久保所属の降格ニュルンベルク、ショマース暫定監督の今季限りでの退任を発表2019.05.15 11:40 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表のFW久保裕也が所属するニュルンベルクは14日、ボリス・ショマース暫定監督(40)の今シーズン限りでの退任を発表した。今シーズン、アシスタントコーチを務めていたボリス・ショマース氏は今年2月、クラブの成績不振によりミヒャエル・ケルナー前監督に代わって暫定監督に就任。ブンデスリーガ第21節終了時点で2勝6分13敗と最下位だったチームの立て直しに期待されたが、その後も挙げた勝利はわずか「1」に留まり、チームは最終節を残して2部降格が決定している。
コメント
関連ニュース
thumb

ヘルタ、降格ニュルンベルクからU-21ドイツ代表MFローヴェンを獲得

ヘルタ・ベルリンは13日、ニュルンベルクのU-21ドイツ代表MFエドゥアルド・ローヴェン(22)を獲得したことを発表した。契約期間は2024年までの5年間となっている。移籍金はドイツ『キッカー』によると700万ユーロ(約8億5000万円)とのことだ。 2016-17シーズンにニュルンベルクでプロデビューを飾ったセントラルMF兼センターバックのローヴェンは、昨季2部でリーグ戦32試合に出場して5ゴールを挙げ、チームの1部昇格に貢献していた。 今季は負傷で長期離脱があった中、ブンデスリーガで22試合に出場し3ゴール3アシストを記録したが、チームは最下位で2部へ降格していた。 また、U-21ドイツ代表としては7試合に出場し、今月開催されるU-21欧州選手権にも選出されている。 2019.06.13 23:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイムのU-20ドイツ代表FWハック、降格ニュルンベルクに完全移籍

ブンデスリーガ2部に降格したニュルンベルクは8日、ホッフェンハイムのU-20ドイツ代表FWロビン・ハック(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの4年間となっている。 2012年からホッフェンハイムの下部組織に在籍するハックは、U-16からドイツ代表に選出され、現在はU-20ドイツ代表に招集されている今後を嘱望されるアタッカー。昨年10月に行われた今季のチャンピオンズリーグ、グループステージ第2節マンチェスター・シティ戦でトップチームデビューを果たしていた。 2019.06.08 23:18 Sat
twitterfacebook
thumb

バイエルン、ニュルンベルク戦でのサポーターの違反行為で罰金処分

ドイツサッカー連盟(DFB)は30日、4月に行われたニュルンベルクvsバイエルンの“バヴァリアン・ダービー"でバイエルンサポーターが起こした不適切な行動に対し、チームに制裁を科した。 バイエルンサポーターは、4月28日に行われたブンデスリーガ第31節のニュルンベルク戦において、4つの発煙筒と少なくとも54ものパイロテクニクスを炊き、後半開始が遅延する騒ぎとなっていた。 これを受けたDFBスポーツ裁判所は、バイエルンに10万7400ユーロ(約1300万円)の罰金処分を科すことを決定。すでにバイエルン側もこの判断を受けいれているため、罰金処分は確定済みとなった。 2019.05.31 01:15 Fri
twitterfacebook
thumb

レンタル終了の久保、来季はヘントに復帰か!? ヘントTDは復帰を明言「久保はニュルンベルクから戻ってくる」

今季ニュルンベルクでプレーした日本代表FW久保裕也(25)が、所属元のヘントへの復帰するようだ。ヘントのミシェル・ルワギーTD(テクニカルディレクター)が明言した。 2018年8月に買取オプション付きのレンタル移籍でニュルンベルクに加入した久保は、ブンデスリーガで22試合に出場し1ゴールを記録したが、チームを降格から救うことができず。ニュルンベルクは1年での2部降格となった。 ヘントのミシェル・ロワーギーTD(テクニカルディレクター)は、ベルギー紙「HTL」のコラム上で久保の去就について、以下のように明かしている。 「久保裕也はニュルンベルクから戻ってくる。代理人との合意があるからね。彼はヘントにいた時、18カ月で16点を決めている。2トップを採用するなら、重要なオプションになるはずだよ」 2019.05.21 00:51 Tue
twitterfacebook
thumb

久保不出場のニュルンベルク、ボルシアMGに大敗で1年での2部降格が決定…《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第33節、ニュルンべルクvsボルシアMGが11日に行われ、4-0でボルシアMGが勝利した。久保はベンチ入りも出場しなかった。 降格崖っぷちの17位ニュルンベルク(勝ち点19)は残り2試合の連勝は絶対条件。さらに16位シュツットガルト(勝ち点24)が最低でも1分け1敗という成績でなけらば降格という状況だ。前節2試合ぶりに出場した久保は今節もベンチスタートとなった。 一方の6位ボルシアMG(勝ち点52)は、残り一枠となったチャンピオンズリーグ出場圏の4位フランクフルトは勝ち点差2。ライバルが5チームひしめく中でこちらも勝利は絶対条件。スタメンは前節から4人変更となった。 試合はアウェイのボルシアMGペースで進む。3分にノイハウスが初シュートを放ったボルシアMGは7分にザカリア、9分にはドルミッチと次々にゴールに迫る。 ニュルンベルクも徐々に持ち直し、サイド攻撃を中心に相手ゴールを脅かす。すると34分、ボックス手前右でFKを獲得。ケルクが直接狙ったシュートはGKゾンマーにキャッチされたがこれが初シュートとなった。45分には、右サイドからのグラウンダーのクロスをイシャクがワンタッチで落としたところをベーレンスがダイレクトシュート。しかし、相手のブロックに阻まれ枠には飛ばなかった。 試合は後半に動きを見せる。56分、ボルシアMGは右サイドの突破から途中出場のJ・ホフマンにボールが渡り、ボックス手前からゴール前の無人のスペースにスルーパス。ここに相手GKマゼニアが飛び出してきたが、一足先にボールに触ったドルミッチがゴールに流し込んで先制点を挙げた。 さらに63分には、トラオレのクロスが相手DFミュールのオウンゴールを誘って追加点。その2分後にも、左のトラオレのクロスをT・アザールが押し込んで3点目。ボルシアMGが一気に試合を決定付けた。 80分までに両チームは3枚の交代カードを使い切ったが、久保の出番はなかった。 そしてボルシアMGは80分に、右サイドからのクロスを収めたT・アザールの丁寧な落としをザカリアが右足インサイドステップでゴール右に流し込んで4点目をもたらす。 ニュルンベルクに反撃の力も残されておらず、試合はここで終了。敗れたニュルンベルクは2部降格が決定した。勝利したボルシアMGは来季のチャンピオンズリーグ出場に望みをつないだ。 2019.05.12 00:37 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース