続き、ベラルディが78分に2枚目のイエローカードをもらい退場。数的不利に陥る。するとダービーが息を吹き返し猛攻。85分に、ボール奪取からカウンター。最後はマリオットが落ち着いてネットを揺らし、2戦合計3-4とリードを奪う。結局そのまま試合は終了。白熱の対決はダービーが制し、アストンビラが待つ決勝へと駒を進めた。

ダービーの指揮を執るフランク・ランパード監督と、アストン・ビラでアシスタントコーチを務めるジョン・テリー氏はチェルシーやイングランド代表で長年チームメイトとしてプレーした間柄。プレミアリーグでの成功を知る両者が、最後の昇格枠を懸けて対戦する。なお、昇格プレーオフ決勝は26日に行われる。

リーズ 2-4(AGG:3-4) ダービー
【リーズ】
ダラス(前24)
ダラス(後17)
【ダービー】
マリオット(前45)
マウント(後1)
ウィルソン(後13)
マリオット(後40)
コメント
関連ニュース
thumb

ダービー交渉許可でチェルシーのランパード新監督誕生へ! バラックが副官就任?

チェルシーのフランク・ランパード新監督(41)の誕生が間近に迫っている。 チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属するダービー・カウンティは25日、2年間の契約を残すランパード監督に関してチェルシーとの交渉を許可したことを認めた。 チェルシーは今夏、昨夏に招へいしたばかりのマウリツィオ・サッリ監督(60)との契約を解消。その後、同監督はユベントスの新指揮官に就任した。 プレシーズン開始前に新指揮官を決定したいチェルシーは、多くの後任候補の中から最終的にクラブOBのランパード監督の招へいに一本化。だが、ダービーは昨年5月からチームの指揮を執り、プレミアリーグ昇格に寸前まで迫るプレーオフ決勝進出に導いたランパード監督の手腕を評価。延長交渉の開始が取り沙汰され、引き抜き交渉が停滞していた。 しかし、交渉の長期化を避けたいダービーはこの度、「ダービー・カウンティ・フットボールクラブは、スタンフォード・ブリッジの空席の監督職に関する、チェルシー・フットボールクラブとフランク・ランパードの交渉を許可したことを認める」と、ランパード監督とチェルシーの交渉を認めたことを発表した。 なお、チェルシーはランパード監督に対して、すでに条件面を詰めた3年間のオファーを準備。また、2年間の契約を残すランパード監督の引き抜きに際して、ダービー側に400万ポンド(約5億4000万円)の契約解除金を支払う見込みだ。 また、ドイツ『スカイ・スポーツ』が伝えるところによれば、現役時代にランパード監督と共にチェルシーでプレーした元ドイツ代表MFのミヒャエル・バラック氏がコーチングスタッフ入りする可能性が高いようだ。 現在、ウェールズでUEFA Bコーチングライセンスの講習を受講中のバラック氏は、今月20日のランパード監督の41歳の誕生日に「すぐに会おう」という、意味深なお祝いメッセージをSNSで送っていた。 2019.06.26 02:45 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシー、ランプスに3年間のオファーか

チェルシーがダービー・カウンティを率いるフランク・ランパード監督(40)の招へいに準備を進めているようだ。アメリカ『ESPN』が報じた。 チェルシーは今夏、昨夏に招へいしたばかりのマウリツィオ・サッリ監督(60)をユベントスにリリース。後任候補筆頭として、クラブOBのランパード監督が浮上している。だが、ダービーは昨年5月からチームの指揮を執り、プレミアリーグ昇格に寸前まで迫るプレーオフ決勝進出に導いたランパード監督の手腕を評価。延長交渉の開始が取り沙汰され、指揮官としてのチェルシー帰還が不透明な状況だった。 だが、チェルシーは今週、ダービーに対して正式なアプローチを図り、ランパード監督にも3年間のオファーを用意。まだ2年間の契約を残すランパード監督の招へいとなれば、契約解除金400万ポンド(約5億4000万円)の支払いが発生するが、ユベントスから受け取るサッリ氏のリリース条項金500万ポンド(約6億7000万円)でカバーする模様だ。 なお、ダービーの会長を務めるメルビン・モレス氏は17日、イギリス『talkSPORT』で「チェルシーから監督がいなくなったことを除けば、現状に変わりはない。我々の考えは明確だ。フランクを長期にわたり、クラブにとどめたい」とコメントしたという。 2019.06.18 15:55 Tue
twitterfacebook
thumb

ランパード監督のチェルシー行きを叔父さんが後押し?「断るのは難しいだろう」

マウリツィオ・サッリ監督が去ったチェルシーだが、新指揮官候補のフランク・ランパードについて、叔父さんがコメントした。イギリス『BBC』が報じた。 ダービーで指揮を執るランパード監督は、チャンピオンシップ(イングランド2部)を戦い昇格プレーオフに出場。決勝まで勝ち進むも、アストン・ビラに2-1で敗れ昇格を逃していた。 監督が不在となったチェルシーは、400万ポンド(約5億4300万円)の違約金をダービーに支払う必要があるものの、クラブのレジェンドでもあるランパード監督の招へいを希望。その件に関して、ランパード監督の叔父にあたるハリー・レドナップ氏が見解を語った。 「チェルシーが電話を掛けてくると、彼は断るのは難しいだろう」 「私の個人的な意見では、彼はチェルシーの監督になると思う。それが起こるように思うよ」 身内であり、監督経験も豊富なレドナップ氏の見解では断れないと予想。一方で、結果を残せなくても問題はないとも考えているようだ。 「彼がトップ6の外で終わらなければ、失うものはない状況だ。トップ6であれば何も問題ないだろう。チャンピオンズリーグは良いシーズンになると思う」 「誰も彼が1位や2位、3位になるとは思っていない。来年、チャンピオンズリーグに出られるならば、成功を収めるだろう」 さらに、レドナップ氏はチェルシーにとってランパードをクラブに戻すチャンスであるとも考えているようだ。 「彼はチェルシーの本物のレジェンドだ。クラブの歴史でも最も素晴らしい選手の1人だよ」 「もう二度と来ないかもしれない。フットボールは決してわからない。この機会は今彼が戻るためにある」 「彼はトレーニンググランドのすぐ近くに家を持っている。妻はロンドンで働いている」 監督の招へい問題もさることながら、チェルシーには思い処分が下される。現時点では2度の席市場で、選手を獲得することをFIFA(国際サッカー連盟)に禁じられている。スポーツ仲裁裁判所(CAS)へ上訴している状況だが、厳しい結果が待っている可能性が高い。 そんな厳しい状況ではあるが、レドナップ氏はランパード監督になれば、若手選手が活躍する機会が増えるとコメント。チェルシーの新たな一面が待っている可能性を示唆した。 「もしかしたら、若い選手たちをプレーさせるのには十分な大胆さを持ち合わせている。彼はダービーに若い選手を連れてきた。ダービーでは数人の若者と一緒にプレーオフ決勝まで進んだ」 「チェルシーにとっては興味深い時間になる可能性がある。彼らは若者を何人かプレーさせなければいけなくなるだろう」 「我々は彼らが育てた若者が、イングランドU-17、U-19でプレーしていると話し続けている。だからトップチームでプレーさせてもらいたい」 「チェルシーには若い選手のグループがたくさんある。そのうちの3、4人を起用するチャンスがあるかもしれない。そこには特別な何かがね」 ランパード監督はレドナップ氏の勧めもありダービーの監督に就任した経緯がある。果たして、チェルシーで指揮を執る姿は来シーズン見られるだろうか。 2019.06.18 13:57 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシーに暗雲…ランパードがダービーと延長交渉開始

ダービー・カウンティを率いるフランク・ランパード監督(40)が延長交渉に入ったことが明らかになった。イギリス『BBC』が報じた。 ランパード監督は昨年5月からダービーを指揮。プレミアリーグ昇格こそ逃したものの、プレーオフ決勝までチームを導き、あと一步に迫った。そうした手腕もあり、ダービーはランパード監督との契約延長を熱望。ランパード監督はチェルシーの次期監督候補に浮上しているが、指揮官としてのチャンスを与えてくれたダービーに恩義を感じており、延長交渉を開始したという。 なお、チェルシーは現段階でランパード監督の招へいに向けた動きなし。マウリツィオ・サッリ監督(60)に代わる後任として目を光らせているが、招へいに動く場合、ランパード監督との契約を2年残すダービーに対して、解除金400万ポンド(約5億4000万円)を支払わなければならない模様だ。 2019.06.16 08:40 Sun
twitterfacebook
thumb

元イングランド代表DFアシュリー・コール、英2部ダービーを退団…今冬加入から半年

ダービー・カウンティは3日、元イングランド代表DFアシュリー・コール(38)の退団を発表した。 A・コールはアーセナルでプロデビュー後、クリスタル・パレスや、チェルシー、ローマ、ロサンゼルス・ギャラクシーでプレー。今年1月に半年間の契約でダービーに加入した。 そのダービーでチェルシー時代の同僚である指揮官のフランク・ランパード監督とタッグ。チャンピオンシップ(イングランド2部)9試合を含む公式戦12試合に出場した。 なお、ダービーはチャンピオンシップ6位でフィニッシュ。昇格プレーオフに勝ち進んだが、決勝でアストン・ビラに敗れ、プレミアリーグ昇格を逃している。 2019.06.04 07:45 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース