昨季東京V退団の元日本代表DF永田充が東京ユナイテッドFCに加入「経験してきたものをチームに還元できるように」2019.05.15 12:10 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
東京ヴェルディは15日、昨シーズン限りで退団していた元日本代表DF永田充(36)が東京ユナイテッドFCに加入を発表した。静岡学園出身の永田は、柏レイソル、アルビレックス新潟、浦和レッズを経て、2016年12月に東京Vに完全移籍。昨シーズンは天皇杯に3試合出場し、シーズン終了後に契約満了で退団していた。

通算では、J1リーグ272試合、J2リーグ10試合、リーグカップ48試合、天皇杯21試合、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)8試合に出場。2010年には日本代表デビューを飾り、国際Aマッチ2試合に出場した経験も持っている。

東京ユナイテッドFCへの加入が決定した永田は、両クラブの公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

◆東京ユナイテッドFC
「東京ユナイテッドFCに加入することになりました、永田充です。若い選手が多いので、今まで自分が経験してきたものをチームに還元出来るようにしていきたいです。自分は後ろからのビルドアップやラインコントロール、前線へのロングフィードが得意なのでその辺りを試合で見せたいです。応援よろしくお願いします」

◆東京ヴェルディ
「ヴェルディサポーターの皆さん、お久しぶりです。2年間の在籍期間中あまり出場機会がなくて、チームに貢献できずに申し訳ない気持ちがあります。ただ、またサッカーが続けられる喜びもあるので、次のチームで頑張りたいと思います。引き続き、ヴェルディをファンとして応援し続けますので、永田充個人も応援していただけると嬉しいです」
コメント
関連ニュース
thumb

東京Vが3発逆転で永井体制初陣を白星! 京都は上位対決制し首位キープ! 柏は5連勝で2位浮上《J2》

明治安田生命J2リーグ第23節の7試合が各地で行われた。 味の素スタジアムで行われた東京ヴェルディvs愛媛FCは、3-2で東京Vが勝利した。 17日にギャリー・ジョン・ホワイト監督が退任し、ユースから永井秀樹監督が就任した13位・東京V(勝ち点29)と、2試合未勝利中の18位・愛媛(勝ち点23)。試合は愛媛が32分にボックス右外からの長沼のクロスを藤本が頭で合わせて先制点を奪うと、39分にもボックス右外からのFKを山崎がヘディングシュート。左ポストに当たったボールをユトリッチが押し込んで、愛媛が前半だけで2-0とする。 苦しい前半を過ごした東京V。しかし、ここから見事な巻き返しを見せる。まずは50分、ボックス右手前からの渡辺のクロスがゴール前で混戦となり、永田が粘ったボールを最後は小池が左足で蹴り込み、1点差に詰め寄る。 ここからさらに攻勢を強める東京Vは63分、敵陣中央左から平がゴール前に絶妙なクロスを供給。レアンドロがゴール右にヘディングシュートを叩き込むと、68分には小池、梶川、渡辺のパスワークで右サイドを崩し、渡辺がボックス右手前からシュートを放つ。これはGK岡本に弾かれるも、こぼれ球を永田が押し込み、ボールはゴール右隅へ。後半の3ゴールで逆転に成功した東京Vが、永井体制初陣を白星で飾った。 三協フロンテア柏スタジアムで行われた3位・柏レイソル(勝ち点40)vs8位・ツエーゲン金沢(勝ち点32)は、柏が23分のクリスティアーノのゴールを守りきり、1-0で勝利。5連勝を飾った柏が2位浮上を決めた。 京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場で行われた首位・京都サンガF.C.(勝ち点40)vs4位・大宮アルディージャ(勝ち点39)は、京都が仙頭のゴールで先制すると、その後オウンゴールと福岡の追加点で3-0に。その後、大宮のロビン・シモヴィッチと大前にゴールを許し、1点差までに詰め寄られたが、逃げ切りに成功。京都が上位対決を制し、3連勝で首位をキープした。 ◆明治安田生命J2リーグ第23節 結果 ▽7/20(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">V・ファーレン長崎 1</span>-0 ヴァンフォーレ甲府 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ジェフユナイテッド千葉 3</span>-0 アビスパ福岡 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">横浜FC 2</span>-1 栃木SC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">東京ヴェルディ 3</span>-2 愛媛FC レノファ山口FC 2-2 アルビレックス新潟 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">京都サンガF.C. 3</span>-2 大宮アルディージャ <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">柏レイソル 1</span>-0 ツエーゲン金沢 ▽7/21(日) 《18:00》 水戸ホーリーホック vs FC琉球 FC町田ゼルビア vs 徳島ヴォルティス 《19:00》 ファジアーノ岡山 vs モンテディオ山形 ▽中止 鹿児島ユナイテッドFC vs FC岐阜 2019.07.20 22:00 Sat
twitterfacebook
thumb

東京VのFW林陵平に第二子誕生 「パパ頑張ります」

東京ヴェルディは19日、FW林陵平(32)の下に第二子が誕生したことを報告した。 東京都出身で東京Vの下部組織で育った林は明治大学を経て2009年に東京Vでプロデビュー。その後、柏レイソル、モンテディオ山形、水戸ホーリーホックを経て2018年に古巣東京Vに9年ぶりの復帰を果たしていた。 林は第二子誕生の報告に際して以下のようなコメントを残している。 「元気な子を産んでくれた妻と元気に生まれてきた子供に感謝します!パパ頑張ります」 なお、Jリーグ屈指の海外サッカー通として知られる林は、自身の得点時に海外リーグ選手のゴールセレブレーションを模倣することが以前から話題になっている。 通常、子供が誕生した際には“揺りかごダンス”が定番だが、今後の試合で得点を決めた際にはその定番を披露するのか。はたまた海外リーグ選手仕様のゴールセレブレーションを披露するのか注目が集まる。 なお、永井秀樹新監督の初陣となる明治安田生命J2リーグ第23節の愛媛戦は、20日に味の素スタジアムで行われる。直近のツエーゲン金沢戦で貴重な同点ゴールとなる今季5点目を記録した林は、この試合で2試合連続ゴールを挙げて第二子誕生を祝うことはできるか。 2019.07.19 18:13 Fri
twitterfacebook
thumb

監督交代の東京Vが元群馬のFWカン・スイルを獲得…2017年にはJ2で10ゴール

東京ヴェルディは17日、タイのラーチャブリーFCから元韓国代表FWカン・スイル(32)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は50をつける。 カン・スイルは、仁川ユナイテッドFCや済州ユナイテッド、浦項スティーラーズとプレーし、2016年1月まで済州ユナイテッドに所属。その後、無所属状態となり、ロシア・ワールドカップのアジア2次予選で韓国代表メンバーに選ばれていたが、ドーピング検査で陽性反応賀でたことで出場停止処分に。さらに、その後は交通事故を起こすなどしたために、済州ユナイテッドから「任意脱退」を受けていた。 その後、2017年5月にザスパクサツ群馬へとフリーで加入。2017シーズンの明治安田生命J2リーグでは、22試合に出場しチーム最多タイの10得点と奮闘。しかし、チームは最下位に終わり、J3へと降格していた。 群馬退団後はラーチャブリーに加入。2018シーズンはリーグ戦26試合に出場し13ゴール、2019シーズンも12試合で4ゴールを記録していた。カン・スイルはクラブを通じてコメントしている。 「まず日本に戻ってきてすごく嬉しいです。特に歴史ある東京ヴェルディの選手としてプレーする機会をいただけて、チームの皆さんに感謝しております。クラブ創立50周年を記念して1部に昇格できるように最善を尽くします。応援よろしくお願いします」 2019.07.17 10:01 Wed
twitterfacebook
thumb

東京Vのギャリー・ジョン・ホワイト監督が退任…後任はユース指揮官の永井秀樹氏

東京ヴェルディは17日、イングランド人指揮官のギャリー・ジョン・ホワイト監督(44)の退任が決定したことを発表した。後任はユースを率いる永井秀樹氏が務めることも併せて伝えている。 イングランドサッカー協会(FA)が立ち上げた特別な指導者養成コースの出身者のギャリー・ジョン・ホワイト監督は、これまでバハマ代表、グアム代表、上海申鑫、チャイニーズタイペイ代表、香港代表を指揮し、2019年に東京ヴェルディの監督に就任した。 だが、今シーズンはJ1リーグ昇格を目標に置きながら、明治安田生命J2リーグ第22節終了時点で、7勝8分7敗で13位と振るわず。監督交代を決断した。 後任を務める永井氏は現役時代、東京ヴェルディ、横浜F・マリノス、FC琉球などでプレー。2016年に東京Vで現役引退後、同クラブのユース監督兼GM補佐に就任していた。 後任監督に決定した永井氏は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「この度、大変急なことではありますが、愛する東京ヴェルディの監督に就任することになりました。現役時代、読売クラブに始まりヴェルディで終わることができた感謝と緑の魂を胸に新しいステージ、監督として全身全霊懸けてヴェルディ再建のために全力を尽くしたいと思います」 「ヴェルディらしいサッカーで新しいヴェルディの時代を選手、スタッフ、そして東京ヴェルディを愛する皆様とともに戦い、作っていけたらと思います。よろしくお願いいたします」 2019.07.17 10:00 Wed
twitterfacebook
thumb

法政大がJ2・東京Vにジャイアントキリング達成! C大阪は延長戦の末、和歌山に辛勝《天皇杯》

第99回天皇杯全日本サッカー選手権大会の2回戦の3試合が10日に各地で行われた。 ヤンマースタジアム長居で行われたセレッソ大阪vsアルテリーヴォ和歌山は3-1でC大阪が勝利した。序盤から主導権を握るC大阪は38分に奥埜博亮のスルーパスに反応した高木俊幸がGKとの一対一を冷静に沈めて先制に成功。しかし、52分に角南裕太にクロスを許すと、ボックス内でパスを回され、最後は林祥太にゴールを献上した。 試合終盤には猛攻を仕掛けるC大阪だったが、和歌山の粘り強い守りを攻略できず延長戦に突入したが、それでも98分に、藤田の右CKから山下が頭で合わせて勝ち越しに成功。試合終了間際の120分には柿谷曜一朗のクロスから安藤瑞季が加点し、勝負を決めた。 東京ヴェルディは味の素フィールド西が丘で法政大学と激突。ゴールレスで試合を折り返すと法政大は57分、関口正大のアーリークロスから松澤彰が頭で合わせて先制に成功。さらに、79分には佐藤大樹のクロスから橋本陸が押し込んで、シャイアントキリングを達成した。 横浜FCはニッパツ三ツ沢球技場で仙台大学と対峙。かつてFC東京やベガルタ仙台などで活躍した平山相太氏が監督を務める仙台大に、49分に藤岡優也の一発を浴び先行されるも、75分に松井大輔のボレーシュートで同点に。さらに81分に戸島章のヘディングシュートが決まり、逆転勝利を収めている。 ◆天皇杯2回戦 結果・日程 ▽7月10日(水) 東京ヴェルディ(J2) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 法政大学(アマチュアシード)</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">横浜FC(J2) 2</span>-1 仙台大学(宮城) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">セレッソ大阪(J1) 3</span>-1 アルテリーヴォ和歌山(和歌山) ◆天皇杯3回戦日程 ▽8月14日(水) 川崎フロンターレ vs ファジアーノ岡山 ジュビロ磐田 vs ヴァンラーレ八戸 清水エスパルス vs アビスパ福岡 ガンバ大阪 vs 法政大学(アマチュアシード) Honda FC(静岡) vs 徳島ヴォルティス ヴィアティン三重(三重) vs V・ファーレン長崎 浦和レッズ vs 水戸ホーリーホック 横浜F・マリノス vs 横浜FC サンフレッチェ広島 vs ツエーゲン金沢 鹿屋体育大学 vs 大分トリニータ セレッソ大阪 vs レノファ山口 ヴィッセル神戸 vs 大宮 鹿島アントラーズ vs 栃木SC サガン鳥栖 vs 柏レイソル FC東京 vs ヴァンフォーレ甲府 ベガルタ仙台 vs カターレ富山 2019.07.10 22:05 Wed
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース