ケガを疑う監督の発言にセビージャFWアンドレ・シウバが反論2019.05.15 17:45 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セビージャのポルトガル代表FWアンドレ・シウバ(23)が、ホアキン・カパロス監督の主張に反論した。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。今シーズン、ミランからレンタル移籍で加入したアンドレ・シウバ。開幕戦でいきなりハットトリックを記録するなど、チームの得点源として期待されていた。

徐々に得点が奪えなくなったものの、レギュラーとしてプレーを続けていたが、シーズン終盤にかけてヒザの負傷により欠場。4月以降は1試合しかプレーしておらず、7試合連続で欠場中となっている。

そんな中、チームを率いるカパロス監督に「ケガの問題を誇張している」と言われてしまったアンドレ・シウバ。しかし、その発言に反論。実際にケガをしており、プレーしたいと語った。

「僕はケガをしたふりをしているのではない。治療を受けている」

「明確な良心があるよ。プレーしたいと思っている。そして、僕にとっての問題は、時間が経過するとともに違和感が増していったということなんだ」

「たぶん、最善の方法で処置を受けられなかった。それを切り分けるために、12月に休まなければならなかった。セビージャは僕を必要とし、僕はプレーしたかったんだ」

400万ユーロ(約4億9000万円)でミランからレンタル移籍しているアンドレ・シウバは、3900万ユーロ(約47億8800万円)の買い取りオプションがついているものの、セビージャが行使するかは不透明だ。

リーガエスパニョーラで27試合に出場し9ゴール2アシスト、ヨーロッパリーグで6試合に出場、コパ・デル・レイでも4試合に出場し2ゴールを記録しているアンドレ・シウバ。モナコ、バレンシア、レスター・シティなどが獲得に興味を示しているが、去就に関しては現時点では何も決まっていない状況だ。
コメント
関連ニュース
thumb

三つ巴の4位争いはバレンシアが制す! 柴崎最終節出場のヘタフェ&セビージャの来季EL本戦、エスパニョールのEL予選出場が決定《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ最終節、バジャドリーvsバレンシアが18日に行われ、アウェイのバレンシアが2-0で勝利。この結果、4位フィニッシュを確定させたバレンシアの来季チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得が決定した。 最終節の唯一の注目ポイントとなった三つ巴の4位争い。前節終了次点では4位のバレンシアと5位のヘタフェが共に勝ち点58で並ぶも当該成績で上回るバレンシアが最も優位な立ち位置に。一方、勝ち点56で6位のセビージャは当該成績で両チームに劣っているため、最終節で勝利且つ両チームが敗戦しない限り、逆転できない厳しい状況。 3チームの中で唯一自力での4位決定の可能性を残すバレンシアは前節で残留が決定した16位のバジャドリーとアウェイゲームを戦った。 立ち上がりはリラックスムードでプレーするホームチーム相手に押し込まれる状況が続いたバレンシアはなかなかフィニッシュまで持ち込むことができない。それでも、15分を過ぎてサンティ・ミナ、ゴンサロ・ゲデスとカウンターから決定機を作り出すと、30分過ぎに相手のミスから先手を奪う。 36分、相手最終ラインでのボール回しにプレッシャーをかけたロドリゴ・モレノがボックス付近でボールを奪取。ボックス左ライン際からマイナスに折り返すと、中央で複数のDFを引き付けたサンティ・ミナを経由したボールをソレールがスムーズなフィニッシュワークから冷静に流し込んだ。 1点リードで試合を折り返したバレンシアは後半立ち上がりも相手のミスに付け込んで追加点を奪う。53分、GKからのショートパスを受けたボックス手前の相手DFからパレホがボールを奪い、ロドリゴにラストパスを送ると、これをエースが無人のゴールへ流し込んだ。 この2点目で勝利を大きく引き寄せたバレンシアは、ホーム最終戦でセレモニー要素の高い選手交代を行うなどやや鋭さにかけるバジャドリーの反撃を難なく封じ込めて2-0の快勝。この結果、2年連続での4位フィニッシュに成功した。 また、同時刻開催となったヘタフェvsビジャレアルは2-2のドローに終わった。この結果、ヘタフェはクラブ史上初のCL出場権獲得を逃すも、クラブ史上最高位のプリメーラ5位フィニッシュを達成すると共に2010-11シーズン以来のEL出場権を手にした。なお、MF柴崎岳は84から途中出場した。 この試合の勝利且つバレンシアが引き分け以下で逆転での4位フィニッシュが決まるヘタフェは、押し気味の展開の中で13分にポルティージョのゴールで先制に成功。しかし、前半終了間際には相手のセットプレーからイボーラに同点ゴールを献上した。 それでも、諦めないヘタフェは後半半ば過ぎの76分にマクシモビッチの豪快なヘディングシュートで勝ち越しに成功する。その後、84分には今季限りでの退団が決定的な柴崎がポルティージョに代えて投入される。しかし、ヘタフェは逃げ切り目前の89分にGKソリアのミスからジェラール・モレノに痛恨の同点ゴールを献上。結局、試合はこのまま2-2のドローで終了となった。 同時刻開催となったその他の試合ではセビージャvsビルバオが、ホームのセビージャの2-0。エスパニョールvsレアル・ソシエダがホームのエスパニョールの2-0の勝利で終了。 この結果、セビージャの6位フィニッシュと共にエスパニョールの逆転での7位フィニッシュが決定した。そして、セビージャは前述のヘタフェと共に来季EL本戦出場が決定し、エスパニョールはEL予選2回戦の出場権を手にしている。 2019.05.19 01:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ゴディンのホームラストマッチは1-1のドローに…アトレティコ、セビージャと引き分け2位確定《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第37節、アトレティコ・マドリーvsセビージャが12日に行われ、1-1の引き分けに終わった。 引き分け以上で2位が確定するアトレティコ(勝ち点74)は、そのチャンスがあった前節はエスパニョールに0-3で大敗した。この試合が今季のホーム最終戦となるが、先日に退団が発表されたゴディンにとってもロヒブランコスでのホームラストマッチとなる。 一方、残り一枠となったチャンピオンズリーグ出場権を目指して戦う6位セビージャ(勝ち点55)は現在2連敗中。ここで勝てなければその夢はほぼ費えることになる。 試合はアトレティコのペースで進む。3分にCKからロドリゴがヘディングシュートを放ったアトレティコは、その2分後にもグリーズマンのパスからロドリゴがシュートを狙う。19分にはビッグチャンス。右サイドのフアンフランのクロスにモラタが飛び込んだが、会心のダイビングヘッドはGKバシリクに防がれてしまった。 セビージャに隙を与えないアトレティコは30分、自陣からのカウンターでコケが左のインサイドハーフを上がると、ボックス手前まで持ち上がりシュートを選択。するとこれがセビージャDFケアーに当たってゴールイン。ホームのアトレティコが先制に成功した。 追う立場となったセビージャにアクシデントが襲う。36分にゴナロンが負傷。アマドゥーとの交代を余儀なくされた。セビージャは後半開始時にもケアーに代えてA・ビダルを投入。 しかし、それでもセビージャは守勢を強いられる。54分にムニルのパスからバスケスがシュートを放ったものの、その後はしばらくシュートチャンスなし。ゴールのにおいがしないセビージャだったが迎えた70分、左サイドのバスケスからクロスが上がると、ファーで待っていたサラビアが左足インサイドステップで丁寧に流し込んで同点とした。 これで勢いがついたか74分にはサラビアに再び得点のチャンスが訪れるがシュートミス。逆転の好機を逸してしまった。 追いつかれたアトレティコは78分にモラタを下げてレマルを投入。攻撃的なカードを切ったが、あまりアクセントにならない。後半アディショナルタイムに途中出場のコレアがチャンスを迎えたが、ボックス右からのシュートはGKバシリクに止められた。 試合はここで終了。ゴディンのホームラストマッチとなったアトレティコとセビージャの一戦は1-1で引き分けた。この結果、アトレティコの2位が確定。セビージャも最終節でのチャンピオンズリーグ出場権獲得に望みをつないだ。 2019.05.13 03:34 Mon
twitterfacebook
thumb

バネガ、古巣ボカ・ジュニアーズが今夏の獲得を熱望!

ボカ・ジュニアーズが、セビージャに所属するアルゼンチン代表MFエベル・バネガ(30)に獲得に動いているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 『マルカ』によれば、セビージャとの契約が残り1年に迫っているバネガに対して、古巣のボカ・ジュニアーズが今夏での獲得に向け、オファーの準備を整えているという。 また、バネガの獲得についてボカ・ジュニアーズのダニエル・アンジェリッシ会長は、同紙のインタビューで以下のようにコメントしている。 「我々はセビージャととても良い関係を築いている。バネガはクラブを知っている選手であり、我々が彼を獲得できればチーム質は飛躍的に向上するだろうね」 ボカ・ジュニアーズやバレンシア、アトレティコでプレーしたバネガは、2014年から2016年までセビージャでプレー。その後、インテルに活躍の場を移すが、2017年に復帰すると、今季はここまで公式戦51試合8ゴール11アシストを記録している。 2019.05.10 02:30 Fri
twitterfacebook
thumb

インテル、今季リーグ戦12G13Aのサラビア獲得に向け22億円準備か

インテルがセビージャに所属するスペイン人MFパブロ・サラビア(26)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の情報をもとにスペイン『マルカ』が伝えている。 レアル・マドリー下部組織出身のサラビアは、2010-11シーズンにトップチーム昇格を果たしたが出場したのは1試合だけで、翌年ヘタフェに移籍した。2016年夏に加入したセビージャではすぐにレギュラーとなり、今シーズンはここまでリーガエスパニョーラ32試合で12ゴール13アシストという素晴らしい成績を残している。 そのサラビアとセビージャの現行契約は2020年まで。同クラブのスポーツディレクター(SD)を務めるモンチ氏は、今夏までにサラビアの去就をはっきりさせたいと考えているようだ。 そして、この状況に目を光らせているのがインテルだ。スペイン人MFの獲得に向けて、契約解除金である1800万ユーロ(約22億1000万円)を満額支払い、年俸300万ユーロ(約3億6000万円)の4年契約を結ぶことを熱望しているようだ。 2019.05.08 14:51 Wed
twitterfacebook
thumb

来季EL参戦可能性のウルブス、得点力アップへ国外の2選手に関心

ウォルバーハンプトンが来シーズンの得点力アップに向けて2選手の獲得に関心を示しているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 今季、チャンピオンシップ王者としてプレミアリーグに参戦したウルブスは、第37節終了次点で7位と大躍進。今節、マンチェスター・シティと対戦する9位のレスター・シティが引き分け以下に終わった場合、7位が確定となる。そして、FAカップ決勝でシティがワトフォードを破った場合、来シーズンのヨーロッパリーグ(EL)予選2回戦からの出場が可能となる。 そのため、来季に向けて戦力の増強を図るウルブスは、メキシコ代表FWラウール・ヒメネス、ポルトガル人MFジオゴ・ジョッタと共に攻撃陣の中心となる新戦力の補強を目指している。 そして、『ミラー』が伝えるところによれば、その候補2選手はミランからセビージャにレンタル移籍中のポルトガル代表FWアンドレ・シウバ(23)と、マルセイユのフランス人MFモルガン・サンソン(24)だという。 昨夏、セビージャに買い取りオプション付きのレンタルで加入したA・シウバは、リーガデビュー戦でハットトリックの活躍を見せるなど、ここまでリーグ戦9ゴールを挙げている。しかし、後半戦に入るとケガの影響もあってほとんど戦力になり切れておらず、セビージャが買い取りに動くか微妙な状況だ。 一方、セントラルMFや攻撃的MFを主戦場とする攻撃センス、テクニック、戦術眼に長けた万能型MFのサンソンは、今季ここまでリーグ戦31試合に出場し4ゴール3アシストを記録。同選手に関しては加齢によってフル稼働が難しくなってきているポルトガル代表MFジョアン・モウティーニョや、ビッグクラブの関心を集めるポルトガル代表MFルベン・ネヴェスのバックアップを担う存在としてリストアップしているようだ。 2019.05.06 18:07 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース